海外「すごい話だ!」日本の天皇家を襲った最強妖怪に海外が仰天

kyubi.jpg


鳥羽上皇を襲った玉藻の前(九尾の狐)を紹介したビデオが話題になっていました。

日本最強の妖怪として知られる「九尾の狐」のオリジナルストーリーを紹介したもので、日本の歴史を変えてしまった九尾の知られざる姿に迫った内容になっています。

そんな日本を代表する妖怪の物語に、海外からは多くの絶賛の声が寄せられていました。






・夫婦が森の中で赤ん坊を見つけて育てることにした。
・彼女は特別だった。本を読むのが上手かったので天皇の前で詩を朗読することが許された。
・天皇は彼女をすぐに気に入り側近に加えた。
・彼女ノは前は玉藻の前。誰もが憧れる美しい巫女へと成長した。
・学者が彼女に問題を出すと、彼女はすべてに答えてみせた。
・天皇は彼女を后にした。

・パラダイスは長く続かなかった。天皇はすぐに病気になりベッドから出ることも出来なくなった。
・奇妙なことに玉藻の前はまったく意に介してないようだった。
・有名な魔術師を読んで問題を診てもらうと、天皇は悪い妖怪に呪われているのだと言う。
・だから全国から祈祷師を皇居に集めた。
・祈祷師に原因を突き止めるよう頼むと、玉藻の前の呪術によるものだと言うが誰も信じられなかった。
・だから祈祷師は儀式に玉藻の前を参加させて試してみよと言った。妖怪であれば逃げ出すはずだと。

・すると不思議なことが起こった。耳と尻尾が生えてきた。最後には最も邪悪な九尾の狐になっていた。
・天皇は二人の兵士を派遣して玉藻の前を殺すように命じた。
・玉藻の前は賢いから逃げられ続けたが、ある日、矢が首を貫いた。
・死んだ九尾は殺生石という石になった。

・それからずっと後、僧侶が殺生石のもとにやってきて、彼女の言い分を聞いた。
”私が森で見つけられたときにはすでに九尾の狐になる呪いが掛けられていたのです”
”だから捨てられ、育ててくれた両親のことを愛していました”
”だけど、ある日、父は裏切り者として朝廷に島流しにされ亡くなりました”
”恨みから妖狐に身をゆだね。その結果、殺されていました”
”どうかこの石から解き放って、天国に行かせてください”
・僧侶は彼女の願いを受け入れて彼女を解放してあげた。

・玉藻の前は日本で最も有名な伝承のひとつ。
・日本の最強妖怪ランキング2位になってる。
・いろいろストーリーはあるけど、王朝で悪さをして国が滅亡刷るというのが多い。中国でも2つの王朝を滅ぼしてる。
・彼女が呪いを掛けたと言われるのは平安時代の鳥羽天皇だ。
・玉藻の前が死んだときにはすでに隠居していた。玉藻の前の死後、鳥羽天皇だけでなく息子の近衛天皇も亡くなってる。
・玉藻の前が原因だと言われてる。彼女の呪いは跡目争いへとつながり源平合戦を起こした。
・天皇統治を終わらせて幕府時代になるきっかけになった戦いだ。




以下、反応コメント




海外の名無しさん

日本に居たときに彼女の石を見つけられなかったのが残念だよ。
この話を知ってたら石を探してお供え物をしたのに。


海外の名無しさん

この天皇の名前はナルトなの?


海外の名無しさん

日本の天皇の生命を吸い取っていた狐の妖怪の物語。
彼女の行動のせいで、将軍戦争になったと。
最強リストに入ってるのも無理はない。


海外の名無しさん

この話は中国や韓国のものと同じなのか気になる。
中国の有名な妲己の物語は、帝辛の側室だし、韓国の僧侶ミルボンは、狐に取り憑かれた新羅の女王を助けてる。


海外の名無しさん

↑つまり玉藻の前=妲己ってことみたい。
同じ存在らしい。
日本に伝承によると周王朝ではホウジだった。
同じく皇帝を魅了した。


海外の名無しさん

白面の者が彼女の強いバージョンだよ。
石の周りのギザギザの紙紐には何の意味があるの?
アニメでいつも見るけど、意味がわからなくて。


海外の名無しさん

↑シデと呼ばれるものだよ。
神聖な場所を示すために神道で使われる。
棒にたくさんくっつけたりも出来るよ。
ワンドは神道の儀式で使われる。
何の意味があるのかは誰も知らないと思う。


海外の名無しさん

平安時代の鳥羽上皇の側室だった玉藻の前は狐であり、彼女は殺されたって部分は、14世紀に作られた新明鏡に登場してる。
でも室町時代になると。”玉藻物語”とかでは、7本足に尾が2本の狐として描かれてる。
玉藻の前が”九尾の狐”だと言われるようになったのは、妲己の話が入ってきた江戸時代になってからだね。


海外の名無しさん

美しい若い女性が君の命を吸い取るって。
かわいそうな夫から命(お金)を吸い取る離婚裁判のようですなぁ。


海外の名無しさん

狐と濡れ女が一番美人な妖怪だよ。
それを使って男を食べてるから。


海外の名無しさん

↑だから、必ず女性に尻尾か耳がないか確認しないといけないんだよね。


海外の名無しさん

つまり、この話の教訓は、僧侶でもない限り、foxy(ずる賢い)女には気をつけろということだね。


海外の名無しさん

伝説では、九尾の狐には理解できないほどラーメンへのこだわりがあるらしい。


海外の名無しさん

中国(殷)にも同様の伝承があるよ。
尾が9本だったかは分からないけど。


海外の名無しさん

羅生門の鬼についてのビデオもやってよ。


海外の名無しさん

安倍晴明もやってぇ。


海外の名無しさん

日本の神話と伝承は本当に好き。
教えてくれてありがとう。
もっとお願い。


海外の名無しさん

すごく悲しいけど、最高だったよ。
以前から九尾の狐がどこから来てるのか気になってた。
至るところで見るから。


海外の名無しさん

いつかこういう伝承(イラスト付き)で本にしたらよさそう。
絶対に買うよ。


海外の名無しさん

どれが一番強いの?


海外の名無しさん

↑尻尾がいっぱいある狐は日本の伝承によく登場する。
いっぱい居る。
九尾の狐が最強だよ。


関連記事
最新ニュース

↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2019/02/04 01:17 ] 歴史 | TB(-) | CM(-)
厳選ニュース
特選ニュース