海外「カッコよすぎ!」日本の戦艦「大和」が持っていた脅威の性能に海外が感動

yamato.jpg


日本の戦艦「大和」の性能や歴史を紹介したビデオが話題になっていました。

日本が生んだ世界最大の戦艦「大和」は、世界史に残る象徴的な存在でもあるため、海外にも多くのファンが居ます。

そんな日本の大和が辿った歴史に、海外から多くの感動の声が寄せられていました。





※デザイン
・大和は大日本帝国か海軍の誇りであり、人類史上最大の戦艦だった。
・巨大なだけでなく、大量の強力な兵器を搭載していた。
・大量の戦艦を建造する産業基盤がなかったため、一度に大量の軍艦を相手にできるようにした。
・18.1インチ砲、18インチの装甲。最高速度27ノット、航続距離は8,000マイルが要求された。
・これによって1935年の初期設計から、6万9000トンに修正が行われた。
・全長839フィート、幅127.7フィート、装甲だけの重量22,534トンで1/3ある。
・厚みは部位によって8から16インチまで幅がある。
・蒸気機関を4機搭載。最高出力は15万シャフトHP。最大速度でも優れた旋回能力を持った。

※大和級の船
・1936年、日本海軍は二隻の建造を命じた。大和と武蔵だ。
・造船所は専用に改造され、スパイに見つからないよフェンスで覆われた。
・1939年、さらに二隻の建造が追加されたが、ミッドウェイの敗戦後、信濃は空母に変えられた。最後の111番は完成することはなかった。

※武装
・主砲は94式46センチ3連。射程距離は26.1マイル。1分間に1.5発。重さは2,774トンで駆逐艦に匹敵する。
・副砲は15.5センチ3連。対空は89式2連を6機搭載。96式25ミリ機銃を8機。93式13ミリ機銃を4機搭載。デッキの下には航空機を3,4機搭載。
・1943年、対空防衛力強化のためにレーダーを搭載。25ミリ機銃が4機追加された。
・1944年、対空に不要な155ミリ3連砲台が撤去され、89式127ミリ2連に。対空用に55.25ミリ機銃で強化された。
・レイテ沖海戦後、25ミリ機銃が一新された。これによって25ミリ機銃を152機搭載した。

※運命
・航空機の発展によって、大和が敵船と対決することが出来ずにいた。
・1941年11月15日、大和は日本艦隊の旗艦としてミッドウェイに参戦するはずだった。
・山本五十六は日本海軍の惨敗を見て出撃せず、ガダルカナルの戦いには現れなかった。
・長期間活躍のなかった大和は”ホテル大和”のニックネームで呼ばれることに。
・1943年1月22日、武蔵が代わりに旗艦を務めてちょっとがんばった。大勢乗員できるから輸送船として使われた。どちらも途中で魚雷を食らい、長期間修理のために造船所に入れられた。
・1944年、レイテ沖海戦で最大の海軍戦が行われた。武蔵は集中攻撃を受けて終日には沈んでしまう。
・翌日、大和は最初で最後の主砲をぶっ放す。20マイル先の米空母を撃沈。大量の砲撃を受けていたが、特に支障はなかった。

※天号作戦
・沖縄に侵攻部隊を援護する米艦隊を迎え撃つ。大和は軽巡洋艦1隻、駆逐艦8隻で向かった。
・事前に暗号を解読していたアメリカは先手を打つことができた。
・横腹に許容量を超える11発の魚雷を受け、傾いたところで弾薬庫が爆発、海の底に沈んだ。
・3063名の乗組員が亡くなり、269名が救助された。
・大和の撃沈は日本帝国海軍の終わりを意味していた。




以下、反応コメント




海外の名無しさん

子供のときは大和が大好きだったな。
この船が海軍史や第二次大戦に興味を持つきっかけだった。


海外の名無しさん

今、実物の大和を見ることができたらいいのに。


海外の名無しさん

↑2005年に”男たちの大和”を撮影するために、巨大構造物の大部分を再現したのに、4日間のお披露目をしただけでスクラップにしたんだよ。


海外の名無しさん

本当に海に沈むときに真っ二つになったの?


海外の名無しさん

↑もっと凄い爆発だったし、ボロボロで無茶苦茶になってるよ。


海外の名無しさん

爆発はなかったけどタイタニックみたいに沈んでしまったのが勿体無いよ。
本当にカッコイイのに。


海外の名無しさん

大和は本当に美しい船だよ。
とにかく大好きだだし、今まで建造されたもので最も素晴らしい軍艦だ。


海外の名無しさん

大和と3千人の乗組員のご冥福をお祈りします。


海外の名無しさん

大和も武蔵も大量の航空機を相手にするようには出来てないから。
本来の目的は一対一の対決だよ。デンマーク海峡みたいな。


海外の名無しさん

これは本当によくまとめてあるね。
俺は20年以上夢中になってて、大量の情報を知ってるから。
これは素晴らしかった。よくやった!


海外の名無しさん

もう少し早く大和が登場してれば、大活躍してただろうにね。


海外の名無しさん

せめて日本にもう少しマシな対空気銃があれば、遥かにマシだっただろうに。
でも全部目視射撃だったし、25ミリでは航空機を撃ち落とせなかったんだよ。
撃ったときの振動で余計に当たらかなかった。
どの武器も近接信管を持ってなかったんだよ。
日本人はドイツ人と違って使おうとしなかったでしょ。


海外の名無しさん

大和は1930年代にはもってこいの存在だった。
日本は航空技術で勝ってたけど、イギリス人とアメリカ人は新旧の合わせ方がよかった。
軍艦が役割を終えてたのに、日本人はまだ廃れた軍艦戦を有効だと考えてたから。


海外の名無しさん

これだけ対空強化してたのに、それでも航空機に勝てなかったのか。


海外の名無しさん

彼女は沈んだかもしれないが、連合軍のどの船よりも海のクイーンであったことを忘れてはいけない。
現在でも世界一武装したパワフルな船だから。


海外の名無しさん

日本は連合軍の敵だったけど、大和が真のビーストだったことは認めざるをえない。


海外の名無しさん

宇宙船に改良してガミラスと戦って地球を救うところが出てきてないよ。


海外の名無しさん

コメント欄に艦これが出てきてないのが意外だった。


海外の名無しさん

大和がビスマルク(米最大の軍艦)と対戦したらどうなるんだろう。


海外の名無しさん

日本なら大和をリメイクしてくれそうな気がする。


関連記事
関連記事


↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2018/07/01 08:17 ] 歴史 | TB(0) | CM(170)
厳選ニュース
特選ニュース
コメントエリア

472664 | 名無しさん | (2018年07月01日 08:40)
俺も実物が見てみたかったと思うよ。
こんなでかい戦艦が目の前にあったら感動ものだろ
472665 | 名無しさん | (2018年07月01日 08:40)

ビスマルク(米最大の軍艦)


www
472666 | 名無しさん | (2018年07月01日 08:53)
大和の主砲で撃沈てどの文献参考にしたの?ソースが欲しいんだけど
472667 | 名無しさん | (2018年07月01日 08:57)
>>せめて日本にもう少しマシな対空気銃があれば、遥かにマシだっただろうに。
>>でも全部目視射撃だったし、25ミリでは航空機を撃ち落とせなかったんだよ。

>>これだけ対空強化してたのに、それでも航空機に勝てなかったのか。

最大の問題は、同じ目標を複数の機銃で同時に追い駆け回してしまってた事だよ
レーダー連動で目標の割り振りまでできたら、もう少し違っただろうけどね
但し、元々撃破されるのが前提の作戦だったから、結果はそう変わらん筈
作戦通り沖縄で座礁できてたら、今も勇姿は拝めたかも知れんが
472668 | 名無しさん | (2018年07月01日 08:58)
呉の大和神社は、無関係やで。
ソースは呉出身の俺。
472669 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:02)
今にあの国の連中が、戦艦大和の起源を主張しだすぞ
日本国民よ、気を付けろ!
472670 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:02)
>>爆発はなかったけどタイタニックみたいに沈んでしまったのが勿体無いよ。
 
巨大なキノコ雲が鹿児島県から見えるほどの大爆発だったんですけど
472672 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:03)
コスモリバースゲットだぜっ
472673 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:04)
真珠湾で「これからの時代は航空機やで」と全世界に痛烈に見せつけた日本軍が軍艦にしがみついたのは皮肉だよね
472674 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:04)
大和を作ったのは強制連行された朝鮮人技術者なのは常識。
472676 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:05)
まじかよ・・・

ビスマルクってUSAだったのか
472677 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:05)
> 日本は航空技術で勝ってたけど、イギリス人とアメリカ人は新旧の合わせ方がよかった。
なんでブリカスがしれっと入ってるの?運用の仕方も艦載機も旧態依然だったじゃない。
> 軍艦が役割を終えてたのに、日本人はまだ廃れた軍艦戦を有効だと考えてたから。
バトルシップの訳なら「戦艦」という艦種。軍艦にしたら海軍不要になってしまう。

472678 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:06)
よしよし、超大和級の存在はばれてないな
472679 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:06)
※472673
まるで日本企業そのものですな。
472681 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:17)
鉄血宰相ビスマルクってアメリカの偉人だったんだなぁ(
472682 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:18)
チャンネル桜の大和 副砲長のインタビューで命中したって言ってたけどその事なのかね。
472683 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:19)
戦艦では最強クラスだったが・・・時代遅れだった
472684 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:19)
>472666
うろおぼえなので自分で確認してほしいけど
日本側の報告書の類いだったと思う
護衛空母と重巡等を艦隊全体の戦果としてであって大和の攻撃によるものかはよくわからないという感じの記述だったと思う
同じ頃の乗員の日記では大和は百発撃ったが一発もあたらなかった
とも
472685 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:21)
>>これだけ対空強化してたのに、それでも航空機に勝てなかったのか。
 
聞いた話だが曇天で雲の中から突然降下して魚雷や爆弾を投下後に再び雲の中に隠れられると手が出せなかったらしい

主砲も航空機用の散弾を備えていたが敵航空機の場所が特定できず使えなかった
レーダーを備えていたが四方八方から同時に複数の航空機が飛んでくるから動作の遅い主砲に指示ができなかったらしい
472686 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:24)
※472674
強制連行されたって、その設定ではいつからだ?
ちなみに大和が建造されたのは戦前なんだけどさ。

472687 | おいおい | (2018年07月01日 09:25)
>472674 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:04)
>大和を作ったのは強制連行された朝鮮人技術者なのは常識。

間違って習ったな。正しくは「韓国人技術者」だろ?
大和の頃はまだ朝鮮なんて国、存在してなかっただろがよ。ソウルに行って正しい韓国史を学び直せ。
472688 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:27)
これ機械翻訳?
翻訳センスないな
472689 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:27)
>>472679
どっちかっていうとお役所の公共事業だろ
一度走り出すと止まれない
472690 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:35)
また起源主張の朝鮮人か
もうウンザリするわ
472691 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:35)
戦争は絶対に反対
だけどもし今の日本が本気で軍事開発することになったら大和どころではないモンスターが生まれるんだろう
472693 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:40)
いわゆる零戦よりも大和級の方が大量生産の基盤が確立されていたと
海軍工厰の元技術将校がテレビで語ってたのを見たことある。
一見矛盾してるように見えるが、零戦は極端な話職人が作り上げていた工芸品。
大和は製作段階から完全に大量生産可能なマニュアルを作り上げてた工業製品。
あれだけ大量生産された零戦が非効率な工芸品だったというのは皮肉な話だよ。
472694 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:41)
※大和と3千人の乗組員のご冥福をお祈りします。

ありがたいお言葉、感謝申し上げます。
472695 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:46)
※472693
ガンダムよりもマゼラン・サラミス・ムサイが好きな自分には解る気がする
472697 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:50)
近接信管や時限信管の問題だろ
472699 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:51)
※472673
大和の建造が始まったのって1937年っすよ
472701 | 名無し | (2018年07月01日 09:52)
>472673

世界中の海軍関係者全てが、時代が大きく変わったことを認識する中、日本だけがしがみつくわけないだろ。転換しようとしたが、建造能力的に出来なかったんだよ。アメリカみたいに週刊護衛空母(ジープ)とか隔月刊エセックス級とはいかないのだから。

あと、戦艦時代の終わりを認識させたのは真珠湾じゃ無いぞ。マレー沖海戦だ。イタリアのタレント、真珠湾いずれも停泊中の艦船に対する航空攻撃だが、マレー沖は作戦行動中の戦艦を沈めたものだからね。
472702 | 名無し | (2018年07月01日 09:58)
472691

現代、かつての戦艦に相当するものは何かと言ったら核戦力。だからアメリカのオハイオ級もほとんどが、かつての戦艦同様に州の名称を付けているでしょ。

日本が再び大和のような何かを持つとなったら、それはSLBM搭載原潜の一択。
472703 | 名無しさん | (2018年07月01日 10:00)
ビスマルクがいつの間にアメリカ戦艦になったのかは置いといて、英米より先に航空機集中運用を重視したのは日本ですよ。イギリスだってくるんと転換したりしたりしてないし、大艦巨砲主義から脱却してない。
472704 | 名無しさん | (2018年07月01日 10:03)
ビスマルクは独逸の戦艦。
472705 | 名無しよん | (2018年07月01日 10:04)
>彼女は沈んだかもしれないが、連合軍のどの船よりも海のクイーンであったことを忘れてはいけない。

時々思うんだが、米海軍の艦艇って、「カール・ヴィンソン」だの「ジョージ・H・W・ブッシュ」だの、男性のそれもフルネームが名前になってるものも多いわけじゃん。それでも船舶である以上は「she / her」で受けるわけだよなあ…。
ちょっと「ウマ娘」を思わせるような現象だw
472706 | 名無しさん | (2018年07月01日 10:07)
元々零戦は平時配備用に設計された戦闘機で、空母用に100機、陸上基地用に100機、予備に100機程度生産されればいい想定だったって聞いたことがある。
だから飛び抜けて尖がった性能を持たされてて、それが累計1万機も作られるなんてまるで想像がつかなかったんだろうな・・・
472708 | 名無し | (2018年07月01日 10:10)
航空機時代の到来に気付いてはいたんだけど、海軍の上層部には何時までも大艦巨砲と艦隊決戦に拘る連中が居たわけで。
これは陸軍も同じ。
歩兵連隊出身のいわゆる「歩兵が主力」主義の連中が上層部に多く、戦車戦、機械化部隊への理解が無かった。
何時の世も老害は居るもので。
472709 |   | (2018年07月01日 10:22)
>>472708
老害って片付けるよりも反対厨じゃない?
どんな意見にも反論する事が賢いって思う連中っているじゃん。
そりゃネガを探せばいくらでもあるけどさ。空母反対の意見って「甲板破壊されたら何も出来ない」「パイロット育成が間にあわない」だったんだぜ。
現代は「予算効果」と「運用意義」で反対しているけどさ。
それって当時の陸軍の機械化反対論と同じなんだよな。
472710 | 名無しさん | (2018年07月01日 10:34)
>>472669
とっくに言ってるよ
あいつらが言うには大和と武蔵は秘密基地か造船所から盗み出されたんだとさw
472712 | 名無しさん | (2018年07月01日 10:44)
ビスマルクってドイツの不沈戦艦ビスマルクだろ?仮に戦ってたらビスマルクに勝ち目なんてないぞ。
472713 | 名無しさん | (2018年07月01日 10:45)
沈黙の艦隊が必要、旗艦名・大和
472714 | 名無しさん | (2018年07月01日 10:54)
スレに艦これの影響が見える
472715 | 名無しさん | (2018年07月01日 10:55)
※472710
元となった技術や大和そものの技術どこにあるんだよって話やなwwwww
アホやな〜ww
472716 | 名無しさん | (2018年07月01日 11:00)
単純に形がカッコいい
ロングノーズでスポーツカーみたい
472717 | 名無しさん | (2018年07月01日 11:01)
>>472666
ガンビア・ベイの事じゃないかな?砲撃戦で撃沈された唯一のアメリカ空母の事。
空母っても護衛空母で装甲ペラッペラで砲弾はほとんど過貫通しちゃってんだけどね。
大和の砲弾で撃沈されたかどうかは不明。大和が組み込まれていた栗田艦隊によって
撃沈されてるからって事じゃないかね?
472718 | 名無しさん | (2018年07月01日 11:02)
これ復元するだけで良い観光地になりそうだけどな。そうするとあるにだがうるせーんだろうな
472719 | 名無しさん | (2018年07月01日 11:03)
>472674
水車1つ自前で作れないミンジョクの技術者www
472720 | 名無しさん | (2018年07月01日 11:08)
×航空戦より軍艦戦の方を大事と思ってた
○制空権支配されて軍艦しか運用できなかった
だろ
補給のことでも何でも日本の無知ゆえの過失扱いするけど実体は首が回らんかっただけ
472721 | 名無しさん | (2018年07月01日 11:20)
>軍艦が役割を終えてたのに、日本人はまだ廃れた軍艦戦を有効だと考えてたから。

日本人でもそう考えている人は多いし、実際当時の海軍上層部においても艦隊決戦主義は多かっただろう。

でもな、いい加減現代に生きている奴らは勘違いをやめようよ。

航空機時代の幕開けっていわれてんのが、真珠湾攻撃だろ。
それ以降に日本で建造され始めた大型艦の数とか、実際に帝国海軍が保有していた戦艦の進水日とかをチェックしようよ。

むしろ現実的には航空機を乗せる船が足りなくて三番艦の信濃を空母にしたり、旧型超弩級戦艦の伊勢型を航空戦艦に改装したり、それ以前の弩級戦艦の扶桑型を航空戦艦に改装としてたり・・・

正規空母も飛龍型の発展形の雲龍型とか製造やってんのに、海軍の象徴扱いしていた大和温存をネタにして航空機世代を見抜けずに大鑑巨砲主義に固執していたなんて決めつけるのはやめてくれ。
472722 | 名無しさん | (2018年07月01日 11:25)
船の上に張り巡らされてるワイヤーは何ですか?。
472723 | 名無しさん | (2018年07月01日 11:25)
472674

かちかち山の泥船で沈んだのは朝鮮人だって聞くね。
472724 | 名無しさん | (2018年07月01日 11:46)
本コメで対空兵装について書いてるヒトいるけど
電測による火器管制とか近接信管とかは無理にしても
長10サンチとボ式40ミリは載せたかったよなー
472725 | 名無し二 略 | (2018年07月01日 11:51)
>>472674

戦艦の起源は
ウりナラの亀甲船二..
掘るホル!
< 丶 ` ∀ ´>
472726 | 名無しさん | (2018年07月01日 11:52)
再建造なんて技術的にも資源的にも世相的にも絶対無理やろなぁ
472727 | 名無しさん | (2018年07月01日 11:53)
大和沈没、日航機123便墜落が共通しているのは、貧弱なリベット留め
472728 | 名無しさん | (2018年07月01日 11:53)
>>472722
横方向・斜め方向のワイヤー:主に構造物の支え。ワイヤーで引っ張って構造物を支えている
縦方向のワイヤー:中空アンテナ線が主な役割だが構造物の支えとしての役割もある
472729 | 名無しさん | (2018年07月01日 11:54)
航空機が戦艦を撃沈できる爆弾や魚雷を搭載できるようになったこと。
演習で十分な命中率を示していたこと。
戦訓から対空砲火で航空攻撃は阻止できないこと。
などから1930年代には航空機の優位が指摘されるようになった。
各国で空母の建造が進められたけど空母自体が高価だし、
実戦で証明されてなかったので急な変換にはならなかった。
472730 | 名無しの通信兵 | (2018年07月01日 11:59)
※472722
>船の上に張り巡らされてるワイヤー

通信用のアンテナ線。
周波数帯域が短波や長波やったから、長いアンテナ線を使ってたわけで、どでかい大和級は通信性能もよかった。

広大な太平洋に展開するんで
(衛星通信がなかった当時)
短波によるモールス通信が有効やった。
472733 | わはは | (2018年07月01日 12:01)
472685
主砲使ったら、対空機銃員が砲弾圧でミンチになってしまうから使えない。
472734 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:02)
>>472724
長10cmもボ式も無理よ。当時の日本の生産能力じゃまともな性能の物は量産どころか
少数製造が精一杯だったんだから
472735 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:07)
保守系をさせて、明治の水兵に服を着替えさせたのはやりすぎ
472736 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:07)
大和は中国の呉で建造したアル( `ハ´)
472737 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:09)
まあ負け惜しみを言うんであれば、前代未聞の戦闘に発展したんで
以降起きるかもわからん人類史上 最大の戦闘に発展する と、日本も考えてなかった
472738 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:10)
>>472693
巨大な主砲やスクリューなどは組み付け当日より前に納入されても置場所に困るので、現在のいわゆる「トヨタ看板方式」の原型が導入されたんだってね


>>本文コメント
すると降伏調印式はティルピッツの甲板かね
472739 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:11)
つまり前代未聞の戦闘に発展していく 事 が想定にあったら、まあ、
ハワイは奪取してしまって、西海岸に早期に造船所爆撃 をかましておけば

まあ太平洋は、アメリカには厳しい物になる。結局、一緒にナチスの討伐
いきませんか?のお誘いがくる
472740 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:14)
主砲は、45㎞飛ぶらしい まあ最高飛距離だったのでしょうし5㎞でも
飛行機の支援がついてれば まあ、いい仕事できたろう

船底狙えば、普通の艦なら、至近距離なら一撃でお陀仏
472741 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:16)
大体、海は5㎞先しか見えんらしく それ以内で狙えば45㎞飛ぶんなら、まあ
沈むんだろ 大抵の船わ

相模大野から八王子超えていく飛距離だもんな
ま横浜から橋本まで飛ぶ と
472742 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:17)
>>472739
ハワイは確かに戦略上の重要拠点で占領したいところだったけど、兵站の問題や距離的な
問題、日本軍の作戦行動の問題などもあって占領しても維持出来なかったと思われる。
真珠湾攻撃の失敗点は、空母が居なかった事と燃料施設にダメージを与えられなかった事。
472743 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:23)
>>472730 >>472728
詳しくありがとうございます^^。
472744 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:25)
>>472742 燃料施設にダメージを与えず、最初から、ハワイに乗り付けて、
航空支援を使って、残りの帰宅組を破綻し、南米から、燃料引っ張ってくる事が可能

だったわけで、まあ、規模が前提想定上の戦争 つまり第2次世界大戦規模 と
理解していれば、真珠湾攻撃のみ で引き上げる という事がまず 無いでしょ

まそう思うし大西洋を手薄に出来ないアメリカですし、
俺ならパナマ運河が破綻させるわ 最初から、あれほどの規模の戦闘に発展する
と知ってれば ですがねえ


472745 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:30)
そもそも太平洋戦争の根拠は、もう皇室側と海軍の2重諜報員が、とっとと
天皇制止めて議会制民主主義にしたかった だけ 説が 俺はありますけど

それをするには、他国に攻撃させて、軍隊の破壊以外に方法がありませんから
上に、問題があるとすれば、反戦政治が出てきて「占領政策」を言った

西洋が列強だった 等 悲観的な 被害者論に走った点 それは平成を超え
次の元号まで響きそうですけど

つまり、占領政策 という被害者論を訴え続ける事で、回復した関係にさらに
経済的な打撃を与える 等 で、バブル崩壊 日本に永続した投資が来るはずがないわ
472746 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:30)
ビスマルクwww
472747 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:34)
※472708
熟練パイロットは畑ではとれんぞ
レイテに栗田が突入してたとき、小沢の機動部隊は何してた
張りぼてで囮にしか使えなかったじゃないか
何でそんなにパイロットが損耗したんだ
全部大艦巨砲主義者が悪いんか?
472748 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:37)
つまり被害者である という認識が、怒り を内在させ続け、経済的な発展した後
怒り をアメリカにぶつけてしまった という事でしょう

あれだけの 人生で言い負けを一度もした事のない そんな強面の
外交政策がいる国 相手になーぜ そんな横暴に とおもってまう
472749 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:39)
航空機の時代に時代錯誤な戦艦作ったって言ってるアホが平和ボケ日本人ならまだしも、海外にもいるんだな
そもそも近接して航空戦で殴り合いする体力の尽きてる日本が、アウトレンジから空母や艦船を攻撃する為に作ったんだから合理的な判断以外の何物でも無いんだけど
472750 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:40)
大和の話になると決まって日本は大艦巨砲主義に染まってたってなるけど、そういう国の方に聞いてみたい。

で、君の国は今まで何隻の空母を運用したことがあるのかね?
472751 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:47)
大和級にしろ長門級にしろ、実戦で役に立たず亡国への先導艦だった事実が全て
472753 | 名無し | (2018年07月01日 12:49)
レイテ沖海戦ではアメリカの商船改造空母を徹甲弾でぶち抜いたから穴を開けただけで、撃沈じゃなかったのじゃないか?これが大和の最大の成果だったとは、つくづく生まれる時代を間違えた悲劇の軍艦だ.ただしアメリカも真珠湾を空襲されて初めて空母の量産を始めたから日本海軍だけが間違えた訳じゃないし、イギリスの航空隊もドイツのビスマルクを湾内に雪隠詰めにした挙げ句に撃沈が出来なかった.当時はどの国でも航空機が戦艦を沈めるのは不可能だと多くの士官に信じられていた.
472754 | 名無しさん | (2018年07月01日 12:54)
戦後、参議院議員してた源田実が自分は悪くないって責任転嫁してただけやん
472755 | 名無しさん | (2018年07月01日 13:06)
>>472753
アメリカは1940年の両用艦隊法で10隻以上の空母の建造を始めてるよ
既に海軍にとって空母は必須の存在だった
472757 | 名無しさん | (2018年07月01日 13:15)
>・1941年11月15日、大和は日本艦隊の旗艦としてミッドウェイに参戦するはずだった

まだ完成してない、というか戦争始まってないぞw

>せめて日本にもう少しマシな対空気銃があれば

エアガンかw

>大和がビスマルク(米最大の軍艦)

これは酷い…米はGermanだったのか

>>472705
米海軍の艦艇は艦種によって決まる

正規空母 歴史的な名前(歴代大統領など)
護衛空母 湾の名前 ~ベイ
戦艦 州名
巡洋艦 都市名
駆逐艦 人名
472759 | 名無しさん | (2018年07月01日 13:21)
プリンス・オブ・ウエールズ(ドイツ)と撃ち合いしても勝つよ
472760 | 名無しさん | (2018年07月01日 13:34)
大和の主砲を作った旋盤は未だにきしろというメーカーの播磨工場で現役だからな。
472762 |    | (2018年07月01日 13:44)
アメリカはなんでもめちゃくちゃに破壊する
そういう国です
472763 | ★☆ | (2018年07月01日 13:52)
大和が蒸気船だったとはしらなんだw
472764 | 名無しさん | (2018年07月01日 14:03)
今はこんなの作れないよな。

というか、昔の日本人はやっぱりすごいな。
472765 | 名無しさん | (2018年07月01日 14:08)
>>472750 同意。戦争が始まってから、日本が、何隻戦艦を建造したの?とも聞きたいね。
3番艦の信濃が、空母に変更されたのも、知らないじゃない?
472766 | 名無しさん | (2018年07月01日 14:42)
※472741

>大体、海は5㎞先しか見えんらしく それ以内で狙えば45㎞飛ぶんなら、まあ

お前は戦艦の高さが人の背丈分しかないとでも思ってるのか?
当時の戦艦の艦橋部分で30~35m、相手も同様の高さがあるから
戦艦同士だと30km内で艦影目視出来るし、艦橋より高い位置にあるレーダーなら30km超える
それに長射程となった主砲の命中精度を上げる為に戦艦は観測機を載せる様になったしな

だいたい有効射程距離がまだ短かった対馬海戦でも7~6kmで撃ち合ってるのに
射撃精度の上がった太平洋戦争時に5kmとか初弾で命中弾与えられる様な距離だぞ
472768 | 名無しさん | (2018年07月01日 15:06)
艦これで得た知識の※欄のお前ら以下の海外勢には心底呆れた
472769 | 名無しさん | (2018年07月01日 15:08)
>472750
>472765  
サウスダコタ級やアイオワ級が何時設計されて、何時就役したも知らない人たちでしょ。建造時期すらも分かってない連中の話はややもするとたわ言レベル。

>472747  
まあマリアナの七面鳥撃ちで搭乗員ごそっと失ったのまで、大艦巨砲主義のせいにされても困るよな。
472771 | 名無しさん | (2018年07月01日 15:30)
>>472673
当時は陸軍と海軍でいがみ合ってたんだっけ
それはアメリカ軍も同じだったわけだけど…

それにもっと先進的な戦闘機も設計・試作されてたのにどれも却下されたんだよな、海軍贔屓する上層部に。
472772 | 名無し | (2018年07月01日 15:31)
>472759

単純ミス?ネタ? 何かビスマルクを米戦艦とした人もいた様だが、大戦中の各国海軍全く知らない人たちがコメントしている模様。
472773 | 名無し | (2018年07月01日 15:35)
>472754

カーチス・ルメイの勲一等旭日大綬章叙勲を推薦したのは誰か、いくつかの説があるが、そのうちの一人が源田実。もし本当だったら十分国賊・売国奴レベル。
472775 | 火出国 | (2018年07月01日 15:59)
269名が救助された、ってあるけど、生き残ったって言う方が事実かな。
なんせ大和が沈んで海面に漂っていた船員も、アメリカはことごとく機銃掃射して、殺していたからね。
それが戦争と言えば、そうなのかもしれないけど。

あと、大和の主砲で40km先の集弾率は、200m以内と見た記憶があるなぁ。
ほんとかどうか、わからないけど。
472776 | ななし | (2018年07月01日 16:25)
もう言ってる人もいるけど、オレが許せないのは欧米列強がいつまで
戦艦を造っていたかも知らずに日本を遅れた大艦巨砲主義と嘲笑している外人
そーいう輩は日本の航空母艦集中運用に事実を知らないか無視している。

そしてもう1つが現在の知識を以て欧米の目線で語りたがるニダ人。
472778 | 名無しさん | (2018年07月01日 16:31)
また鉄鋼技術どころか木工技術も持ってなかった鮮人が捏造しようとしてる。
やはり卑劣な鮮人は根絶やしにするしかないようだ。
472779 | 名無しさん | (2018年07月01日 16:48)
あんなもの亀甲船のが強いニダ!とか言い出して欲しいw 再現不能のロストテクノロジーは同じだけどw

個人的には大和級はビグ・ザムが重なる。
472780 | 名無しさん | (2018年07月01日 16:52)
46サンチ砲って響きにもうロマンしかない
472781 | 名無しさん | (2018年07月01日 16:57)
>472776
むしろ海外の連中は日本の戦後アホ知識人が吹聴しまくった「大艦巨砲主義」を真に受けた層じゃないだろうか?
コイツらが吹聴して回った、敵上陸時に備えた竹槍訓練を「竹槍でB29を落とそうとしてた」とか「特攻隊は薬漬けにされて洗脳されていた」だのをオウム返しに言うバカが日本のみならず海外にもいる事からしてそう思われる
472784 | 名無しさん | (2018年07月01日 17:59)
大鑑巨砲主義に固執したというよりも軍という巨大な官僚組織が
変化に対する柔軟な対応には適さなかったからではなかろうか?
これは現代日本にも通じる「病気」だと父親が軍の技術将校だった
あるアニメ制作者も言ってたくらい。
472785 | 名無しさん | (2018年07月01日 18:26)
終始活用されなかった悲劇の艦だな
472800 | 名無しさん | (2018年07月01日 18:50)
>>472742 燃料施設にダメージを与えず、最初から、ハワイに乗り付けて、
航空支援を使って、残りの帰宅組を破綻し、南米から、燃料引っ張ってくる事が可能

ではなぜ「やらなかったのか?」という問題が出てくる。
当時の日本軍の戦略は、重要拠点を占拠ないし破壊して敵の出撃機会を奪い、南方を
抑えて資源を確保する。太平洋アジア方面の国を独立もしくは保護国、傀儡にして
欧米の植民地からの解放を目指す。しかも国力が違いすぎるからこれらを短期間で済ま
せて講和に持ち込むしか勝ち目がなかった。

恐らく、こんなに大規模で長期間の戦争に発展すると当時の日本政府や軍部は考えて
いなかったというのは正しい。国民までもがそう考えていなかったと考えられる。
だから、最初の攻撃でハワイの燃料設備を無傷のまま占領し、そこを橋頭堡として
パナマを破壊しアメリカ本土に戦力を送って・・・という作戦も取り得た。
単に攻撃だけが目的であれば、ハワイは長期に、永続的に占領する必要はなくて、パナ
マや本土の攻撃が終わった段階で放棄しても構わなかったはず。

では「なぜ、やらなかったのか?」
答えはひとつ。「やらなかった」のではなく「出来なかった」と考えられる。

理由はいくつかあるが、一番は戦力と兵站の問題。
仮にハワイを占領したとなると、対米戦用に主力艦隊をハワイに常駐させる事になる。
陸上兵力も数師団は防衛用に配置しなければならない。さらに侵攻用の戦力もとなる
とそれ以上を配備しなければならない。
当時の日本にこれだけの戦力を維持するだけの能力はなかった。兵站を支えきれない。
百歩譲ってハワイへの戦力配置や兵站が確保出来たとしても、今度は南方からどうやっ
て資源を輸送するのか?という問題が出てきてしまう。南方の兵站も支えきれない。
それほど当時の日本の輸送能力は弱かった。

他にも理由はあるが、「やらなかった」のではなく「出来なかった」と考えられる。
472808 | 名無しさん | (2018年07月01日 19:05)
VT信管があればもう少し航空機に対抗出来たろう
しかしVT信管の発想すらなかった日本は完敗だ
472818 | 名無しさん | (2018年07月01日 19:22)
>>472808
日本とドイツもVT信管(近接信管)の開発はしていたんだよ。終戦までに開発が
完了しなかっただけでね。
なお、終戦まで日本はアメリカがVT信管を開発して実用化していた事は知らな
かった模様
472824 | 名無しさん | (2018年07月01日 19:38)
主砲の重さだけで駆逐艦と匹敵って時点でやべーわ
472844 | 名無しさん | (2018年07月01日 20:21)
大英帝国に航空機の強さを見せつけぼっこぼこにして、戦艦の終わりを見せつけたのに体育会気質の軍はそんなんより戦艦を推し進めた結果
472846 | 名無しさん | (2018年07月01日 20:28)
↑その通りだな。
リアルタイムではその真理が見え難いのかもね-。
472856 | 名無しさん | (2018年07月01日 20:58)
>>472844
大戦中の日米の艦船建造数を見ると
アメリカ海軍が戦艦10隻:正規空母18隻
大日本帝国海軍が戦艦2隻:正規空母6隻

アメリカ海軍が建造した正規空母は戦艦の2倍に届かない。
大日本帝国海軍は戦艦の3倍の空母を建造している計算になる。
戦艦建造を推し進めた訳ではないよ?
472857 | 名無しさん | (2018年07月01日 20:59)
相変わらず日本だけが大艦巨砲に拘り続けたと思ってる人間が多いんだな。
日本が武蔵で戦艦の建造を打ち止めにした後も米英は戦艦を造り続けたんだが。イギリスのバンガードなんか戦後の就役だぞ。
472858 | 名無しさん | (2018年07月01日 21:02)
男たちの大和は最低だったわ。
役者はただ眉間にしわ寄せてわめいてるだけだし。
対空砲はロケット花火だし。
472859 | 名無しさん | (2018年07月01日 21:02)
VT信管は今では言われていたほど効果はなかったと判明してる
砲弾の性能よりも、効果的な迎撃システムの構築によることが大きい
472863 | 名無しさん | (2018年07月01日 21:55)
WW2の日本の兵器ってロマンがあるから。
直接対決したアメリカのミリオタは零、大和、武蔵とか逸話の多い兵器は大好物だもんな。
472864 | 名無しさん | (2018年07月01日 21:56)
>>472666
護衛空母ガンビアベイの事だろ。
大和の撃った弾で撃沈という話だが、実際にはどの艦の弾かハッキリしていないらしい。
472869 | 名無しさん | (2018年07月01日 22:13)
>>472858
日本映画はマーケットが小さいから映画製作に予算をあまりかけられないんだよ。
予算かけても回収出来ないから。
映画の規模の割には予算が少ないから、スペクタクル満載の映画は日本は不得意。
エフェクトとかもショボくなっちゃうんだよ。仕方ないね。
その代わり、役者に予算を大きく割ける(とはいえ、映画としての規模で考える
なら低予算なんだけど)文芸作品は日本のお得意だから。面白いかどうかは別だ
けどね
472880 | 名無しさん | (2018年07月01日 23:13)
>472869
そりゃ言い訳だろ
かつての香港や南朝鮮なんて日本以下の予算しか無いのに日本以上のアクション映画作ってるじゃん
日本の制作陣が無能なだけ
472883 | 名無しさん | (2018年07月01日 23:28)
>>472880
物価考えてくれよ。香港とか南朝鮮とかどこと比較してんだよw
472884 | 名無しさん | (2018年07月01日 23:38)
>>472859
VT信管の効果は絶大だぞ?今でもその応用技術がミサイルに使われてるぐらいだ
VT信管の効果が無かった云々は、初期の頃は生産が追い付いてなかった事と、
レーダーの発達による管制の向上や航空機の性能向上で、敵が接近してくる前にほ
とんどが撃墜されていたのであまり出番が無かった事が誤解されて伝わってるだけ
472885 | 名無しさん | (2018年07月01日 23:48)
戦艦は戦争をせずに済ますための抑止力だったの。
米英日で核軍縮ならぬ大艦巨砲軍縮やってたくらい。
核と同じく平時に保有し外敵を威圧することに最も効果があった。
実際に戦争がはじまると、技術革新で戦艦は同等の戦艦を使わなくても始末できることが判って、戦艦は抑止力でも戦場の花形でもなくなったの。
尤も、日本はミッドウェーで大敗し敵戦艦を打倒できる航空戦力を喪失してしまったので
戦艦もすり減るまで使い潰されることになったのだけど。
472891 | 名無しさん | (2018年07月02日 00:18)
向島の映画のセット見に行ったけど、部分的な再現という事もあって
そんなに大きく感じなかった。完全版見てみたいなあ
472893 | 名無しさん | (2018年07月02日 00:39)
まあ技術者がいくらいいものを作ったって
上の者の使い方が悪いからな日本は
日本がダメな国なのは今の日本を見れば実感できる
472898 | 名無しさん | (2018年07月02日 02:06)
>472883
実際日本の映画なんてそこいらと比べるべくもないじゃん
文芸作品なら日本は強いって言うけど具体的に何?
武芸作品でも欧米に太刀打ち出来てないじゃん
472899 | 名無しさん | (2018年07月02日 02:07)
大和級の主砲射撃は交互斉発。
一つの砲塔で3門の斉射は行わない。
左砲と右砲を撃ったらその後に中砲を撃つ。
6発と3発を交互に撃つから射撃速度は事実上2倍。
敵に打撃(命中)を与える交戦距離は3万メートル以内。
自弾防御なので砲弾の殴り合いで大和級に勝てる戦艦は存在しない。
過剰防御だったので信濃以降は装甲厚を少し減らす予定だった。
472901 | 名無しさん | (2018年07月02日 02:09)
>472893
日本て国は武士の国だったんだよ
その他は百姓でろくな思考が出来ないゴミみたいなものだった
昭和や戦後日本はそんな百姓が力を手にし、政治や軍事に出張ってきたせいで駄目になったんだろうね
472902 | 名無しさん | (2018年07月02日 02:10)
いまの空ぼ・・・護衛艦が大和より大きいらしいから長さ的にみるだけなら
固定翼機母でもみると想像ができるかも。
472907 | 名無しさん | (2018年07月02日 02:26)
>>472898
文芸作品なら強い、じゃない。得意なんだよ。そして得意ってのは別に楽しいとか
優れているって意味じゃない。そういう物しか作れなくなってるって意味だよ。
472909 | 名無しさん | (2018年07月02日 02:29)
>>472893
そんなダメな国でも着実にステップアップしてる若い連中も居る訳でね。
そういう若い連中にそんな事言ったら「大変ですね」って返されて終わりだよ。
472915 | 名無しさん | (2018年07月02日 02:37)
>>472902
いずも型と比べても全長で20m、排水量なら3倍近くまだ大和の方が大きいよ
それでも大和て搭載砲や装甲からすればずいぶんコンパクトにまとめた設計なんだけどね
472919 | 名無しさん | (2018年07月02日 03:10)
>472907
文芸作品なめてんの?
それこそ国民の教養や文化レベルがある程度ないと作れない、売れないジャンルだよ?
日本が得意なのは大衆向け娯楽作品でしょ
472924 | 名無しさん | (2018年07月02日 03:41)
日本が大鑑巨砲主義だったら航空母艦21隻も保有してませんて
零戦が装甲薄くしたのも洋上運用のために航続距離長くするためだし
実際当時どの国の戦闘機より後続飛行距離が長くて洋上運用に適していた
ドーバー海峡で精一杯の欧米戦闘機とは比べ物になりませんよ
472925 | 名無しさん | (2018年07月02日 03:42)
>>472679
組織という物は洋の東西を問わず概ね6割以上の凡庸が居て守株する。中島知久平が大正時代から、山本五十六が昭和恐慌から航空優勢と軍人件費削減を見抜き大鑑巨砲を否定したが・・・現実はこう。開戦時に劣勢だったにも拘らずに勝ててしまう米英に、そういった部分に於いてまだ日本は凌げていない気がする
472928 | 名無しさん | (2018年07月02日 03:52)
>>472919
文芸作品で近年国内で大ヒットした作品なんてないだろう?
活字離れ文学離れと呼ばれて久しいのに。文芸映画で大衆は沸かないよ。
前にも書いたが得意の意味が違ってんだよ。いい加減に理解してくれよ。

ってかさ、ここWW2の大和関連のスレだぞ?いつまで無関係な話で食い下がってんだ?
472930 | 名無しさん | (2018年07月02日 04:17)
いや空母打撃戦術最強説を世界に知らしめたのが日本なんだが
472935 | 名無しさん | (2018年07月02日 06:19)
全ては「石油」だよ。
「太平洋戦争」は「石油戦争」だ。

日本に石油が有ったなら「大和」なんて計画されなかっただろう。

日本は、石油が無かったがゆえに…。
アメリカは、石油が有ったがゆえに…。
472940 | 名無しさん | (2018年07月02日 07:53)
別に日本が戦艦に依存していたわけでは無い。武蔵以降の建造艦はほぼ全て航空母艦だし。戦艦が主力だとは思ってはいない。ただ戦艦を艦隊の主力として使わず,空母の護衛に使うのに抵抗があっただけ。速力は大和型でも問題ない。
472946 | 名無しさん | (2018年07月02日 08:28)
>>472924
>零戦の装甲を薄く

その時点でお前の無知発覚してるぞw
飛行機の外板は装甲板では無い
472948 | 名無しさん | (2018年07月02日 08:34)
白人ども、船に野郎の名前付けんなよな。ビスマルクとかロナルド・レーガンとか。
472954 | 名無しさん | (2018年07月02日 09:28)
航空機の時代って言っても攻撃機乗りは熟練兵ですら3回出撃したら生き残らないって程度の生存率。
画期的で効果的だったけど特攻しなくても1戦で部隊壊滅するような戦術だったんだけどね。
ミッドウェーの時点で予備兵力には空母に降りられるようになった程度の新兵を教官連中が率いて総動員する状況だったんだし空母にどれだけ力入れてもパイロットの補充がままならんのよ。
戦艦が使い難かったのは部隊編成の都合だし直ぐにとは言わんが再編成してるよ。
初期は大和と武蔵が交代で総旗艦してたんだからホイホイと戦場に出られるわけ無いでしょ。
472959 | 名無しさん | (2018年07月02日 09:56)
すべては漸減邀撃のために整備した艦隊を博打好きの山本が真珠湾攻撃したことから歯車が狂った
当時の米軍も対日戦略は主力艦による艦隊決戦を志向していたのに真珠湾の結果残存した空母を主軸にせざるを得なくなった
当時の図上演習では米軍を迎え撃っても勝ち目はない判定だったが開戦時の空母戦力と基地航空隊戦力なら分のいい勝負になったかも知れない
最終的には同じ結果だとしても重雷装化したために対空的には丸裸に等しい重巡以下の艦艇があんな哀れな最期を迎えずに済んだだろう
472965 | 名無しさん | (2018年07月02日 10:30)
VT信管があればもう少しは・・・
472974 | 名無しさん | (2018年07月02日 11:12)
>>472959
基地航空隊は米空母相手に勝ったことないぞ。
ついでに、日本は米艦隊の動向を掴めて無かったので戦力を集中して迎え撃つことは出来ないんだ。
マリアナでもレイテでも連合艦隊が来たのは上陸された後だった。
472982 | 名無しさん | (2018年07月02日 12:28)
>>472974
書き方が悪かったですね
あくまで真珠湾攻撃をせず米軍がオレンジプランを実行すると仮定した話です
開戦前は日米ともに日本海海戦やジェットランド沖海戦のような戦闘が起きる世想定していましたから
航空優勢が確定してしまった真珠湾後では無理な話です
472993 | 名無しさん | (2018年07月02日 14:07)
日本「ようやく大和完成したぞ!」

アメリカ「そうだ。対空砲が届かない距離から爆撃すればいいんじゃね?
     超巨大爆撃機を作ろう。あ、5年以内にね」

日本が大和を作るのに数年掛かったけど、アメリカはB-29を大量生産できたからな
どう考えても人口や技術も足りなかった
472999 | 名無しさん | (2018年07月02日 15:32)
それでもアメリカの艦載機も相当数落とされたみたいだけどね。沖縄戦も八九式重擲弾筒がかなり恐れられた。機関銃より軽く小さいのに手りゅう弾の3倍の破壊力があり、射程は優に500メートルを超える。つまり機関銃の有効射程の外から飛んで来るし、上部の薄いシャーマン戦車なら当たれば破壊できる。実際参加したシャーマン戦車は過半数以上破壊されてる。B29も3割ほどは撃墜されてる。終盤は一方的だったと教育されたがドイツ戦もそうだが連合軍は相当やられてるよ。それが戦争だ。
473000 | 名無しさん | (2018年07月02日 15:44)
特攻までしてやっと損害を与えていたわけで日本側は何倍も何十倍も死んでるし、ドイツなんぞ見捨ててさっさと講和すればよかったものを。
473002 | 名無しさん | (2018年07月02日 16:03)
「驚異の性能」って
あの時代には珍しいおにぎり製造機のことかと……

>軍艦が役割を終えてたのに、日本人はまだ廃れた軍艦戦を有効だと考えてたから。
おっと、戦後も戦艦を建造していたイギリスの(以下ry)
473004 | 名無しさん | (2018年07月02日 16:14)
>>472739
>一緒にナチスの討伐いきませんか?のお誘いがくる
それはない。
ルーズヴェルトやチャーチルはガチで日本人を絶滅させるつもりでいた。
だからアメリカの対日戦略は1920年代に作ったオレンジ計画に忠実に沿い、
ナチスのポーランド侵攻前から日本の家屋を効率的に空襲で焼き払う実験を重ねていた。
ソ連や蒋介石の対日プロパガンダもあったけど、それが始まる前から
今では想像できないくらい人種差別が酷かったし、
ソ連は日米を戦わせて国力を削いで両国で共産主義革命を起こす予定だった。
473079 | 名無しさん | (2018年07月02日 19:33)
>472800
>「やらなかった」のではなく「出来なかった」と

「やりたくなかった」だろ
473083 | 名無しさん | (2018年07月02日 19:42)
>>472946
横だが、それは多分、コクピット周りの防弾板の事だと思われる。
防弾板を削った=防御を薄くした、みたいな勘違いが元になってるんじゃないか?と
473085 | 名無しさん | (2018年07月02日 19:44)
>>472999
タ弾でもないとムリ
そして命中精度もよくはない
確か150mまでは百発百中だったらしがな
単体の戦果ではなく 榴弾で歩戦分離→肉薄攻撃
473088 | 名無しさん | (2018年07月02日 19:47)
>>473079
>「やりたくなかった」だろ

当時の日本軍部の思考であれば、「やれるならやった」と思うぞ?
473176 | 名無しの江戸っ子 | (2018年07月03日 01:00)
ってホテルじゃないです!
473202 | 名無しさん | (2018年07月03日 05:55)
200年後を楽しみに。
473292 | 名無しさん | (2018年07月03日 09:49)
アメリカには負けたけどイギリスには負けてない
473368 | 名無しさん | (2018年07月03日 13:52)
アスピリンは第一次大戦かなんかでアメリカがドイツから強奪したのは知ってたがビスマルクまでとは知らんかっとたわ。
473386 | 宇宙戦艦ヤマト | (2018年07月03日 16:44)
現代版で作ればいい
CWISを10基配備
トマホーク、アスロック
155mm砲3基
装甲版は現代で一番固い金属で50cm
蒸気タービン8基で、最大速度40ノット
473462 | 名無しさん | (2018年07月03日 21:34)
ハルノートに挑発されずのらりくらりと開戦を延期して
その間アメリカと交えずに南下作戦していたら国力そこそこ蓄えられて
惨敗にはならなかったかも・・ま、当時の開戦主張世論から
逃れられなかったろうけど。
開戦前の日本艦隊の戦力ならアメリカとてそうそうは突っかけられ
なかったと思う、逆にいえばアメリカ以外では無敵だったのに。
473469 | めし屋 | (2018年07月03日 22:56)
大和を、つくったのが朝鮮人技術者かどうかは知らないけど、1910〜1945年の間は半島には国は存在してない。でも植民地下において地域を表す呼称として朝鮮という呼び方はしていたよ。
だから1930年代の半島人をして朝鮮人と呼ぶのは間違いではない。
>472674 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:04)
>大和を作ったのは強制連行された朝鮮人技術者なのは常識。

間違って習ったな。正しくは「韓国人技術者」だろ?
大和の頃はまだ朝鮮なんて国、存在してなかっただろがよ。ソウルに行って正しい韓国史を学び直せ。
2018/07/0109:25
473470 | おいおい2 | (2018年07月03日 22:59)
1910.〜1945までの間は朝鮮は地域呼称としては使われていた。
>472674 | 名無しさん | (2018年07月01日 09:04)
>大和を作ったのは強制連行された朝鮮人技術者なのは常識。

間違って習ったな。正しくは「韓国人技術者」だろ?
大和の頃はまだ朝鮮なんて国、存在してなかっただろがよ。ソウルに行って正しい韓国史を学び直せ。
2018/07/0109:25
473506 | 名無しさん | (2018年07月04日 00:19)
菊水作戦の一環で、大和は囮に使われたんだよ
大和が敵艦載機を引き付けて、その隙に特別攻撃隊が沖縄に向かった
沖縄のみの菊水作戦で上げた戦果を調べて見ればわかる
米軍の損害は酷いものだったし、本土上陸を躊躇うほどだった
兵站線も流石に伸びきり、フィリピンは山下大将が終戦まで粘り
アメリカも国内経済が流石に傾いてた
ま、必死の抵抗が原爆二発を誘発してしまったのが残念だったけどね
473573 | 名無しさん | (2018年07月04日 02:31)
>472940

プライドの問題より、大和型などとんでもない油喰虫、機動部隊について行きたいと言っても、付いてくんなと拒否されたよ。で、結局トラックでヤマトホテルとなったわけだね。
そういうことでは、まさしく大蔵省「昭和の三馬鹿査定」の一つに認定されても仕方ない。※アルキメデスの大戦おもしろいよ
473680 | 名無しさん | (2018年07月04日 15:23)
巨大戦艦ってだけでロマンを感じる。
473816 | 名無しさん | (2018年07月04日 23:25)
>>472674
大和は亀甲船じゃないんだが
473903 | 名無しさん | (2018年07月05日 02:32)
長門のほうがシュッとして格好良い
大和はデブいしバルバスバウは個人的に嫌いだし
473978 | 名無しさん | (2018年07月05日 10:20)
トリビア:ポール・ニューマンは飛行兵として大和と戦ったことがある
474347 | 名無しさん | (2018年07月06日 19:37)
実際には主砲は撃ちたくてもなかなか撃てなかったらしい
主砲を撃つ時の衝撃波が半端ないので
撃つ時は乗組員は総員退避しなければいけなかったし
大和自身のダメージも結構大きかったみたい
474980 | 名無しさん | (2018年07月08日 00:07)
海外の軍艦ってのは国内の軍艦に比べて資料がぐっと少なくなるから
間違った認識になりがち。これは日本における海外軍艦もそう。
とくに大和みたいな有名ドコは国内ですら間違った知識が横行してるんだから
海外じゃあ正確な知識は難しい。
478042 | 名無しさん | (2018年07月15日 15:56)
大和は舵を切ってから船体が反応するまでが非常に遅い
しかし一旦反応し出すとものすごい勢いで旋回し出す
そんな船だったようである
482002 | 名無しさん | (2018年07月25日 20:59)
大和の徹甲弾は所轄対戦艦用(自分と同等の装甲を持つとの前提)だから、空母なんか殆ど装甲の無い艦に仮に命中したとしても丸い穴が開くだけだ。
当時の戦艦群の主砲弾(火薬)には色が入れられてて、水柱のその色でどの艦の主砲弾かが解る様になってたらしい。
だから命中した場合水柱は上がらないだろうから、どの艦の主砲弾が当たったかは判別が難しかったのだろう。
大和ミュージアムで10分の1スケールのモデルを見てるだけでも飽きないのに実物大模型が有ったらさぞや。
ビスマルク、プリンスオブウェールズ、
アイオワ級、大和型、
実物大博物館があったとしたらどれが1番人気になるだろうか?
実物大(厚)各艦の装甲模型とか。
実物大各艦の主砲塔とか。
男の浪漫。
483536 | 名無しさん | (2018年07月30日 09:34)
あの娘の事は、もうそっとしてあげて…;_;
495668 | 名無しさん | (2018年09月02日 14:02)
俺の嫁の爺ちゃんが呉で大和の砲身作ってたらしい。
福島の鋳物職人だったんだよね。
完全に秘匿されてて家に手紙すら送れなくて、
その所為でずっと連絡がなかった婆ちゃんは
爺ちゃんは戦地に行かされて死んだと思ってたらしいww
呉にいた他の人もそんな感じの職人さんばっかりだったとか。
大和は当時の日本の職人魂の結晶でもある訳だ。
名前 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dng65.com/tb.php/5382-7362e68c