海外「良い勝負!」日本の侍と西洋ナイトはどちらが強いのか海外が大論争




日本の侍の武器と中世ヨーロッパの鎧を対決させたビデオが話題になっていました。

侍の鎧は西洋の武器に対して十分有効だと語ったビデオの続きで、西洋のフルプレートアーマーに対して日本の武器でもかなり良い勝負になると語っています。

そんなビデオに、海外からはさまざまな意見が寄せられていました。






・今日は西洋の鎧に対する侍の武器について語る。
・お店に買い物に行ったら侍の襲われたとする。2020年だしね。戦国侍から身を守ってくれ。
・西洋鎧にはいろいろあるけど、ベストvsベストで比較してみたい。

・西洋の剣は実戦では相手を倒してから頭を狙う技がある。侍も似たようなことができるかも。
・実は侍にはそういう洗練された技はない。とはいえ戦国侍の適応力はすごいから即座に対応する。
・例えば銃は一瞬で取り入れて戦国時代初期と後期では完全に別物になった。織田はそれで武田の騎兵を倒した。
・ポルトガルのアーマーを見てからもブレストプレートを取り入れた南蛮鎧を作ってる。
・初対面だったとしても侍は戦場を生き残ってきた連中だから、弱点を日本刀で狙おうとすると思う。
・近接戦のほうが有利だから脇差しや短刀のほうがいいと思う。
・槍系武器はフルプレートに効果ない。
・脇差さし、短刀、金棒の3つがナイトには有効な武器になる。
・両者が熟練兵だったらナイトが有利だとは思うけど、余裕で勝てるほどじゃない。
・火縄銃ではフルプレートアーマーは貫けない。
・ただ隊列射撃では実際に日本でプレートを着た騎兵を退けてる。3000人が1000人づつ撃つ。100撃ちゃ弱点に当たる。
・中世後期のチャージなら日本の隊列射撃に勝てると思うけど、ケースバイケースだね。
・1vs1ならナイトが有利だけど、侍にも勝機はある。





以下、反応コメント




海外の名無しさん

まとめると、かなりの確率で侍が勝つってことか。


海外の名無しさん

侍が刀を振る前にナイトのアーマーで壊れるでしょ。


海外の名無しさん

侍とナイトがお互いに使う技についてもっと知りたい。


海外の名無しさん

↑ほとんど同じになるはずだよ。
鎧の弱点が同じ場所にあって、そこを狙うのが仕事だし。


海外の名無しさん

侍がナイトを押し倒してトドメを刺すと思うな。


海外の名無しさん

俺が侍だったら金棒と短刀の合わせ技を使うかな。
ナイトならポールアクスとロンデール。
こういう組み合わせだと、どっちのほうが技術的に上なんだろう。


海外の名無しさん

これはオスマン帝国とのモーハクスの戦いでハンガリーナイトが着てたもの?


海外の名無しさん

侍の鎧がバイキングの武器に対してどうなのか興味ある。


海外の名無しさん

フルプレート相手に日本人が使うなら騎兵用の長巻がいいよ。
馬の首を切るためのもので、柄が刃と同じくらいの長さがあるのが特徴。


海外の名無しさん

確か日本にヨロイドシと呼ばれるダガーがあったはず。
エストックやロンデルダガーと同じような使いみちの。


海外の名無しさん

武田と火縄銃のところでふと思ったけど、日本には銃を持った騎兵は居たの?


海外の名無しさん

↑16世紀に騎乗から使うための馬上筒というのがあったよ。


海外の名無しさん

日本とヨーロッパの一般的な歩兵の比較が見たい。


海外の名無しさん

↑足軽vs農民!
イエス、見てみたい。


海外の名無しさん

みんな日本刀に夢中だけど、俺は金棒に夢中だよ。
日本の最強武器だと思うね。


海外の名無しさん

日本刀は1400年代まで登場しなかったし、ヨーロッパの格闘技は広く普及してたよ。
格闘技は幅広いことばで、日本やアジアに限定されたものじゃないよ。


海外の名無しさん

↑日本刀の前進にあたる太刀は900年代から存在してるよ。
長くてよりカーブした日本刀だし。


海外の名無しさん

アーマーを着てくれる友人をつれてきて金棒で殴ってみてよ。


海外の名無しさん

まさかミネラルウォーターのボトルを金棒で殴る光景が見られるとは思わなかった。


海外の名無しさん

君はちょっと間違ってるよ。
薙刀では切れないけど、妨害したり怪我をさせることはできる。


海外の名無しさん

15世紀のナイトvs侍の近接戦だと、レスリングvs柔術のチーム戦になるよ。


海外の名無しさん

身長や体重みたいな日本人とヨーロッパ人の体格の違いも考慮に値してるんじゃ?


海外の名無しさん

↑当時は日本人もヨーロッパ人も似たような食事内容だったから、あまり大きな違いは生まないと思う。


海外の名無しさん

もしかしてWeeabooだったりする?
棚にアスカのフィギュアが見えるけど。


海外の名無しさん

アスカのフィギュアでビデオが良いものになってるよ。


海外の名無しさん

日本刀ならフルプレートアーマーをバターのように切れると喚き散らすWeeabooはどこいった?


海外の名無しさん

バランスを崩して橋から突き落とせば侍の勝ちだよ。


海外の名無しさん

俺は熟練度で勝敗が決まると思うな。


海外の名無しさん

ただの鉄棒の素晴らしさを過小評価してる人が多いよね。


海外の名無しさん

ぶっちゃけ、俺が侍でこういう状況になったら逃げるけど。




関連記事
関連記事


↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2020/10/19 08:29 ] 歴史 | TB(-) | CM(114)
厳選ニュース
特選ニュース
コメントエリア

846537 | 名無しさん | (2020年10月19日 08:41)
日本の戦国時代の槍は刺突武器もこなすけど基本的に鈍器
殴ってピヨらせてからの突き攻撃だから刺突武器だから鎧を貫通できないとかって発想はそもそも間違い
火縄銃は口径がどんどん大きくなって1丁20キロくらいの大型化したものもあるから
初期の火縄銃は効かなくても日本にある火縄銃がすべて金属鎧を貫通できないわけじゃない
基準があいまいすぎて西洋に都合のいいように言われてもな
846540 | 名無しさん | (2020年10月19日 08:46)
フルプレートアーマーとか、適度に距離とってバテさせたら、しまいやん。
846542 | 名無しさん | (2020年10月19日 08:51)
五輪の書を読め
846544 | 名無しさん | (2020年10月19日 08:54)
フルプレートアーマーって侍の鎧兜と同じく使用された時期で色々あるだろうから、比較品の時代背景が合ってなさそう
846546 | 名無しさん | (2020年10月19日 08:56)
フルプレートは足場の悪い場所でまともに戦えない、おまけに機動力もない
ただし守戦には最適だろうし威圧感もある、結局のところ一長一短でしかない
846547 | 名無しさん | (2020年10月19日 08:57)
基本的に槍は複数で運用されてた
合図に合わせて槍を上下に振って相手を叩いて姿勢を崩したところを突くという攻撃方法
隣の槍とクロスさせて相手の突進攻撃も防ぐ
あまり画面映えしないから映画とかに登場することはほとんどないし
基本は弓による遠距離攻撃だからね
846548 | 名無しさん | (2020年10月19日 08:58)
ナイトとサムライ比較なら、まぁなんとか・・・
兵としては大半農民だったから、参考にもならん
ナイトにしても、そもそも栄誉職なんで、相手をぬっころすよりは、捕らえて身代金得るほうが主流だったと聞くし
サムライは首とってなんぼやし
戦闘技術に対して、求められるものがちゃうな
846549 | 名無しさん | (2020年10月19日 09:03)
まぁメリケンのガンマンには余裕で勝つけどな
846553 | 名無しさん | (2020年10月19日 09:15)
正直サムライはそんなに強くない
846554 |   | (2020年10月19日 09:19)
【鎧を着ている以上盾は必要なかった】
日本ではヨーロッパと比べると非常に古くから全身鎧が用いられるようになりました。
大鎧(大鎧は板金に漆を塗った積層装甲である小冊を重層構造にしたもので一種のチョバムアーマーでした)が用いられていた当初、例えばヨーロッパはまだ板金鎧を実用化出来ていません。ちなみに当時のヨーロッパで用いられていた鎧は柔らかい鉄を延ばした針金で作った鎖帷子でした。
日本の鎖帷子の鎖は一個一個叩きだされた頑丈なものですが、彼らのそれはただ鉄を引き伸ばして作るため、余り頑丈ではありませんでした。もちろん非常に高価なものは後から焼入れしたものもあったようですが一般的ではありません。
実は鎧が発達すると盾は持たなくなるという現象は世界中でよくあることなのです。
ヨーロッパでも鎧が仰々しいものになると実際命がけの白兵戦では盾は使われなくなります。馬上やり試合のようなセレモニーは別にして、戦場においては家柄と身分を誇示するための名札のようなものになっていきました。
846555 |   | (2020年10月19日 09:20)
【武器の扱いに長けることで盾の機能を補った】
西洋にも武器術というものは当然ありますが、日本は異様なほど武器の使用技術の昇華にこだわりました。
皆さん当たり前のように日本対世界とか日本対西洋といいますが、
これは日本一国のなかだけの戦闘技術と西洋全土を比較することに何の違和感も感じてないということです。
普通ならば日本対イギリスなどのように一国同士で比較するはずですがこれでは比較にもならないと皆わかっているからです。
さて本題に戻しますと
例えば現存する主要な兵法(剣術)では武器を防具としても兼用するための様々な工夫が伝わっています。
日本刀では鎬と呼ばれるものを使った受け流しというものに非常に深く広範囲な技術を伝えています。
槍においても巻き技や突き返しなど大半の武器においてはむしろ「どんどん攻撃してくれ。いくらでも返し技につなげて見せよう」
といわんばかりのものになっています。
846556 | 名無しさん | (2020年10月19日 09:21)
侍は当時世界最強だぞ
ヨーロッパが台頭してきたのは18世紀頃
846557 | 名無しさん | (2020年10月19日 09:22)
日本の鎧の方が軽いのなら、のんびりマラソンしてお疲れのナイトをやっちゃうかな
消極的で受けないかw
846559 | 名無しさん | (2020年10月19日 09:27)
モンゴルにこてんぱんにされた騎士とモンゴルをこてんぱんにした武士。
どっちが強いかなんて論じるまでもないけどな。
白人の貧弱なプライドがそれを認めたくないんだろうな。
846560 |   | (2020年10月19日 09:32)
日本は元を退け、ヨーロッパは元に征服された。
846561 | 名無しさん | (2020年10月19日 09:32)
バールかスコップもなかなか強いぞ
846562 |   | (2020年10月19日 09:33)
アーノルダス・モンタヌス「日本誌」
戦いは日本人の頗る喜ぶ所なり。
彼等の武器は鉄砲弓矢の外に刀あり。
刀は非常に能く鍛えられあればヨーロッパ流の刀身などは容易にこれにて切断せらるべし。

チェンバレン「日本事物誌」
日本刀は、その名も高いダマスコ剣やトレドで鍛えた剣をも凌駕する。
刃を傷つけずに銅貨の山を一刀両断することは決して難しい離れ業ではなかった。

アビラ・ヒロン 『日本王国記』
繰り返して述べるが、彼らは非常に闘争的で、容易に鉄が切れるほど精錬された。鋼鉄で作った残忍極まる鋭利な武器を使用する。
846563 | 名無しさん | (2020年10月19日 09:36)
侍にとって最悪の不名誉は背中に切り傷をつけられる事らしい
相手に背中を見せた証拠になるから

おれの爺ちゃんは子供の頃、爺ちゃんの爺ちゃんから「俺の背中には刀傷があるけどこれは後ろから狙われた為で決して逃げた訳じゃない」と泣きながら語られたらしい

外の物を貪欲に取り入れ改善する柔軟性と、名誉を頑なに守る頑固さが混在するのが日本という国なんだと思う
846565 | 名無しさん | (2020年10月19日 09:40)
> 西洋の剣は実戦では相手を倒してから頭を狙う技がある
> 侍も似たようなことができるかも
> 実は侍にはそういう洗練された技はない

足軽か侍か細かい事は知らないけど、組み伏せてから短刀でとどめを刺す戦法は普通にあったと聞いたんだが。
846566 | 名無しさん | (2020年10月19日 09:42)
サムライが元を倒したわけじゃ無い、神風(台風)が元を倒した。
846567 | 名無しさん | (2020年10月19日 09:47)
※ 846566
それは違うよ
元が神風にやられたのは、激しく抵抗されて延々と上陸させて貰えなかったから

最初はヤバかったし、元軍の中身は半島の兵が大半だったから単純には比べられないけどね
元寇は歴史の本がいっぱいあるし
面白いから読んでみるといいよ
846568 | 名無しさん | (2020年10月19日 09:48)
そもそも侍のメイン武器は弓矢から長物なのになー
846569 |   | (2020年10月19日 09:48)
屈大均「広東新語」
日本人が全力で動くとき風のように漂って動く。
常に寡兵で陣に入って、たくさんの兵も抵抗できない。
その刀の使い方は、長い方で構え守り、短いほうで止めを刺す。
しゃがんでいるかのごとく低く移動し、決して退がらない。
こちらが何人いようと対応される。
日本列島の者だけの絶技である。

柔術による組手、刀と脇差による組み合わせ、肩盾のチョバムアーマーと攻撃の受け流し
それに、幼少のころからの躰と武術の鍛錬。つまり中世から近代に存在したスパルタ軍のような存在が日本の武士。かなうはずがない。しかもこれ全て、馬上、地上での混戦、林や森など、場所を選ばない。海上でも鎧を着ていても溺れない。ほぼ無敵。今の日本人の体格と精神とは全く別と考えた方がいい。これら信憑性はイギリスと薩摩の戦争時の記述に薩摩武士の精神性とその強靭な肉体から垣間見れる。
846570 | 名無しさん | (2020年10月19日 09:50)
鉄板1ミリで全身を覆うと15キロー20キロくらいになる。前面に集中して分厚くして30-40キロまで重くして2ミリ前後だろうから。口径10ミリくらいの小口径の火縄銃でも50メートル以内なら貫通する可能性は高そう。そして火縄銃の有効射程は100-200メートルくらい。
846571 | 名無しさん | (2020年10月19日 09:50)
フルプレートアーマーって30kgぐらいに抑えようとしたら、
厚さは1mm程度になっちゃうんと思うんだけど。
レプリカのやつは軽い合金製に見えるし。
そしたら弓矢でも刀でも火縄銃でも有効ってことになるんだよな。
実際は実用的な重さだと、衝撃緩衝材的な役割しかなかったんじゃないのかなあ。
846572 | 名無しさん | (2020年10月19日 09:52)
体格が違いすぎるだろ。1対1では勝負になるはずがない。西洋人も無傷では済まないだろうけど、真剣勝負ではお話にならないくらい西洋人が強いだろうよ。
846574 |   | (2020年10月19日 09:56)
※846568

違う。メインは刀。何でも扱えた。

程宗猷 「単刀法選」
日本刀法は神秘的だ。
左右への変化がすさまじく誰にも予測できない。
そのせいで槍を持ってしても毎回日本刀に負けてしまう。

戚継光 「紀効新書・長刀解」
此は日本の武士が明(支那)に攻めてきた時初めてわかったことである。
彼らは舞うように移動し、前方への突進力は光が閃くようで我ら明の兵は気を奪われるばかりだった。
日本人はよく躍動し、一度動き出せば丈あまり、
刀の長さは五尺なので一丈五尺の間合でも攻撃される。
我が兵の剣では近づき難く、槍では遅すぎ、遭遇すればみな両断されて殺される。
これは彼らの武器が鋭利であり、両手で振れる強力で重い刀を自在に用いているためである。

「倭軍と対陣すると、倭軍はたちまち死に物狂いで突進してくる。
我が軍は、手に槍を持ち、剣を帯びていても、その剣は鞘を出る暇も無く、
槍は矛先を交えることもできずに、凶刃のもとにやられてしまうのである」

「揮刀如神」
「日本の武士の刀術はまるで神の如しだ。
我々の明兵は武士を見れば皆身がすくみ逃げ腰になる。
刀術に優れた武士だが刀術だけではなく飛び道具の扱いも我が銃兵と互角である。
弓の扱いも我が弓兵と互角、そのほかあらゆる兵科と比べて不足が見つからない。
本当に日本人は殺戮者だ。その家には刀を持たぬものは無く、
子供の頃から剣術を鍛えられ始め、壮年にいたれば手に負えなくなる。
それゆえ接近戦は日本の武士に一方的に有利で明兵では相手にならない。
日本人を有効的に殺せるのは火器のみである。
であるにも拘らず、多くの鳥銃手を擁している我が明兵が勝てないのは外でもない。
日本人は戦いに臨んで命を忘れるが、我が明兵は戦いに臨んで恐れてしばしば勝手に逃げるため、その鉛子は地に堕ち、あるいは薬線が法なく、手震え、目眩み、天を仰いで空しく発射する為である。」

846576 | 名無しさん | (2020年10月19日 10:05)
通人の前に素人及び反日勢討ちタヒに
846577 | 名無しさん | (2020年10月19日 10:05)
※846572
江戸時代初期の侍はオランダとかで傭兵やってたよ
気性が荒く扱い辛いがくっそ強いと評判だったそうだよ
846582 | 名無しさん | (2020年10月19日 10:16)
上でも言っているけどモンゴルに勝った日本と蹂躙されたヨーロッパ。検証の必要すら無く事実が残っているじゃん。
846586 | 名無しさん | (2020年10月19日 10:21)
武士の介者剣術でプレートアーマーの騎士も腋や足の付け根(太ももの内側)をズタズタにされてイチコロよ
846587 | 名無しさん | (2020年10月19日 10:21)
戦ってる場所が陸地と海(台風)で環境が全然違うから比較にならない。
846590 | 名無しさん | (2020年10月19日 10:27)
こういう遊びが楽しいのはわかるけど
比較にあまり意味がないよね
フルプレで日本の高低差のある高温多湿な戦場で戦うとか無理があるし広大な平地でサムライが騎士の騎馬突撃に抗えるとも思えない
846591 | 名無しさん | (2020年10月19日 10:34)
Net W NEWS❕
【 メキシコ国防相トップが麻薬取り締まりしながら、実は、麻薬の販売元締めで逮捕❗ 】

◼️アメリカがメキシコ麻薬カルテルトップを拘束 → メキシコ国防相と判明 麻薬対策を指揮しながら麻薬密売、ゴッドファーザーと呼ばれていた。
😱☀️麻薬組織の首領の正体は…メキシコ前大臣、アメリカで身柄拘束
メキシコのサルバドル・シエンフエゴス前国防相が16日、麻薬密売などの罪でアメリカの検察に起訴された。前政権時の国防相として麻薬犯罪対策を指揮しながら、自身も麻薬カルテルのトップとして君臨し、「エル・パドリーノ」(ゴッドファーザー)の異名で呼ばれていたとされている。
846593 | 名無しさん | (2020年10月19日 10:39)
※846587
蒙古襲来の事かな?
文永の役でも弘安の役でも完全に上陸されて、陸で戦った末に追い返してるよ
海戦になったのはその後の追撃戦
846594 | 名無しさん | (2020年10月19日 10:40)
戦闘員の個々の状況にもよるだろう
戦国時代の侍なら戦ばかりしてたから経験値は大きかったろう
江戸時代の侍より身体は大きかったからヨーロパ人と比べても大きく不利とは思えない
846601 | 名無しさん | (2020年10月19日 10:47)
普通に組み伏せて鎧通しの出番ですね。
846603 | 名無しさん | (2020年10月19日 10:55)
戦術が違うんじゃないんか?
タイマンなら人種的に向こうのほうがパワーあるし掴まれて押し倒されて刺されそう。
846604 | 名無しさん | (2020年10月19日 10:58)
騎兵はロープ一本で倒せる
846608 | 名無しさん | (2020年10月19日 11:09)
鎧を着た相手を刀で斬る事は、ほぼ不可能だから、相手をいかに倒すかに重点を置いてる
だから柔術が生まれたんだよな、それに刀は相手を懐に入れない為の武具、接近して倒してしまえば、後はたくさん持ってた小刀で相手の鎧の隙間を刺して仕留める
侍の基本戦術は相手が西洋になっても変わらないだろうな
西洋はヤられないようにするが日本の侍は最期には刺し違えるという精神が違う
846609 | 名無しさん | (2020年10月19日 11:10)
鎧を着た相手を刀で斬る事は、ほぼ不可能だから、相手をいかに倒すかに重点を置いてる
だから柔術が生まれたんだよな、それに刀は相手を懐に入れない為の武具、接近して倒してしまえば、後はたくさん持ってた小刀で相手の鎧の隙間を刺して仕留める
侍の基本戦術は相手が西洋になっても変わらないだろうな
西洋はヤられないようにするが日本の侍は最期には刺し違えるという精神が違う
846614 | 名無しさん | (2020年10月19日 11:18)
戦後期自衛隊とか見ると、未知の敵、あきらかに強い敵に対しても人間なんだかんだで工夫するもんで、対面して戦うなら実際なんかしら効果の出る攻撃を考えるだろうとは思う
侍が考えると同様に騎士も考えるだろう

初戦でどちらが勝つかという予想で侍が勝つ可能性が高いとしても、同じ戦法でやられっぱなしになるとは考えにくい、対侍用の何かを考えてくるだろう
そしてそれで侍がやられたら、それに対する方策を~となって、どんどん技術が進歩していくことだろう
846616 | 名無しさん | (2020年10月19日 11:19)
>>846594
戦国後期になると戦闘が減ってあぶれた浪人たちがオランダで傭兵として雇われてた記録は残ってる
スペインとの戦争で活躍して強かったんだけど不満があるとすぐオランダ側の上官斬ったり
反乱起こすもんだからオランダ軍内では日本人の取り扱いが徹底された
「粗食にも耐え辛抱強く従順だが名誉を侮辱すると途端にキレるから扱いには気を付けろ」って記録が残ってる
846619 | 名無しさん | (2020年10月19日 11:26)
同じ時代で比較したら15〜16世紀ぐらいまでならサムライ
18世紀ぐらいならナイトだと思う
江戸時代が平和すぎてあまり進歩しなかった日本と
ずっと侵略戦争し続けてたヨーロッパでは比べるべくもない
846620 | 名無しさん | (2020年10月19日 11:37)
武器・防具は相手に合わせて進化発展するものなので
仮想異種格闘技戦は無意味。恣意的な結論出すのが関の山だ
846622 | 名無しさん | (2020年10月19日 11:51)
決まって時代背景が~とか言い出すやつが出てきて
比較させないようにするから単純な話にならない
846625 | 名無しさん | (2020年10月19日 11:55)
鎧通しを知ってるとは通だね
846627 | 名無しさん | (2020年10月19日 11:58)
>>846619
18世紀の騎士なんて、はるか以前に軍事的価値を失って単なる貴族の称号化してるのに何言ってるの?
侍が騎士に戦場で劣ってた時代なんて無いよ
846628 | 名無しさん | (2020年10月19日 11:59)
中世の同時代のサムライとナイトなら、ほとんどの時期においてワーシュタットの戦いが再現されただろう。中世の武士はほとんど馬上での弓騎兵で、モンゴルと戦術的にもかなり共通点がある。

一方中世以降だとナイトが戦闘要員として実在していた時期には実は鉄砲を日本側は既に装備しているので、多分銃vs騎兵で、クレシーの戦いを悪化させたさらにひどい虐殺が起きただろう。同時代の武器を一応そろえていた武田織田の戦った長篠より決定的な差で敗北するはず。サムライは意外と近世までいるので大砲や銃は普通に持ってて欧州においてはナポレオンやフリードリッヒ大王の時代みたいな装備や戦術じゃないと単純に装備差だけで侍が圧倒しちゃうそれは侍の刀や技術がとかじゃなくて、文明レベル単に違うから。
846632 | 名無しさん | (2020年10月19日 12:12)
日本人傭兵も結構ヨーロッパに行ってた記録あったんじゃなかったっけ?
846633 | 名無しさん | (2020年10月19日 12:18)
黙って「フォーオナー」でも遊んでろ
846634 | 名無しさん | (2020年10月19日 12:18)
鎧は本来、射撃武器を防ぐための防具だから、
近接戦闘なら身軽で視界の広い和鎧の方が有利だと思うけど。
846637 | 名無しさん | (2020年10月19日 12:26)
和弓
はい論破
846639 | 名無しさん | (2020年10月19日 12:28)
さむら侍は組打ち術を使ってただろ。
乱戦になれば、刀で切るより刀で牽制、防御しながら押し倒して首を狩る。
846640 | 名無しさん | (2020年10月19日 12:31)
媒介としてモンゴル軍がいるのに、
白人ってどんだけ自意識過剰なんだよ。
銃を手にする以前ならば、南欧人以外の欧州人は雑魚だよ。
846643 | 名無し | (2020年10月19日 12:45)
弓だってあるんだけどな
846647 | 名無しさん | (2020年10月19日 12:53)
はっきり言うとこういう議論は英語でされてるからなんとなく高尚に思うが、
中身はただの子供の妄想なんでここで同じく◯◯は◯◯なので◯◯のかち!
と言ってれば同じく子供レベル

西洋は文化として武器(道具)の進化に収斂したが 東洋でも特に日本は手で扱える武器(道具)に留めてそれを使う体の方を変えてきた

だから明治維新でかなり消えたとはいえ武術はもとより職人技といわれるものまで何層にも渡って体の技芸が存在した

もちろん一時期に大陸でいう泥鰌功のシステマや、エスクリマのようなものも存在はしたが(システマの方はどちらかと言えば起源は大陸寄りだと思うが)基本的に達人技は西洋には存在はしない

天才剣士もガンマンも無防備な背中を物語ではボコッとなぐられる
その程度でしかない

江戸には五文せんをなげて木の幹まで埋まるモノがいた。これは武士ではない。
あるいは見えないほどの音しかしない居合いの武士と勝負して剣先にあんこを塗りつけられるあんこ職人がいた。
今、片鱗は殆んどみられないだろうがたとえば米軍銃剣道指導者の真剣を木刀で相手を傷つけず完封した勝負の国井道行という人がいた
846648 | 名無しさん | (2020年10月19日 12:55)
これらは語れば山ほどあるし一部は現に今でも使う人はいる
本物を日本人ならできなくとも知っとけということと、子供は相手するなということだ。
前に書いた人のいるように実際はロープでも(捕縛術)というものがあるのだからロープで終わりかもしれない
846649 | 名無しさん | (2020年10月19日 12:59)
騎士に勝ち目があるのは狭い通路での押し合いくらいでしょ
素手で握れるくらい切れない西洋剣は多層の日本の鎧に有効じゃない。

向こうは綿の服と革のベストが基本装備だし刀の敵じゃないわ。
動きが悪くなるプレートの面積を人質志願のフルプレートまでどう増減させても勝ち目は出てこないだろ
846651 | 名無し | (2020年10月19日 13:02)
846572
当時は欧州人も160センチちょいだから今の日本人と欧米人の体格差と相対的には変わらん
846652 | 名無しさん | (2020年10月19日 13:13)
フルアーマー最強wwwつってて軽装の元にやられたの知らんのか
こんなもん子供でも分かりそうな事だろうに
846653 | 名無しさん | (2020年10月19日 13:16)
多分話にならんレベルで侍が圧勝だろうな
侍に動かずに戦えとかいうハンディキャップ付きじゃなければだが
846654 | 名無しさん | (2020年10月19日 13:17)
当時は侍が傭兵してたくらい強かったの知らないんだろうか
846655 | 名無しさん | (2020年10月19日 13:18)
妄想はラストサムライだけにしとけ
846660 | 名無しさん | (2020年10月19日 13:40)
846586]名無しさんさん
武士の介者剣術でプレートアーマーの騎士も腋や足の付け根(太もも

1600年代に台湾のオランダ要塞で日本兵とフルアーマー兵の戦闘で日本兵は槍で可動部の僅かな隙間を突いて勝利している
846663 | 名無しさん | (2020年10月19日 14:00)
確か中国の商人が侍の傭兵に成りすました用心棒を使ってた話なかったっけ?
日本人の用心棒がいただけで誰も襲ってこないし、スムーズに商売できるとかなんとか。
前コメにも沢山情報があるけど、今の日本人を見て想像で昔の日本人舐めてたらあかんよ。
一番の違いで覆せない強みは死生観。
846664 | 暴君 | (2020年10月19日 14:01)
 
 侍がナイトに体当たりして、

二人とも倒れこんだら、起き上がれるのは侍だけだぞ。www

てか、侍が走って逃げたら追いつけないだろ。wwwwww
846665 | 名無しさん | (2020年10月19日 14:19)
どれだけ装甲を厚くしても銃弾が防げない事が分かったから板金鎧は衰退したのよ。

銃を前提にした装備をするから、みんな無駄な板金鎧は身に付けず、武器も斬撃より刺突を優先する作りが好まれるようになる。

板金鎧が有効なら銃士のダルタニャンは甲冑で身を固めてるわw
846666 | 名無しさん | (2020年10月19日 14:21)
まあこんなん条件次第やろうとしか
平地で1対1で切り合ったら騎士の方が強いと思うけどそんな状況で侍が刀で切りかかるとは思えんし
身軽さを利用して遠巻きに何らかの手を打つだろう
846670 | 名無しよん | (2020年10月19日 14:33)
日本の桂馬と西洋ナイトならナイトの方が強い
846671 | 名無しさん | (2020年10月19日 14:34)
西洋と言ったって国ごとに色々特色があるだろ
そんな抽象的なもの相手に日本一国で勝てる気がしない
846674 | 名無しさん | (2020年10月19日 14:53)
日本の夏場だったら俺がビキニアーマーでも勝ちそうだ
846677 |   | (2020年10月19日 15:20)
中国もフルアーマー試したけどダメだった。・・・・朝鮮?当時は布の鎧。切れない殴る武器には有効だったが、日本の武士が操る刀の前にあっては一刀両断。朝鮮のテレビや映画のフルアーマーはねつ造でフィクションだ。戦隊モノのアクションもどきを歴史もので使ってる。因みに、日本の刀の切り方を知らないと、切れる刃物程度でしかない。武器として使うには、日本の切り方を体に叩き込む必要があった。

懲秘録
日本人はよく刀槍を用いる。
我々には堅甲がないゆえ日本人に敵わない。
そこで厚鉄を用い全身鎧を作りこの鎧を着た兵士を敵陣深く切り込ませようと考えた。取り敢えず、全身鎧の見本を製造して、これを試用したが、とてもその重さに堪えられる兵士がおらず、これを廃した。


846683 | 名無しさん | (2020年10月19日 15:48)
プレートアーマーなんて腰抜けが着るもんだろ
846684 | 名無しさん | (2020年10月19日 15:53)
フルプレートの弱点は動きが遅いこと。
刃が立たない相手にわざわざ打ち込む必要はない。
そういう相手は格闘戦に持ち込んで転がし、隙間から刃を突き入れる。

日本の甲冑は分割型で馬で駆けても跳ね上がらないのが特徴であり、これは「着たまま走れる」事を意味する。

固定パーツが大きい西洋のフルプレートは上下動がし難いのでほとんど走れないし、関節の稼動域も狭くなる。

あと槍の使い方も理解してない。
槍など長柄武器は遠心力を使って「叩きつける」「足を払う」というのが一番打撃力を発揮するからフルプレートだろうがダメージを受けるし、転ばされたら重いほうが負ける。
846686 | 名無しさん | (2020年10月19日 16:04)
そもそも西洋の戦闘術なんざ決闘術にとってかわられて大半が失伝しとるやんけ、それこそ東洋の武術から技法を取り入れて復元しようとしてる連中が何を偉そうに。
846687 | 名無しさん | (2020年10月19日 16:05)
面と向かって切り合い打ち合いなんかせん、組み伏せて短刀でズブリ、日本の戦国の乱戦なんてそんな感じだろ
ヨーロッパもたぶん同じような感じなんじゃねぇのって気がするけど、どうなんだろう
846690 | 名無しさん | (2020年10月19日 16:13)
西洋のフルプレートからしたら日本の侍はDPS職になるからな。
DPS職とタンク職を比較する事に何の意味があるのかがさっぱり分からん。
846691 | 名無しさん | (2020年10月19日 16:18)


両班が1番強い


846695 | 名無しさん | (2020年10月19日 16:23)
モンゴルにボロクソにされたのに侍に勝てるとか言われてもな。
846698 | 名無しさん | (2020年10月19日 16:31)
日本の鎧の方が機動力あるとは思うが、確か総重量はそんなに軽くない。
そんで西洋のフルプレートが倒れたらもう終わりのような印象になってるが、普通に着込んで前転やらこなせるくらいに動ける。確か重量がきちんと体の各位に分散するようにできていたはず。
体系的には多分両方そんなに大きく変わらない。日本は米ウマーの江戸時代に体が小さくなっただけで、それ以前はそうでもなかったと。西洋はそもそも食い物が無いから争ってるわけで・・
武器を近接のみ、馬無し、鎧着用、闘技場での一騎打ちとか条件付けないと馬乗って弓打って終わりかと・・もしくは槍で殴って昏倒したところを鎧通しで・・
846700 | 名無しさん | (2020年10月19日 16:35)
鉄砲を防げるようなブ厚いものは極一部。
それも全身装備となると防げるだけでまともに動けない。
普通のものは防げないから鉄砲の時代になってプレートアーマーが廃れた。


>・中世後期のチャージなら日本の隊列射撃に勝てると思う
15~16世紀に名を馳せたスイス傭兵やランツクネヒトの主兵装は長槍で、装備としては信長や秀吉の長槍部隊と似ているし、日本はそれに加えてイギリスの長弓兵に相当する和弓部隊もそろっている。
鉄砲も多く持っているたし上記のことを考えれば日本の方が確実に上でしょう。
フサリアの突撃騎兵は有名だけど日本には馬防柵とかも有ったしね。


846702 | 名無しさん | (2020年10月19日 17:08)
>>846691
両班は「武班」と「文班」からなる。
「文班」は儒学しか能のない単なる頭でっかちの戦闘素人。
そんなの戦国の武士からしたら試し斬りの木偶でしかない。
846706 | 名無しさん | (2020年10月19日 17:21)
軽装のモンゴル兵に手酷く負けたことは記憶から消去したのだろうか
大艦巨砲主義を盲信する昔の人みたいだ
846707 | 名無しさん | (2020年10月19日 17:23)
文官や武官になる資格が無いから、文武両官じゃなくて文武両班なのよ。
846710 | 名無しさん | (2020年10月19日 17:34)
モンゴルにぼこぼこにされているヨーロッパ
846712 | 名無しさん | (2020年10月19日 17:43)
>>皆さん当たり前のように日本対世界とか日本対西洋といいますが、
>>これは日本一国のなかだけの戦闘技術と西洋全土を比較することに何の違和感も感じてないということです。

車でも経済でも欧米人は、何故か日本一国とEU(欧州)を比較するんだよね
たった一国で欧州圏と勝負させられるってことは、それだけ日本の評価が高いんだろうと思う。
まぁ欧米人ずるいとも言えるよねw
846723 | 名無しさん | (2020年10月19日 18:37)
日本の槍は鋼鉄で鋳鉄じゃないってことは知ってるのかな
846728 | | (2020年10月19日 18:44)
現在の騎士と武士の対戦を観てみたいな。
ルールはどうなるか分からないけど。
846738 | 名無しさん | (2020年10月19日 19:07)
>>846707
「朝鮮儒教の二千年」という本によると、
朝鮮王朝時代の身分制度は、両班、常民、賎民に大別されて、その両班の中に武班と文班がいて、国を挙げて朱子学に偏っていたため、「尚文軽武」の精神が強く、武班はあまり重んじられなかったとある。
なお科挙試験の文科に合格した者が「文班」、武科に合格した者が「武班」となる。
両班出身でありながら、科挙に合格できなかった者は「白頭」や「白首」と呼ばれて大変不名誉なことであったらしい。
846750 |   | (2020年10月19日 19:49)
>>846707
えっ?

マリ・ニコル・アントン・ダブリィ主教「韓国事情」
「半島の両班は、まるで支配者か、暴君のごとくふるまっている。両班は、金がなくなると、 使者を送って商人や農民を捕えさせる。その者が手際よく金を出せば釈放されるが、 出さない場合は、両班の家に連行され投獄され、 食物も与えられず、両班が要求する額を支払うまでムチ打たれる。両班の中で最も正直な者たちも、 多かれ少なかれ、自発的な借用の形で自分の窃盗行為を偽装するが、それに欺かれる者は誰もいない。なぜなら、両班たちが借用したものを返済したためしが、いまだかつて、ないからである。
彼らが農民から田畑や家を買うときは、ほとんどの場合支払いなしで済ませてしまう。しかも、 この強盗行為を阻止する守令は一人もいない。」
846778 | 名無しさん | (2020年10月19日 21:28)
クマを仕留めるのにウサギ罠使わないし その逆も然り
846789 | 名無しさん | (2020年10月19日 22:26)
ナイトってどこの国の?
日本=一国に対して、範囲が広すぎじゃない?
846803 | 名無しさん | (2020年10月20日 00:10)
組み打ちになったら柔術やってる侍のほうが有利じゃね
846807 | 名無しさん | (2020年10月20日 00:49)
打撃戦だとフルプレートアーマー有利。
持久戦だと身軽な甲冑が有利。
斬り合いだと腕勝負だろうよ。
侍が初撃を躱して後ろを取って騎士を押し倒せば普通に勝てる。
846810 | 名無しさん | (2020年10月20日 01:14)
最終的には戦争なんてどこでも石ぶつけてるから変わんねーよな
846841 | 名無し | (2020年10月20日 02:59)
純粋な強さなら
武士

↓侍と騎士
モンゴル

846926 | 名無しさん | (2020年10月20日 08:34)
西洋人がこの手の話題(どちらの兵士が強いか)をする際、
地球を半周してきたモンゴル軍にボコられてる事実を
隠蔽したり意図的に避けたりするから面倒なんだよ。
そういう時は、モンゴル軍と西洋の騎士はどっちが強かった?という質問を単刀直入にすると良いかもw
847032 | 名無しさん | (2020年10月20日 10:25)
ペン✒️先みたいな「ナイト」より「サムライ」の方が「強いに決まってる‼️」。
847145 | v | (2020年10月20日 12:53)
そりぁお前ぇさんよぁお侍さんは戦いとなりゃ何でも使うわな
特に知恵を回しなさるんよ
相手がカチカチの南蛮鎧ともなりゃいの一番に落とし穴だわな
枯れ葉で見えない泥水だらけの水溜まりに嵌ってハイサヨナラよ
他にも縄で絡み付けたり梯子で押さえつけたり
仕舞いニャあ納屋に誘い込んで火あぶりよぉ
まぁまず勝ち目はねぇって
847179 | 名無しさん | (2020年10月20日 13:45)
外国の甲冑でどれだけ動けるか
足払いしたらそれこそ亀の子だろ
847235 | 名無しさん | (2020年10月20日 14:57)
なぞの鉄棒推し
847342 | 名無しさん | (2020年10月20日 18:22)
通常のプレートメイルの運動性能は日本の鎧と変わらないよ。
ただそのくらい動ける鎧なら和弓の直射を防ぐことは難しいと思う。
フライパンくらいなら射貫くからね。
847345 | 名無しさん | (2020年10月20日 18:24)
フルプレートで足軽戦やる前提の比較に意味あるのか
馬上や守備ならともかく足使って一騎打ちとか動いてられる時間どんだけあるんだよ
847513 | 名無しさん | (2020年10月20日 22:35)
普通にナイトのほうが強い。
847570 | 名無しさん | (2020年10月21日 00:39)
モンゴルに負けたナイトに何か言われてもねえw
848304 | 名無しさん | (2020年10月22日 23:50)
ナイトの方が間違いなく強い

しかし戦いとは 何時 何処で 誰と どのように 戦うのか で全てが変わる
これを理解した上で議論しないと答えは堂々巡りになる
848739 | 名無しさん | (2020年10月24日 05:08)
外人のナイト信者はプレートアーマーに夢持ち過ぎてんだよ
金属製つったって、所詮人間が着用できる重量に抑えられてる
weebooの刀信仰笑ってるけど、ナイト信者のプレートアーマー信仰も相当だぞ
848775 | 名無しさん | (2020年10月24日 08:01)
サムライが元を倒したわけじゃ無い、神風(台風)が元を倒した。


↑チ⚪︎ンの負け惜しみ、歯軋り(笑)

見苦しいぞよチ⚪︎ン

849421 | 名無しさん | (2020年10月26日 02:01)
で、ナイトとやらは、
超絶アウェイの蒙古軍をホームで追い払ったの? 
ワールシュタットの死体の山はモンゴル兵士だったの?
と質問すると、欧州人はうつむいてぐぬぬ・・・となるだけ。
851110 | 名無しさん | (2020年10月29日 00:55)
そもそもナイトの装備はイタリアやスイスみたいな一部を除いて悪い意味で中途半端なものが多いのが何とも
モンゴルも、それを退けた日本やエジプトやベトナムはある意味割り切った装備を複数組み合わせてるがナイトの場合は特に百年戦争前半ぐらいまでは武器も鎧も中途半端なんだわ
853791 | 名無しさん | (2020年11月02日 13:28)
元寇で使用した鎌倉武士のうんこ爆弾で、西洋泣くと?
鎌倉武士無敵だろ?
858779 |   | (2020年11月12日 22:39)
お互い致命傷与えるのは難しいから格闘戦になると思うけど
そうなると重いフルプレートのが不利になると思う
860334 | 名無しさん | (2020年11月15日 13:44)
ヨーロッパ人って、古代中国人やモンゴル帝国に勝ったっけ?

ヨーロッパ人って、古代中国人やモンゴル帝国に勝ったっけ?

ヨーロッパ人って、古代中国人やモンゴル帝国に勝ったっけ?

ヨーロッパ人って、古代中国人やモンゴル帝国に勝ったっけ?

ヨーロッパ人って、古代中国人やモンゴル帝国に勝ったっけ?
名前