海外「日本のほうがすごい!」日本と中国の鎧技術の進化の歴史に海外が興味津々




日本と中国の「鎧」の歴史を紹介したビデオが話題になっていました。

日本と中国における鎧の技術的な発展の歴史を比較したもので、それぞれの国でまったく別の方向性に進化していく過程がよく分かる内容になっています。

そんなビデオに、海外からは多くのコメントが寄せられていました。






※レザーアーマー
・漢字が伝わるまで記録がないから、日本のレザーアーマーについては中国ほど詳しく分からない。
・中国はコートとウロコタイプの二種類。サイの皮が使われた。唐の時代にも使われていて、バッファローやサメの皮が追加されるようになった。
・日本では練革が使われた。記録はないけど、平安時代のものはウロコ状で防水性能を欠いていた。金属ラメを使ってもツナギが革紐だった。前面のみで肩は綿で防護した。

※ラメラアーマー
・金属や革の小さなプレートを合わせたもの。
・古代中国で一番使われたもので、革に漆を塗ったり、銅、ブロンズ、後に鉄が使われた。漢王朝の時代に置き換わったから、いろいろな形が存在してる。
・漢字の「山」の形をしたプレートを使った鎧が特徴的。韓国や日本、タイでも見つかってる。
・ヤマト王権には製鉄の技術があった。中国から5世紀に伝わった。6種類のサイズのプレートを使ったもので、初期のほうが複雑だった。
・歩兵のものはラメラコートから、騎兵のものはラメラパネルを合わせたものから発展していった。
・平安中期には接続してから漆を塗って強化してるのは日本的。後期には鎧に変化する。14世紀に貴族がより軽い背中の開いた胴丸を使い始めた。

※メイル
・中国に存在はしていたけど軍隊で使用されることはなかった。金持ちが使っただけ。
・日本でも蒙古来週の時代には存在している。そのまま使うか、鎧の上に着ていた。
・サムライが隙間を埋めたり、グローブやシャツとしても使った。
・日本でもリベットを使ったからくり南蛮と呼ばれる鎖が使われてる。

※スケールアーマー
・中国では漢王朝の時代にはラメラと同時に登場して、19世紀まで使われていた。
・日本でも魚のウロコ状のものを11世紀の藤原氏が使ってる。

※プレートアーマー
・中国はラメラ好きでプレートは普及しなかった。胸にプレートのついた鎧が一番近いけど重くてジャンルが違う。
・日本は金属の鎧を古墳時代から使っていたという証拠がある。朝鮮半島と同じ鉄の板をつなぎ合わせた湾曲したもの。4世紀に朝鮮半島から伝わった短甲は柔軟で頑丈な日本独自のものに改良されてる。
・後期に一般化したサムライの鎧も鉄の板で作られてる。軽量化され、用途に合わせて種類が増えてる。
・その最もたるものが合金を使って火縄銃に対抗した当世具足だ。ヨーロッパの鎧を取り入れた南蛮具足なども登場した。
・徳川家康も日本人にはエキゾチックな西洋風鎧を持ってた。




以下、反応コメント




海外の名無しさん

どっちも同じくらい好きだな。


海外の名無しさん

ヨーロッパが日本の鎧に影響してるのが俺にはエキゾチックだよ。
日本人もだけど。


海外の名無しさん

南蛮具足がヨーロッパと日本のミックスだとは知らなかった。
めっちゃ興味深い。


海外の名無しさん

↑ナンバンって日本語で外国人のことじゃなかった?
少なくともポルトガル人はそう呼ばれてたよ。


海外の名無しさん

日本の鎧は目の保養になるとは思ってたけど。
戦場でも優れたものだとは知らなかった。


海外の名無しさん

中国の鎧は好きだけど、ヨーロッパの影響を受けた日本の鎧がカッコよすぎる。


海外の名無しさん

日本の後期の鎧が好き。
より頑丈で信頼性がありそう。


海外の名無しさん

日本の鎧のほうが好きだけど、中国の鎧はそれはそれですごいね。


海外の名無しさん

↑中国はそれほど戦争をしてないみたいだけどね。


海外の名無しさん

日本の鎧を見慣れてるせいか日本の鎧のほうが好きだな。
もっと後期の西洋+日本の鎧を見てみたい。
飾りじゃなくて実際に使われた事例はあるの?


海外の名無しさん

日本の鎧は世界一だと思うな。
時代によるけどね。


海外の名無しさん

どっちも好きだけど、一番は中国の明時代のブリガンディンかな。
日本は当世具足が一番好き。


海外の名無しさん

↑同じく。
明の鎧ってめっちゃクールだよね。


海外の名無しさん

中国と日本の歩兵武器、騎兵武器を比較してよ。


海外の名無しさん

平安時代までは一般的に中国の鎧のほうが日本より優れてたんだよ。
日本で封建社会が始まって格差が縮まると、日本の鎧のほうが優れてきた。
ってことでいいのかな?


海外の名無しさん

↑中国の鎧のほうが一般的に日本より優れてるよ。
中国のプレートアマーを持ち出すとダメだけど。
兵士1対1での正しい結論は、中国兵のほうが日本兵より鎧は優れてるだと思う。
日本の金持ちのようが、中国の偉い人より良い鎧が買えるけどね。


海外の名無しさん

中国の鎧は軍隊のために作られたもので、日本は大名のために作られたものってことかな。


海外の名無しさん

↑おおよそはそうだよ。
国の成り立ちがそうだからね。


海外の名無しさん

韓国の武器や鎧についてのビデオも作ってぇ!


海外の名無しさん

山奥にあるパスタの神社で守り神になったというガイジンサムライについて知らない?


海外の名無しさん

中国は金がなくてプレートアーマーが作れなかったんだねぇ。
背後でローマが笑っている。


海外の名無しさん

↑本土には広大な土地が広がってるんだよ。
革ではなく鉄のプレートを着て走り回るのを想像してみなよ。


海外の名無しさん

↑確か中国は農民を徴兵してたから余計に。


海外の名無しさん

中国人は常に改良してるけど、日本人は伝統にこだわり続けてるって感じだね。


海外の名無しさん

バッファローの種類が違うけどねw


海外の名無しさん

どっちか決められないけど、どっちも買えないよ。
弓を射るのが楽なのはどっちなんだろう。


海外の名無しさん

大量のサイだよ。
そんなに存在してたことに驚き。


海外の名無しさん

山形の鎧について言及してるよ!
これは最高だ。


Metatron

↑自分で作ろうかと思ってるよ。


海外の名無しさん

少なくとも後期だと日本の鎧のほうが優れてるように見える。
中国は大量の歩兵で戦うスタイルだから個人性能が劣るのは分かるけどね。
一番重要な比較を忘れてるよ。
シールドはどうなの?




関連記事
最新ニュース

↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2020/01/23 08:45 ] 歴史 | TB(-) | CM(-)
厳選ニュース
特選ニュース