海外「これ美味しい!」日本が生んだ最強の夏のドリンクに米国人が興味津々


日本の喫茶店でよく使われるアイスコーヒーの作り方を紹介したビデオが話題になっていました。

北米でもアイスコーヒーが夏のドリンクのして大人気で、一般的にはコールドブリュー(水出し)という常温の水で時間を掛けて抽出する手法が一般的ですが、日本のこの手法だと短時間で同じかそれ以上に美味しく出来ると注目されているようです。

そんな日本のアイスコーヒーに、海外からは絶賛の声が寄せられていました。





・コールドブリュー(水出し)が長時間かかるのに対して、日本の方法は普通のポアオーバーで同じ味が再現できる。
・氷に直接淹れることで手軽にアイスコーヒーが楽しめる。
・豆を挽くのが一番重要になる。日本のアイスコーヒーでは細かめにする。
・熱を入れたくないのでフィルターは水で濡らす。
・アイスコーヒーなのでブルームに1分掛ける。
・氷が溶けるのを待ったら、薄まらないよう大きなアイスキューブで楽しむ。




以下、反応コメント




海外の名無しさん

ぜひ試してみたい。



海外の名無しさん

世界一の飲み物の素晴らしい映像だね。
試してみるよ。



海外の名無しさん

試したけど、手軽ですごく美味しいよ。



海外の名無しさん

これ美味しいよね。



海外の名無しさん

俺もずっとこれだよ。
この手法の手軽さが大好き。



海外の名無しさん

どうやって大きなアイスキューブをこんなに透明にするの?



海外の名無しさん

↑凍らせる前に沸騰させるんだよ。



海外の名無しさん

インスタントコーヒーを飲んでる俺がアホみたいだ。



海外の名無しさん

うちではコーヒーを氷にしてるよ。
淹れたばかりのコーヒーが薄まらないから。



海外の名無しさん

これ最高の淹れ方だよ!
水でゆっくりやる手法は、酸味のあるコーヒーが苦手な人には持ってこいだけどね。



海外の名無しさん

コールドブリューと氷コーヒーを比較してみたけど、酸味にかなり違いがでるよ。
ポアオーバーのほうが酸味がある。
コールドブリューの素晴らしさはゆっくりまろやかなことだから。



海外の名無しさん

前の晩にコールドブリューを作り忘れてるといつもガッカリするからね。
近いうちにこれでやってみる。



海外の名無しさん

氷を淹れたコップにエスプレッソを注ぐほうが良さそうだけど。
冷たくする氷を加えなくてもちょうどいい濃さにできるよ。
それが日本で一番一般的な方法だよ。
すでに冷めたコーヒーを氷に注ぐのと同じくね。
とはいえ、エスプレッソを作るのがめんどくさい時は俺もこうしてるけど。



海外の名無しさん

モーニングコーヒーを作るための計算量にどうかしそう。



海外の名無しさん

コーヒーは飲まないけど、お茶派としてもコレは凄く興味深い。



海外の名無しさん

なんかお茶みたいだね。



海外の名無しさん

水16コーヒー1、ふむふむ、ブルーム1分、なるほど、50グラム増加、え?
お湯のグラム?



海外の名無しさん

↑1L=1kgだから50mlってことだね。



Hueguh

↑ブルームのあとで、残りのお湯を50g/50mlづつ加えて640g/640mlまで入れた。



海外の名無しさん

彼は凄く賢そうなのにに、なんでiPhoneを使ってるんだろう。



海外の名無しさん

すごく良いビデオだけど、シンプルなコールドブリューと違って計算が複雑すぎる。



海外の名無しさん

これを試すためにとうとうケメックスを買ってしまった。



海外の名無しさん

今でもカリタは使ってるの?
ケメックスに乗り換えたの?



海外の名無しさん

君の声は癒やされるからずっと聞いてられる。



海外の名無しさん

ちょっとこだわり過ぎな気がするけど。



海外の名無しさん

なんで知らなかったんだろう。
ありがとう。





関連記事
最新ニュース

↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2019/06/10 21:25 ] 食べ物 | TB(-) | CM(-)
厳選ニュース
特選ニュース