海外「うちの子も大好き!」日本の技術が生んだ世界的絵本に海外が超感動




日本がなければ存在しなかった世界的な絵本「はらぺこあおむし」が話題になっていました。

「ぱらぺこあおむし」の原作者エリック・カールさんが91歳で亡くなったことが報じられ、彼の絵本を印刷する技術を持っていたのは日本だけで、それがきっかけで日本でもベストセラーとなり、アニメ化されて逆輸入されるなど、日本とカールさんの切っても切れない関係にも注目が集まっています。

そんな日本と世界的絵本の知られざる関係に、海外からは多くのコメントが寄せられていました。



TIL That a printer could not be found to manufacture Eric Carle’s book The Very Hungry Caterpillar in the United States. Instead, editor Ann Beneduce located a printer in Japan that was able to produce the book. : todayilearned from r/todayilearned








以下、反応コメント




海外の名無しさん

エリック・カールは今日亡くなったんだよ。


海外の名無しさん

↑マジだった。
RIP ミスター・カール。
君のおかげで読めるようになったんだよ。


海外の名無しさん

今でもそうだよ。
日本のプリンターはマジですごい。


海外の名無しさん

↑日本の"すべて"はマジですごい。


海外の名無しさん

たまたま日本のブックストアに入ったら、大量に並んでるのを見たよ。
以前から何でなのか不思議だったんだよ。
でも子供の時に大好きだったし、日本に住んでると日本人のやることにいちいちツッコンでられないから。


海外の名無しさん

↑エリック・カールの本は、日本語版、英語版、バイリンガル版が日本のどこにでもあるよ。
日本は長らく大量印刷をやってるから、変わったデザインの本だし、日本のプリンターが一番適してても不思議じゃないよ。
輸出用の本を印刷してたら、当然ローカライズもするだろうしね。
すでに製造方法は確立されてるわけで。


海外の名無しさん

↑確かに、日本には"はらぺこあおむし"テーマのものだらけだよ。
うちの授業で使ってるアルファベットも、"はらぺこあおむし"の体に書かれてる。
関連があることが分かってよかった。


海外の名無しさん

今でも3歳の子供に読み聞かせてるよ。
5人の子供全員に読み聞かせてたし、一番上が20歳だよ。


海外の名無しさん

45分前に子供に読んだところだよ。
彼の本は何度もベッドタイムに読み聞かせてる。
エリックは、息子が本を好きになる手助けをしてくれてありがとう。


海外の名無しさん

↑うちは毎週だよ。
はらぺこあおむしと、Lonely Fireflyが子どもたちのお気に入り。


海外の名無しさん

↑私が特に好きなのは、"Where Are You Going?"というユニークな絵本だよ。
コラボになってて、前はエリック・カールで、裏は同じだけど、日本語でイラストが違ってる。
真ん中で二人が出会ってダンスをするという折りたたみページになってる。


海外の名無しさん

↑子供の絵本としては、すごく良い発想だね。


海外の名無しさん

↑教えてくれてありがとう。
eBayで見つけて買ったよ。
旦那が日本語を勉強してるから、この本のことを知ったら喜んで娘に読み聞かせると思う。


海外の名無しさん

チョウの絵が気に入らなかったのって私だけ?
羽が逆さまにくっついてるみたいで。
子供の時にそう思ってたのを思い出して、初めてに子供に読み聞かせてた時に、軽いフラストレーションが蘇ってきた。


海外の名無しさん

この絵本はうちの国にもあるよ。
そんなに人気があるなんて知らなかった。


海外の名無しさん

子供の時に一番好きだった本で、両親にいつも読んでもらってたよ。
今では息子の一番好きな本のひとつになってて、何でも読んでほしいとお願いされる。
エリック・カールが亡くなったと読んで、ちょっと泣いてしまった。


海外の名無しさん

うちの子がこの絵本を大好きだよ。
彼が亡くなって残念だわ。


海外の名無しさん

孫にこの絵本を買ってあげたところだよ。
子どもたちもまだ持ってるしね。


海外の名無しさん

この絵本は大好きだったんだよ。
幼稚園に彼が訪ねてきたときは、本当にクールだった。


海外の名無しさん

ドラマチックな一息でジャンクフードのページを読んでない人は、やり方を間違ってるよ。


海外の名無しさん

↑うちの娘は日本語バージョンを歌うのが大好きだよ。


海外の名無しさん

↑アニメ版のはらぺこあおむしは、子供の時以来見てないよ。


海外の名無しさん

他のプリンターが必要だった理由。
"あおむしが食べ物を食べるたびにページに穴を開けていき、幼児があおむしみたいに食べ物の中から指を動かすことが出来たり、鮮やかなイラストや巧妙なレイヤーで、曜日や数の数え方、いもむしがチョウになるまでを学ぶことが出来た"


海外の名無しさん

↑つまり紙に穴を開ける機械がなかったってことかw


海外の名無しさん

↑そしてみんな"Made in America"が少ないことを不思議がるのだった。


海外の名無しさん

↑コメントを全部読んだの?
1979年のアメリカは、本に必要な穴の数を開けられる経済的なプリンターが無かったの。
ページにまったく穴を開けられないのとは違うから。


海外の名無しさん

↑大量生産できないのと、まったく出来ないのとは違いますからぁ。


海外の名無しさん

この絵本と"かいじゅうたちのいるところ"は、時代を通して生き続けてるベスト絵本だよ。


海外の名無しさん

だから初版は日本語だったんだね。




関連記事
最新ニュース

↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2021/05/27 18:15 ] 政治・経済 | TB(-) | CM(63)
厳選ニュース
特選ニュース
コメントエリア

939054 | 名無しさん | (2021年05月27日 18:37)
これ有名じゃないよね
939055 | 名無しさん | (2021年05月27日 18:44)
外国は知らないが日本の本屋ならよく見かけるよ
939058 | 名無しさん | (2021年05月27日 18:56)
俺は芋虫と毛虫が大嫌いなのでうちの家ではNGワードレベルなんだけど
子供のおもちゃを見に行くとこれのシリーズもいっぱい見るし、他にも芋虫キャラがよくあるんだけどマジであれなんなん?鳥肌出るんだけど。。。
939059 | | (2021年05月27日 18:56)
むしろ常識
939060 | 名無しさん | (2021年05月27日 18:58)
コストが掛かるから日本でってはなし

>1969年にアメリカではじめて発売された版を印刷・製版したのは日本の会社だった。当時穴を開けたりページを小さく切った仕掛け絵本はコストがかかるため、アメリカでは引き受ける会社が見つからなかった。
939061 | 名無しさん | (2021年05月27日 18:59)
個人的に最も偉大な絵本作家は加古里子さんだと思っている。
この方の絵本の影響で自然科学の道に進んだ日本人も大勢いるのではないか。
2年ほど前にひっそりと亡くなくなられたけれど、
日本でしかニュースにもならなかったな。
まあ優劣を比較するつもりもないけど、
こんなつまらない退屈な絵本ばかりがありがたがって翻訳され
世界的な絵本となっているとはね。
不公平なものを感じてしまうね。
939063 | 名無しさん | (2021年05月27日 19:07)
なんだプペルじゃないのか 
939065 | 名無しさん | (2021年05月27日 19:09)
最近もどこかで見かけた
939066 | 名無しさん | (2021年05月27日 19:10)
穴をあけるのだから絵自体も見当が正確じゃないと滅茶苦茶になるし、日本で正解。
あまり日本人は知らないけど日本の美術印刷は世界有数で世界中から注文がある。高級ブランドのカタログとか美術書は日本で印刷されていることが多い。
939067 | 名無しさん | (2021年05月27日 19:13)
テレビでは訃報はやっても印刷のことには触れないな。
939070 | 名無しさん | (2021年05月27日 19:27)
>チョウの絵が気に入らなかったのって私だけ?
羽が逆さまにくっついてるみたいで。
子供の時にそう思ってたのを思い出して、初めてに子供に読み聞かせてた時に、軽いフラストレーションが蘇ってきた。


感じ方は人それぞれだからしょうがないんだけど、どんなにいい雰囲気で進行してるスレでも必ず一人はこういうこと言う人がいるんだなと
939073 | 名無しさん | (2021年05月27日 19:38)
もちもちのき
939075 | 名無しさん | (2021年05月27日 19:50)
はらぺこあおむしは超有名ですよ 子供向けのキャラクター商品もたくさん出てるし

939076 | 名無しさん | (2021年05月27日 19:50)
正しいんだけど、「印刷機」じゃなくて「プリンター」と言われると、
めっちゃ安っぽいイメージになるなあ。
939079 | 名無しさん | (2021年05月27日 19:58)
この本好きだったなぁ
所々丸い穴が開いたりしてて、絵も印象に残る本
こんな事実があったとは・・!
939080 | 名無しさん | (2021年05月27日 19:59)
じごくのそうべえの方が人気あった
つかこんなの図書館になかったから知らん
939082 | 名無しさん | (2021年05月27日 20:05)
かいじゅうたちのいるところが好きでセンダックの画集買ったな
実写映画化もされてまた別の世界観があって良かった
939083 | 名無しさん | (2021年05月27日 20:07)
>>939073
それ怖くて怖くて俺にとってのトラウマ絵本ですわw
939085 | 名無しさん | (2021年05月27日 20:21)
日本でしか印刷できないって何か特別なイラストなの?
939088 | 名無しさん | (2021年05月27日 20:25)
>彼の絵本を印刷する技術を持っていたのは日本だけ

これどういう意味?
翻訳ミスかなにか?
939090 | 名無しさん | (2021年05月27日 20:28)
ウィキペディアを見てきた。
タダの絵本じゃなくて仕掛け絵本らしい(穴が空いてたり)。
ほんで紙も丈夫にしないといけないしで刷ってくれる印刷会社が
母国のアメリカにはなくてはるばる日本の出版社から出たって経緯らしい。
939091 | 名無しさん | (2021年05月27日 20:34)
はらぺこあおむし、子供の頃に読んだわ
仕掛け絵本の楽しさをあれで知った
確かに穴が空いてたりページの大きさが違ったりで
今思えば難易度の高い製本だったなーと思う

一番好きだったのはかこさとしの絵本
からすのパンやさんは自分も読んだし子供にも買ってやった
939092 |   | (2021年05月27日 20:38)
1行目は「はらぺこあおむし」になってるのに2行目で「ぱらぺこあおむし」になってる
939093 | 名無しさん | (2021年05月27日 20:43)
ニュースで見た瞬間、ダニエル・カールと勘違いしてさ。
作者の写真出るまで「あの人、絵本なんか出してたんだ」って思ったさ。
939094 | 名無しさん | (2021年05月27日 20:44)
日本人は当たり前に享受してるけど、日本の印刷技術や製紙技術は世界的なレベルで見たら結構すごい
ただで配るようなチラシやパンフなんかも凝ってたり(形や折り方)ちゃんとした紙が使われててクオリティ高いので興味ある外国人は驚く
939097 | 名無しさん | (2021年05月27日 21:04)
やっべ聞いた事すらねえ
939099 | 名無しさん | (2021年05月27日 21:09)
アオムシとか殺処分したくなるおぞましいだけの生き物を主人公にするな!
939101 | 7cg3 | (2021年05月27日 21:13)
なるほど。大阪の民族学博物館(万博記念公園の中です)に世界各国の「はらぺこあおむし」(「星の王子さま」もあったかな)が展示されたのは、そういうことか。
939102 | 名無しさん | (2021年05月27日 21:13)
日本の評判がいいと毎度頭のおかしな奴が米欄に湧くなあ
939104 | 名無しさん | (2021年05月27日 21:20)
これ子供が穴を握って引きちぎるからすぐボロボロになるよ
939107 | 名無しさん | (2021年05月27日 21:29)
はらぺこあおむしを知らない層ってどんな層だ?
図書館とか本屋とか全く連れて行ってもらえなかった子供時代なのか?
それともめっちゃ年寄りなのか?
939108 | 名無しさん | (2021年05月27日 21:30)
どういう絵本なのか知らないから教えてほしいのだけど、何かしら仕掛けがある絵本で普通に印刷すればいい代物ではないってことでいいのかな?
939109 | 名無しさん | (2021年05月27日 21:38)
>>939107
うちは偕成社のものは少なかったなあ。
あそこの出版物ってちょっとバタ臭いんだよ。
おかあさんといっしょ、よりポンキッキー的な。
939111 | 名無しさん | (2021年05月27日 21:45)
※939088
コスト上の問題
印刷したものに穴開けていくのにコストがかかりすぎるんで米国の印刷会社が引き受けてくれなかった
仮に引き受けても価格が高くなってしまい、絵本の適正価格を大幅に超えてしまう(だから売れなくなるし、出版部数も減るし印刷会社にメリットがないという判断)
日本の印刷所は絵本として販売できる範囲内のコストで大量生産できる技術があった
そういった意味での技術的な問題
939113 | 名無しさん | (2021年05月27日 22:01)
>>939108
はらぺこのあおむしがリンゴとかイチゴとかケーキをちょっとずつ齧っていって、最後は綺麗な蝶になるお話なんだけど、そのあおむしが齧ったところにポコポコ穴が空いてるのよ。
今の仕掛け絵本ほど凄い仕掛けじゃないけど、絵も綺麗だし、話も単純でテンポもいいから、幼児絵本としてはド定番って感じだね。
でも、この印刷の話は知らなかったわ。
939118 | 名無しさん | (2021年05月27日 22:59)
知らないとか言ってる奴も
てめーに子供産まれると高確率で知る事になるよなコレ
939123 | 名無しさん | (2021年05月27日 23:27)
コストがかかるから安い日本で(できない訳じゃない)、
って言ってる人は経済が分かってない。
コストがかかるから出来ないのは、出来ないのと一緒なんだよ。
結局、販売に見合うコストで作れないのであれば意味がない。
日本が製造業で苦しんでるのはそこなんだから。
939130 | 名無しさん | (2021年05月28日 00:04)
絵本はよく知ってるけど印刷の話は知らなかった。
80年前後の絵本事情を見ている身としては、この頃から日本古来の絵本話が減って、洋物の絵本の数が増えてきたイメージ。昔の講談社の絵本シリーズは一流の日本画家が挿し絵を描き、川端康成など一流の文人が子ども用に文を書き上げていた。日本の昔話もマンガでしか描かれなくなって、はらぺこあおむしのような洋物の上質な絵本が、どんどん店頭に並ぶようになった。加古里子さんは、ずっと活躍されてたね。
939131 | 名無しさん | (2021年05月28日 00:20)
まあ、印刷、製本技術では日本はレベルが違うからな。
変わった製本もお手の物だし。
大体、日本の印刷所は過当競争だから、どんな本でも引き受けそうだ。
939135 | 名無しさん | (2021年05月28日 00:41)
今の日本の話じゃなくて1970年だぞ。
まだ日本は固定相場制の時代やんか。
レベルが違うだとか頭大丈夫か。
939137 | 名無しさん | (2021年05月28日 00:49)
20年前には既にド定番の絵本だったな。
知らないのは、それ以前に子育ても終えた人か、子育てに参加しなかった人かな。 
939138 | 名無しさん | (2021年05月28日 01:01)
ブッシュ(ゲロ吐き親父じゃなくてバカ息子の方)が「印象に残った本」として挙げてたな。
最初に出版されたのは大学生の時というオチまでつけてw
939162 | 名無しさん | (2021年05月28日 02:13)
最近の日本の昔話関係の絵本は絵がひど過ぎる。

子供は子供が書いたような雑な絵は好きじゃないんだよね。
細かいところ迄詳しく綺麗に描かれていて見ていると知識が増えるような絵の方が子供は好きだよ。

大人の子供を見る目が おかしくなってる。
939226 | 名無しさん | (2021年05月28日 04:18)
俺は、おしいれのぼうけん派
939234 | 名無しさん | (2021年05月28日 04:57)
日本は神の国ってより
紙の国だからね。
でも、俺の髪は…。
939263 |   | (2021年05月28日 06:18)
はらぺこあおむし、子供の頃大好きで何度も読んでもらってた。
やっぱり今も愛着あるね。
同じ本を今は娘に読んであげてる。
939276 | 名無しさん | (2021年05月28日 06:53)
え、この世の全てのすばらしき物の創造者西野先生が作ったんじゃないの?
939286 | 名無しさん | (2021年05月28日 07:11)
>>939162
まったく同感。
マジで講談社の絵本の出来は素晴らしかった。ちょっと画像検索したら今でも表紙が出てくる。十数年前に復刻版が出たんだけど、まったく流行らず、すたれてしまった。多分、その頃の親世代が既にマンガでしか昔話を見たことが無かったので馴染めなかったんだろう。
また、その当時、戦前の絵本の絵の出来の方が、数倍良かったというのを知った。洋画風の絵の絵本でも今で言う東京芸大出身のプロの画家たちが絵本を描いてたんだよね。日本画の大御所が微に入り細に入り桃太郎の鎧や、かぐや姫の衣装を時代を定めて歴史考証がきちんとした絵に仕上げていた。

その絵本で育った年代は、宮崎駿以上の世代と思う。今の50代以上。彼らの世代が漫画やアニメやゲームに与えてきた影響力を思えば、幼少期の絵本が洋物ばかりというのは、日本の文化を伝えて行くという点に於て心もとないと思ってる。
939289 | 名無しさん | (2021年05月28日 07:16)
へえ、初めて知ったなぁ。独り身のおっさんには無縁すぎるわ。
939340 | 名無しさん | (2021年05月28日 08:57)
これどちらかというと技術的な問題じゃなくてコスト的な問題だよね。
アニメの作画を中韓や東南アジアに発注するのと同じで。
939457 | 名無しさん | (2021年05月28日 10:19)
コストの問題って言うけど仕掛け絵本は日本でもそれなりに高い物だったよ。結局コストの問題ってのは高騰した価格を出すマーケットの存在があるか無いかじゃないかな。
絵本ごときに通常3ドルの物に6ドル出すつもりが無かったアメリカ。仕掛け絵本だから通常500円の物だけど1000円許容する日本ってのもあると思うよ。
939629 | 名無しさん | (2021年05月28日 12:57)
エリックカールさんが亡くなってるのここで知りました。はらぺこあおむしには今はすっかり大きくなった子どもら揃ってお世話になりました
初版はアメリカだったはずだけど、印刷が日本のとは知らなかった。あの鮮やかでユーモラスな世界観が日本の力で世界に行き渡ったのだと思うと嬉しい気持ちになりますね
939633 | 名無しさん | (2021年05月28日 13:04)
いや有名だよ。
ギフト用のお菓子とか売ってる。姪っ子に去年送ったわ。
939642 | 名無しさん | (2021年05月28日 13:26)
品質とコストを両立させつつ維持できる事がどれだけ困難かピンと来てない方々がちらほら
939647 | 名無しさん | (2021年05月28日 13:35)
小さい頃読んでたわ懐かしいな、蝶の羽根が逆さまに見えて嫌だったという意見には同意w
939763 | 名無しさん | (2021年05月28日 17:29)
アラフィフからよく知ってるはず。今でも保育園や幼稚園には必ず一冊はあるんでは?読み聞かせの定番よ
939782 | 名無しさん | (2021年05月28日 18:21)
ごん、お前だったのか。いつもくりをくれたのは。

俺がテキトーに選んだ米国旅行土産で一番好評だったのは
ライオンキングの絵本だった。
939810 | 名無しさん | (2021年05月28日 19:09)
>>939123
米ドル札より日本円の紙幣のほうが印刷が細かいのを見れば、日本の印刷技術が高いだろうと想像付く
日本が悪いみたいな結論に持っていくのは認識がおかしいよ
939916 | 名無しさん | (2021年05月29日 00:30)
昭和生まれだけど子供の頃親に読んでもらった。穴が空いていたりページの幅が違っていたりと変わった装丁になっている。

大人になると分かるが、当時こんな変わったお金のかかる装丁を量産していたんだと思うと感慨深い。
939959 | 名無しさん | (2021年05月29日 04:26)
良く知らんけど、日本ではニャッキって名前じゃなかったっけ?
940089 | 名無しさん | (2021年05月29日 09:52)
ニャッキは虫というところが同じだけで見た目からして全然違うキャラだ
940536 | 名無し | (2021年05月30日 11:26)
最近ロフトではらぺこあおむしの置時計買ったばかり
941999 | 名無しさん | (2021年06月02日 05:21)
本屋の絵本コーナー はらぺこあおむしと百万回生きたねこときんぎょがにげたはどこでも見る気がする
名前