海外「めっちゃ楽しそう!」現代とはまるで違った古代日本の結婚式のかたちに海外が感動


平安時代の結婚の儀式を紹介したビデオが話題になっていました。

現在の結婚式が生まれる前の古い結婚式の方法を紹介したもので、平安時代に行われたお見合い結婚の方法や、結婚相手に求められたものなどを解説した興味深い内容になっています。

そんなビデオに、海外からは多くの絶賛の声が寄せられていました。





・平安時代にはデートに関する儀式があった。
・貴族の場合、マッチメーカーが相手を選ぶところから始まる。
・親戚同士の結婚には寛容で、タブーとされたのは親子、兄妹だった。
・当事者の意見ではなく、社会的な利点で相手が決められた。
・女性側は地位の高い相手を、男性側は裕福な相手を求めた。
・女性のほうが需要があった。藤原氏は娘を皇族に嫁がせて平安時代を支配した。
・平安文学では女性をめぐって男性が争うのがお決まりで、竹取物語にも登場してる。

・まず、男性は短歌を送る。
・女性が返事の短歌を送る。
・絵文字の意味を推測するようなもので、紙質から家柄を見たり、文字から性格を見たりした。
・気に入ると男性は第一の訪問をする。相手の家族は事前に知ってるけど、知らないフリをする。
・男性は昨晩のことを綴った手紙を持たせる。女性側は運んできた人に贈り物で報いる。
・男性は第二の訪問をして、また手紙を送る。
・第三の訪問では女性側がミヤコモチを用意してる。
・結婚は周囲が認めるだけで成立したけど、イザナギとイザナミを表したお菓子を一緒に食べた。
・女性側が晩餐を開いて、友人たちを集めるけど、男性側の両親は呼ばない。これで結婚が成立する。




以下、反応コメント




海外の名無しさん

現代の若者のデートの流れよりも、お見合い結婚のほうがマシだよ。



海外の名無しさん

平安時代ですら、現代よりもデートが簡単だったんだね。



海外の名無しさん

俺のデートライフも複雑だと思ってたのに。



海外の名無しさん

平安時代の女性がよかった。
(でもアニメとネットはほしい)



海外の名無しさん

昔の日本は男性と女性で食事が違ったんだろうか。
それても今みたいに同じなの?
そうだとしたら何でなの?



海外の名無しさん

君のシリーズは大好きだよ。
日本文化についていろいろ勉強になる。



海外の名無しさん

こういう日本の話は大好きだよ。
日本に対するまったく新しい視点を与えてくれる。



海外の名無しさん

白い着物と被り物とセレモニーはいつ日本に入ったの?
明治時代?
神社での結婚式と結婚パレードはいつ始まったの?



海外の名無しさん

↑日本の結婚式は西洋に影響されて200年くらい前に始まったと聞いたよ。
間違ってるかもしれないけど。



海外の名無しさん

こういうビデオ大好き。
いろいろな時代の日本やその時代の文化の形が学べる。



海外の名無しさん

当時の日本って住んだら楽しそうなところだね。
インド、シクキム、ネパールは楽しいんだろうか。



海外の名無しさん

じゃあ結婚はベースボールみたいだったんだね。
スリーストライクとかいろいろ。



海外の名無しさん

これは超興味深かった。
一度も教えられなかった本当に興味深い文化だ。



海外の名無しさん

少なくとも結婚前にカップルがお互いに会ってたんだね。



海外の名無しさん

"ボブナガ"と"ニナモト"。
そこで吹き出しそうになってしまったよ。
なんとか耐えられたけど。



海外の名無しさん

素晴らしいコンテンツだね。
なぜかはじめて見る日本の歴史だから大好き。
ここは宝庫みたい。



海外の名無しさん

すごいね。
俺はたぶん当時に居たとしてもシングルになる気がする。



海外の名無しさん

数世紀後、うちの国の人達は未だにお見合い結婚をしてるのだった。
訪問も手紙もないだけで。



海外の名無しさん

ちょっと待ってぇ。
彼らは帯スピニングをやってたの?



海外の名無しさん

↑アニメみたいな?
間違いなくやってたよ。



海外の名無しさん

人斬り抜刀斎の歴史をやってくれない?



海外の名無しさん

じゃあ、昔の平安男はお金が目当てだったの?



海外の名無しさん

俺もお金持ちのママがほしい。
大学が大変で。
お小遣いも欲しいけど、バイトできるほど自由な時間がなくて。





関連記事
関連記事


↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2019/05/20 10:40 ] 歴史 | TB(-) | CM(48)
厳選ニュース
特選ニュース
コメントエリア

574590 | 名無しさん | (2019年05月20日 10:52)
平安は知らないが江戸時代は白無垢はなくて、着物は黒が晴れ着だったんだよね。
実は白は葬式に着る着物。成人式に白い紋付き袴を来てる若者がいるけど
戦前までは葬送の喪服(経帷子つまり死に装束)だったんだよ。
キリスト教の教会の冠婚葬祭を真似して今は白が晴れ着で黒が喪服と真逆になっちゃった。
574591 | 名無しさん | (2019年05月20日 11:03)
当時の女性は見た目以上に教養がすごく大事だった
なんせ男が館を訪れて、至近距離で御簾を開けてもらう段階に至るまでは顔を見ることなんてありえないのだから
詩歌や手紙のやりとりなどは、今なら結婚相談所やマッチングサイトなどの写真に相当する重要なもの。ここで相手の心を捉えられないつまらない者、もしくは適切な返しができない馬鹿と知れれば全く相手にされないんである
今は「人は見た目が9割」とかいうが、当時の貴族は「教養が9割」だったわけだ
574592 | 名無しさん | (2019年05月20日 11:08)
また微妙な知識で日本を語るシリーズの人か
574593 | 名無しさん | (2019年05月20日 11:11)
白装束の結婚式は戦国時代に始まった
政略結婚で実家との縁を切り婚家の色に染まる儀式

豆な
574594 | 名無し | (2019年05月20日 11:12)
ほんと微妙な知識の人だね
こうやって誤った知識が世界に拡散されていく
574595 | 名無しさん | (2019年05月20日 11:13)
古代っていうから、てっきり歌垣の歌合戦がでてくるのかと。
574600 | 名無しさん | (2019年05月20日 11:34)
>>574590
鯨幕とかな。西洋かぶれの罪は重い
574601 | 名無しさん | (2019年05月20日 11:36)
数百年前の外国の婚姻についてこれ程に語れるのは凄いなぁ。俺なんて50年前のポーランドの結婚式についても何も知らない
574603 |   | (2019年05月20日 11:48)
縄文時代の話かと思って
良くわかるなー、どうやって判明したんだろうと興味津々でタイトルにひかれてきたが
平安^^;
つか、外人目線で脚色してないのかな???
日本の情報は日本人から得たほうがいいのでは
574604 | 名無しさん | (2019年05月20日 11:52)
辻取り婚のことを忘れてる
好みの女が道を歩いてたらその女を拐い、自分で建てた家に軟禁する
こうなっては仕方ないと結婚してた
まあ捕まれば死罪だったから命をかけてでも好みの女を手にいれる・そこまでやって手に入れた女だから大事にするとかで
普通よりも幸せになってたそうだ
清盛はこのやり方に激怒して取り締まってたよね
当時は女の家に男が住み着くので男は根なし草みたいなのも多く、今でいうなら婿養子か
それを二人が住める家を建てて女の世話も何もかもやれば女もこの生活は悪くないってなるか
大事にしないと女が逃げて男は死罪だし
574606 | 名無しさん | (2019年05月20日 11:58)
歌垣のことはご存知ない方も多いのね?
574608 | 名無しさん | (2019年05月20日 12:06)
>帯スピニング

一瞬何のことかわからなかったが
理解した瞬間思わず噴き出したwww
574610 |   | (2019年05月20日 12:21)
動画は見てないけど、コメント読んでて具合悪くなった。
574615 | 名無し | (2019年05月20日 12:39)
>じゃあ、昔の平安男はお金が目当てだったの?

裕福な家で育った女性は幼いころから栄養状態も良いから元気な子を産んでくれる可能性が高かったんだよ。
574617 | 名無しさん | (2019年05月20日 12:43)
農村の花嫁行列かと思ったら平安時代の貴族の話か
574618 | 名無しさん | (2019年05月20日 12:46)
平安呂巳男と寿璃悦子
574624 | 名無しさん | (2019年05月20日 13:41)
藤原ガイジの乗っ取り知ってるのか
574625 | 名無しさん | (2019年05月20日 13:41)
>平安時代ですら、現代よりもデートが簡単だったんだね。
(ただしイケメン貴族に限る)

>平安時代の女性がよかった。
(ただしイケメン貴族に限る)

>当時の日本って住んだら楽しそうなところだね。
(ただしイケメン貴族に限る)

>ちょっと待ってぇ。
>彼らは帯スピニングをやってたの?
>↑アニメみたいな?
>間違いなくやってたよ。
(ただし昭和の時代劇に限る)

>すごいね。
>俺はたぶん当時に居たとしてもシングルになる気がする。
(身の程を弁えている者に幸あれ)
574626 | 名無しさん | (2019年05月20日 13:43)
今の天皇
藤原タブーで中臣鎌足を藤原鎌足って言っちゃいけないとされとるよな
574628 | 名無しさん | (2019年05月20日 13:58)
スピニング出来るような帯はまだ締めないぞww

平安時代だと女が財産を継いでたって習ったな。官職のような仕事絡みのは男のものだけど、家の中のものは女のものだって。
574629 |   | (2019年05月20日 14:10)
平安の庶民とかは、もっと自由だったんでしょう?
結婚制度とかさー、窮屈だよなー。なんてな、言ってみただけw
574630 | 名無しさん | (2019年05月20日 14:20)
平安時代は『古代』じゃなくて『中世』だわな。
574631 | 名無し | (2019年05月20日 14:22)
※574628
そう基本は婿取り婚で、家を含めた財産は娘が継ぐ。
天皇の場合は、さすがに妃の実家に通わせるわけにはいかないので、後宮に殿舎を賜ってそこに妃が住むけど、実家の出張所みたいなものなのでインテリアやら使用人(女房)たちは全部実家持ち。婿取りの一種。
574632 | 名無しさん | (2019年05月20日 14:25)
誤解を生じやすい説明だな.まず第一に一夫一婦制じゃないことを紹介しないとダメだろ.
また、男が女の家に通うのは結婚後も同じだ.例外は天皇や皇族、身分の高い貴族の場合だけ.夜に外出するのは護衛も大変だし、女の家が大きくない場合は御つきのものは明外で明け方まで待たなくちゃいけない.だから、身分の高い人は別に屋敷を儲け、そこに妻を迎えるか、自分の屋敷に対の屋を儲け、そこに妻を住まわせる.皇族が母親のことを「おたあさま」と呼ぶのは、この「お対屋さま」の訛ったもの.父親の「おもうさま」は父親が母屋の寝殿に住んでいたからである.それほど、男女の別居に拘ったのが日本文化である.女が男の家に呼ばうことも珍しくはなかった.

男が女の家に三夜続けて「呼ばい(門前で妻の名を呼ぶこと)」すると、婚約が成立する.他の男は「建前上」もうその女を呼ばうことが出来なくなり、生まれた子は自動的にその婚約した男の子とみなされ、誰も異論を唱えることができない.男は主に女の経済的な面倒を見るだけで、子の養育その他はすべて女とその父母など行う.

男がたまに通うだけで、婚約が成立しない間は自由競争が続く.どの男も俺の女だとは主張できない、そして男の足が遠のく(夜離れ=よがれ)と事実上の離婚になる.だから嫉妬深い女はたいていこの世枯れになってしまう.中には生き霊となって男の枕辺に現れたり、男の通う女に取りついて病を起こしたりする.

以上は、簡素ながら庶民も同じで、ただ家が狭く、別邸も誂えるのが不可能だと言うだけである.通常、婚約が成立すると、女の実家の建物の端に妻屋を儲け、男はそこに通うことになる.この場合の「つま」は男を指しており、結婚した男女の一片を「つま」というのは、この端っこの家を意味する妻屋から出ている.女のみを妻というようになったのは、武士が人質でもある嫁を自分の屋敷に迎え、自分から妻屋には通わなくなってからであろう.
574634 | 名無しさん | (2019年05月20日 14:35)
574615
男は女の実家の後ろ盾により出世するんだよ
衣食住や子育ても妻の実家に面倒みて貰う
日本は母系社会だったから。
鎌倉からそれがちょっと変わり始めるけど、今でも女が財産の管理をする家が多いのもその名残
574636 | 名無しさん | (2019年05月20日 14:57)
ミヤコモチではなくミカヨモチ(三日夜餅)では?
574639 | 名無しさん | (2019年05月20日 15:10)
サヨ系のヒトは、一連のコメを読んで勉強してね。君らの知識は、侮日歴史教育の紛い物だからね。特にフェミ系のヒトは、もっと正しい知識を身に付けてね。欧州の婚姻についても調べてみな。君らが発狂するほど、女性の権利は無いから(西洋では女性というのは神に仇名す存在だったから)。日本では、古来から女性を守る文化だったんよ・・・あっ、そうだった、君らは女性の特権を奪い、苦しめ、不幸にすることで、男女を啀み合せる分断工作してるんだったね。これはお節介でしたね、失礼しました。
574641 | 名無しさん | (2019年05月20日 15:18)
ちゃんとソースを出せよ。いい加減な解釈やら空想で日本のイメージを外国人に拡散するんじゃないよ。ふざけるのもいい加減にしろ。
574642 | 名無しさん | (2019年05月20日 15:21)
結婚はベースボールみたいだったんだね

そうそう、たまにデッドボールくらいますねんで
ほんでもって退場させられたりな。ワイやないかーい!
574648 | 名無しさん | (2019年05月20日 15:53)
>>574630
古代であってるよ
鎌倉&室町が中世
574656 | 名無しさん | (2019年05月20日 16:23)
いつから中世かは学会でも議論されてるけど教科書的には平安後期(院政)から中世だ
574657 | 名無しさん | (2019年05月20日 16:23)
この日本史チャンネルの人、ちょくちょく間違いや嘘があるから好きになれないんだよな
管理人はしょっちゅう採り上げるけどなぜ気にならんの?
574658 | 名無しさん | (2019年05月20日 16:25)
574657
コメントが稼げるからでしょ、別に不人気なものを翻訳しちゃいけないって決まりもないし
574660 | 名無しさん | (2019年05月20日 16:51)
日本も昔みたいにお見合い結婚にするべきだよね。
お見合い結婚のカップルは離婚率が低いというデータもあるし。

現代は恋愛結婚になったから、離婚が激増しモラル低下や児童虐待の原因になった。
恋愛格差の拡大で、相手を変え不倫や浮気しまくる層と、晩婚化や未婚化する層に分かれ少子化にもなった。
574661 | 名無しさん | (2019年05月20日 16:58)
古代が平安時代とは
平安は中世
古代は弥生以前かと思った
574662 | 名無しさん | (2019年05月20日 17:07)
まあ鎌倉以降が中世とされてるから
平安をして古代日本とするのも間違いではないのか…しっくりとはしないけどw
574664 | 名無しさん | (2019年05月20日 17:09)
平安期を中世とよぶのは欧州の歴史がファンタジーで盛られていたからだよ(過去形

イスラムによる古代ギリシャ及び続く古代ローマの文明や文化の復興を意味する語のルネッサンスがバレた今はそうは行かない
574666 | 名無しさん | (2019年05月20日 17:13)
>574660
否定こそしないけど、恋愛重視は間違ってるね。
よほど人間ができてうまく人付き合いができるか、あまり考えない馬鹿かにしか合ってない。
そしてそういう所に時間割いていると、社会貢献として大成するのが難しくなる。
そもそもある程度相手と共に時間を過ごせば、自然と好意ができていくようになってるんだから、お見合いから入って相手を確かめていくってやり方は決して悪くない。
わざわざ冷静な判断ができない、思春期の1番間違いやすい時期に相手を選べとか馬鹿としか思えないし、実際そこを狙って付け入ろうって考えが根底にあるんだと思う。
574667 | 名無しさん | (2019年05月20日 17:16)
574666
→恋愛そのものの 否定こそしないけど
主題が抜けてしまった。
574668 | 名無しさん | (2019年05月20日 17:17)
>>574615
それもそうなんだけど、通い婚の時代は妻の父、舅の経済力・社会的影響力が大きくて、婿の出世にもこどもの生活水準にも影響するからだよ。
女性は実家の資産を継承するけれども、箱入り娘にこれを管理する能力はないから、実務能力のある男性を見極めなくてはいけない。
574669 | 名無しさん | (2019年05月20日 17:22)
>574600
老婆ですら神事の鯨幕見て驚いてたからなぁ。戦後育ちはもう完全にだめだね。
574672 | 名無しさん | (2019年05月20日 17:54)
平安時代は黒が喪服だったらしいよ。
574733 | 名無しさん | (2019年05月20日 23:18)
>>574601
この人は専門書を一冊読んで、それを独自解釈もいれて断言するタイプの人だよ。
調べているだけマシだけど、伝達不備とか時代的に正確に伝わってない内容とかも、そのまま伝えたり勝手に解釈して説明してる。
特に動画ということもあるのか、娯楽性優先で語ったりもするからちょっとタチが悪いところも。
574740 | 名無しさん | (2019年05月21日 00:02)
そもそも神前結婚というのが近代になって一般化
結婚式は家でやるもので、そこに神主は出てこない。

明治になって、キリスト教会で新婦の前で愛を誓うのをマネたもの
575068 | 名無しさん | (2019年05月21日 15:28)
江戸時代は夜に結婚式を挙げてた
575145 | 名無しさん | (2019年05月21日 20:32)
※574740
神主は出てこないけど、その家での結婚式でイザナギ・イザナミの掛け軸をかけたりしていたんだってさ。
いいんじゃないの、精神は同じだから。
575323 | 名無しさん | (2019年05月22日 10:20)
>>574639
いうて中国やら西洋やらの文化を取り入れて、(特に近代)男尊女卑化したのも事実だからなぁ
580287 | 名無しさん | (2019年06月02日 14:18)
平安時代のお姫様がふくよかに描かれてるのは、当時食事ははしたない事とされ上流階級であればあるほど少食で栄養失調だったから
その状態で重い装束を着るとほぼ動けなくなり、その哀れな様が可憐に見えたから
と言う話を聞いて平安が怖くなった…
名前