海外「知らなかった!」日本の戦国時代に使われた知られざる戦術に海外が感動

samuraishield.jpg



どうして、日本の侍はシールド(盾)を使わなかったのか、という疑問に答えた2つのビデオが話題になっていました。

ひとつ目のビデオでは、日本の盾は時代とともに鎧に組み込まれる形で進化していったことを解説、二つ目のビデオでは、戦国時代にもさまざまな盾が使用されていた証拠を提示した内容になっています。

サムライも実践で盾を使用していたという意外な事実に、海外からは多くの驚きの声が寄せられていました。






・僕は大学で日本の歴史研究をしてた。
・どうして日本人はシールド(盾)を使わなかったかという質問の答えは「使ってた」だ。

・画像2:14 縄文時代から弥生時代にかけて手持ちシールドが一般的だった。

・どうして日本人は手持ちシールドを使わなくなったのか。
・戦略に大きな変化をもたらした出来事は二度あった。
・15世紀の火縄銃の伝来は有名だ。日本の銃生産量はヨーロッパに匹敵した。
・5世紀に有利な騎兵が登場すると、歩兵は盾を持つか攻撃に特化するかを迫られた。

・その後、弓に特化したものへと鎧が進化したが、袖の形でシールドは残ってる。
・和弓はロングボウ並みに強力で鎧を貫通したから、最も強度のある兜と袖で防御した。






・今回は忍術研究家とのコラボビデオにする。本も送ってくれた。

・弓や槍に特化するためにシールドが使われなくなったというのは彼の言う通り。
・ただ、日本刀と盾を同時に使う場面もあったということを指摘したい。

・画像 7:05
・1560年に書かれた服部半蔵の忍秘伝にシールドの記述がある。
・大きさは3尺、内側に持ち手があり、敵を殴打するためのもので、金属が使われることもあった。

・画像 6:13
・小笠原という戦国武将が書いた軍法侍要集に決定的な証拠がでてくる。
・1600年代に20年かけて1500年代の出来事を記したものだ。
・ろうそくがついてのぞき窓がある。袖にはチェーンメイルがついてる。
・大きくしすぎると刀が使いずらいとはっきり書いてある。

・画像 8:16
・これも軍法侍要集から。
・接続して折りたためるようにする。1尺x5~6尺の大きさ
・非常時に切り離して両手で使う。

・IN SERCH OF THE NINJAという本にもでてくる。
・1584年、徳川家康は大勢の伊賀の者を派遣したが、75名が途中で撃ち殺された。
・徳川家康は鉄の盾を装備するよう言い渡した。

・画像 10:29
・騎乗で使うシールドもでてくる。

・画像 11:46
・近松茂矩の忍術伝書にも”手盾”という言葉が出てくる。
・弓の飛んでくる方へ前進するために使う。
・クジラの骨や動物の皮を使った複雑な構造をしてる。





以下、反応コメント




海外の名無しさん

これは知らなかった。
サムライは盾を使わなかったのかと思った。


海外の名無しさん

これは素晴らしいね。
最初の質問がでてから本当にいろいろ学べてよかった。


海外の名無しさん

本当にいいビデオだ。
肩のシールドは絵で知ってたけど、手持ちシールドを使ってたなんて知らなかった。


海外の名無しさん

本当に不思議だ。
日本の博物館で鎧は何度も見てるのに、シールドを展示してるのを見たことがない。
本に出てくることは本当っぽいのに。


海外の名無しさん

つまりこのシールドは夜襲に使われたってことかな。
警察が使う暴動用のシールドみたいなもん?


海外の名無しさん

素晴らしい。このビデオが疑問に答えてくれた。
じゃあサムライは確かにシールドを使ってたんだね。
騎乗でさえ。
そりゃそうだよね。シールドは非常に有用だもの。


海外の名無しさん

シールドを持ったま槍は使えないって言ってるけど、ギリシャ兵がまさにそれだよ。
フランスの鎧アーチャーは?
忍者が攻撃で壁を上ってるときって言ってたけど、忍者はスパイ活動や暗殺だけを行ったと思ったけど。
戦場でも使われてたの?


海外の名無しさん

↑君の忍者にたいする考えは完全に間違ってるよ。
それがビデオの目的だけどね。


海外の名無しさん

日本にもシールドランプがあったの?
カッコいい。


海外の名無しさん

日本人はシンプルなデザインのシールドが好みなんだね。
カーブがないし、ヨーロッパのシールドに似たものがない。


海外の名無しさん

↑きっと主要装備じゃなかったからでしょ。


海外の名無しさん

四角いシールドを好んでるのが本当に興味深い。
何か特別な理由があるのかな?


海外の名無しさん

驚くことじゃないね。
シールドは有用すぎて使わないということはないだろう。


海外の名無しさん

普通の刀を片手で使ってたってこと?


海外の名無しさん

このシールドが実際に使われる様子を見てみたいな。


海外の名無しさん

だからこのチャンネルが好きなんだよ。
詳しい人が事実を語ってる。
GoogleやWikiを使ったトップ10みたいなのとは違うね。


海外の名無しさん

ナルトの忍者はどれくらい歴史的に正確なの?
冗談。我慢できなくてw


海外の名無しさん

他の忍術好きを見られてよかった。
君も忍術の修行を積んでる?
もしそうなら、誰とやってるの?


海外の名無しさん

日本でシールドが使われなかった理由は知ってるよ。
日本刀ならバターのように切れるから。


海外の名無しさん

君のせいでサムライ好きになってしまった。



関連記事
関連記事


↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2016/08/27 07:30 ] 歴史 | TB(0) | CM(71)
厳選ニュース
特選ニュース
コメントエリア

224274 | 名無しさん | (2016年08月27日 07:59)
竹束
224277 | 名無しさん | (2016年08月27日 08:16)
浪人のような侍と鎧を着た侍がごっちゃになっているのかな。
224279 | 名無しさん | (2016年08月27日 08:35)
盾は飛び道具を防ぐ目的で多用されてる
特に置き盾と竹束
手盾が珍しいだけ
224280 | 名無しさん | (2016年08月27日 08:35)
手盾、長巻、半弓あたりはマイナーな存在かもね
224282 | 名無しさん | (2016年08月27日 08:52)
ナルト?
マンガは全部デタラメだと思って問題なし
224286 | 名無しさん | (2016年08月27日 08:59)
見たまま聞いたままで自分で調べもしないから知らなくて当然だろ・・・
224289 | 名無しさん | (2016年08月27日 09:16)

騎乗からの鉄砲ってのもあったのか?
知らなんだ。
224290 | 名無しさん | (2016年08月27日 09:16)
戦国時代の合戦と江戸時代の果し合いがごっちゃになってんだろうな~
224291 | 名無しさん | (2016年08月27日 09:17)
陣笠を手盾として扱ってたりもしたみたい
224292 | 名無しさん | (2016年08月27日 09:28)
背中から射かけてくる矢には
母衣が守る

224293 | 名無しさん | (2016年08月27日 09:29)
母衣衆という伝令騎兵の背中の母衣も風を受けて膨らむと
背後からの矢を防ぐシールドになっていたし
100年も戦争していれば武具も防具も戦術も色々発展するわな。
224295 | 名無しさん | (2016年08月27日 09:35)
日本刀で剣道着の刺す事出来るが刺子斬る事容易に出来ない皮に漆も斬れない厚手のTシャツにセーター等も試しに斬ったがうまく斬れなかった剣対剣には盾は必要ない逆に持ってると邪魔になり隙だらけになる
224297 | 名無しさん | (2016年08月27日 09:44)
>母衣が守る
ある種のスペースドアーマーだよね
224299 | 名無しさん | (2016年08月27日 09:52)
盾が残ってないのは大半が竹や木製だからなんだろうな
盾なんか特に「これまな板にしようぜ!」と他の物に再利用されたに違いない
224300 | 名無しさん | (2016年08月27日 10:07)
刀は見た目に反して重いから手盾の併用はゴリラでもないと無理だわな
要所で使い分けてたけど創作物ではやっぱりいつも刀持たせてた方が映えるわけで
224301 |   | (2016年08月27日 10:07)
※224289
騎馬鉄砲隊ってやつ。戦国後期に伊達さんちと加藤さんちで組織。
槍持った騎馬隊が敵陣にカチ込みかける前に連中がぶっ放して陣形を崩すんだと。
効果は高かったけど馬を鉄砲に慣らすとか鉄砲隊に更に騎乗訓練させなきゃとか、とにかく金と時間のかかる部隊なんでそこまで広まらなかった。
ヨーロッパでは竜騎兵と呼ばれてるけど、こっちはもっぱら撃つ時には馬下りてたらしい。
224305 | 名無しさん | (2016年08月27日 10:30)
城攻めなんかじゃ竹束(車輪付きもあり)とか塹壕掘って土嚢積んで鉄砲や大鉄砲なんかに対処してたんだし、集団戦じゃあ手持ちの楯なんて邪魔になるだけで効率悪かったでしょ。
224306 | 名無しさん | (2016年08月27日 10:31)
混戦で楯を持って片手で刀は扱えない。力積と慣性の法則から隙だらけになるし相手を切り倒せない。もっぱら突く以外にない。突いたとしても引き戻す力は必要なので両手の方が有利であることには変わりはない。乗馬においては、振り下ろした間にも馬で移動しながらなので一撃離脱として有効だし振り下ろした後刀を戻すのにも同じ場所に留まっていないので相手から攻撃を受ける隙が小さく戻す時間をあまり考慮せずに思いっきり振り下ろせる。陣営防御ではなく攻撃に関しては日本では楯は相手の集団まで殴り込むまでのモノ。
224308 | 名無しさん | (2016年08月27日 10:38)
そういえば確かに鎧や刀は色んなところで展示されてるのに、盾はあんまり見ないな
224310 | 名無しさん | (2016年08月27日 10:44)
西洋人は一度自分達の中世時代と戦国時代の日本を比較するのを辞めた方が良い
なぜ日本人は日本刀や火縄銃は作れたのに西洋の様なプレートメイルや重装備の
盾で敵の兵士の攻撃から身を守らなかった、どうしてボウガンやメイスは日本で
生まれなかったとネットで騒ぐんだけど、答えは単純

当時の日本人で誰も装備していなかったからだ
西洋では古くから大陸つながりでモンゴル帝国やアラブ人などと
戦っていたから異国の装備を長い間見てきて、どうすれば敵の鎧を
効率よく貫通して倒せるか考えた結果、カタパルトやクロスボウが生まれ、
攻城兵器が発達した歴史があるけど、日本の場合は戦国時代の時から戦って
居たのは同じ日本人でヨーロッパと違って外国の戦いはメインじゃなかった
224311 | 名無しさん | (2016年08月27日 10:46)
ふすまぐらい大きな盾を専門に持つ人たちっていなかったっけ?
224313 |        | (2016年08月27日 11:08)
>>シールドを持ったま槍は使えないって言ってるけど、ギリシャ兵がまさにそれだよ。
フランスの鎧アーチャーは?
忍者が攻撃で壁を上ってるときって言ってたけど、忍者はスパイ活動や暗殺だけを行ったと思ったけど。
戦場でも使われてたの?

ここまで想像力が無いやつが何でこんな動画に興味を持つのか。ギリシャの戦法と日本は違うだろ。もしかして槍=ただ突き出す物と思っているのか。
カタパルトは応仁の乱で使われたっぽいけど、平地だからであって日本はほとんどが山城だったから設置も出来ないし運搬も出来ないだろ。
その辺まで調べてくれよって言いたい。
224314 | 名無しさん | (2016年08月27日 11:12)
南北朝時代なら盾使い矢をよけていた 日本の弓矢の強さは半端ない
盾が無い時は死体担いで盾替わりにしている昔の絵もあったな
224316 | 名無しさん | (2016年08月27日 11:19)
アムロも『邪魔だ!』ってシールド捨てて戦ってたな
224317 | 名無しさん | (2016年08月27日 11:22)
縦の分類に入れていいかわからんが、接近戦時の斬撃を防ぐために
左腕に超頑丈な籠手を装備してた人もいるそうで。
224320 | 名無しさん | (2016年08月27日 11:33)
戦国時代にも手盾使ってた奴も極まれに居ただろうけどそんなの1万人に1一人くらいじゃね
224321 | 名無しさん | (2016年08月27日 11:35)
大楯を連環して即席突撃防止柵として、うちのとのさんは使ってたってさ。
別名 なんこう っていうけど、藁人形で矢稼いだのや糞湯ぶっかけたとか有名だけどさ。
224322 | 名無しさん | (2016年08月27日 11:47)
あっちの刃物は日本の感覚でいえば斬撃ではなく打撃だからなあ
224324 | ななし | (2016年08月27日 11:50)
鉄砲伝来って15世紀じゃなく16世紀だろ。
224326 | 名無しさん | (2016年08月27日 11:56)
>>224310
あのね 日本にもボウガン(弩)はあったし使われたよ
メイスやアックスも使われた
金砕棒とい有れるバット状のメイスは木製の物や金属製の物があった
金属製のは鬼に金棒の金棒でおなじみ
ハンマーも木製の槌があった 小槌と大槌があり 戦闘や門扉の破壊にも使われた
鎖鎌や分銅のような 飛槌もある これは西洋で言うチェーンハンマーであり モーニングスターのようなトゲの付いた物もあった

弁慶の七つ道具と言う言葉は有名だが その内容はあまり知られていない - 鉄熊手、大槌、大鋸、まさかり、つく棒、さすまた、そでがらめの7つだ
これらの武器は 室町から桃山にかけて実戦で使われた武器であり 
日本には 一般に知られているより もっと多様な武器が存在し使用されていた
 
224330 | 名無しさん | (2016年08月27日 12:27)
初期足軽は使ってたんじゃなかったっけ
貧乏で鎧も貧弱だから、安価な手盾で防御力アップ
224333 | 名無しさん | (2016年08月27日 12:55)
>>224292
真田丸は信繁が黄母衣衆の設定で、黄色いでっかいの背負ってた
224334 | 名無しさん | (2016年08月27日 13:05)
外国人の反応をみるのも面白いけど
詳しい話を書き込んでくれるコメント欄を読む方が最近楽しい。
224336 | 名無しさん | (2016年08月27日 13:16)
秀吉の朝鮮出兵の際の中国側の記録には、
日本兵は間隔を空けて立ち、弓の一斉射に対して目視で左右に動いて避けていたという。
戦国時代末期、日本兵は猛者ばかり・・・
224342 | 名無しさん | (2016年08月27日 14:04)
※22436
それが大阪の陣では劣化しまくって家康を嘆かせるんだから、兵の質の維持は難しい…
224343 | 名無しさん | (2016年08月27日 14:16)
明との戦いの時に日本兵が動き回って斬りまくってくるってのは割と重要な違いが現れてる
ガチガチに陣を組んでいるのはかっこいいし効率的ではある
ただそれは兵一人一人の戦意を集団によってこそ保ちえると言える
当然フレキシブルな戦術はとれない
対して日本兵は散兵となっても一人一人の戦意が失われない
現代戦で散兵が可能になったのは国民としての意識の高い兵士と電話や無線の進歩によってより小さな単位の部隊に指示を送れるようになったことが大きいけれど戦国期の日本兵も当時としては図抜けた散兵的戦術がとれたのだろうね
224347 | ■★■ | (2016年08月27日 14:45)
ザクですら片についてる
224349 | 名無しさん | (2016年08月27日 14:58)
>>224347
ガンダム系のまとめで「あれ、意味あるのか?」という話があったが、
鎧の袖と考えれば、意味はありそうですな。
224353 | 名無しさん | (2016年08月27日 15:35)
日本刀を持った人ならわかると思うけど、あれを片手で振り回すのは難しい。
盾を使わなかったのは、刀を変化させなかったから。
224354 | 名無しさん | (2016年08月27日 15:45)
このチャンネルはよくあるwiki写しやバカ丸出しの動画とは違うね
一次資料に基づくのは常に素晴らしい。
224356 | 名無しさん | (2016年08月27日 15:51)
ギリシャの重装歩兵みたいに盾と槍をもつよりは、
もっと長い槍を持とうぜって方向にいっちゃったってこと?
224358 | 名無しさん | (2016年08月27日 16:05)
ただっぴろい平野なら盾もって無いと生死にかかわるが
日本の平野は起伏が激しいし森林でも戦うので地形に隠れればいいし
そんなところでの移動には盾は邪魔だ
224359 | 名無しさん | (2016年08月27日 16:13)
千年くらいずっと同じだと思っていたのかな?
224360 | 名無しさん | (2016年08月27日 16:42)
椅子が無かった事と関係があるの違いない
224361 | 名無しさん | (2016年08月27日 17:22)
山城のように角度と高さを攻撃に使われたら
盾で身を守れる面積なんて無いに等しいもんな
224364 | 名無しさん | (2016年08月27日 18:15)
日本は昔から攻撃力と機動力特化
素早く寄って一撃で屠れば防御なんぞ必要ない
そういう概念で戦ってた民族
224372 | 名無しさん | (2016年08月27日 19:06)
いや、一般的じゃなかっただけで
メイスやバトルアクス、フレイルなんかもあったよ
めんどくせぇからだな、やっぱり
224378 | 名無しさん | (2016年08月27日 19:43)
矢盾があるのは知られてないのかな?
224384 | 212959 | (2016年08月27日 20:59)
>>224378
矢盾は所謂、防御陣を作る為のモノ。
ここで言っているのは「大陸的な『盾と剣』等の併用。

日本刀は基本、両手剣なので「剣捌き」で攻守一体。
朝鮮出兵の折、白兵戦での日本刀の圧倒的な有利さに
気付いた大陸の連中は「日本刀を模した『倭刀』」を
その後に流通させる。
224389 | 名無しさん | (2016年08月27日 21:41)
>>224310
本日の知ったかぶりはこいつですか
224391 | 名無しさん | (2016年08月27日 22:03)
盾は使われちゃあいたけど木や竹で作ったディスポータブル方式よね
合戦図や時代劇で見る限り
一回使えばズタボロになるもんだから合理的と言えば合理的かと
日本じゃあんまり重視されてなかった武具なのはたしか
224392 | 名無しさん | (2016年08月27日 22:26)
日本人の大半よりも詳しい
すごいな
224400 | 名無しさん | (2016年08月28日 00:34)
※224392
ガセも多いから注意な
224402 | 名無しさん | (2016年08月28日 01:03)
戦国時代限定の話やと、対鉄砲で竹束、陣地や物見台に置き楯くらいなもんやろ。
224403 | 名無し | (2016年08月28日 01:05)
置き楯はむしろ古墳時代から武家政権時代まで1000年以上ずっと主要装備なんだよなあ
手楯に関しては古代から弓メインだったのもあって趣味装備以上の存在にはならなかったが
まあそもそも手楯って洋の東西問わず両手武器や鎧が発達すると自然に廃れる装備なんだけど
224421 | 名無しさん | (2016年08月28日 02:19)
色々と知らない話も多くて、コメント欄が面白い
224423 | 名無しさん | (2016年08月28日 02:25)
竹束は西洋の人には想像しづらいだろうね。
あんな、軽くて頑丈な植物があって、ほぼ無尽蔵に手に入るって。
224436 | 名無しさん | (2016年08月28日 03:22)
そう言えば、ガキの頃に習ってた剣道の先生の胴が竹胴で、カッコ良かったなぁ。
224447 | 名無しさん | (2016年08月28日 04:15)
>>224347
ザクはシールドが右肩に付いてるね
でも右手で武器(マシンガンやヒートホーク)を持つんだから左肩の方が良いんじゃないのかね?
224458 | 名無しさん | (2016年08月28日 06:23)
大袖を手盾として使うことはまれにあった
224497 | 名無しさん | (2016年08月28日 09:43)
【少なくとも日本が遭遇した範囲の手盾は非常に脆いものだった】
日本人同士ではありませんが鎌倉時代や戦国時代、日本は朝鮮や明と正規不正規問わず戦をしたことがありますが、ここで盾をもった兵士達とも戦っています。たとえば倭寇と彼らに呼ばれた武装交易商人や豪族達はほとんどのものが日本刀を用いて戦っていたようですが、盾と剣を持って戦う大陸の兵を圧倒していたと当の中国側の多数の文献に記されています。
こういった戦果から考えれば日本の武士が「なんだやっぱり手盾は使い物にならんな」と判断しても不思議は無いといえます。

【鎧を着ている以上盾は必要なかった】
日本ではヨーロッパと比べると非常に古くから全身鎧が用いられるようになりました。大鎧(大鎧は板金に漆を塗った積層装甲である小冊を重層構造にしたもので一種のチョバムアーマーでした)が用いられていた当初、例えばヨーロッパはまだ板金鎧を実用化出来ていません。ちなみに当時のヨーロッパで用いられていた鎧は柔らかい鉄を延ばした針金で作った鎖帷子でした。日本の鎖帷子の鎖は一個一個叩きだされた頑丈なものですが、彼らのそれはただ鉄を引き伸ばして作るため、余り頑丈ではありませんでした。もちろん非常に高価なものは後から焼入れしたものもあったようですが一般的ではありません。実は鎧が発達すると盾は持たなくなるという現象は世界中でよくあることなのです。ヨーロッパでも鎧が仰々しいものになると実際命がけの白兵戦では盾は使われなくなります。馬上やり試合のようなセレモニーは別にして、戦場においては家柄と身分を誇示するための名札のようなものになっていきました。
224533 | 名無しさん | (2016年08月28日 13:37)
昭和初期の武将映画だと陣備えの盾が登場するんだけど、長らく登場しない時代が続いた。
平成に入って映像作品で個人装備の盾を使う合戦シーンが登場したのは「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦」という…。
224548 | 名無しさん | (2016年08月28日 16:23)
勝手な想像だけど、鉄製じゃない盾は、基本的には一回きりの使い捨てのものだったんじゃないかな?
224923 | 名無しさん | (2016年08月29日 18:45)
ナルトwww またかよ 100%創作だよ
225007 | 名無しさん | (2016年08月30日 03:00)
戦国時代の盾各種は実用一辺倒で装飾殆ど無いから、見世物にならなかったって話じゃないかな。鎧と一緒に仕立てたり、平時に家に飾ったりもしない感じ。
225194 | 名無しさん | (2016年08月30日 18:24)
みんな博識だな
読むのも億劫だったはw
225758 | 名無しさん | (2016年09月02日 05:47)
盾はピストルの防御だろ?
刀での戦いには使わなかったはず
225875 | 名無しさん | (2016年09月02日 16:35)
まぁ西洋との違いを上げるなら日本の盾はあくまで飛び道具ようで一騎討ちや接近戦ではほぼ使わない
225987 | 名無しさん | (2016年09月03日 01:48)
日本の武士は重装弓騎兵って有名な話じゃないの?
弓馬の道というくらい重要な要素だよ

馬乗って弓を射たり刀振り回すのに盾持つ余裕はないでしょ、特に平安時代や鎌倉時代みたいな戦い方だと
だから大鎧という馬上戦闘に特化した全身鎧が主流になったわけだし
周囲の部下というか補助兵も薙刀や長巻などの両手使いの武器が基本装備だったみたいだし、持ち盾という基本戦術が発生する余地がなかったんだと思うよ

しかもクロスボウも源平合戦までは雑兵用で主力装備だったし、弓弩兵などの突撃しない射撃部隊や後方支援部隊からすると置き盾のほうが扱いやすい

時代が下るにつれ武士も重装騎兵から重装歩兵になっていくけど、弓は変わらず主力装備だし銃は持ち盾程度じゃ防げないし、接近戦用の武器も5〜6mの槍とか長巻となるから盾なんぞムリ
それでも鉄砲は防がないと本気でヤバいから、竹束みたいな使い捨ての手持ちバリケードが出てきたんだと思う
鎧も当世具足になって、大鎧より防御力や運動性が上がってるしね
226431 | 名無しさん | (2016年09月04日 08:26)
とりあえずナルトよりは忍たまの方がよっぽど忍者してるよね
228426 | 名無しさん | (2016年09月10日 06:19)
動画主の説(ここ重要)だと弓が主要武器だった為に盾があまり発達しなかったとのこと
弓を武器から外せなかったから両手武器が発達したという考えでもある
その例としてローマ兵は盾と槍を発達させている
名前 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dng65.com/tb.php/3423-1d97befb


スポンサードリンク

スポンサードリンク