海外「最強だったから!」日本の武器が17世紀ヨーロッパでブームになった歴史に海外が仰天

vanitas1.jpg


前近代のヨーロッパで日本刀が大人気だった理由を紹介したビデオが話題になっていました。

日本との交易が始まると日本刀は護身用の武器としてヨーロッパで大人気になり、芸術面や性能面でも高く評価されていたのだそうです。

そんな日本刀の知られざる歴史に、海外からは驚きの声が寄せられていました。





・一言で日本刀と呼んでるけどいろいろ種類があるんだよ。
・日本刀は14世紀とかからあって、17,18世紀には他の国の剣とも比較されてる。
・中国の文献に日本刀は朝鮮や中国の一部の刀にも影響を与えたと書かれてる。

・実はヨーロッパの剣にもね。これは知らない人が多いんじゃないかな。
・17世紀にヨーロッパに持ち帰られてる。有名なオランダの絵画にもなってる。
・強力だったからではなく、芸術面に魅了されたから。
・メディアのせいで剣は武器だと思ってる人が多いけど、剣は身に付けるだけであまり使われることはなかった。

・もちろん、持ち帰った理由は武器としての性能も高かったのもある。
・違う鉄を合わせて粘土で曲げて波紋を作るのは日本刀にしか見られない特徴だ。
・量産された粗悪品もあるけど、まともな日本刀は素晴らしかった。

・特にヨーロッパ人が注目したのが刃の厚みだった。
・重みはあるけど刀身が硬いからよく切れる。
・他の国の剣と違って、日本刀は曲がらないから切るときに融通がきく。素人でも綺麗に切れる。
・刃の性能とか形とかそれが好まれた理由のひとつだった。

・フランスの護身術の本に脇差しのことが出てくる。
・19世紀のヨーロッパでは護身にもってこいの武器だと考えられていた。

・個人的に調べてるのは1880年にジョン・ウェイトが書いたサーベルのマニュアルなんだけど。
・40年くらい剣術を学んでいるウェイトは日本刀の柄に注目している。
・すごく頑丈にできてる。壊れたという話は聞いたことがない。
・ヨーロッパも鮫皮が使われてる。防水で濡れても滑らないから。
・日本刀の場合はシルクを編みこんで更にグリップ力を高めてある。
・ウェイトが唯一気に入らないと言ってたのは柄が曲がってること。サーベル使いだから。

・17世紀からヨーロッパ人は日本刀が大好きだったし、19世紀にも芸術面や機能面で重宝されてた。




以下、反応コメント




海外の名無しさん

日本刀はブレード界のチャック・ノリスだね。


海外の名無しさん

その後、西洋で日本刀が神格化された理由がわかる気がする。


海外の名無しさん

とうとう、日本刀がヨーロッパの剣よりも優れてるって認めたんだねw


海外の名無しさん

日本刀はサヤに収まってるから持ち運びやすいというもの理由だよ。
サヤ・ミュージアムで検索すれば事例を見ることができるよ。


海外の名無しさん

今でも日本刀が人気なのは理解できるよ。
素人でも簡単い切れるし、短いから持ち運びも比較的楽だしね。
それに、芸術的にも優れてる。
だからと言って魔法のスーパーソードなわけじゃないけど、象徴的なデザインをした長剣だよ。


海外の名無しさん

日本刀の重さがマスケット銃兵とか他の槍系装備に適してたからだよ。


海外の名無しさん

ん〜、アメリカ人がハンドガンを持ち歩くのと同じってことか。
持ち歩いてる人の大部分は実際には使わないしね。


海外の名無しさん

じゃあ、日本刀は初心者向けの武器ってことだね。
またしても迷信が一喝された。


海外の名無しさん

↑打刀のベースになったのは、庶民の歩兵向けの長剣だからね。


海外の名無しさん

ロングソードやアーミングソードより日本刀のほうがはるかに切りやすかった。
ロングソードが大好きな人間だけどね。


海外の名無しさん

とうとう、手抜き職人も居たことを心得てる人が。
日本刀にしても、ロングソードにしても、ヤカンにしても、すべてがまともに作られてたわけじゃないからね。


海外の名無しさん

そりゃ日本刀は大人気だったよ。
すべてのヨーロッパの剣がなまくらの棍棒だったときに、300年前の日本刀は現代の日本刀より切れたんだから。
銃の早打ちより、抜刀のほうが強い。
分厚い布でも切れるのが素晴らしいボーナスだよ。


海外の名無しさん

ウェイトは太刀のことを言ってたのかもね。
より柄が曲がってるから。


海外の名無しさん

日本刀はヨーロッパのフルプレートアーマーには通用しないよ。
だからって武器として悪いわけじゃないけど。
切ることに関しては他の剣を圧倒してるし。


海外の名無しさん

日本刀は人気がありすぎて好きじゃなかったんだよね。
サーベルとか後期のヨーロッパの剣のほうが好きだった。
でもこのビデオで、日本刀は評価を得るに値するだけのものだってことが分かったよ。


海外の名無しさん

日本人はヨーロッパの剣をどう思ってたの?


海外の名無しさん(主)

↑日本語の文献は読めないから。
でも日本人はサーベルをコピーしてたから、すごく良いと思ったんじゃないかな。
確かに、日本刀のデザインは残してたけど。


海外の名無しさん

これって左利き用なの?
ツバの近くの目貫が左寄りだったから。
左利き用の日本刀なんて見たことないからめっちゃクールだね。


海外の名無しさん

重箱の隅をつつくのは嫌だけど。
下にあるのはサメの皮じゃなくて、99%はエイの腹だよ。
1940年代に軍用刀としてサメ皮を使ったものもあったけど、それでも10%もなかった。


海外の名無しさん

中国と朝鮮の剣が日本刀に影響を与えたんだよ。
逆じゃなくて。


海外の名無しさん

↑中国の苗刀とか見れば何があったのかわかるよ。


海外の名無しさん

↑最初は中国が日本に影響を与えて、その後、日本が中国とか他の国に影響を与えたんだよ。


関連記事
関連記事


↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2018/10/05 12:50 ] 歴史 | TB(0) | CM(132)
厳選ニュース
特選ニュース
コメントエリア

508018 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:00)
まあ実際の戦闘では弓と槍しかほぼ使わないからな
508019 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:09)
プレートアーマーどころか日本の鎧だって斬れやしなかったよ
508020 | 悟空 | (2018年10月05日 13:10)
倭刀の輸出自粛を清国から言われて欧州に流れたのかな。
508021 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:10)
朝鮮半島で発掘されている剣は直刀ばかりで日本刀に影響を与えたとは考えられない。
半島では鉄鉱石が採れたので、日本刀の様にたたら製鉄なんて無かったんだし。
508022 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:11)
日本刀の利点って曲がるというか”しなる”柔軟性じゃなかった?
508024 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:15)
ヨーロッパの直刀に比べて反りのある曲刀の方が切りやすいという話では?
508025 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:17)
そもそも刺突や斬撃は鎧の隙間を狙うのは西洋も日本も同じ。日本の鎧が西洋のプレートメイルより劣る事は無い。
508026 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:19)
※508018
乱戦になっても槍を振り回すの?
アホすぎない?
508027 | 名無し | (2018年10月05日 13:20)
え?実際そうなの?
508028 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:20)
元々は日本も直刀
中国のとよくにてる
国宝指定されてるから国宝の本見ればすぐ分かる
日本刀は900年代以降の武器
元々はエミシの蕨手刀からきてる

日本の刀剣が外国にあるのは
スペインやポルトガルが日本人を傭兵で外国で使ってたから
武器も一緒に持っていったのと
日本から使者をヨーロッパに送ったときに贈答用に持たせたやつとか色々

ちなみに一番古い日本の大使館はイタリアのミラノにできたやつ
1570-1580年代くらいの話だったかな

同じ時期にイタリア人の貴族が世界地図作ってるんだけど
日本ものってる 形は変だけど
508030 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:21)
まぁでも、美術品だよねやっぱ。
ゲームとか海外ドラマとかではめちゃくちゃな頻度で使われてるけど、そんな万能でも頑丈でもないやつやぞと…
508031 | 悟空 | (2018年10月05日 13:21)
刃と背で炭素含有率を変えるくらいの冶金技術があったから。
一種の複合素材だから、曲がらず折れず。
508033 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:23)
日本の槍は馬相手には牽制する役目と
歩兵相手には打撃武器やで
ひたすら殴る>ひるませる>始末する
槍の一突きで相手を倒すとかそもそも想定してないし

508034 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:27)
※508018
勘違いしてる人が多いけどそれは最初だけ
あと並列順によって使う武器が違う
508035 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:27)
>日本刀は14世紀とかからあって
もう南北朝時代じゃねーかw
平安中期の9世紀後半にはすでにほぼ今の形になってて、しかも現存してるものが幾つもある。

現在の学説だと蝦夷の蕨手刀から発展したと見られている。
508037 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:29)
硬くて重いのは西洋の剣。
日本刀は曲がる柔軟性と刃先の硬さの両方の性質を持ち合わせているから高性能なんだよ。
508038 | 悟空 | (2018年10月05日 13:29)
現在知られている日本刀で最も古いのは平安刀と言われるから、千年くらいの歴史、靖国神社に一振り現存する。
玉鋼の発祥はそれより古いと思われるが、何処にも類例が無いので原点は不明。
日本だけ鉄の歴史が大きく異なり、鋳鉄は殆ど無く鉄と言えば鋼を指す。
508039 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:31)
戦国期の遺体の傷は、槍弓石の負傷が多くて刀は少ない
その当時の武士は槍と弓を重視してた
刀は平和な江戸期になってから神格化されていった
508040 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:32)
火縄銃もすぐに改良して世界最高性能の量産品を欧州まで輸出していたんだけどな。
製造数も世界一だった。
508041 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:33)
>>508035
9世紀後半は平安中期じゃない……
508042 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:34)
>中国の苗刀
日本剣術や日本刀の影響を受けてる刀、刀術だね
よくこんなの知ってるな
中国人の馬明達っていう武術のサラブレッドに伝わっているよ
508043 | 悟空 | (2018年10月05日 13:35)
焼き入れの水を求めて、関の孫六が住み着いたのが鎌倉期だから、13世紀の日本刀ならゴロゴロある。
後代の物と異なり、この時代だけは刀身が先へ行くほど細いのが特徴。
508044 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:42)
中国はともかく朝鮮ってなんだよ。
508045 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:45)
>>508021
初期のたたら製鉄は鉄鉱石も使っていた。
508046 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:46)
嘘まとめて楽しい?
508047 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:47)
フルプレートを切れる剣なんてねーよw
大型の刺突剣で穴が開くかどうかだろ
508050 | 悟空 | (2018年10月05日 13:49)
一般論として鉄鉱石は硫黄分が邪魔をして直接製鋼できず、銑鉄にしかならない。
硫黄分が殆ど無く直接製鋼出来るのは、スウェーデンの鉄鉱石など極一部だけ。
508051 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:49)
※508035
日本刀の中の「打刀」が成立したのがその位だったような・・・。それまでは「太刀」か打刀の素になる「刺刀(さすが)」だった・・・はず(うろ覚え)
508052 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:51)
脇に挟む脇差は西洋にないのかな
これこそウリジナルニダ
508053 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:52)
何で万年属国から影響受けなきゃならんの
508054 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:54)
曲らないってのは西洋の長剣に比べてでしょ
西洋剣の断面は「←→」で、日本刀は「▼」
向こうの剣は断面が全体的に日本刀より薄いうえに
先端は突きに特化したので薄く長く進化したから本当にペラペラ
508055 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:54)
いや、日本刀は蝦夷(えみし)の蕨手の刀から来てるよw
大和朝廷時代は大陸と同じ剣だったでしょ
七支刀とか、草薙の剣ね
蕨手刀は湾曲した刀で、直剣で相手すると折れた
で、徐々に朝廷の方も蝦夷の技術をとりいれて毛抜形太刀になった
それから改良が重ねられて太刀となり、12世紀頃から打刀が出来た
中国の影響は殆ど無く、日本国内で発展したものだよ
508056 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:55)
朝鮮人は剣と刀が違うことも知らないだろう。
朝鮮には玉鋼も無いから、日本刀の製法に影響を与えることなんてできるわけ無いしな。
ホント一々しゃしゃり出てくるね、このバカどもは。
508057 | ななしー | (2018年10月05日 13:56)
>日本刀は朝鮮や中国の一部の刀にも影響を与えた

事実を言うと発病すんぞぉ~
508059 | 名無しさん | (2018年10月05日 13:57)
※508052
実はアレ、朝鮮の伝統的な剣や刀の装備の仕方。
弓をひくのに邪魔だからああいう風に装備して、抜くときは自在金具で柄を前に持ってきて抜く。自分達の戦い方にあわせたやり方なんだ。

つまり、今韓国で行われてる日本剣術擬き、剣道擬きは全部ウソっぱちだったりする。
508060 | | (2018年10月05日 13:58)
曲がる曲がるって・・・
字面だけで概念理解してないから辺に勘違いしてるのかw
鋼鉄は固いけど脆いのでそれを補うために軟鉄で挟んでるわけで
それが柔軟性と呼ばれてるだけで、文字通りへにょへにょ曲がるわけじゃないよ
508061 | 悟空 | (2018年10月05日 14:00)
鉄と鋼の違いが判らない者が何を言っても虚しいだけですけどね。
炭素含有量によって性質が変わる炭素鋼を、2種類合わせた複合素材が日本刀。
508062 | 名無しさん | (2018年10月05日 14:04)
14世紀って平将門の時代から刀は反ってるだろ
なんで外人っていい加減な知識をちょっと聞きかじっただけで全てを知った気になって専門家気取りで偉そうに嘘をしゃべるの?バカなの?恥を知らないの?
508064 | 名無しさん | (2018年10月05日 14:07)
※508060
曲がるというか「しなる」が正解
Youtubeに分かりやすい、西洋刀との有名な比較動画があるから見てみれば分かる
www.jstage.jst.go.jp/article/kikaia/77/776/77_776_638/_pdf/-char/en
508065 | 名無しさん | (2018年10月05日 14:11)
プレートアーマーに対してはぶっ叩くんだ。だから打撃武器が発達した。メイス、ウォーハンマーなど。

ロングソードも切るので無く叩く、ついでに軽武装相手に切り傷を負わせるから流行っただけで戦場の近接戦の主力は槍系
508066 | 名無しさん | (2018年10月05日 14:11)
チャックノリスという名前だけで笑いがこみ上げてくる俺はもはや病気
508067 | 名無しさん | (2018年10月05日 14:14)
※508065
西洋剣術にも刃の部分を握って鍔をハンマー代わりにぶん殴る技もあるしね。
508068 | 名無しさん | (2018年10月05日 14:16)
まあ実際に本当は補助的にしか使われない武器だからな
相手が武装してない時においてはいい武器だけど
相手が鎧を着けていたら日本の鎧でも切れないだろう

古い武術を見ると組んで投げて鎧の間の急所を切る動きばかりなので
基本的に鎧の上から叩くって言う発想はないだろうね
508069 | 名無しさん | (2018年10月05日 14:16)
まーた朝鮮がコリエイトに朝鮮してんのか、中国の文献にも載ってるだろ、倭人の刀めっちゃ切れよんねんって、あっ漢字読めないのか
508070 | 名無しさん | (2018年10月05日 14:19)
>日本刀はヨーロッパのフルプレートアーマーには通用しないよ。
サーベルも通用しないだろ
一体何と比べてるんだよw
508072 | 通りすがりの名無し | (2018年10月05日 14:24)
フルプレートアーマーの相手には、当然ぶっ倒してから馬乗りになり、
鎧通しで止めを刺します。
508074 | 名無しさん | (2018年10月05日 14:34)
>・中国の文献に日本刀は朝鮮や中国の一部の刀にも影響を与えたと書かれてる。

中国の文献はちゃんとしてるんだよなあ
508075 | 通りすがりの名無し | (2018年10月05日 14:35)
フルプレートアーマーの場合足引っ掛けたら簡単にころぶし、
ころんだら一人で立ち上がるの大変だしなあ。
映画でもフルプレートアーマーの格闘シーンは馬に乗ってるか、
立った状態しかない。
508076 | 名無しさん | (2018年10月05日 14:38)
【コピペ】
韓国の刀剣技術が遅れていた最大の原因は秀吉の刀狩にあった、
それまで日本ではマトモな刃物が作れず、韓国を侵略した秀吉は韓国刀の切れ味に苦しんだ末、刀狩でそれを奪い始めた、
中には先祖伝来の刀を奪われまいと必死に抵抗する韓国人もいたが、
彼らは日本刀で韓国刀ごと真っ二つに切り殺されたという、、、
508077 | 名無し | (2018年10月05日 14:40)
刀って輸出してたのかよ。
火縄銃は知ってたが
508078 | 名無しさん | (2018年10月05日 14:42)
>最初は中国が日本に影響を与えて、

チャイナは相変わらずこういう印象操作ばっかしててみっともないと思わないのかね?
508080 | 名無しさん | (2018年10月05日 14:46)
>でも日本人はサーベルをコピーしてたから、すごく良いと思ったんじゃないかな。

海国兵談(海防論)の林子平なんか出島のオランダ館長の前で
束ねたサーベルを日本刀で叩き切るって芸当見せてるからなぁ
刀と剣では使い方の違いもあるし、当時の日本人にとってサーベルは評価低かったかも
508081 | 名無しさん | (2018年10月05日 14:55)
※508076
実際のところ、朝鮮は秀吉の朝鮮出兵まで剣や槍等の近接武器を軽視していた。

朝鮮出兵で当時の朝鮮の王はそれを改める為中国から剣術や槍術等の武術書を輸入した。ただ、国内の反対の声は大きかったとか。押し通したらしいが。
508082 | 名無しさん | (2018年10月05日 15:05)
サーベルは見た目がカッコイイ。
牙突したくなる
508083 | 名無しさん | (2018年10月05日 15:06)
>でも日本人はサーベルをコピーしてたから、すごく良いと思ったんじゃないかな
これは旧日本軍の軍刀のことかな?軍服にあわせるためサーベルのような見た目してるけど中身は日本刀だけど知らなくてもおかしくないな
508085 | 名無しさん | (2018年10月05日 15:12)
海外から砂糖とか輸入する分、日本から輸出するものがないと外貨のバランス取れなかったから
主に日本からは刀や陶磁器みたいな芸術品類を輸出してたのよね。日本は当時植民地持ってなかったんで食料品的には輸出できるものが少なかった。
ちなみに海産物なら中国人(清)が食うらしいぞってことで、そっちは輸出してる
508089 | ぺぺ | (2018年10月05日 15:21)
剣道二段居合四段で、世界中の博物館で各国の刀を見てきた者だが。

どの国の刀もぶっ叩いて切るみたいななまくらばかり。日本刀の鋭さと切れ味は他の追随を許さず数段階上の孤高の位置にある。

兜割りは、天覧兜割りなど実際明治時代も行われ、成功したりしなかったりしているが、戦国時代も基本的には鎧の上から切るような困難で刃が痛むような事はせず、鎧の間を狙った。

鎧通しはその為にあり、鎧通しを使う為に柔術が発達した。

大学の居合道部で使う現代刀の一番安いので一本30万円。このクラスでも切れるが、横から力が加わると比較的に曲がりやすい。

一本百万円クラスになると当然切れ味は増す。曲げに対する強度は不明だが、古書にも、刀はしばしば曲がる様な記述は見られたように記憶している。

2000万円以上の名刀になると、触った事がないので曲げに対する強度は見当もつかないが、映像を見ると、名人が名刀を使った場合、先の兜割りができたり、折り畳み椅子の鉄パイプの部分を切る事が出来る。

ただし兜割りと言っても、パッカリ二つに割れる訳ではなく、頭なり兜の上部に縦に5~10センチほど穴が開くだけである。

椅子の鉄パイプは金属の構造上横から真っ二つにスッパリ切れるのではなく、どちらかといえば縦にバリバリと破損して割れるような感じに切れる。

鎧の上からぶっ叩いて攻撃する分には西洋の刀の方が有効かもしれない。

ただしロングソードなど、長くて重い刀はすぐ疲れ、5分も振り回していれば腕がパンパンでヘトヘトになり、雑兵に組みつかれて終わり。

日本刀は使用方が違うのだ。

シナでは非常に多くの刀の形態があり、一度、博物館で非常に長い古刀を握る機会があった。あれだと1分でヘトヘトになる。

シナの刀は鋳鉄製が多く大量生産が容易だが、当然鋭さは無く、破損が多い。

武器として見るのでなく産業技術として見ると、シナの鋳鉄の刀というのはとてつもなく凄い。

日本も欧州も、鉄をドロドロに溶かす炉の技術は近世以降やっと持てたのに、シナでは古代中世からやってのけている。

朝鮮にかんしてはただのゴミ。語る必要も無し。

いずれにせよ日常の延長上で鎧なしの闘いや、近代欧州や日本の幕末など、やはり鎧なしの状況では、日本刀に敵う刀は存在しない。


508090 | 名無しさん | (2018年10月05日 15:24)
副武装に使える突きではなく斬るのを目的とした両手持ち武器って結構独特だと思うんだ
508091 | 名無しさん | (2018年10月05日 15:26)
明が「鉄が産出されない日本の刀や銃が中国で溢れかえっているのはおかしい」と調査を命じたことが記録に残っているほど、戦国時代以前から刀は輸出されている
それに対する役人の答えが「福建やシャムから鉄を密輸している」と言うもの
日本は東南アジアとも交易していたから、17世紀のヨーロッパに日本の刀が渡ることは不思議ではない
508093 | 名無しさん | (2018年10月05日 15:31)
韓流時代劇に出てくる刀見たら刃文があった
どんだけねつ造してんだ
508094 |          | (2018年10月05日 15:31)
デザインがカッコ良過ぎる。 by 世界の厨二
508095 | 名無しさん | (2018年10月05日 15:36)
わい長刀との異種戦経験ありの剣道経験者
乱戦でも長刀の方が強いと自信を持って証言
508096 | 名無しさん | (2018年10月05日 15:37)
まず戦場で使われたのは太刀
打刀は戦国の世が終わって素肌剣術が発展した江戸時代以降
製作工程は同じでも斬るものの想定が違う
打刀で金属鎧の試し切りしてんじゃねえw
508098 | 名無しさん | (2018年10月05日 15:44)
>>508039
>戦国期の遺体の傷は、槍弓石の負傷が多くて刀は少ない
負傷者の自己申告。遺体では無い。

>その当時の武士は槍と弓を重視してた
言い切る事は危うい

>刀は平和な江戸期になってから神格化されていった
言い切る事は危うい
508101 | 名無しさん | (2018年10月05日 15:53)
あれピーテル・クラースゾーンの絵じゃないかい?日本刀だと気付かなかった
508106 | 名無しさん | (2018年10月05日 16:05)
中国が影響云々って言ってる人は鉄剣と刀の区別がついていないのだろう
508107 | 名無しさん | (2018年10月05日 16:08)
※508039
刀も槍もどっちも斬ったり突いたりできるけど、どうやって見分けるの?
508114 | 名無しさん | (2018年10月05日 16:37)
戦場での主兵装は弓と槍ってのは事実。戦死で多いのが矢傷と槍による刺し傷。
弓矢は集団で射る事で効果的な殺傷力を得られた。槍は刀剣と違って素人でも
簡単に使えたので農民の集団を戦力化する事が可能だった。
刀剣は使い方が難しく、農民には扱いが難しかった。また、最初のうちは所定
の性能を発揮出来ても、刃こぼれしたり刀身が曲がったり、血糊で切れなくな
る事が多く、戦争では出番が少なかった。
508115 | 名無しさん | (2018年10月05日 16:38)
平安時代だよ
508116 | 名無しさん | (2018年10月05日 16:39)

平安時代じゃないの?
508117 | 名無しさん | (2018年10月05日 16:48)
>>508089
うさんくさいw
ところどころ「ん?」って思う内容だな
どこの本から引用したの?
508119 | 名無しさん | (2018年10月05日 17:00)
偶然の産物だけど炭素合金だからな日本刀は
508121 | 名無しさん | (2018年10月05日 17:09)
何の番組か忘れたけど、藤岡弘が日本刀で自動車のフレームを切ってたな
508122 | 名無しさん | (2018年10月05日 17:15)
どこにでも超汚染人はわいてくるよな!しれっと……
508123 | 名無しさん | (2018年10月05日 17:18)
明が型を取って作った刀のコピーも売られてた
508124 | 名無しさん | (2018年10月05日 17:20)
日本の剣が刀に変化したのは何時なんだろう?
平安位かね?
508125 | 名無しさん | (2018年10月05日 17:22)
空手だよ、かつての日本人は徒手空拳で甲冑をぶった斬り、兜を打ちひしいでいたんだぞ。
日本の日の丸は、侍が刀剣の普及化以前に徒手空拳で最後に流させた一滴の血をかたどっているのだ
508126 | 名無しさん | (2018年10月05日 17:26)
戦場では槍か長巻だけどな
もののけ姫でもだいたい長巻
クレヨンしんちゃんの戦国大合戦でも相手の長巻に槍を壊されてから刀使ってたし
江戸時代は長巻は個人所有するの禁止だしな
508129 | 名無しさん | (2018年10月05日 17:40)
朝鮮に限らず支那まで日本刀の起源を主張してるとはね
苗刀は日本刀を使ってた倭寇から支那がパクったものだぞ
508130 | 名無しさん | (2018年10月05日 17:40)
>>508121
超硬合金製の刀だっけ
あれ軟鉄に重ねてあったのかな
それとも刀の形した合金材に刃付けしただけのものだったんだろうか
508132 | 名無しさん | (2018年10月05日 17:44)
あの尻から放り出される糞のような形の地域には、何もない。そして何も生まれない。地域は何も生み出さない。無能で浅ましい人々の住む地域である。
508133 | 名無しさん | (2018年10月05日 17:58)
当時ヨーロッパにまで渡っていたとは知らなんだ
508135 | 名無しさん | (2018年10月05日 18:06)
>>508089
今でも2000万クラスを作れる匠はおるんかい?

>>508080
あの時代のサーベルは儀礼用や指揮棒だし
太平洋戦争中の軍刀も以下同文
508137 | 名無しさん | (2018年10月05日 18:08)
元寇など日本と交戦があると日本刀の切れ味にビビってる描写がある文献が沢山残っている
508139 | 名無しさん | (2018年10月05日 18:19)
チャイナは日本刀を輸入する側だったのに何しれっと起源主張してるんだよ
朝鮮に至ってはそもそも鋳鉄技術すら危うかった連中が反りの入った剣なんて作れるかよ
508143 | 名無しさん | (2018年10月05日 18:32)
西洋の剣って鎧の上からぶっ叩くものでしょ
508144 | 名無しさん | (2018年10月05日 18:33)
刀はたしかに何とも言えない不思議な魅力がある
様々な武器が使えるタイプのゲームでも日本刀にはちょっと思い入れが深くなってしまう
508145 | 名無しさん | (2018年10月05日 18:36)
>↑最初は中国が日本に影響を与えて、その後、
>日本が中国とか他の国に影響を与えたんだよ。

漢字もそうだな。
現在中国で使われてる日曜的な熟語は勿論、
医術用語や経済用語、法律用語はほとんど和製単語。
508147 | 名無しさん | (2018年10月05日 18:42)
大陸至上主義はホント鬱陶しいねぇ。
508154 | 名無しさん | (2018年10月05日 18:55)
※508143
西洋剣はロングソードやフェンシングみたいに突きが重要になっていったんだよ
論理上は間合いさえ取れれば日本刀の相手でも無傷で勝つよ
単純に長いから
んでやっぱり槍でいいよねという結論になる
508164 | 名無しさん | (2018年10月05日 19:14)
鮫の革だと手を怪我しそうだな
508173 | 名無しさん | (2018年10月05日 19:43)
一言に刀と言っても材質や製法が違うから、ほんとにしなるのもあれば、わずかにたわんで衝撃を吸収するレベルのものもあるから一概に言えないんだよなぁ
508179 | 名無し | (2018年10月05日 19:51)
西洋の剣は打撃武器だろ
切ることを目的に洗練された日本刀と比べても無意味
508182 | 名無しさん | (2018年10月05日 19:53)
乱戦になったら刀じゃなく体術と鎧通し。
508183 | 名無しさん | (2018年10月05日 19:58)
「日本刀はヨーロッパのフルプレートアーマーには通用しないよ。」
小束で目をえぐられろ。
508190 | 名無しさん | (2018年10月05日 20:19)
千年以上昔の刀が今も現存してるからね。三日月とか
最初は唐の剣を真似て直刀だったんだけど
平安時代あたりから独自に進化して今の反る形(日本刀)に
なったんだよね
508191 | 名無しさん | (2018年10月05日 20:22)
「日本刀はヨーロッパのフルプレートアーマーには通用しないよ。」

兵士がプレートアーマーなんか着てるわけないだろw
兵士の鎧は皮の服か厚手の布程度。

だから日本刀が効果的となるし、護身用としても役に立る。
508194 | 名無しさん | (2018年10月05日 20:28)
脇差しを本当に脇に差してる例の写真まだ?www
508195 | 日本人 | (2018年10月05日 20:29)
>中国と朝鮮の剣が日本刀に影響を与えたんだよ。
 逆じゃなくて。
 
 こいつ、朝鮮人だな。
508197 | 名無しさん | (2018年10月05日 20:32)
>>508124
だから日本刀は「蝦夷の蕨手刀」の影響を受けている。

蕨手刀は古墳時代に東北などで使用されてていて、その影響を受けて日本刀の原型が9世紀ごろには生まれている。

蝦夷征討で影響を受けたんだろうなぁ。
508201 | 名無しさん | (2018年10月05日 20:35)
かならずニダが1回は登場するな
508202 | 名無しさん | (2018年10月05日 20:42)
>>日本刀はヨーロッパのフルプレートアーマーには通用しないよ。

向こうの剣は斬るんじゃなくて殴るものだからね。日本刀は刺す斬る
508204 | 名無しさん | (2018年10月05日 21:11)
>中国と朝鮮の剣が日本刀に影響を与えたんだよ。

苗刀とか聞いたことあるけど。あと昔の日本を侍とか馬鹿にしてたのが韓国なんだが。
いつの間にか侍の起源だ忍者の起源は韓国だというようになった。
韓国の剣って両刃じゃないの。西洋の剣みないな。
いつの間にかドラマが刀になってる。
で、数年前に日本の刀鍛冶屋に弟子入りしてた韓国人の夢が韓国の刀を復活させること
と言ってたんだけど、それ日本刀にしかならんだろ。
508211 | 名無しさん | (2018年10月05日 21:50)
>>508038
>>現在知られている日本刀で最も古いのは平安刀と言われる

違うよ最古は天叢雲剣だよ
いわゆる草薙の剣
今でも熱田新宮に現存している

祭祀用と言われてるけど、実はそうでもない
508220 | 名無し | (2018年10月05日 22:51)
ヨーロッパの鎧なんて日本で通用しない
あんなの夏に着てたら30分ともたない
30分待てば10歳の子供でも殺せる
508221 | 名無し | (2018年10月05日 22:52)
ヨーロッパの鎧なんて日本で通用しない
あんなの夏に着てたら30分ともたない
30分待てば10歳の子供でも殺せる
508227 | ぺぺ | (2018年10月05日 23:47)
#508117

チョーセン人よ、どこが胡散臭いか申してみよ、されば答えん。ありがたく思え。

居合の修練と試し切りを通じ、自分で経験した事や学んだ事と、していない事は分けて書いたつもりだが。

またバックパッカーの節約旅行で世界を旅した経験も書き添えてあるが。

それにつけてもチョーセン人は疑り深いな。

508233 | 名無しさん | (2018年10月06日 00:20)
※508037
硬いんじゃなくて、脆いんだよ
日本刀は西洋剣よりはるかに高い強度を誇るから、薄く作れてしかも軽いんだぞ
508234 | 名無しさん | (2018年10月06日 00:24)
西洋鎧って聞くと、なんでみんなマキシミリアン甲冑を思い浮かべるんだろうね
そのそもあれは対マスケット銃用で、西洋の主力鎧はチェインメイルじゃん
板金鎧なら日本でも戦国期に普通に使っている(当世具足という)
508236 | 名無しさん | (2018年10月06日 00:28)
※508211
草薙剣は「剣」であって「刀」じゃないよ
剣は両刃、刀は片刃ってカテゴリーがある
現存するもっとも古い「刀」は天皇家の「小鴉丸」と言われてる
先端が剣、真ん中から鍔までが反りのある刀になっているとか(一般公開されたことがないから不明点は多いらしいけど)
508240 | 名無しさん | (2018年10月06日 00:43)
西洋の剣や中国の剣って日本じゃ馴染みないけど良く切れる。まぁ刃物だから当たり前
だけどさ。

西洋の剣は切れないから叩き潰す物的な意見を日本で聞くけど、あれはどの辺からそんな
話になったんだろうな。俺も何故か漠然とそう思ってたけど、実際使ってみるとほんと
良く切れる。実際使って物を切ってみれば分かってもらえると思う。

ただ切れる西洋剣を日本で持つのは銃刀法的に難しい気もするからなぁ。体験できる
機会を得る事が日本だと難しい所が残念だな。
508265 | 名無しさん | (2018年10月06日 02:15)
>>508034
最初は投石でしょ
508281 | 名無しさん | (2018年10月06日 03:18)
西洋がメイスやハンマー。
日本でも金棒や槌がある。
金棒は鬼がもってるあれね。
六角棒ってのもある。
いずれも鉄なのでクソ重いが
あれ振り回してたんだよ。
508285 | 名無しさん | (2018年10月06日 03:34)
戦国時代が弓と矢説は広まってるけど実際は資料も裏づけあまり当てにならないというのが今の考え方
刀を斬りつけられる間合いまでいったら生き残るのは難しい
槍はそこまで致命傷を与えられる程丈夫な物ではなくて
懐に入るのはそこまで難しいわけではない
弓と矢で幾らか減少させた後は刀と体術の間合いになる
508291 | 名無しさん | (2018年10月06日 04:11)
フルプレートアーマーは日本刀で倒せるだろ。
突きの形で心臓抉るくらい貫けるし、切る事も不可能では無い。再現動画の素人外人でも穴開けてたし。
また、イタリア辺りの名品で焼き入れした軽量の鋼鉄鎧も、十分な防御力を持たせて軽量にしたというものであり、体格に合わせたオーダーメイドで自由に走り回れる代わりに、日本刀で叩けば十分攻撃が通用するつくりになっている。それに焼き戻ししてないから割る事も可能だろう。
通用しないのは身を守る事を重視した、皇帝クラスが使う分厚い鋼鉄鎧くらいだよ。
508365 | 名無しさん | (2018年10月06日 10:35)
刀剣を均一の素材で作ろうとすると、鉄の硬度を上げれば脆くなり、靭性を高めると逆に柔らかくなる
日本刀は硬度が必要な刃の部分だけに高硬度の鋼を使い、それを靭性の高い柔らかい鉄で覆って保護する構造になっている
あるいは折り返しては叩いて鍛え、性質の異なる鉄を幾層にも折り重ねて強度と硬度という矛盾した性質を一本の刀で両立させているあたりが凄い事なわけで
508368 | 名無しさん | (2018年10月06日 10:49)
ポン刀が護身用に必要な所はヨハネスブルグとかメキシコだろ。今の日本や西洋には不要な物。もはや美術品だよ。
508378 | 名無しさん | (2018年10月06日 11:22)
エイの皮を鮫皮というのは伝統やからなぁ。英語に翻訳する時にそこまで調べなきゃわかんないよな
508399 | 名無しさん | (2018年10月06日 12:59)
>508365
西洋鎧の製法によれば、重要部位や攻撃を受けやすい所は厚みを分厚くするのはもとより、熱して叩くことで組成を変化させて硬度を増したりしているらしい。
部位ごとの炭素量の調整の技術があったという事。
西洋のロングソードなどにもそれの応用がされていて、あくまでも比較でいえば刀身よりも刃先の方が固くなっていたりする。

それにロングソードの利点は、単一的な素材からの成形なので、激しい戦闘により曲がってしまっても、力づくで踏みつけたりして曲がりを修正し、再び利用することができる柔軟性もある。
日本刀のようにたわみ、曲がるものの、一定角度以上となると裂けたり割れたり折れたりしやすい構造とは違い、良くも悪くも同じ材質の鉄で作られているからこその利点ともいえる。
508414 | 名無しさん | (2018年10月06日 15:26)
フルプレートアーマーも後期のマクシミリアン式とかになると、結構軽量化
されていて板金も薄いので、当て方によっては貫くことも出来たらしい。

20kgくらいなので転んでも起き上がれる、落馬しても失神しない。もちろん、
騎乗の際にクレーンで吊らなくても、従騎士に尻を押してもらえば何とかなる。

日本も鉄資源さえ豊富なら、鉄鎧が発達したろうに。
508415 | 名無しさん | (2018年10月06日 15:28)
そもそもカタナを日本刀と言い出したのは中世の中華人だからな。
508421 | 名無しさん | (2018年10月06日 16:49)
刀一振りに2000万か…用心棒として誰か雇ってくれるのかな。
508449 | 名無しさん | (2018年10月06日 18:44)
>>508414
軽量で動き回れるようになったのは、焼き入れして鋼鉄が作れるようになり薄手でも守れるようになったからで、重かった頃は質の悪い金属だからさほど防御力が高いわけではない。
金属片で硬さを補い、木で衝撃吸収と矢や槍による刺突回避してるのは、欠点ではなく改良。大和時代にはプレートメイル使っていたものが進化した結果だよ。
それらの鎧を打ち砕く鉄砲対策に、南蛮銅具足見習って日本でも樽みたいな防弾鎧や鉄の笠など作られたようだし。
508611 | 名無しさん | (2018年10月06日 23:48)
脇差を手に入れた李氏朝鮮の貴族が
本当に脇に差してる写真を見て爆笑したんだがw
しかも差してる向きが逆というオマケつきwww
508722 | 名無しさん | (2018年10月07日 03:24)
日本刀でホルホルとか哀れすぎる
508773 | 名無しさん | (2018年10月07日 06:18)
通名を使って卑しい出自をひた隠しに隠し、先進国日本にしがみついて離れないプライドの無さが哀れすぎる。
509046 | 名無しさん | (2018年10月07日 20:58)
>508083
サーベルとして残ってるよ。
中身は銀色の模造刀もどきが入ってて刃は無い。
稀に刃があるのもある。
軍刀はまた別としてあるし。
刀が入っているサーベルもあるけど稀だよ。
509059 | 名無しさん | (2018年10月07日 21:50)
日本は鋼を研げる良質な砥石が豊富にあったから
鋼の刀剣を作っていた。
ヨーロッパは鉄の刀剣。
切れ味の差は当たり前。
509502 | 名無しさん | (2018年10月09日 08:04)
西洋に迄輸出されてたとは 驚いた 今も保存しているのですか?
509595 |   | (2018年10月09日 16:15)
・特にヨーロッパ人が注目したのが刃の厚みだった。
・重みはあるけど刀身が硬いからよく切れる。
・他の国の剣と違って、日本刀は曲がらないから切るときに融通がきく。素人でも綺麗に切れる。

この辺面白いね
日本では漫画とかの影響でか西洋の剣のことをやたら厚みがあるものと勘違いしてるけど
実際は一枚の金属板でできたペラペラな感じの作りなんだよね
硬い物に斬り付けるとビヨンビヨンと撓んでしまうのでイマイチ斬れないのよ
刃それ自体は実は結構鋭いんだけど、それを支える剣の構造が弱いので斬れないわけ
509826 | 名無しさん | (2018年10月10日 02:00)
今日本刀と言われている打刀の形が出来上がったのって元寇でアイツラの持ってた武器も見て更に取り回ししやすい長さに改良した後だから、まあ大陸と双方影響は受けているがな
510219 | 名無しさん | (2018年10月11日 01:39)
日本の刀鍛冶は神事でもあるから。

その職に入魂します、最後の方には炎を時下に見すぎて目が見えなくなる。って聞いたよ、わかってても、需要がなくても続けてる、魂ですな
名前 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dng65.com/tb.php/5665-e48311f5