海外「歴史を正そう!」米国で広がる「日本の弥助は奴隷じゃない」説に海外が興味津々


黒人のサムライ「弥助」は奴隷ではなかったという「アメリカ人たち」の主張が話題になっていました。

日本大学の准教授トーマス・ロックリー氏や、米国の黒人映像作家などが一斉に唱えている説で、弥助は「戦士」として日本にやってきたのだと主張しています。

そんな弥助に関する新説に、海外からは多くのコメントが寄せられていました。



・残念なことに、多くの人が弥助は鎖につながれた奴隷だったと信じてる。
・何にせよ、二人の演出家が奴隷としての弥助から話を変えようとしている。
・高度な訓練を受けた戦士が持ち前の知性と決断力で日本にたどり着くという話に。
・デボラ・デスノーは、日本に10年以上暮らしていたアメリカ人演出家。フロイド・ウェッブはアフリカで長らく暮らした経験を持つアフリカ系アメリカ人の演出家だ。
・二人は自分たちの発見をウェブサイトで紹介。"African samurai"の著者トーマス・ロックリー(日本大学)の目にもとまった。

・ウェッブは黒人文化を知らない白人視点の話を排除したかった。特に弥助が鎖に繋がれていたというイメージを。
・ヴァリニャーノはアジアへ聖書を供給する仕事をした、アジアで最重要人物だった。デスノーは”彼は同伴者の選定にはシビアだった”と主張する。
・ロックリーは、弥助が日本に来たときには軍事的訓練を受けたボディーガードだったと主張する。
・スコセッシの映画サイレンスに協力した、ミシガン大学のイエズス会専門家は、ヴァリニャーノがアジアにおけるイエズス会の最高位の存在だったことを強調する。
・そんな人物がボディーガードよりも奴隷を連れて行くだろうか?
・デンソーによると、織田信長は奴隷としての弥助に興味を持つような人物ではないらしい。
・日本人に”織田信長は弥助が奴隷だったら絶対に家来にしないよね”って言うと”当たり前だ!”って言う。
・”そういう主張はそろそろ変えよう。どうして黒人がヒーローになるのに奴隷で始まらないといけないの?”

・信長がはじめて弥助を見た時に、レイシスト白人は信長が弥助を風呂桶に入れて、家来が洗い落とそうとしたなんて言ってる。
・デンソーとウェッブはそうは考えてない。
・戦士を風呂桶に入れる?戦士が素直に服を脱いでこすらせる?アメリカ人が理解できない武士道が重要なファクターだよ。力関係がわかってない。
・都市伝説だと思う。黒人を貶めようと話を聞いた白人が誇張した。
・デンソーは日本の兵士の風習の関係があると主張する。サムライは戦の時にメイクをしてたから。メイクを落とそうとしたと考えたらぜんぜん意味が違ってくる。

・彼がどこの出身でどうやって日本にたどり着いたにせよ、弥助という名のアフリカ人は初の外国生まれのサムライとして歴史を作ったことに変わりはない。
・彼の存在が徳川家康に影響を与えて、ウィリアム・アダムスにサムライの位を与える結果に繋がった。
・弥助が居なければ、ウィリアム・アダムスがサムライになってなかった可能性が高い。
・弥助の後で更にアフリカ人戦士が日本に来てる。島原の乱でも黒人の戦士が関わってるし、朝鮮に渡って日本人と戦った黒人サムライも居た。
・数世紀後、弥助のストーリーが、レイシズムや抑圧をぶった切り、世界に彼や黒人たちへの違った見方をさせるのだった。

外部リンク





以下、反応コメント




海外の名無しさん

弥助は存在してたけど、詳しいことはわからないんだね。
想像するのは楽しいけどね!
最高の映画やドラマシリーズになりそう。



海外の名無しさん

↑じゃあ君は、チャドウィック・ボーズマンが映画で彼を演じるって聞いたら喜ぶね。
この数カ月間、彼の話題でもちきりなのはそれが理由だから。



海外の名無しさん

↑彼は実在したし、サムライの文献にも言及があるよ。
この想像は歴史がもとになってるんだよ。



海外の名無しさん

↑調べた上での予想ね。



海外の名無しさん

↑それが歴史ってもんだから。
仮説の集まりだよ。



海外の名無しさん

数週間前に、この人について話してるウォーカレッジの放送を聞いたよ。



海外の名無しさん

↑あぁ!
トーマス・ロックリーが弥助についてインタビューを受けてたね。
(日本大学の准教授)



海外の名無しさん

幽☆遊☆白書を見始めたんだけど、これが主人公の名前だよ。
今まで見た中で一番の部類のアニメだしね。



海外の名無しさん

↑弥助なんて名前の人が居るの?



海外の名無しさん

↑日本では普通の名前だよ。
これとはぜんぜん関係ないけど。



海外の名無しさん

↑彼はユウスケだから。
弥助とは呼ばないでw



海外の名無しさん

全部読んでみたけど、納得してないよ。
仮説を導き出した二人の意見が一致してるということ以外の証拠がないし。
彼らの"証拠"も自分の仮定に基づいたものでしかない。
著者は一貫性にかけるし、そうすべきでない所で別々の議題を持ち出したり分けたり。
情報の出処が一般の日本人な時点で明らかなアジェンダが見て取れる。



海外の名無しさん

↑植民地の視点と、アメリカの三角貿易のレンズの外で歴史を研究するのが、こういう話を正確に把握する要素だよね。



海外の名無しさん

↑弥助のストーリーは仮定が前提だから。
事実が不足してる。
記事にもあるように、信長に関する情報に一貫性がないし。
弥助の情報が明確だとは思わないことだね。



海外の名無しさん

↑じゃあ、最初から事実として考えるべきじゃないのでは。



海外の名無しさん

サムライは主君に尽くす。
主君が居る。
彼らは家来だよ。
浪人は無慈悲に討伐された主君を持たないサムライで、彼らは悪党であり、暗殺者であり、誘拐者であり、暴徒だった。
文字通り凶暴な犯罪者だよ。
弥助は間違いなく存在しなかったし、よく知らない人たちが生み出した作り話だよ。



海外の名無しさん

↑それはないよ。
サムライの松平家忠が17年間サムライ日記をつけてて、弥助は彼と同じ位だったと綴ってる。
松平は当時一番有名なサムライの一人として有名だよ。
イエズス会の記録にも頻繁に弥助が出てくるしね。



海外の名無しさん

このWiki(省略)を見ると、彼はサムライではなく従者だったと書いてある。
戦いには参加してるけど、サムライとしてではないよ。
このWiki(省略)を見ると、彼はサムライだったかもと言ってる。
最初の外国人のサムライは朝鮮人だったとも。



海外の名無しさん

なんで同時に起こらないと思ってるのかわからない。
戦争で捕まって奴隷にされるのって普通じゃなかったの?
だから高度に訓練された兵士が後ろからどつかれて、目覚めたら奴隷だったなんてこともあるでしょ。



海外の名無しさん

↑戦争で捕まったら奴隷制じゃないよ。
アフリカ人は両親も売ってたけど。
奴隷としてじゃなくて、召使としてね。



海外の名無しさん

↑奴隷制とは限らないけど、可能性は間違いなくあるでしょ。
兵士が奴隷に落ちるのがまったく普通じゃなかったわけじゃないし。



海外の名無しさん

↑そうだけど、奴隷だとすると彼は知的じゃないことになる。
この主張は彼がすごく才能が高かったということだよ。
信長は才能を見抜いてきた過去があるし。



海外の名無しさん

↑なんで?
人は大人になってから奴隷になるでしょ。
どんな人でも奴隷になれるよ。



海外の名無しさん

↑もちろんそうだけど、その根拠は、信長が奴隷をサムライにするわけがないってことだよ。





関連記事
最新ニュース

↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2019/05/29 07:15 ] 歴史 | TB(-) | CM(-)
厳選ニュース
特選ニュース