海外「でも面白いし!」ハリウッド超大作の日本のアニメパクリ疑惑に海外が興味津々

gits.jpg


映画「マトリックス」が日本のアニメ「攻殻機動隊」のパクリだという疑惑が話題になっていました。

同作品は、アニメのような世界観を実写化して大ヒットした作品ですが、ウォシャウスキー監督もアニメを参考にしたと公言しているほどで、トリビュートとパクリの違いはどこなのかという議論に発展しているようです。

そんなアニメ実写化の成功例とも言える存在に、海外からはさまざまな意見が寄せられていました。










以下、反応コメント




海外の名無しさん

マーケットでのチェースシーンも攻殻機動隊と同じだよ。


海外の名無しさん

両方大好きなのに、共通してると思ったことがなかった。


海外の名無しさん

再び見てみたら面白いままで驚いたよ。
新しい技術や撮影スタイルに頼った作品って、ギミックだけだから長持ちしないものが多いのに。
そこそこまともなストーリーに、コスチュームや背景デザインも凄くよくて、BGMも最高で、衰えないポップカルチャーネタがいっぱいでてくる。


海外の名無しさん

↑マトリックスが成功したことで悲惨なことになってるけどね。
みんな真似して酷いものを作ってる。


海外の名無しさん

ウォシャウスキーが実写版攻殻機動隊の監督をやってたら、あそこまで酷くならなかったかもね。


海外の名無しさん

2017年の実写版が1995年版攻殻機動隊のトリビュートじゃないのが残念すぎる。


海外の名無しさん

↑俺は好きだったよ。
オリジナルも好きだしね。
俺みたいな人はけっこう居るって。


海外の名無しさん

攻殻機動隊の実写化は無意味だと思ってたよ。
マトリックスは攻殻機動隊からスタイルやテーマを取ったものだしね。


海外の名無しさん

↑これだけ多種多様な映画があれば、そりゃ似たものが6本くらいあるよ。
似てるけど、まったく別の映画だって。


海外の名無しさん

↑でも観客はそうは思わないよ。
攻殻機動隊を観に行って”首の後ろのワイヤーから情報を取り出すって発想は、マトリックスからパクったのか”って思ったり。


海外の名無しさん

↑ウォシャウスキーは、映画の撮影中に攻殻機動隊を見せて”これやるで”って言ったらしいよ。
だからこういうオマージュなシーンがあっても不思議じゃない。
キルビルがサムライとB級西部劇にインスパイアされたって言うのに近い。


海外の名無しさん

映画のアイデア自体が攻殻機動隊のパクリだから。
始まりのシーンなんてほとんど同じだし。


海外の名無しさん

↑トリビュートって言うんだよ。
わさとそうしてるの。


海外の名無しさん

↑トリビュートと呼べるのは軽い引用のときだけで、それ以外は”盗作”って言うんだよ。
マトリックスは素晴らしい映画だけど、そこまでオリジナリティはないよ。


海外の名無しさん

トリビュートって言い方はひっかかるよね。
2つのシーンはそっくりだし、インスパイアされてパクるのはトリビュートなの?
俺にはそうは思えないが。


海外の名無しさん

↑白人のパクリはトリビュートなのです。


海外の名無しさん

パクリシーンとトリビュートシーンの違いは何なの?


海外の名無しさん

↑映画が好きかどうか。


海外の名無しさん

は?何言ってるの?
ウォシャウスキーはアニメの大ファンだよ。
これが最初の実写版だって。


海外の名無しさん

これってフェアじゃなさすぎる。
映画が面白ければトリビュートで、面白くなければパクりって。
絶対に間違ってるよ。


海外の名無しさん

あれだ。マトリックスを全部見なくては。
その後は、攻殻機動隊を。


関連記事
最新ニュース

↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2018/07/06 01:56 ] 映画 | TB(-) | CM(-)
厳選ニュース
特選ニュース