海外「こんなに動けるの!?」日本と欧州の鎧を徹底比較!動きやすさに海外が仰天

samuraivsmobility.jpg


日本とヨーロッパの鎧の動きやすさを比較したビデオが話題になっていました。

ビデオは、ヨーロッパの鎧は動き難いという一般的な噂を検証したもので、イングランドの中世後期の甲冑と、日本の戦国時代の当世具足を比較した内容になっています。

それぞれの国の鎧が持つ歴史背景などが分かる面白い内容になっていて、海外からも多くのコメントが寄せられていました。






・鎧の動きやすさについて様々な誤解がある。
・中世後期のヨーロッパの鎧と、戦国時代の日本の鎧を比較してみる。

・当世具足
・戦国時代の最も軽量な鎧。足軽が使用した。火縄銃兵にも使われた。

・イングランドの甲冑
・歩兵用に作られた。騎乗でも使用可。武器はランスやロングボウ

・6:30 動きやすさのデモ

・どちらも特徴的な鎧だから他の鎧だと結果は違うだろうけどね。

・甲冑を着た方の感想
・確かに日本の鎧のほうが動きやすいけど、いくつかは予想してたほどの差がなかった。
・特に攻撃に係る動きに関しては完全に同じだ。
・ヒジやヒザの動きでは日本の鎧に分がある。
・甲冑の下のメイルのせいで腕が上がる範囲が決定的に違ってた。

・日本の鎧を着た方の感想
・どちらも立ち上がるのは意外と早くて驚いたと思う。戦場では重要な動きになる。
・日本の鎧は肩の部分の防御が弱点になる。侍が弓に重点を置いたというだけ。
・日本の鎧は一度の動作で紐をほどいて腕を全開に動かせるように出来る。
・肩が露出するから侍は前かがみに槍を構える。





以下、反応コメント




海外の名無しさん

俺たちが答えを求めて来たんだよ。
どちらが強い戦士かという。


海外の名無しさん

ほとんど同じなのが超興味深い。
甲冑の温度の差はどれくらいか分かる?


海外の名無しさん

↑温度は問題にはならないよ。
特にヨーロッパでは。


海外の名無しさん

日本の鎧は動きやすいけど隙間が多いね。
好みの問題なんだろうけど、どちらも良くできた鎧だよ。


海外の名無しさん

センゴク・ジェダイだって?
これ以上クールなものが存在しない。
なんで有名じゃないんだろう。


海外の名無しさん

痩せてるから侍の鎧のほうがいいな。
関節を動かしやすくて若干軽いしね。
シールドとスピアを組み合わせればヨーロッパでも超強いと思う。


海外の名無しさん

侍との闘いが見たい。


海外の名無しさん

目の前に迫って来た時に、どちらがより逃げ出したくなるかが重要だ。


海外の名無しさん

プレートの防御は甲冑のほうが上だとしても、侍の鎧のほうがいいと思う。
見張りや行軍では遥かに楽そうだ。


海外の名無しさん

素晴らしい!
鎧の機動性がよくわかる比較だった。
将来の議論に使われそうな気がするw


海外の名無しさん

違いよりも似てることのほうが驚くよ。
特に地理や文化で遠く離れてる日本とヨーロッパは、似てる部分により興味をそそられる。


海外の名無しさん

100メートルダッシュのほうが比較になると思うよw


海外の名無しさん

重さがほとんど同じなのが一番驚いた。


海外の名無しさん

面白かった!
侍の鎧のほうが足の動きにも余裕があったよ。
部分的に特化してるからかな?ただの想像?


海外の名無しさん

どちらの鎧もこんなに動けるとは思ってもみなかった。


海外の名無しさん

本当に面白い比較だ!
二人が腕立てをしてるところが一番笑えた。


海外の名無しさん

日本の鎧のことはまったく知らないけど、君のレプリカは歴史的なものをどれくらい反映してるの?
重さや動きに変化はある?


海外の名無しさん(主)

↑ないよ。
俺の鎧はあらゆる意味で歴史に則ってるから。
自分の体形に合わせて手作りしたもの。


海外の名無しさん

問題は体格の違う別々の人物でテストしたことだ。


海外の名無しさん

↑それは問題だとは思わない。
どちらも持ち主専用に作られたものだから。


海外の名無しさん

鎧を着てなくてもこんな動きができない人も居るというのに。
べ、別にデブじゃなから。



関連記事
関連記事


↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2016/06/01 01:34 ] 歴史 | TB(0) | CM(127)
厳選ニュース
特選ニュース
コメントエリア

204872 | 名無しさん | (2016年06月01日 02:13)
>・どちらも特徴的な鎧だから他の鎧だと結果は違うだろうけどね。

意味ないじゃん
204873 | 名無しさん | (2016年06月01日 02:13)
足軽ってこんないい鎧着れたっけ?
204874 | 名無しさん | (2016年06月01日 02:21)
プレートメイルのジャンプには笑ったww
ラジオ体操みたいでシュールだな。
204876 | 名無しさん | (2016年06月01日 02:25)
八種競技とかやってほしいな
204878 | 名無しさん | (2016年06月01日 02:30)
結局機能性を求めると似たような性能になるってことか
204879 | 名無しさん | (2016年06月01日 02:32)
ヨーロッパの鎧も日本の鎧も下っ端が着る鎧には見えないけど
204880 | 名無しさん | (2016年06月01日 02:39)
いかにも別物な見た目なのに機能的には似通ってるのは面白いよな
204881 | 名無しさん | (2016年06月01日 02:44)
西洋の甲冑が思ったより動けてて驚いた
認識が変わるな
204883 | 名無しさん | (2016年06月01日 02:44)
※204873
足軽ならカブトは陣笠だし、肩の部分もないはずだが
204885 | 名無しさん | (2016年06月01日 02:46)
足軽というより徒侍の鎧だな。
徒侍は下級武士だけど、足軽とは違い自前の鎧を着てる。
足軽のようなお貸具足とは違うよ。
204887 | 名無しさん | (2016年06月01日 02:47)
西洋の方はもっとぎこちないかと思ってたけど意外と動いてたね
面白かった
204888 | 名無しさん | (2016年06月01日 02:49)
フルプレートって見た目以上に身軽なんだな
その分厚さが犠牲になってるんだろうけど
斬撃を防ぐだけだったらそれで良いのかもな
それ以上の攻撃は内側に着込んだチェインメイルやコットンで吸収するんだろうし
204889 | 名無しさん | (2016年06月01日 02:50)
時々アニメとかで見るガチガチな西洋甲冑の動きは作者が無知な証明になったな
204891 | 名無しさん | (2016年06月01日 03:03)
自作の鎧ってのがビックリだな

西洋甲冑が「重すぎて動けない」とか「こけたら起き上がれない」とかは
ほぼデマというかウソなのは明らかになってきてる
どうも装飾用のゴチャゴチャした鎧を、実際に戦場で使ったものと
勘違いしていたそうだ
204892 | 名無しさん | (2016年06月01日 03:05)
結局フィジカル差で同数なら負けるだろうし、戦いは数だよ兄貴
204894 | 名無しさん | (2016年06月01日 03:13)
フルプレートっても時代と国でぜんぜん違うぞ。
軽量で稼動域の広いフルプレートが登場するのは16世紀になってからだし。
204896 | 名無しさん | (2016年06月01日 03:28)
西洋の方は腕、肩の動き、上の方に上がらないのが結構気になるな
両手持ちの武器を振りかぶったり振り回す際に結構大きな差になるんじゃないか
204897 | 名無しさん | (2016年06月01日 03:33)
>>204891
それに関しては日本も当てはまりそうだな
204898 | 名無しさん | (2016年06月01日 03:46)
>>204894
日本の当世具足も16世紀なんだから
比較対象として正しいんじゃね?
204899 | 名無しさん | (2016年06月01日 03:46)
動画ワロタw
確かに同じように可動出来てるけど
どう見ても西洋甲冑の方がスピードがワンテンポ遅いw
戦場ではそのワンテンポの遅れが命取りだからなあww
204900 | 名無しさん | (2016年06月01日 03:53)
>>204891
時期によって大分違うよ

昔のは大分重かったけど
素材を改良されて軽くなっていった
あくまで軽いのは後期ね

でも後期までくると銃も発達してきて
全身の甲冑が意味をなしてなく成ってくんだよね
204901 | 名無しさん | (2016年06月01日 04:02)
>>204891
動けないとか起き上がれないのを戦場で使ってたのは間違いないよ
ただし戦場で指揮官が偉そうにするためだけで戦うためじゃないけど
フットコンバットアーマーとかガッチガチに覆ったヤツ
204902 | 名無しさん | (2016年06月01日 04:07)
どうせならやらせりゃいい。卓球でもテニスでもバスケットでも。
競り合う競技なんて幾らでもあるだろう?
204903 | 名無しさん | (2016年06月01日 04:10)
50メートル以内の接近戦では、共に銃弾、弓矢に射抜かれる。
欧州だって素早く避けたり逃げたり出来なきゃ、それは甲冑着ているだけの的でしかない。
204904 | 名無しさん | (2016年06月01日 04:14)
動きやすさならビキニアーマーでしょ
204905 |   | (2016年06月01日 04:22)
イングランド式の方はお手製ながら素晴らしく良く出来てる。
足甲部分はオリジナル入ってそうだけど。
日欧の絶対的な違いは「戦場で死なない」ための作りかどうか。
204906 | 名無しさん | (2016年06月01日 04:27)
馬上戦用の鎧は本当に動けないし起き上がれないし自分で馬に乗ったり降りたりすることも出来ない物が存在してる
落馬時の首の骨折を防ぐために頭と胴体が一体になって、腰まで動かない
さらに槍を持つ腕まで固定されてる物もあるので一定の体勢以外取れないのもある
それに装飾が加わるので重さも半端じゃない
これが実際の出陣の際にも使われていたのですべてが間違ってる訳ではない
204907 | 名無しさん | (2016年06月01日 04:51)
猫背の上に、体が硬い。
見ていて、滑稽としか言いようが無い。
西洋人には、日本の甲冑は似合わないとよく分かったわ。
ちなみに、時代により戦い方が違う。
重量も違うし、素材も違うけど。それは検証してるのかね?
204909 | 名無しさん | (2016年06月01日 05:02)
日本の鎧は着たまま泳ぐことが出来る
204910 | 名無しさん | (2016年06月01日 05:07)
まぁ日本できるなら日本の鎧だなプレートメールなんて日本の夏に着たら
戦いの前に熱中症で死ぬだろうし
204911 | 名無しさん | (2016年06月01日 05:14)
フィクションだと軽視されがいな西洋鎧だけど狼の口見たら恐ろしさがよく分かる
重いけど本当に刃が通じないし一発蹴られただけでも大ダメージなんだよね
204912 | 名無しさん | (2016年06月01日 05:22)
戦争はいけません
204914 | 名無しさん | (2016年06月01日 05:43)
同じ人がやらないと比較にならないんじゃ…
204915 | 名無しさん | (2016年06月01日 06:07)
刀が使いづらそうだなというのが気になったかな
必要ないんだろうけどね
204917 | 名無しさん | (2016年06月01日 06:16)
現代のアーマーも結局局所的に守る物になってる所を見ると、近代では動きやすい方が強いんだろうな
204918 | 名無しさん | (2016年06月01日 06:17)
全体重量はあまり差が無いけど、西洋甲冑の方は起き上がりの時、寝返り打ってからじゃないと起き上がれないし、ジャンプでよろけるし、腕立ては角度つけてもつらそうな感じがあるよね。
204919 | 名無しさん | (2016年06月01日 06:35)
鎧は洋の東西にかかわらず20~30kgくらいあるけど身につけてるから体全体に重量が分散してて動く分にはそれほど苦にはならないようになってる
悪い鎧はどっかにバランスが傾いててしばらく着てるとものすごい重量がそっちにかかってるように感じるようになるらしい
重さだけ見るとあんま変わらないのに動きやすいと感じるのは駆動部分の動かしやすさとバランスなのかもしれん
204920 | 名無しさん | (2016年06月01日 06:38)
ヨーロッパの鎧じゃ日本の夏の陣は無理そう
204921 | 名無しさん | (2016年06月01日 06:46)
「ワンテンポ遅いと命取り」そのとおりだろう。
また、ここでやってるような単純動作ではなく、組打ちや模擬戦で検証しないと意味がない。倒れて踏んづけられて死ぬものが多いというのは日本のでも同じ(三河物語・大久保彦左衛門著)
204922 | 名無しさん | (2016年06月01日 06:49)
地域の気候など特性によって甲冑や武器も変わってくるので、優劣はつけられませんね。
204925 | 名無しさん | (2016年06月01日 07:02)
確かに当世具足と足軽の鎧を混同してるな
当世具足なら布地に鎖帷子を縫い付けているものもある

大袖が大きくて重いから、戦国期では札幅を狭くして小型軽量化した(当世袖になった)経緯を考えれば、防御より機動性が求められたとわかる
204926 | 名無しさん | (2016年06月01日 07:21)
よく外人が「日本には盾がない」とか言ってるけど
これで盾と武器持ったらバランスとりながら移動するのも一苦労だよなぁ
204927 | 名無しさん | (2016年06月01日 07:45)
そもそも日本刀は両手剣なので
盾なんぞ持てる訳がないんだがなぁ
見た目が細いから片手剣と勘違いしてるんやろか
204928 | 名無しさん | (2016年06月01日 07:54)
信長は西洋亀甲着てなかったっけ
新しいもの好きな信長だし、家臣が倣って西洋亀甲を着なかったのはそれ相応の問題点があったんだろうな
204930 | 名無しさん | (2016年06月01日 08:16)
検証もしないで思い込みで言ってるやつがここのコメ欄でも多い中
こうやって実証する賢い人が動画作ってくれるのはためになるな
204931 | 名無しさん | (2016年06月01日 08:22)
亀甲w
それはともかく、信長にしたら前線で槍働きするのでなければ着ける甲冑は何でも良かったんだろうな
家臣はそういう訳にはいかなかっただろうし、南蛮胴を手に入れるには物凄い金かかるし、メンテナンスだって日本のと同じという訳にはいかなかったんじゃないかな
だからそこまでして替える意味はなかったということでは
204932 | 名無しさん | (2016年06月01日 08:34)
日本鎧>永遠に追いつけない20%の機動力差>西洋鎧、って感じ。
上の方の人もコメしてるけど僅かな差が命取り。
加えて西洋鎧は肘の角度が固定されてて人間本来の攻撃範囲が
さらに限定されている感じに見えた。
ビデオの前半をよく見ると結構ロボットっぽい動きしてるし。

204933 | 名無しさん | (2016年06月01日 08:34)
そもそも主として平原で戦う西洋甲と山間部でも戦闘がある日本に具足じゃコンセプト自体が違ってくるでしょうに・・・
204934 | 名無しさん | (2016年06月01日 08:38)
同じじゃ恐れ多いって避けたとかってのもあるかも知れん
村正は徳川禁忌の刀って言われるけど、家康が好んでて家臣が村正作の刀剣を使うのは避けたってのが後に意味が曖昧になって禁忌の刀になったっていう異説もあるし
204936 | 名無しさん | (2016年06月01日 08:54)
鎧の伝聞評論家の私としてはプレートよりラメラーのほうがいい。
204937 | 名無しさん | (2016年06月01日 08:56)
フルプレートで怖いのは視界の狭さと酸欠じゃないかと予想

わいは所詮ただの「部活で剣道やってました」程度の雑魚やけど
あの面ですら試合になると視界が狭くて酸素が足りない
204939 | 名無しさん | (2016年06月01日 09:14)
ここはタイトルに仰天って言葉使うの好きだなw
204940 | 名無しさん | (2016年06月01日 09:25)
死にたくないという意味で作られたのが西洋甲冑。
敵を倒す、死んでも仕方ないというのが日本の甲冑。

しかし、戦での死亡率は断然西洋の方が高い。戦いが残虐だったから。
日本の場合は、形勢が不利になれば、すぐに潰走する。臆病とかではなく、一種のルール。なので、篭城戦を除けば意外と合戦での死亡者は少ない。
戦国時代の戦は侵略と防衛ではなく、侍大将の陣取り合戦なので。
204941 | 名無しさん | (2016年06月01日 09:32)
行軍距離を考慮に入れないのは如何なものかと
204944 | 名無しさん | (2016年06月01日 09:48)
西洋の甲冑が意外な程ぬるぬる動けることに驚いた。
204946 | 名無しさん | (2016年06月01日 10:03)
プレートアーマー着て日本の山城攻めは難しそうだな
204947 | 名無しさん | (2016年06月01日 10:06)
※204940
しかし、戦での死亡率は断然西洋の方が高い。戦いが残虐だったから(ソースは俺の脳内)。

204950 | 名無しさん | (2016年06月01日 10:24)
>>20940
なんつーか、もっとちゃんと調べてから書けよ・・・
見てるほうが恥ずかしくなる
204951 | 名無しさん | (2016年06月01日 10:27)
実際に闘っているのは足軽。
武将が戦うようなら、もはや味方が総崩れ。馬で逃げられる程度の機能があればよい。
204954 |    | (2016年06月01日 10:42)
馬上での戦闘、馬上での抜刀や弓。
戦場で障害物を乗り越え、木に上り崖をよじ登れば違いが分かるよ。

それと風土、高温多湿で野営すればどうしてそうなったか分かるだろう。
これは現代の戦闘服でも環境によって変わるのと同じ。

そもそも外国のフルアーマーはVIP護衛用だし、動きまわる兵士はフルアーマじゃない。
204955 | 殺傷の基本は突き刺す | (2016年06月01日 10:47)
近代戦になり「身を隠す・逃げるが勝ち」という結論に達した。
204957 | 名無しさん | (2016年06月01日 10:51)
全身甲冑の運動性の検証は既にやり尽くされてる。
3~40年前くらいに、英国の国営研究機関が徹底的にやった記録が
堀越孝一先生が紹介してくれた本に詳細に残っていた。

※204906が言ってるのはトーナメント(馬上槍試合)競技用の物だと思うが
サーキット用のレース車で一般道を走るくらいに用途が乖離している。
例えばロンドン塔に納められているブローカス・ヘルムは直立したとき前方の視界が狭く
馬上で突撃姿勢をとって前傾した時に広くなるように斜めにスリットがついていて
重さは10kgもある。胸と背中前後で固定するため首は回せないなど
野戦用ではないのは一目瞭然で、これを試合以外で使う者などいないであろうとされている
204967 | 名無し | (2016年06月01日 11:44)
インナー(鎧下)は着用してるのかな?
204968 | 名無しさん | (2016年06月01日 11:50)
そもそも国や領主からの借り物の鎧と、自前で用意する具足じゃ、コストの面で違いが出るから足軽とでは比較できない。
この動画主のようにせめて自前でしっかり用意できる財力があるレベルで比較しないと意味がない。
主要武器の違いも鎧に出てると思う。
204969 | 名無しさん | (2016年06月01日 11:50)
>>204904
それをおっさんが着ると・・・。

効果は抜群だ!
204970 | 名無しさん | (2016年06月01日 11:54)
フルプレートも本当に重厚な物と関節の防御や装甲を犠牲にして動き易さを重視した時代のもので全く別物だからな
日本の鎧は兜の豪華さを重視した流行を省けば時代が変わろうとも大体コンセプトは同じかね
204977 | 名無しさん | (2016年06月01日 12:13)
>>204899
ただ西洋甲冑はその為に防御力があるからなあ
ちょっとやそっとじゃ殺されないだろ
204978 | 名無しさん | (2016年06月01日 12:15)
フルプレートでも突きなら刀が通るかな?
実際の戦闘なら槍なんだろうが。
204983 | 名無しさん | (2016年06月01日 12:26)
水泳は無いのかよ
204984 |        | (2016年06月01日 12:29)
日本の甲冑はほぼフリーサイズなのがいい。西洋甲冑だと太ったら作り直しだろ。
204988 | 名無しさん | (2016年06月01日 12:50)
フルプレートは見た目以上に動けるのは確かだけど、冶金技術が当時の西洋だとかなり低いから見た目以上に柔らかいんだよね
204989 | 名無しさん | (2016年06月01日 12:58)
>>204977
フルプレートは刃物にはある程度強いが
鈍器には大して強くない
槍で殴られたら脳震盪を起こすだろう
あとはフルボッコ
どっちの先制攻撃が決まるかっては天地の差がある
204991 | 名無しさん | (2016年06月01日 13:00)
分厚そうに見えて結構薄いんだよなフルプレート
至近で角度間違えなきゃ矢が貫通する
204994 | 名無しさん | (2016年06月01日 13:43)
西洋の鎧も意外と動けるんだね。 でも西洋の鎧の場合、音が聞こえにくいでしょうね、 あと視界も気になる。
204995 | 名無しさん | (2016年06月01日 13:43)
レイピアで突き通せるくらいだしな
缶詰程度の厚さしかないし
缶詰にアイスピックや千枚通しを突き刺すのなんて女子供でも出来るくらいだしな
205000 | 名無し | (2016年06月01日 14:28)
信長が西洋甲冑着てたってのは革命家イメージと一緒で後世の人間の勝手なキャラ付けだったはず
西洋甲冑の輸入が公式に確認できるのは信長死後だし
205004 | 名無しさん | (2016年06月01日 16:06)
なんとなく、西洋は組討や捕手術が発達しなかった理由がわかった
205008 | 名無しさん | (2016年06月01日 16:51)
西洋鎧で日本の夏場に山を走り回ったら戦う前に倒れそうだけども。
205009 | 名無しさん | (2016年06月01日 17:02)
日本は機動性重視で戦い方も違うから比較してもしょうがないでしょ
日本で西洋甲冑着てたら間違いなくスルー、直接大将落しに行くよ
205010 | 名無し | (2016年06月01日 17:11)
よく日本の甲冑が装備貧弱とか隙間開きすぎとか言われるけど、
今回みたいな検証を真夏の日本でやってみたら何故かすぐわかると思うけどね
長い年月をかけて改良されていったものには、必ずそれがそうである理由がある
205013 | 名無しさん | (2016年06月01日 17:50)
西洋のフルプレートアーマーは叩き・殴りには耐えるが、突きには脆い。頸部に一刺しでアウト。動きの鈍さもあるので、戦国時代の戦場に現れたら槍や刀で串刺しの的になる。日本の刀は刃先が鋭利で、喉を突く正確性があれば力入れずとも深く突き抜ける。アーマーは間接可動域も自滅的に狭いから、簡単なトラップでバランス崩して倒れるし、俊敏で鋭い攻撃をかわすことは出来ないだろう。
205016 | 名無しさん | (2016年06月01日 17:54)
面白い比較動画でした
西洋鎧はあまり詳しくないけど、思ってた以上に関節の稼動域が広くて驚いた
205035 | 名無しさん | (2016年06月01日 21:06)
日常動作においてはどちらも問題なさそうだけど、
視界、動作範囲、即応性が必要になる戦闘となると別モノだよ。
西洋鎧の軽量化が求められた理由の一つだね。

西洋鎧は肩→腕→手の稼動域に問題がある。
両手による攻撃や、頭の守りは即応性に欠けるね。
下半身にも同じ問題を抱えてるのが一番のネックなんだけどね。
腰→股→膝→足首に制限が掛かる。
これは機動性において、致命的な欠陥になる。

そもそも貴族の坊ちゃん達の守りに特化した指揮鎧と比べてもね・・・。
205040 | 名無しさん | (2016年06月01日 22:01)
火攻めにあったら熱そうだね西洋の鎧。
205043 | 名無しさん | (2016年06月01日 22:11)
>>204977
フルプレートなんて貴族の鎧だろ
下手に殺したら身代金が取れなくなるやん
イスラム教相手でも金で人質交換してたしな
205059 | 名無しさん | (2016年06月02日 02:15)
フリードリヒ1世「わしにこの甲冑くれ。キリキアのサレフ河で溺死せずにすむ」
205149 | 名無しさん | (2016年06月02日 15:33)
使い回しの具足とか、ガ持ちの奴の後に着るの辛そう...
205150 | 名無しさん | (2016年06月02日 16:15)
フルプレートでも敏捷性があって吃驚した
205154 | 名無しさん | (2016年06月03日 08:55)
刀の下げ緒が何のためにあると思ってるんだろ?
205192 | 名無しさん | (2016年06月03日 13:29)
フルプレートアーマーを鉄の分厚い鎧と勘違いしてる奴が多い
厚さは1mm~2mmほどだから矢は槍も通す。実験で観たことがあるが日本刀で突いた場合貫くことも可能だ
まぁ、板金の仕事を経験したことのある人なら知ってるだろうけど鉄の1mmは結構厚いし重い
漫画やアニメやゲームで描かれるように厚みが1cm以上はあるような鎧は数百キロ越えちゃう
205228 |   | (2016年06月03日 20:12)
フルプレートは立ち上がるとき
一回下を向かないと(うつ伏せ状態を経てからでないと)いけない点は大きいな

実際の時間より
動きの手順が多い方が隙が大きく
起き上りの間に攻撃を挟みやすくなる
205315 | 名無しさん | (2016年06月04日 09:16)
ロボットみたいな動き可愛いな。
もっと足の上がるモデルでやってほしい。
205386 | 名無しさん | (2016年06月04日 18:53)
アーマーは両手で上から降り下ろせないのはどうなんだろう?
それと視野が狭そうに見えるよね
防御に特化したか攻撃に特化したかの違いな気がする
205387 | 名無しさん | (2016年06月04日 18:53)
日本の侍は現代の剣道と違って滅茶苦茶前後左右に動いて隙あらば切る
みたいな動きしてたらしいね、江戸後期~明治頃のビデオなんかで剣道場
の練習風景みたいなのでもめっちゃ動いてる、そういう動きするからああいう
形の鎧なんだなってわかる
205391 | 名無しさん | (2016年06月04日 19:08)
こういうネタは面白いのでどんどん取り上げてください
食レポはお腹いっぱいかな
205402 | 名無し | (2016年06月04日 19:53)
防御力重視と、機動力、攻撃力重視ってことでOK?
205412 | 名無しさん | (2016年06月04日 22:01)
板金は簡単に切り込み入るし貫通するから
防御力重視になってない
206073 | 名無しさん | (2016年06月08日 18:47)
皮に帷子仕込んだものが一番頑丈らしいで
212497 | 名無しさん | (2016年07月08日 02:59)
西洋の鎧は打撃対策を進めて、日本の鎧は矢玉に対する対策を進めたと聞いたことが
215396 |   | (2016年07月20日 02:43)
西洋の板金鎧は
打撃対策になってないよ

関節部なんか殴られたら
変形してまともに曲がらなくなるぐらいだから
215426 | 名無しさん | (2016年07月20日 08:48)
カッチュウがカッシャンカッシャンじゃ無かったのに相当驚いた
215640 | 名無しさん | (2016年07月21日 09:57)
西洋甲冑のが上半身の柔軟性がスポイルされている。西洋甲冑の寝てから起きるときの動作が明らかにヘルニア患者の起き方だわ。大きな関節の動きには差はなさそうだか背骨の様な、しなる関節には対応してないようだね。戦闘にどのような影響があるのかは分からないが、起き上がり方が限定されるのは逃げ道を減らす事になる。(まあ、中の人がヘルニアだったのかもしれないがw)
216076 | 名無しさん | (2016年07月22日 22:42)
日本も戦国末期に南蛮具足が流行ってるし
防御力だけならプレートアーマーなんじゃねーかなぁ
刀類とか日本製の方が明らかに優れてた物は取り入れてないんだし
鎧も優れてなきゃわざわざ輸入品使わんでしょ
216155 | 名無しさん | (2016年07月23日 07:19)
南蛮具足が輸入されたのは秀吉に献上されたのが最初で
戦国期には使われていないし
輸入された南蛮具足は防弾仕様のぶ厚く重いタイプで
第一次大戦でも使われているんだよ
217277 | 名無しさん | (2016年07月28日 13:33)
面白い比較だった。
フルプレートもっと動きにくいイメージだったから楽しかったよ。
217429 | 名無しさん | (2016年07月29日 09:39)
センゴク・ジェダイww
220692 | 名無三 | (2016年08月15日 09:09)

食事とか排泄とかのやりやすさも検証して欲しかった。

これに関しては、日本の甲冑の方が軍配が上がるんじゃないかな?
221548 | 名無しさん | (2016年08月18日 17:07)
フルプレートの関節構造や素材の重さは最新の技術取り入れてるんじゃないの?
当時のまんまを再現してるとは思えないんだけど
222943 | 名無しさん | (2016年08月22日 19:00)
フルプレートのこれだけ軽量なのだと、戦国時代の強弓なら簡単に打ち抜けるわな。
224143 | 名無しさん | (2016年08月26日 17:33)
当世具足は西洋甲冑の影響を受けたものじゃなかったっけ? 大鎧だとどうなんだろう?
228968 | 名無しさん | (2016年09月11日 23:03)
※204872
本来の意味は、
あくまで、数ある西洋鎧/日本鎧の内の1つであり、
一慨に西洋鎧/日本鎧がこういうものだっていうサンプルではない
西洋鎧/日本鎧にはいくつもの種類があり1つ1つ特徴が違う
そのためこのビデオで出た結果が全ての西洋鎧/日本鎧に適用される訳じゃない
って感じで科学的なものなんだが

228971 | 名無しさん | (2016年09月11日 23:17)
このビデオで興味深い点は
・フルプレートは、プレート部分よりも鎖帷子が動きを邪魔している
 (腋や肘等の関節部分の遊びが無くなるとのこと)
・フルプレートは、熱をため込みやすい
 (走った際に最大の問題となったとのこと)
230512 | 名無しさん | (2016年09月17日 10:40)
> フルプレートは、熱をため込みやすい
板金を素材として防具類を自作する試みを一度でもしたことがあれば、誰でも気づく点だ。まさしく肌で感じるのだから。
だからこそ、チェインメイルでベンチレーションなわけだ。

> 西洋甲冑の寝てから起きるときの動作が明らかにヘルニア患者の起き方だわ。
いくら使用者に合わせて作ってもやはり当世具足より上の方に重心が来る分だけモーメントの問題でどうしてもそうならざるを得なくなるだろう。しかし戦に人生全てを掛けていた昔の猛者はそれを嫌って、下に重心を移すために下半身それもできるだけ足先側にわざと余分な錘をつけた可能性はある。使いづらければ自分で工夫して自分にとって使いよくしただろうという臆測だ。命が懸かっていたわけだから。
230806 | 名無しさん | (2016年09月18日 21:02)
決定的な違い?
渡河する時に「泳げるか沈むだけか」だw
232728 | 名無しさん | (2016年09月26日 13:05)
日本の環境で西洋式の鎧はキツイだろうな
233604 | 名無しさん | (2016年09月30日 23:34)
日本の夏にあんな西洋の鎧着たら熱中症になるわ
234015 | 名無しさん | (2016年10月02日 23:20)
戦国時代に西洋甲冑が輸入されて以降も武将が胴の部分しか使わなかったのは関節に問題があるのを見抜いて動きが阻害されるのを嫌がってのことだったのかな。
そう考えると実利の戦国時代の考えが反映されてるようで面白い。
235053 |   | (2016年10月05日 23:29)
プレートアーマーって結構動けるんだな
もっとガッシャンガッシャンなるのかと思ってたわ
ただ重量はやっぱりあるんだなあって感じの動きやね
241529 | 名無しさん | (2016年11月04日 08:45)
プレートメイルの重要な欠点は、鎧が変形するほどの打撃を受けた場合、鎧を脱がせる事そのものが困難になりがちになる所
手当てが遅れてしまう、あるいは完全に不可能になってしまうため、簡単な怪我でも抗生物質のない時代には命を落とす原因にもなる事が多かった
241589 | 名無しさん | (2016年11月04日 17:07)
大鎧から銅丸に変化したのは理由があるからなあ、山も多いし。
241828 | 名無しさん | (2016年11月06日 07:02)
日本の鎧は、腕がダメだと思う。全然防御できていない。
素材はわからないけど、鉄板じゃなくて、ちょっと集めの布みたいなのでコーティングしているだけ。

まあ、そのぶん腕への負荷が少ないから
武器を振り回し続けるには、良いかもしれないけど。
242763 | 名無しさん | (2016年11月09日 12:19)
機動力を取るか防御力を取るかの差みたい

どうでもいいけどBGMがカッコいい
243864 | 名無しさん | (2016年11月14日 03:49)
いずれにしろ50m以内なら火縄銃弾の貫通必至、弓でも30mまではまず確実に射抜かれたからねえ。防御力を求めるあまり重く動きづらくなっては意味が無い。
244020 | 名無しさん | (2016年11月14日 15:31)
一番すごいのは手作りで作ったこのオッサン
247071 | 名無しさん | (2016年11月26日 09:02)
日本の鎧は鎖帷子着こむから喉と超近接で隙間の中に刃差すしかないんだよな。種子島で無効化されたけど。西洋は重量系の武器が多いから重装甲とそれを運用できる機構を仕込んである、当然とっても頑丈。なお銃にre

とはいえ戦国期後半はその西洋鎧を研究して取り込んでるからルーツを含むとは言えても、どっちが優れてるとかは比較が無理w
249116 | 名無しさん | (2016年12月03日 20:23)
そもそも当世具足は胸甲を参考にしてるから、実用性では板金鎧より上

西洋でも板金鎧の鉄砲に合わせた進化系が胸甲だから
249117 | 名無しさん | (2016年12月03日 20:27)
腕の内側なんてそうそう攻撃されないから防備なんて薄くて良いんだよ
それよりも主要な部分を厚くする方が生存率高くなる

胸甲も同じ発想

全身を固め過ぎて肝心の板金が薄くて割と簡単に貫通したり変形したりする
残念な性能なのが西洋の板金鎧

だからすぐに廃れたというのが歴史的事実
名前 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dng65.com/tb.php/3162-b74854fe


スポンサードリンク

スポンサードリンク