海外「米国恥ずかしい!」日本の技術が米国の総力を圧倒した逸話に海外が感動

cvcc.jpg


ホンダが1972年に開発した低公害エンジン「CVCC」にまつわる逸話が話題になっていました。

当時米国で新たに設けられた排ガス規制を世界で初めてクリアしたホンダに対して、ジェネラルモーターズのCEOが「玩具のバイクエンジンには使えても、GMのエンジンには意味がない」と主張、それに対して本田総一朗はGMのエンジンを改良し、排ガス試験に見事通過させてみせたそうです。

そんなホンダらしい逸話に、海外からは多くの絶賛の声が寄せられていました。



CVCC(シーブイシーシー、Compound Vortex Controlled Combustion)とは、1972年に発表した本田技研工業の低公害エンジンである。複合渦流調整燃焼方式の略称。

当時世界一厳しく、パスすることは不可能とまで言われた米国のマスキー法という排気ガス規制法(1970年12月発効)の規制値を、最初にクリアしたエンジンである。その功績により「CIVIC CVCC」はSAE(米国自動車技術者協会)の月刊機関誌(AUTOMOTIVE ENGINEERING)上で20世紀優秀技術車(Best Engineered Car)の1970年代優秀技術車に選ばれた。

外部リンク




フォードやクライスラーがライセンス契約を結ぶほどの出来事だったが、GMのCEOリチャード・ガーステンバーグはホンダの技術をこき下ろした。
「設計に目を通してみた。小さな玩具のバイクエンジンには効果があっても、我々のGM車のエンジンに対して可能性があるとは思えない」

この発言はすぐに本田総一朗の耳にも入った。本田は大きな5.7L V8エンジンを搭載した1973年式シボレーインパラを日本に持ち込み、エンジニアたちにV8用のCVCCを設計するよう伝えた。そして、CVCC化したエンジンを米国に送り返し、EPAの試験を受けさせた。

触媒フィルターを使わずにV8エンジンが新基準の試験に合格した。

外部リンク








以下、反応コメント




海外の名無しさん

典型的なアメリカ人の戯言だな。


海外の名無しさん

これ覚えてるよ。
アメリカの自動車メーカーはめっちゃ恥を欠かされてた。
新しい排ガス規制に適応するなんて不可能だって言ってたから。


海外の名無しさん

こういう純粋な技術力で否定的な人間を圧倒する話は大好き。
宣伝もしなければ、ロビー活動もしない。
うちなら出来るってだけ。


海外の名無しさん

80年代後半にアメリカにVTEC CRXが無かったのが残念だよ。
米国メーカーのどの車も圧倒してただろうに。
直線コースですら。


海外の名無しさん

父親がいつも言ってるよ。
排ガス規制が掛けられたら、日本人とドイツ人は通過させるためにエンジニアを雇うのに、アメリカの会社は弁護士を雇って乗り越えるって。


海外の名無しさん

↑それは、もともと本田総一朗の言葉だよ。
”議会が排ガスに新基準を設けると、我々は50人のエンジニアを雇うが、GMは50人の弁護士を追加する”
君の父親がどこからドイツ人を引っ張ってきたのは知らないけど。


海外の名無しさん

↑今のドイツ人はそうでもないけどね。


海外の名無しさん

↑まあ、ドイツ人エンジニアも排ガス試験を通過させる方法を考えついてたよ。
完全に違法だっただけで。


海外の名無しさん

大人たちが日本者のことを"Jap Crap”って呼んでたのを覚えてる。
そしたら5年後にはベガやピントみたいなのが消えて、近所には状態の良い壊れる様子のないトヨタ車が残ってた。
決してライバルを侮ってはいけない。


海外の名無しさん

↑1973年製のマーチ1マスタングに乗ってた老人が、10kマイルを超えたって自慢してたのを覚えてる。
15kを超えた頃にはガタが出だしてるのに怒ってもなかった。
母親は90年代までホンダ・シビックに乗ってて、150kマイルでも問題なかったらしい。
アメリカの信頼性は本当に遅れてる。でも見た目がめっちゃカコイイんだよ。


海外の名無しさん

↑当時のトヨタとホンダはアホみたいに錆びやすかったよ。
どの車もひどかったって。


海外の名無しさん

↑まあ、当時の日本人は高品質なスチールが手に入らかなったんだろうね。
アメリカ人は手に入ったし、アメリカ人は道路に塩を撒くのが大好きだから。


海外の名無しさん

↑錆防止の重要性に気づいたのも日本人のほうが早かったけどね。


海外の名無しさん

ホンダのエンジン設計を何より物語ってるのは。
最初の自動車を開発したのが1963年で、F1で頂点に立ったのが1964年だってことだよ。


海外の名無しさん

常に何かを思いつくエンジニアをCEOにしてたホンダが好き。
そうそう見られるものじゃないし、何が重要なのかを示してる。


海外の名無しさん

↑NSXにゴーサインを出して、2009〜2012年の不調を救った伊東孝紳は本当にクールだと思う。


海外の名無しさん

↑レーシング部門の無限は、父親よりも速いクルマを作ってやるって自分で会社を立ち上げて、本当にやり遂げたんだよね。


海外の名無しさん

↑確かエンジニアの多くがCEOよりも給料が良いんだよね。


海外の名無しさん

↑ホンダのエンジニアだから、そりゃ嘘だろうって言おうとしたけど。
調べたら俺の給料はCEOより良かったわ。
それってちょっと凄いことだね。


関連記事
最新ニュース

↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2018/06/24 01:40 ] 政治・経済 | TB(-) | CM(-)
厳選ニュース
特選ニュース