海外「大好きだった!」日本で進化した西洋文学に海外も夢中

annpopularanime.jpg


日本で「赤毛のアン」が大人気だということが話題になっていました。

カナダの作家モンゴメリによって書かれた小説「赤毛のアン」は、日本のアニメがきっかけで世界中に広まり、現在でも日本で最も愛される作品になっています。

海外でも日本のアニメを見て育ったという人が少なくなく、記事には多くのコメントが寄せられていました。



・北海道にはグリーンゲーブルズ(家)のレプリカがある。

・戦後すぐにカナダ人宣教師が村岡花子に本を渡してから、今日に至るまでストーリーを元にしたアニメ、漫画、映画作品が作られ続けている。

・赤毛のアンは、輸入された西洋文化ではなく、日本のアーティストの手によって日本文化そのものになった。

・プリンスエドワード島には年間3、500人の日本人が巡礼に訪れる。

・Netflixのシリーズが公開されることで、さらに増えることが期待される。

BBC










以下、反応コメント




海外の名無しさん

彼女はカナダの国宝だよ。


海外の名無しさん

子供の時に見てたお気に入りのアニメだよ。


海外の名無しさん

1978年のアニメがきっかけで人気になったんだよ。
たぶん一番小説に忠実な作品かも。
素晴らしい50話のシリーズだよ。


海外の名無しさん

↑ぜんぜん聞いたことなかった。
1話見てみたけど、すごく面白くでよく出来てるね。
日本ですごく人気があるのも当然だよ。


海外の名無しさん

↑イタリアで小さい時に見てた一番好きなアニメだよ。


海外の名無しさん

↑フィリピンでは90年代に放送してた。


海外の名無しさん

↑すごく本に近いよ。
本はすべて呼んだけど、アニメには本当にハマった。


海外の名無しさん

アニメ版がすごく好きだった。
キャラクターがすごく魅力的で、辛抱強くて、ユーモラスで。
一度アニメ版を見たら、アンみたいな子供や友人が欲しくなると思うよ。


海外の名無しさん

30年位前に見たアニメが好きだった。
日本のアニメのおかげで人気を得たアメリカの文学もいくつかある。
アニメ版のシャーロック・ホームズのほうが好きだけどね。
アニメには犬が登場したけど、アメリカでは居ないんだよ。


海外の名無しさん

日本語版の赤毛のアンの本を数冊持ってるよ。


海外の名無しさん

これはクールすぎる。
絶対にここに行ってみる。


海外の名無しさん

日本に行っても家が見られるよ!


海外の名無しさん

日本に引っ越したほうが良さそう。


海外の名無しさん

日本には赤毛のアンのテーマパークの廃墟もあるんだよ。


海外の名無しさん

北海道で生まれ育って、親戚が赤毛のアンのテーマパーク跡の近くに住んでる。
なんで内地の人たちが赤毛のアンに夢中なのかすごく不思議だった。
私は本を読んでアニメも見てたけどね。
赤毛のアンが大好きな親友でさえ、テーマパークに行こうとは思わなかったみたい。


海外の名無しさん

カナダでは長く続かなかったけどね。


海外の名無しさん

↑ホッケーが関係してないからねw


海外の名無しさん

↑カナダの市場はアンだらけだけどね。
トロントやナイアガラの滝で人形やグッズをいっぱい見たよ。
舞台はプリンスエドワード島だけど、本土カナダ人が行ったことあるとは思えない。


海外の名無しさん

赤毛は美人ばかりだから、日本人は好きなんでしょ。


海外の名無しさん

日本に住んでる赤毛で、ミドルネームがアンだから分かるわぁ。



関連記事
関連記事


↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2017/05/09 08:10 ] アニメ | TB(0) | CM(129)
厳選ニュース
特選ニュース
コメントエリア

315097 | 名無しさん | (2017年05月09日 08:23)
アニメ化に当たって、キャラクターの性格を日本人化したのがヒットした要因かと
原作だと欧米らしくかなりドギツイ性格のキャラが多いし
315100 | 名無しさん | (2017年05月09日 08:31)
そうね。原作だと「マリラはアンの頬にキスをした」とかあって違和感バリバリだったからw
ハイジにしてもキリスト教臭をとことん薄めたのが勝因だし
315109 | 名無しさん | (2017年05月09日 08:49)
アニメ観てたけどアンの声が大嫌いで子供ながらもイラついた記憶がw
315110 | 名無しさん | (2017年05月09日 08:51)
>>315097
日本人化というより子供向けにしたことによってフラットになったため
色々な国に受け入れられた
315112 | 名無しさん | (2017年05月09日 08:57)
カルピス名作劇場の作品群は、アニメ放映以前から世界少年少女文学全集などで
日本では有名な物語ばっかりで、夏休みの課題図書などにもよくなっていたから
世界的には昔からもっと親しまれていたと思っていた。
315113 | 名無しさん | (2017年05月09日 08:58)
カナダだったのか
315116 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:06)
原題が「グリーンゲイブルズのアン」とかパッとしない題名だけど
コンプレックスの赤毛をタイトルに付けたからアニメキャラも引き立って成功したんだと思う。
思うにいくつかの国では「赤毛のアン」の方がアニメのタイトルだったんじゃないの?知らんけど。
315118 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:09)
原作はキリスト教がキツくて、アンの行動に疑問符が付きまくるらしいけどな
傍証として宮崎駿は、ルパン制作でアンから抜けた時に、
アンは嫌いだと言い残している
315120 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:11)
おまえら赤毛のアンをまた読んでみろ。
子供の頃はアン目線で読んでたはずだが、今読み返すと完全にマシューおじさんになって面白いぞ
315123 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:17)
>赤毛は美人ばかりだから、日本人は好きなんでしょ。

何で文学的な楽しさの話題で現実の人種と絡めてくるんだろうね
この人の中ではあくまでも「日本人は赤毛の白人が好きだからアンが人気」ってことにしたいんだろうね
この人は文学に何の興味もない話しても退屈な魅力ない人なんだろうなぁ…
315124 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:18)
アニメから有名になったってのは本当なのか
てっきり有名作品のをアニメ化したと思ってたわ
315127 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:19)
図書館でホモのアン!?
と思って二度見したら赤毛だったことを思い出した
315129 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:23)
※315124
>アニメから有名になったってのは本当なのか

そんな事はないです。
315130 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:24)
「赤毛のアン」に関しては赤毛は美人なんてイメージは関係なさそうに思うけどな。
アニメも容姿のぱっとしない少女に描かれてたし。
(親友の黒髪のダイアナのほうが明らかに可愛い)
少なくともアンを美人キャラだと思ってる人っていないのでは?
この人は小説の内容を知らないのだろうな。
315131 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:24)
家庭教師時代に派遣先の名家で下層階級の小娘と侮られ
教え子たちにも舐められまくる→物置で先祖の手記を発見
海難事故にあって生還したとき生き延びるために致し方なく
死者の肉を…の記述→このこと広められたくありませんよね?と
屋敷の主を脅迫して待遇の改善に成功する

このエピソードを読んだときは、少女文学のヒロインとして
許されるのか?とは思ったな
ミステリ小説だったら確実に闇に葬られている展開だぞ
315133 | 名無し | (2017年05月09日 09:25)
スペースダンディのダンシング星人の回で出てきて覚えてた自分に驚いたわ。
315135 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:29)
子供の頃はハイジやフランダースの犬などとくらべて赤毛のアンはキャラデザが異質であまり馴染めなかったけど海外版の実写ドラマもテレビ放送されたりしてそっちも観たなぁ。
数年前に朝ドラ「花子とアン」の影響でやたら観たくなって(それに関連してBSプレミアムで再放送されてたことを知らず)全巻借りてきて一気観したらめっちゃハマったw
315136 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:29)
>>315127
「赤毛」が「ホモ」に見えるなんてよほど常日頃関心がないと空目しないぞ。

、、、なるほど君はそちらの人だったんだね。
315140 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:31)
宮崎駿がアンが嫌いで切れた話知ってるのかな?
>>315131
別にアン脅して無くね?
手記返したら向こうが勝手に散々虐めてきたから復讐するに違いないって疑心暗鬼になっただけでしょ
315141 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:31)
ビッケやハイジが原作準拠でなくアニメ準拠で映画化されるほどだし、名作劇場シリーズは各原作国でも原作より有名だったりする
315142 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:33)
ことさら赤毛を強調すると差別だとか言い出すぞ。
315143 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:34)
アンシリーズを通してみると、アンは今で言うカリスマ主婦なんだよね。
子どものころは面白かったけれど、
大人になって読み返すと いろいろ鼻につくところが多すぎる。
315146 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:36)
【315131】
資料突きつけホラホラplayの後に好物のカボチャの甘煮が嫌いになる展開だから人をノロワバ(ロ○ア系の人名ではないw)な件。だから許したげてwww
315148 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:46)
是非「アボンリーへの道」も
315149 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:52)
※315135
「花子とアン」は蓮子さんと吉田鋼太郎にすっかり持ってかれちゃって
これ「赤毛のアン」とかどーでもよくね?って内容だったな。
中園ミホ脚本で唯一面白いドラマだったけど。
315150 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:52)
アニメはエンディング曲が素晴らしかった
カナダで実写映画化されたのは、間違いなくアニメを原案にしてると思う
原作はがっつりと政治の話をしてたりするのが面白かった
315151 | 名無しさん | (2017年05月09日 09:52)
赤毛は美人が多いから日本人はすきなんでしょってのに首をかしげてしまったよ。こういう突拍子もない考えには本当に驚かされるよ
確かに綺麗な人は多いけど、そういうことじゃないんだよ…。
何に興味を持つかはひとそれぞれだけど、表面的情報より物語のテーマをよく考えてほしいな…。カラーも顔立ちもただの記号みたいなものだよ。生まれ持った特徴が違うだけでみんなに魅力とチャンスがある。違いは人と助け合い高め合うためにあると個人的に思う。特に赤毛のアンはそんなこと気にするのは自分で自分の可能性を狭めるだけだって思わせてくれる
他にも登場人物に白人ぽいキャラ多いから白人贔屓とか、黒人少ないから差別!とかどうして彼らはそういう方向にあてはめてしまうんだろう…?
315153 | 名無しさん | (2017年05月09日 10:00)
赤毛って西洋では醜いほうの特徴じゃなかったっけ?
だからアンはコンプレックスにしてたわけだし
315157 | 名無しさん | (2017年05月09日 10:16)
赤毛のアンは子供の頃にアニメで魅せられて以来、ずっと好きな物語だわ。小説のアンシリーズ、DVDBOX、サリヴァン監督の赤毛のアン1作目は絶対に手放せません!!
再び、映画化されるみたいですが今度の作品でもギルバートが不細工で萎えるわ。
315158 | 名無しさん | (2017年05月09日 10:17)
チリチリの東野幸治
315160 | 名無しさん | (2017年05月09日 10:25)
※315153
醜いってことじゃないんだろうけど、俺らにはうかがい知れない偏見があったことは確かだろうね。「にんじん」も赤毛の少年の話だし。
315161 | 名無しさん | (2017年05月09日 10:27)
世界名作劇場とか日本昔話とか今考えるとすげえよなあ
子供のころはあまり面白いと思わなかったけど今思い出すと贅沢なもんだ
315162 | 名無しさん | (2017年05月09日 10:28)
>315112
まぁどうでもいい事なんだけど、
赤毛のアンはカルピス劇場じゃないよ。
この作品から世界名作劇場。
これ以前のフランダースの犬とかがカルピス劇場ね。

失礼しました。
315163 | 名無しさん | (2017年05月09日 10:30)
>315148

うん『アボンリーへの道』良いよね!
315164 | 名無しさん | (2017年05月09日 10:35)
赤毛って美人の金髪ブロンドに対応した素朴系の代名詞でもあるんだよ
子供時代のアンは今なら注意欠陥障害児だろうな
315165 | 名無しさん | (2017年05月09日 10:35)
アニメしか知らんがアンが女のうざったい処を凝縮した様な感じで好きじゃなかったな
315166 | 名無しさん | (2017年05月09日 10:36)
赤毛云々コメ外人さんはジョークだろなあ。赤毛はジンジャーていってからかいの対象だわな。だからアンもコンプなんだわ。
315167 | 名無しさん | (2017年05月09日 10:37)
イタリアの小説版はアニメの影響で原題に無い「赤毛」がタイトルに入ってるんだよね
315168 | 名無しさん | (2017年05月09日 10:38)
>315148
「アボンリーへの道」の方が好きだなぁ
昔NHKでアボンリーのドラマを放映してたけど、
主人公の女の子が可愛くて面白かった
ツンデレ伯母さんとのやりとりも微笑ましかったな
物語の中途半端な所でドラマが終わっちゃった気がするんだよね。それが残念だった
また放映してくれないかな
315169 | 名無しさん | (2017年05月09日 10:40)
お話もキャラもアフレコも嫌いだったなあ。
あの村の景色がきれいで見てたよ。
後、マシューのやさしさと、最初と最後の歌がすきだったな。
315170 | 名無しさん | (2017年05月09日 10:40)
アンの提灯袖?のドレスへの憧れはかわいかった
315171 | 名無しさん | (2017年05月09日 10:43)
>赤毛は美人ばかりだから、日本人は好きなんでしょ。
なんだこのガイジン
アンは赤毛でそばかすだらけで痩せこけてて不美人で癇癪持ちで孤児で空想家で劣等感だらけのとこが魅力的なのに
赤毛って欧米じゃそばかすだらけで肌が青白くて体が貧弱で性的に奔放だと嫌われるって聞いたことあるけど
美人で好かれる髪色って金髪だろうに
赤毛のアンの中にもブロンド美人いたよね
こういう「日本人はなんとかでしょ!」みたいに決めつけてるガイジンむかつく
315174 |     | (2017年05月09日 10:49)
とっととアニメーターの給料あげろや。
315175 | 名無しさん | (2017年05月09日 10:57)
※315171
だから〜上の方でも書いてる人いるけど、そいつは
赤毛への皮肉で言ってんだよ。もともと赤毛は偏見の対象だから。
315178 | 名無しさん | (2017年05月09日 11:00)
ハイジは面白かったがこれとキャンディキャンディが面白いと思ったことないわ
男の子には良さがわからない女の子向けのアニメでしょ
うちの妹はプリンスエドワード島行ったくらい好きだったようだ
315180 | 名無しさん | (2017年05月09日 11:06)
久しぶりに1話見たらぶったまげたわ
今放送してもまったく遜色ない作り
315181 | 名無しさん | (2017年05月09日 11:11)
※315116
イタリアだと小説版でも「赤毛のアン」だぞ。アニメが放送されたあと小説が訳されたから、こっちにせざるを得なかったという事情があるみたいだけど。
315182 | 名無しさん | (2017年05月09日 11:12)
なお、大河は「綿毛の案」w
315183 | ななし | (2017年05月09日 11:13)
日曜の楽しみだったな。
世界名作劇場またして欲しいなー。

315184 | 名無しさん | (2017年05月09日 11:14)
映画赤毛のアンをテレビでやってて見るともなしに見てたんが、
ストレイト・ストーリーという映画に主演した爺さんがマシュー役で出演してたんで
ちゃんと見ようという気になった
爺さん、ストレイト・ストーリーのあとガンの苦痛に耐えかねて銃で自殺したとか
315188 | 名無しさん | (2017年05月09日 11:37)
>>315109
キャプテン翼の岬君の声の人だぞ。
今じゃサヨク活動家の人だが。
315191 | 名無しさん | (2017年05月09日 11:57)
赤毛のアンのどこが美人なんだよ
デコッパチのソバカスだらけの汚らしい顔の糞ブスじゃねーか
315193 | | (2017年05月09日 12:06)
アンは当時の少女達の間で流行っていた、ふくらんだ袖と前髪ぱっつんにあこがれていたんだよね、でもマリラによって却下。名前はAnnじゃなくてAnneってeが最後につく読み方で読んでとかこだわりがあってマリラにあきれられた。でも本当はコーデリアって言う名前だったら良かったのに思ってたの思いだした。
315194 | 名無しさん | (2017年05月09日 12:19)
うちのお袋は学生時代から好きで、一度はプリンスエドワード島に行きたいって言ってるな
315196 | 名無しさん | (2017年05月09日 12:29)
そうさのぅ
315197 | 名無しさん | (2017年05月09日 12:30)
本放送時『ハイジ』や『三千里』で見せたような高畑勲の神改変・神演出を期待して観たらびっくりするくらい原作どおりにやってたので意外だったし、つまらないとも思った。
今作で高畑がとった「全編会話だらけの演出」には根っからの動かし屋だった宮﨑駿も欲求不満に陥って、『ルパン』演出の話がきたのを幸い、レイアウトを降りてしまった。
しかし今見返すと、当時の高畑の判断が正しかったのがよくわかる。
315198 | 名無しさん | (2017年05月09日 12:38)
赤毛のアンはある種の催眠効果をもっていて、はまる人はバカみたいにはまる。ある日、その催眠が解けると、それにはまっていた日々が二度と思い出したくない黒歴史になるんだよ。
315199 | 名無しさん | (2017年05月09日 12:43)
愛の若草物語も好きだったな
315200 | 名無しさん | (2017年05月09日 12:44)
ミーガン・フォローズ版の方が良さそうだな
新作の子は巻き舌がきつくて耳障りだよ
315201 | 名無しさん | (2017年05月09日 12:46)
そばかすなんて気にしないわ
315202 | 名無しさん | (2017年05月09日 12:48)
逆に「アン」は大っ嫌いっていう女の人も結構いるんだよね。
315203 | 名無しさん | (2017年05月09日 12:52)
花子は戦前に原作もらって、戦争はじまったから外国人女教師は帰国しちゃった
宮崎駿がアンを嫌って高畑に全部おしつけたら、高畑もよくわかんなくてとにかく原作に忠実に作った作品
好き嫌いが見事にわかれるよなこれ
315205 | 名無しさん | (2017年05月09日 13:02)
昔はアンの目線で読んだけど娘が出来た今読んだらマリラ目線になるのかな
315206 | 名無し | (2017年05月09日 13:27)
私もアンは好きになれないな
315207 | 名無しさん | (2017年05月09日 13:29)
そうさのう
315208 | 名無しさん | (2017年05月09日 13:32)
翻訳小説の「輝く湖水」はアニメ版では「きらめきの湖」だった
アンが名付けるのだから、後者の方がニュアンス的にあってると思う
315210 | 名無しさん | (2017年05月09日 13:35)
これだから日本を愛せずにはいられないんだ!

早速全部買い占めてきたよ!
315212 | 名無しさん | (2017年05月09日 13:57)
どっちも名前だけしか知らないから赤毛のアンとアンネの日記がだぶる
315216 | 名無しさん | (2017年05月09日 14:18)
赤毛のアンは、贔屓目なしに、原作より日本アニメの方が面白い。
315217 | 名無しさん | (2017年05月09日 14:19)
>>315169
>お話もキャラもアフレコも嫌いだったなあ。

アフレコとはアフターレコーディングの略で
アニメの場合絵に合わせて声を入れる作業を言うんだが
お前は声優の収録現場を見てきたスタッフなのかよ
315218 | 名無しさん | (2017年05月09日 14:21)
アニメは見たことないし本は小学校で否応なしに読まされた感じで全然覚えとらん
315219 | 名無しさん | (2017年05月09日 14:21)
赤毛のアンの原作は読んだけど、そんなに面白かったか…?
315220 | 名無しさん | (2017年05月09日 14:21)
小さい頃に読んだけど、実際に生まれながらの赤い髪の人を見るまでは大げさだなぁと思ってたw
315222 | 名無しさん | (2017年05月09日 14:32)
ブログ作成者どの
ちょいちょい変換間違いがあるよね
もうちょっと頑張りましょう。
315224 | 名無しさん | (2017年05月09日 14:40)
子どもの頃いじめっ子だっギルバートがすごく優しくなって
恋愛に発展するのがびっくりしたなあ
いざ大人になっても当時のいじめっ子が紳士になるってことはまずないね
嫌な奴は一生そのまま
315226 | 名無しさん | (2017年05月09日 14:49)
本は呼んでも来ません
315227 | 名無しさん | (2017年05月09日 14:51)
アンかあ~なつかしい。何故か袖のふくらんだドレスだったかブラウスだったかを、マシューが買ってくれる回がすごく好きだったなあ。自分が買ってもらったみたいな気分になって憧れ入るよね。
315230 | 名無しさん | (2017年05月09日 15:01)
>315224
ギルバートはいじめっこじゃねーぞ。
気になるアンにちょっとちょっかい出したら、とんでもない長い年月恨まれ続けたってだけ。少なくとも原作だとそう
アニメ版は知らんけどさ
315233 | 名無しさん | (2017年05月09日 15:23)
村岡花子さんの翻訳した小説は軒並み読んだわ
アニメは一度も見なかったけど、小説は面白かったな
塩漬のライムが教室で流行ってたり
間違えてマリラの化粧品入りケーキを焼いてしまったりするシーンが印象に残ってる
どんな味なんだろうって未だに気になっている
315234 | 名無しさん | (2017年05月09日 15:31)
>>315123

欧米人「日本人は白人コンプ。だから移住しても他の国と違ってストレスは無いと思うわ」

まーた生麦事件を起こさせたいのかね白人は
アラブ人と違って大人しいから服従させられると思い込んでやがる
315242 | 名無しさん | (2017年05月09日 15:48)
>>315131

そもそも少女文学じゃないから・・・作者本人も少女文学として書いたわけじゃない  後世さまざまな解釈でテレビ化や映画化され 改変していく中 後々少女文学って位置けられたわけでね また当時の概念を今の概念で思考して論評するのは愚の骨頂。

>>315097
日本がキッカケでなんて書いてあるから鵜呑みにしてそういう判断になるんだろうけどこいうのもの恥ずかしいかぎり
アニメ以前に欧米では何度も映画テレビ化されててね
初映画化は1919年 で日本で原作が出版される以前にすでに2作も3作も映画公開されてるのよ。 日本でのアニメ化以前に 欧米の映画テレビドラマの中ですでに 子供向けにキャラの表現変更は行われてるから。 なんでもかんでも日本がぁ日本がぁは
いづれ高慢に映り 朝鮮人のように嫌われるぞ。
315243 | 名無しさん | (2017年05月09日 15:54)
子孫のひとは小説知らなくて、日本人が巡礼に来るようになってから知ったとか聞いたなあ
315245 | 名無しさん | (2017年05月09日 16:22)
>>315233
塩漬けライムの話はオルコットの若草物語の方じゃない?
アンにも出てきたっけ?
315248 | 名無しさん | (2017年05月09日 16:43)
アニメって世界名作劇場のこと?
だとしたら赤毛のアンはアニメ化より前から日本では人気あったよ
315254 | 名無しさん | (2017年05月09日 17:30)
※315148
「アボンリーへの道」もいいよね。NHK教育でやってたドラマ見てたよ
舞台が同じプリンスエドワード島だし、出てくるキャラが皆生き生きしてて好き
315256 | 名無しさん | (2017年05月09日 17:35)
>315242
逆にあなたは卑屈すぎ
キャラ改変は明らかにアニメ化に当たっての英断だし世界的ヒットは確実にアニメの功績だよ
その卑屈さを美徳だと感じる精神は朝鮮人とは逆向きなだけで同レベルの気色悪い感情だと気付こうね
315259 |  カナダの良心的作品 | (2017年05月09日 17:47)
子供の頃はアンの夢想癖や凝った話の仕方、失敗フラグ立ちまくりのドジ、そういった全てが子供から見ると嘘臭く、絵柄も可愛くなくてアニメは嫌いだった。ペリーヌやトムソーヤ、ブローネの方が好きだった。
じかし、30も半ばを過ぎて小説家を読むと名作だとわかる。どんどんひきこまれて、人生は曲がり角の先が見えないから面白いこと。物事は考え方次第で楽しめること。そう言った理性と知性と愛嬌と想像力の固まりの少女が大好きになってしまう。
作品も大人に成長していくと、無理に書延ばした感が強くなるが、少なくともグリーンゲーブルズのアンは間違いなく名作です。
315263 | 名無しさん | (2017年05月09日 18:39)
赤毛のユーチューバ、レイチェルさんが自己紹介で言ってたけど、赤毛の人は肌が弱くって紫外線にあたると酷い日焼けになったり、そばかすが残ったりするんだと。
毛の色で体質が違ったりするんだと、ちょっとびっくりした。
315264 | 名無しさん | (2017年05月09日 18:41)
昔、北海道芦別町の赤毛のアンの家の再現してた所に旅行に行ったな。
今はもう廃墟になってるのか・・・
315266 | | (2017年05月09日 19:15)
>びっくりするくらい原作どおりにやってたので意外

パヤオ「原作何度よんでもどこが面白いのかサッパリわからん
なので原作どおり作るしか無かった」
言うとるでw
315270 | 名無しさん | (2017年05月09日 19:35)
※315245
本当だ
お恥ずかしい
読んだのが大昔なものだから、色々混ざってしまって食べ物の事だけ覚えてるみたい
教えてくれてありがとう
315281 | 名無しさん | (2017年05月09日 19:54)
日本アニメーション版のアニメは評価するけど、リメイクして欲しい気持ちもある
日アニ製は美術背景とオープニングの背景動画が素晴らしいからリメイクしたら見劣りするかもしれないけど、キャラデザと声優を変えたものを見てみたい
315285 | 名無しさん | (2017年05月09日 19:58)
宮崎駿が好きな女はクラリス、シータ、ラナだから。アンの真逆。
でも魔女宅あたりから女性ファン意識して赤毛のアンっぽいの作るようになった。

高畑はかぐや姫は原作通りに作るべきだった、赤毛のアンみたく。
原作のかぐや姫はアンみたいな高慢さと高貴さがあって魅力的だ。
315291 | 名無しさん | (2017年05月09日 20:22)
これ原作は、ハーレクインというか悪役令嬢ものなんだよ
アンがゲスですごく面白い
(欲望充足型の作品はエンターティメントの基本、年取って刺がとれてから読み返すと背中がザワザワするw)
ヒラリーもこれ読んで反面教師にしてたら、もう少し政策の勉強してただろうにと思わせる作品
315294 | 名無しさん | (2017年05月09日 20:27)
>>315291
補足:マシューおじさんが死ぬまでのアンはいい子です
マシューが死んでからはファザコンこじらせ、意識高い系な自己愛こじらせた子になってる。そこがいい。ギルバートがATMなのもいい。
どんだけマシューに肯定されたのがアンにとってが大きかったか、そこで調子こいたかが見所。
315297 | 名無しさん | (2017年05月09日 20:40)
>宮崎駿はアンを嫌って
だから宮崎駿作品のヒロインは現実味がなくて魅力に欠けるんだな
315299 | 名無しさん | (2017年05月09日 20:44)
エラ張りの安なら知ってる
315300 | 名無しさん | (2017年05月09日 20:50)
パヤオより監督の高畑さんのお陰…
パヤオは高畑さんのへのコンプ半端なかったし演出としての技量も高畑監督の方が上
315305 | 名無しさん | (2017年05月09日 21:05)
おまえら子供の頃
鼻毛のアンて言ってたろ
315329 | 名無しさん | (2017年05月09日 22:07)
他人が書いた新作(前日談)、
原作は読んでないがアニメ化されたの見たら
本編よりも傑作。
ただ繋げると違和感が生じる。
315344 | 名無しさん | (2017年05月09日 23:05)
裸足のゲン
赤毛のアン
遠山のキン
当確のムン
315349 | 名無しさん | (2017年05月09日 23:27)
俺は赤毛のアンよりトムソーヤ派
315351 | ランダム | (2017年05月09日 23:37)
ペリーヌ物語が好きだったわ

弁護士が(ペリーヌパンダボワヌ様と言います)

おじいさんのビルフアンに言うところ
315357 | 名無しさん | (2017年05月09日 23:55)
※315344

wwww
315361 | 名無しさん | (2017年05月10日 00:15)
一昨年だったか、NHKラジオ第1でやってた市原悦子の朗読
で好きになった。
曲がり角
「いま曲がり角にきたのよ。曲がり角をまがった先に何があるのかは、わからないの。でも、きっと一番よいものにちがいないと思うの。」

泣いた
315364 | 名無しさん | (2017年05月10日 00:37)
>>315361
「花子とアン」もそのセリフが物語のカギになってるのです。朝ドラ嵌って見てたな!
>>315149
蓮子さんに持ってかれたというけど、あの方も含めてあの時代の令嬢(高飛車で行動力がある)がでてくるからいいんです!
315370 | 名無しさん | (2017年05月10日 01:14)
パッチワークの作品を見るたびにアンの《想像の余地のない作業》の言葉を思い出す
315412 | 名無しさん | (2017年05月10日 05:35)
小さなバイキングビッケはもっと評価されるべき

向こうで完璧にアニメ準拠で実写化、3D化されててビビる

まあ見れ、つAs Aventuras de Vickie Trailer
315435 | 名無しさん | (2017年05月10日 08:08)
ミーガン・フォローズ版はマシュー役もマリラ役も役者が秀逸だったし映像も良かった。
新作がこれを超えられるとはちょっと思わないな。
315448 | 名無しさん | (2017年05月10日 09:20)
※315435
いい映画だった。
DVD買っちゃったよ、当時。
枯れ草の匂いがしてくるような映画だった。
315463 |        | (2017年05月10日 11:05)
白人って都合が悪い事は無かった事にする癖があるけど、この小説に関してはそれが酷い。
元々「赤毛」って差別対象だったんだよ。赤毛は色素が薄い=劣等種として身体も弱いし、知能も少し足りないって障害持ちに準ずる扱いだった。
モンゴメリーはその迷信を打破するためにこの話を書いたんだよ。
下らない差別から逃れるためだから一家で島に移住している。
直接表現はしていないけど、原作には少し足りないようなアンの行動は彼女の個性にすぎないって何度も描写されている。
自分達が赤毛を劣等種と見ていた迷信を都合よく忘れるのってどうなのよ。
315467 | 名無しさん | (2017年05月10日 11:25)
※315116
原題を「赤毛のアン」と変えて世に出したのは、日本で一番はじめに翻訳した村岡花子版だよ。
村岡花子自身はもっと乙女チックなタイトルを付けていたけど、
出版社の人が「赤毛のアン」はどうでしょう?と提案して、
村岡花子自身は「そんなのダメ!」と一旦は却下した。
でも娘が「そのタイトルいいじゃない」と言ったので、
「この本を読むのは娘のような若い少女達だ、その感性を信じよう」
とGOサインを出したという経緯がある。
それ以降の日本で出版される「Anne of Green Gables」は村岡版に敬意を表して
全て「赤毛のアン」というタイトルがつけられ、
続編も全て村岡版に準じているんだよ。

何もアニメが最初じゃない。
315473 | 名無しさん | (2017年05月10日 12:18)
>>315344
不覚にもwww見事なラインナップw
315484 | (^~^)♪ | (2017年05月10日 13:23)
>ミーガン・フォローズ版はマシュー役もマリラ役も役者が秀逸だったし映像も良かった。

そうだよね。佇まいがマシューとマリラそのものだった。いい映画だ。

アニメの方はアンの声に違和感があって、当時、アンそのものはあまり好きになれなかったけれど、物語は凄く面白い。今、見返すと、あの声のアンは個性があっていいキャラクターだなと感じる。ちょっと小生意気で独創的で想像力だけで生きているアンにぴったりかもね。
315488 | 名無しさん | (2017年05月10日 14:15)
>315463
すっごい腑に落ちた、ありがとう。これは差別とたたかう女の子の話だったんだね。
だからギルバートに「ニンジン」って言われただけで石版で殴るし、それだけの事をしておきながらその後も彼の謝罪を受け入れないし・・・なんでこんな嫌な女が主人公なんだろう?って思ってたんだよね。

>赤毛は色素が薄い=劣等種として身体も弱いし、知能も少し足りないって障害持ちに準ずる扱いだった。

こういう社会状況ならアンの反応も理解出来るわ。
髪を緑に染めてマリラから怒られても何日も謝らなかったのは、劣等種と差別されている事をマリラが理解してくれないから、とわかる。
機会があったら、もう一度アニメを見て(本を読んで)みようと思う。
315527 | 名無し | (2017年05月10日 19:03)
赤毛のアンはハッピーな感じだったけど

にんじんって外国の本で、両親(特に母親に)赤毛の息子にどう考えても
虐待だろ?って目に会わせる本があるんだわ
厳しい躾け、汚い服を着せられて血のつながったはずの母親から冷たい仕
打ちばかり
他の兄弟と父親はメロンを食べるんだけど、母親が自分はメロンが嫌いだ
からお前も食べないわよね?って食べさせず、赤毛の息子にゴミを捨てる
ように言われて外のゴミ捨て場でメロンの皮についた実をこっそり食べて
美味しいなって思ったり(父親は美味しいメロンの実をわざと多めに残す
とか、ゴミ捨て場で食べるって知ってるからという気持ち悪い気の使い方)
日本の子供用の本では、最後の方で赤毛の息子が死のうとするかなんかで
父親がやっと母親の厳しい躾けが酷いと気づいて感動のエンディング?
でも母親と離婚してないし、実際はバッドエンドではないかと
大人になって思い出すと、良い人ぶってる父親の行動が糞すぎてて驚いた

原作は行き過ぎた母親の歪んだ愛情と、子供らしいちょっと冷酷な所がある
赤毛の息子の話らしい

315551 | 名無しさん | (2017年05月10日 19:37)
※315149
村岡花子のお孫さんが書いたドラマの原案本も白蓮事件が印象的な出来事として扱われてるよ。
女学校時代に知り合い仲良くなって「花ちゃん」「燁さま」と呼び合ってた事とか、村岡花子が長男を亡くした時に白蓮がずっとそばに寄り添っていたわり続けたところとかは史実だし。
ただ、原案本の方は村岡花子と当時の女流作家たちとの交流、女性の政治活動の方がもっと濃密に書かれているので、明治から昭和の文学史・女性解放運動史として見ると面白い。
赤毛のアンが最後の最後までメインにならないところはドラマと一緒だけど、原案本もドラマもあくまで「村岡花子の人生」を描いたものだからね。

※315488
ギルバートに「ニンジン」ってからかわれる前に、ダイアナから「女の子に悪戯して泣かしたり、そばかすを気にしている子の事を影で笑いものにしたりする(でもハンサムだから人気がある)」って予備知識を与えられてた上、授業中にギルバートが前の席に座っているルビーのおさげに細工して、ルビーを泣かせてほくそ笑んでいる所を見て
「なんて姑息で嫌なやつなの!」
とアンが思ったところで「ニンジン!」だから、そりゃあ切れるわwと思うけどな。

あと、髪を緑に染めた時はアンは随分落ち込んで反省してるよ。
あの時はマニラも早く何とかしてやろうとしてお湯を大量にわかして何度も洗ってやってるし、最終的には切るしかないとなってバッサリ切ってやってるし。
何日も謝らなかったのは、マリラのアメジストのブローチ紛失事件でアンが疑われた時でしょ。
315562 | 名無しさん | (2017年05月10日 20:03)
※315130
アンは子供時代は痩せっぽっちのデコっぱちの目だけ印象的なアンバランスな感じに描かれているけど、クイーン学院入学前の頃から、背が高くて綺麗な少女として描かれてるよ。
これはアニメ版も一緒。
大学時代は色んな人にプロポーズされまくりのリア充で、大学の社交界でも目立つ存在として描かれるしね。(これは大学で知り合ったフィリパ・ゴードンという美人でお金持ちの友人のおかげでもあるけど)
315594 | 名無しさん | (2017年05月10日 22:42)
>315551
そうだったかも? 嫌いで見てたから記憶が曖昧だったわw
とにかく、もう一度(機会があれば)見てみる。
315599 | 名無しさん | (2017年05月10日 23:42)
赤毛を「ニンジン!」とからかわれて怒り狂ったアンが石板で幼なじみ男子の頭を殴り倒すエピソードをうっすら覚えてるわ
あれ本で読んだ時、自分の想像では男子の頭から脳漿が吹き出してたんだけど、アニメではどういう演出になったんだろ?(見てない)
しかも最後にその二人は結婚するんだよなあ・・・
315707 | 名無しさん | (2017年05月11日 09:02)
子供の頃に見てた時は、なんで赤毛が過剰にからかわれるのか、アンは赤毛にコンプレックスを持ってるのかいまいちよく分からなかった。
316237 | 名無しさん | (2017年05月12日 15:08)
日本政府はイジメの対策などの為に
無駄に金をばら撒くより
世界名作劇場を流し続けた方がいい。
316899 | ななし | (2017年05月13日 14:04)
アンが石版で男を殴り倒す
そうか! アンは昨今の日本アニメで大人気の暴力系ヒロインの元祖なんだな!
316912 | 名無しさん | (2017年05月13日 15:22)
石版って当時ノート代わりに使ってた、黒板を縮小したような
子供が持ち歩けるくらいに小さくて薄い奴だよ
ギルバートを殴ったら石版の方が割れてた
317692 | 名無しさん | (2017年05月15日 13:59)
舞台が現代だったらギルバートはiPadで殴られるんだろうかとフフってなったw
318829 | 名のるほどの者では | (2017年05月18日 01:08)
訳者は何故か中村佐喜子の方が好き。
ちょっとしたいい回しやニュアンスなんかが。
原作者のモンゴメリは村の人間関係に結構悩まされてて
アンの物語の世界の中にも鋭い人間観察眼があって
善良なだけでなく皮肉や人間のサガ的な部分や村社会のしがらみなんかも
しっかり描いてて児童文学の枠を超えてると思う。
実際アンの物語は恋愛時代からアンが中年の主婦になるまで続くけど
どの話も面白い。
320091 | 名無しさん | (2017年05月21日 09:00)
この子はこのままだと将来生きづらいだろうと辛抱強く教育したマリラも偉かったなあ
と中年になったら実感した
322785 |   | (2017年05月27日 06:41)
一部地域の一部の年代においては、「赤毛のアン子」とは不良少女を指す俗語だったりする。
323392 | 名無しさん | (2017年05月28日 11:26)
エスパー魔美?
名前 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dng65.com/tb.php/4173-efe6499d


スポンサードリンク

スポンサードリンク