海外「考えた日本人すげぇ!」日本の伝統技術を外国人が詳細に紹介!奥深さに海外が感動

killkatana_s0.jpg


さまざまな武器を製造しているYoutubeの人気チャンネル「AWE me」から、本格的な日本刀を製造したビデオが公開されて話題になっていました。

日本刀を製造しているビデオは数多く存在していますが、このビデオの凄いところは徹底的に「本物」に拘っていることで、日本刀のベースとなる「玉鋼」作りまでやっています。

動画では刀を製作するだけでなく、それぞれの作業の持つ意味なども詳しく紹介した面白い内容になっていて、海外からは多くの感動の声が寄せられていました。




killkatana_s1.jpg









1.玉鋼の制作

killkatana_s2.jpg


その昔、日本は独自の製鉄技術”たたら吹き”を生み出した。高温で溶けた鉄が炭の中をゆっくり伝わることで、炭素を多く含んだ玉鋼を形成する。ごく少量の玉鋼を得るために270kgもの炭を使用する。



2.火を起こす。

killkatana_s3.jpg


今回の刀づくりは道具に至るまですべて日本の伝統技法に則って行う。日本の方法に従って、鉄の棒と日本の金槌で火を起こす。



3.選別

killkatana_s4.jpg


玉鋼には多くの不純物が含まれる。玉鋼をハンマーで叩いて”へし金”にする。
叩いた時の感覚で柔らかい”心金”と硬い”皮金”に選別する。量が少ないから無駄にできない。



4.皮金を合わせる。

killkatana_s5.jpg


破片を積み上げて和紙で包み粘土でコーティングする。こうすることで崩れるのを防ぎ、内部の炭素が酸化して二酸化炭素になるのを防ぐ。



5.折り返し鍛錬

killkatana_s6.jpg


縦や横に切れ目を入れて何度も折りたたんでいく。見ての通り最終段階では明るい色になる。内部が均一になって粘度が増してるからだ。



6.心金を折り返し鍛錬

killkatana_s7.jpg


皮金と同じ手法で折りたたんでいく。



7.造り込み。

killkatana_s8.jpg


皮金に切り込みを入れて心金を間に挟み込む。



8.素延べ

killkatana_s9.jpg


金槌で刀の形にしていく。ただの棒のように見えるだろうけど、この段階で内部には数百万もの層が形成されてる。



9.火造り

killkatana_s10.jpg


棟(むね)から刃に向かって形を作る。この段階で火から外してヤスリなどで形を整える。



10.土置き

killkatana_s11.jpg


刀身に焼刃土を置いていく。刃の部分を薄く塗ることで冷却後に硬くなる。硬度の差が波紋を作る。ここが職人の名を後世に伝えることになる場所だ。



11.焼き入れ。

killkatana_s12.jpg


焼刃土を落とさないように加熱してから、オイルに入れて急速に冷却する。



12.目貫(めぬき)を作る。

killkatana_s13.jpg


柄巻きの下につけられる飾り。手持ちの目貫コレクションを参考にしてデザインを決めた。銅板を叩いて打ち出していく。



13.柄の部分を作る。

killkatana_s14.jpg


柄(え)、鍔(つば)、はばき、切羽、頭(かしら)など。



14.柄巻き

killkatana_s15.jpg


目貫を間に入れながら柄糸を巻いていく。目貫は見た目の美しさだけでなく、滑り止めの役割も果たす。




以下、反応コメント




海外の名無しさん

とにかくすごい。言葉にもできない。


海外の名無しさん

今までで一番のエピソードだ。
伝統的な日本の刀の技術は大好きなんだよ。


海外の名無しさん

本当に驚いた。
とんでもなく知識を持ってるね。


海外の名無しさん

一瞬普通の刀を作るのかと思ったら何も普通じゃなかった。
すげぇ。仰天した。


海外の名無しさん

素晴らしい。
日本刀を作れるのか気になってたんだよね。


海外の名無しさん

この人は日本の刃物を作らせたら本当にすごいな。


海外の名無しさん

この人は日本人なの?


海外の名無しさん

すべてに伝統的な手法を用いてるのがいいね。


海外の名無しさん

知識を広めるためにいつも一生懸命だね。
素晴らしいビデオだ。


海外の名無しさん

日本人はよくこんな事を大昔に考え付いたな。


海外の名無しさん

日本は古い伝統を残してるから好きだ。


海外の名無しさん

製法そのものに目が行くビデオは珍しいよ。
大好きな日本刀が完成した時には感動した。


海外の名無しさん

本物の日本刀が何百万円もするのも当然だね。
こんな熱いところで何時間も作業する人件費ならそれくらいするだろう。
日本刀を買うときにありがたさが実感できるようになった。
ありがとう。


海外の名無しさん

何時間も掛けたのはすごいけど、本物の日本刀なら3~9か月は掛かるよ。


海外の名無しさん

この日本刀が欲しい・・・


海外の名無しさん

これは本気で感動したよ。
玉鋼から作る鍛冶屋なんて滅多に居ないよ。
日本が大好きな武器歴史学者として、これは日本の鍛刀技術を紹介した最高のビデオの一つだと言おう。
君は最高だ!


海外の名無しさん

素晴らしい!
研いでるところも見てみたいけど。
映像に残してないの?


海外の名無しさん

緋村剣心の逆刃刀を作ってよ。


海外の名無しさん

これは見ていて癒し効果がある。



関連記事
関連記事


↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2015/07/15 01:40 ] テクノロジー | TB(0) | CM(88)
厳選ニュース
特選ニュース
コメントエリア

147062 | 名無しさん | (2015年07月15日 02:23)
研ぎだけは無理だったか
147063 | 名無しさん | (2015年07月15日 02:26)
素晴らしいけど唯一残念なのは研ぎが甘くて刃紋が沈んでいることだね。
147064 | 名無し | (2015年07月15日 02:27)
でもここまで出来るんなら良いんじゃ
147065 | 名無しさん | (2015年07月15日 02:35)
模造刀だよ、実際の鍛冶屋の動画YouTubeにいくらでもあるので観てみ。
アメリカ人の匠も実際動画である。
147066 | 名無しさん | (2015年07月15日 02:35)
伝統的技法で真摯に作られてる所がすごく良かった
さすがに研ぎだけは残念だったけど
それでも良く出来てると思う
147067 | 名無しさん | (2015年07月15日 02:40)
この人達はいつも武器作ってるけど、
コレ売って生計をたててるわけじゃないのよね?
147068 | 名無しさん | (2015年07月15日 02:43)
実際に英語で喋って作る時点で何らかの金は動いてる
あとこういう協会の宣伝も兼ねてる
147069 | 名無しさん | (2015年07月15日 02:50)
現代でつくられてる日本刀なんて美術品だから実用性は皆無よ
素振りしただけで折れちゃう
147070 | 名無し | (2015年07月15日 02:53)
きちんと研いでこそだろうに
147073 |        | (2015年07月15日 03:02)
どうせなら伝統を守って砂鉄から作ってほしいな。
褐鉄鉱じゃなく…
147074 | 名無しさん | (2015年07月15日 03:05)
案の定コメ欄に刀匠が湧いてるな
147075 | 名無しさん@ニュース2ch | (2015年07月15日 03:39)
まぁさ。
日本には「研ぎ師」がいるくらいだぜ。
そこまで求めちゃいかんだろ。
147076 | 名無しさん | (2015年07月15日 03:40)
ちゃんと研げよ!よくわからんけど!
147077 | 名無し | (2015年07月15日 03:49)
柄(え)じゃなくて柄(つか)です。
147078 | 名無しさん | (2015年07月15日 04:09)
ここまでしっかり製法を再現してるなんて素晴らしいね
きちんと工程を論理的に理解しつつ作業して解説までしてくれてる

次はダマスカス鋼で頼む
147079 | 名無しさん | (2015年07月15日 04:20)
研げとか言ってる奴は馬鹿か
一人にそこまで求めんなよ
ここまで出来ただけで素晴らしい技術者だ
研ぎはそれだけの専門の人間がいるくらい難しい
一人で出来たらそれこそこの人は日本の職人の誰よりも上の超天才だわ
147080 | 名無しさん | (2015年07月15日 04:28)
焼入れで水じゃなく油?

うーん
伝統的な技法を真似てみたレベルじゃないか・・・

典型的な粗悪模造刀ですな
147082 | 名無しさん | (2015年07月15日 04:34)
波紋が浮いてこないのは砥以上に焼入れに問題あるよこの動画だと
147086 | 名無しさん | (2015年07月15日 05:17)
有名なナショジオの動画よりも、製造工程が詳しくて面白かったよ。
番組の一企画に過ぎないとしても、日本刀に対する理解と知識とリスペクトを感じられる。
147087 | 1人で刀工・研磨・拵えまで作る職人さんなら、関東に居る | (2015年07月15日 05:27)
焼入れの水の温度が分からなくて、オイル使用したんだろね・・・

水温間違うと折れるから、

ナイフの焼入れに使用する簡単なオイルしか

選択出来なかったって事だろね

この程度なら、日本で買える数万円の模造刀の方が良質だ

刀として斬る事を考えれば、現代の研師は過剰だね

砂の中に数度突き刺して刃先に傷入れる程度の事しないと、

研ぎ上がったばかりの刀では本来の切れ味は無い
147088 | 名無しさん | (2015年07月15日 05:33)
細かいことを言い出せばきりが無いが
非常に興味深い動画にはなってる
まあそれだけに不満が出るのも理解はできる
147089 | 名無しさん | (2015年07月15日 05:55)
研ぎがなあ・・・。
やっぱオイルストーンで研いだんだろうか。
和砥で丁寧に研げば素人仕事でももうちっといい波紋になったんじゃないだろうか。
焼き入れがオイルなのもどうしたものか。
焼き戻しはどうしたんだろうか。
147092 | 名無しさん | (2015年07月15日 06:13)
有難いじゃないか、真面目な人が日本の伝統技術を受け継いで広報してくれるなんて。一流にはまだ到達していないとしても、こういうのはうれしいよ。
147094 | 名無し | (2015年07月15日 06:23)
安価な刀なら、15万円くらいで買えるけどな。
ムラマサさえ、探せば百万。
147095 | 名無しさん | (2015年07月15日 06:32)
日本刀をリスペクトする白人なんてカワイイじゃないか。
天むす食わしてやるよ。 ただし最後の手首を切る血潮ビジュアルは台無しだわ。
娯楽とファッションすぎるだろ。 日本刀は戦争の仕事。刀狩りを経て伝統文化になった。
アメリカ人誰もがファッション感覚で人を銃殺できるような背景を表したシメだな。。
バイオレンス大好きぃ~みたいな。

147096 | 名無しさん | (2015年07月15日 06:40)
刃物制作シリーズでまともな物を見た気がする
試し切りコーナーで力任せにぶった切ってないw
147098 | 名無しさん | (2015年07月15日 06:45)
すげーな、真似てみたレベルで玉鋼かw
真摯に作ったらどんなことになるんだろうなw
147099 |   | (2015年07月15日 06:53)
本物でなくても結構手間暇かかってるな
ご苦労様です
147100 | 名無しさん | (2015年07月15日 06:55)
油で焼入れすると「美術品としての」日本刀じゃなくなるからね
たしか法的にもアウトだし波紋も出ない
靭性が高くなるから人斬り包丁としての性能は上だろうけど
147101 | 名無しさん | (2015年07月15日 07:11)
なんか怪しい玉鋼だなww
遊びだからどうでもいいけどw
147103 | 名無しさん | (2015年07月15日 07:20)
短時間でここまでやるのは凄いな~
尊敬します
147104 | 名無しさん | (2015年07月15日 07:26)
日本刀の制作過程がよくわかるビデオだ。
147106 | 名無しさん | (2015年07月15日 07:31)
>>147098
やっぱ真似てみたなのか
いくつか間違っててふぁっ⁉ってなった
玉鋼は炉を閉じるタイミングが重要ってのは仕方ないにしても、玉鋼を取り出すのは炉が冷えて縮んでからだとか(動画は熱いうちに取り壊している)折り返し鍛錬の際、縦だけなのに横にも折ったり、えらく広がってだ円状なのに折ったりと、やや……だったりしたが……まあ、しゃあない
始めてだし、正式に習ったわけでもないんだろうから……

でも、こうして日本に興味持ってくれてるってのは単純に嬉しいよね
147124 |   | (2015年07月15日 08:37)
良くここまで再現したな
これでも日本人ってだけで付け焼き刃の刃物の知識で批判する奴が多いからビビる
147126 | ななし | (2015年07月15日 08:46)
いまだに日本刀よりもロングソードの方が優れていると主張する外人さんは理解できないわ。
彼らの根拠は、鉄鉱石の質と、どうせ西欧の産業革命を模倣した日本への軽視なんだが、、。
製造技術を知ってるのかねー。
147132 | 名無しさん | (2015年07月15日 09:07)
うちの田舎の母ちゃんは、いつも包丁研ぎにプロに頼んでたけど
そういうのあるくらい、研ぎは難しいらしいね
それで切れ味が凄く変わるってくらい

だから、それは無理という事で
ここまで出来たら凄いんじゃないだろうか
147137 | 名無しさん | (2015年07月15日 09:17)
色々突っ込み所はあるものの
ここまでやるとは想像以上だった

次回は是非、完璧な手法で仕上げてみて欲しい
147138 | 名無しさん | (2015年07月15日 09:20)
若い研ぎ師の番組、NHKでこの前してたなぁ
とても興味深く見たわ。

日本人だと生涯修行の世界なのみんな知ってるから
海外のプロが真似しても浅すぎるものにしか見えないのは仕方ない。
147142 | 名無しさん | (2015年07月15日 09:56)
ステンレスの打ち抜き包丁使ってる日本人よりは数段マシ

本職が見たら突っ込み所満載だろうが、でもここまで再現してくれて日本刀の製作が大変だということを世界に発信してくれて喜んでるかもね。
147148 | 名無しさん | (2015年07月15日 10:21)
よく分からないけど、刀って世界中にあるもんだから製法とかそんな変わらないんじゃないの?
鉄を熱して叩くという
147155 |     | (2015年07月15日 10:52)
ここでうんちく語っているやつも刃物作りを見た事無いやつがほとんどだろうに、よくやるな。
摸造刀が素振りで折れるとか寝言言ってるのもいるし。
147159 | 名無しさん | (2015年07月15日 10:59)
最初の折り返しで折れたときはアレレ?って思ったけど、やってるうちになれてきたのかな?ww
しかし切っ先を切り落として作ったときはビックリしたなww
147160 | 名無しさん | (2015年07月15日 11:02)
見よう見まねの付け焼刃ばwでここまでやれれば立派だろ。
製作者が日本人だったら話は別だが。
147164 | 名無しさん | (2015年07月15日 11:15)
本物の玉鋼って免許無いと買えないんだっけか。

とはいえ、現代はもっと良い鋼や合金もいっぱいあるから
趣味の世界なんだろうねぇ

俺も自己満足でドールにシルクのパンツはかせるし。
147165 | 名無しさん | (2015年07月15日 11:19)
確かにネット刀匠が一杯いたな日本てすげえな()
147171 | 名無しさん | (2015年07月15日 11:33)
言っておくけど刀鍛冶で研ぎまで出来る人なんて滅多にいないぞ
この人はすごい
日本は分業制で束だって鍛冶は作らないし、玉鋼つくる人だって何人いるか?
海外の特に欧米の鍛冶や木工職人は凄い人がまだいっぱいる
日本は絶滅寸前だから、ここでなんか言ってる人は弟子入りしてよ
147175 | 名無しさん | (2015年07月15日 11:50)
日本以外でこういう精製方ができるようになるのは500年後だった
147180 |   | (2015年07月15日 12:02)
材料違うんじゃ組成違うんだから手順だけなぞっても
しかしむしろよく完成まで漕ぎ着けられるな
望みなしなら文句も出ない
147186 | 名無しさん | (2015年07月15日 12:21)
研ぎは砥石を手に入れる事が難しいらしい。
かまたきみこの「KATANA」で言ってた気がする。
147214 | 名無しさん | (2015年07月15日 14:48)
ほんと偉そうに評価下してるやつは何様なんだか
日本人というだけで日本の職人の腕まで自分のもののつもりか?
口だけの人間に比べたら日本の技術や文化を研究してる外国人のほうがよっぽど詳しい
果たして偉そうに言ってた人間の中で
どれだけがこの外国人より良い物を作れることやら
一人もいないんじゃないのか
147217 | 名無しさん | (2015年07月15日 15:39)
くっそ楽しそうに活動してんなぁ
羨ましい
147218 | 名無しさん | (2015年07月15日 15:42)
よく見たら模造刀なんだな。
真剣できちんと刃紋も綺麗に出せたら評価出来たのにね。
147221 | 名無しさん | (2015年07月15日 15:57)
>>147069
宮本武蔵おつ
147222 | | (2015年07月15日 16:06)
真似してここまで出来れば上出来。
147233 | 名無しさん | (2015年07月15日 17:47)
いつもは鉄板をグラインダーで削って形を整えるだけのインチキ刀剣だったけど
今回は何故か本気出してたなw
147234 | 名無しさん | (2015年07月15日 17:54)
職人いっぱいいるんだな
147239 | 名無しさん | (2015年07月15日 18:48)
柔らかい物切るなら砥ぎが何より大事だろう
日本で砥がなきゃダメじゃなかろうか
147241 | | (2015年07月15日 19:05)
せめて砂鉄から作ろうよ
あと研ぎが下手すぎるし、曲がりが不自然すぎる
もう少し何とかならない物か
147247 | 元鋳造バイト | (2015年07月15日 20:03)
※147074
これだけニワカ刀匠が湧くって事は
この人が頑張っちゃったって認めてる事だと思うよ
たぶん(俺を含めた)ニワカさん達にはここまででさえ出来ないし
もし鋳造含めて鍛冶屋さんが居てコメしてるなら
こんな事出来て羨ましいんだと思う。

素直によくここまで頑張ったねって褒めればいいのに・・
147253 | 名無しさん | (2015年07月15日 20:47)
いいものを作ろうとしてるのは判るけどやるなら徹底的にやって欲しい半端な状態で伝聞されるのは日本人としても忸怩たるものがあるって気持ちがわからんのか?
ましてこれが伝統的な製法と自負するなら尚更のことでしょ…
147271 | 名無しさん | (2015年07月15日 22:21)
砥げよとか言っている奴
刀鍛冶と研ぎ職人は別の職業なんだよ
廃業が多くて刀鍛冶が砥いでいたりするけれど
高価な刀だと今でも分業制だよ
研ぎ直しを鍛冶屋へは持って行かない

雛人形でも顔専門に服専門という分業制でしょ
餅は餅屋ってやつで専門性を極めた業種の
合作で最高なものが仕上がる
147287 | 名無し | (2015年07月15日 23:31)
ニワカ乙とか言われてるけど、刀は本当はこう言う工程で作るんだよ、って説明は個人的に読んでて面白い。なるほどなーて思う。
もちろん、動画の人もすげーって思うよ。
147291 | 名無しさん | (2015年07月15日 23:41)
>本物の日本刀が何百万円もするのも当然だね。
いや二十万円くらいで買えるから・・・
147307 | 名無しさん | (2015年07月16日 03:29)
現代の道具を使いまくってるから
「伝統的」ではあっても「伝統技法に則った」とは言えないのでは
原理的に同じ物を科学的に再現して画面だけ整えた模造品という印象
147443 | 名無しさん | (2015年07月17日 01:01)
現代の日本の作刀現場がどんだけ人手が足りなくてどんだけ機械の力借りてるか知ってんのかね
147519 | 名無しさん | (2015年07月17日 16:09)
模造刀が素振りで折れてたら、居合の演武とかどうするんだよ・・・
あと研ぐのは本当に難しい。包丁だけど、物自体は良いから適当に研いでも良く斬れるが、買ったところへ送ったら雲泥の差で帰ってくる。
某ラノベ作家が取材に行ったときは快く受けてくれたらしいから、この人らも行ってみたらよかったのに。
※147443わざわざ「伝統的技法で再現」だから、多少はね?
147521 | 名無しさん | (2015年07月17日 17:20)
研ぎの技術もそうだけど
良質な砥石からして入手困難なんだっけ
147522 | 名無しさん | (2015年07月17日 17:29)
いやこれはすごい
ここまで造り込めたら大したもんだと思うわ
147675 | 名無しよん | (2015年07月18日 06:22)
これは少なくとも付け焼刃ではないよ、地金からやってるからね。
付け焼刃というのは、刃の部分だけ別に作って鋳合わせたもののこと。もちろん手間も材料費も段違いにはなるが、刀鍛冶としての技術が要らないわけではないし、伝統技法のうちではあるから、そのへん勘違いしないように。
付け焼刃に関する解説ビデオもあったら、それはそれで面白いと思う。
147678 | 名無しさん | (2015年07月18日 06:36)
金(かね)が KANE だと 発音は「カニ」 になっちゃうのか・・・・
147681 | 名無しよん | (2015年07月18日 06:42)
「真剣」という言葉の使い方はかなり曖昧なんだけども、本来は竹刀や木刀と区別して使われるものであって、刃が潰してあろうが鋼鉄製の刀であれば基本的には真剣。だからこのビデオで作ってるのも、研がれてはいなくてもやはり真剣だ(たとえ遊び半分で作った場合でも真剣なので注意)。
「模造刀」の方は、それこそ文脈によって意味が違ってくるから難しい。法的な意味合いの用法もあれば、鑑定的な意味合いの用法もあるからね。
147834 | 名無しさん | (2015年07月18日 22:33)
目釘入れないとすっぽ抜けるよ
147840 | 名無しさん | (2015年07月18日 23:13)
たいしたもんだ。
147973 | 名無しさん | (2015年07月19日 15:27)
何百年か前は普通に斬り合ってた時代があったんだよな。
ご先祖様よ、怖い!
148095 | 名無しさん | (2015年07月20日 10:51)
まぁとにかく形にした。

>147834 目釘がないから確かに 危険

柄も形にしたけど どれだけ握りをためしたんだろ。

総じて 手の感覚が 意識が ぼやけて見える。
場や道具や空気から 何かをとらえてる感じが現れていない。
あれでは 神人合一しない。
と見える。
148114 | xig | (2015年07月20日 14:24)
焼き入れする前から反ってたのはご愛嬌。
151618 | 名無しさん | (2015年08月10日 10:21)
間違いを指摘するのは結構だが
ちょっと上から過ぎやしないか

ほっときゃ消えてくであろう伝統技法を
不完全ながらも再現して形にしてくれたんだ
しかも外国人が
ありがたい話じゃないか
208731 | 名無しさん | (2016年06月21日 04:31)
最後に人形ぶった切るところでドン引きした
結局そういう方向かよ
210353 | 名無しさん | (2016年06月29日 07:32)
修行においで
218727 | 名無しさん | (2016年08月05日 07:59)
真剣の切れ味はすばらしいね。
これだけ、日本刀を作れるのは、たいしたものだよ。
居合いの腕もいいみたいだ。練習を積んだ腕だね。
222102 | 麦焼酎 | (2016年08月20日 16:30)
>>151618
>間違いを指摘するのは結構だがちょっと上から過ぎやしないか
>ほっときゃ消えてくであろう伝統技法を不完全ながらも再現して形にしてくれたんだ
>しかも外国人がありがたい話じゃないか

俺は専門家ではないし、他の人の書き込みを眺めるだけの立場だが、
伝統技法を残すなら、技法的に正確な部分と間違ってる部分も書くのが後世のためになると思う。
上から目線に感じるかどうかは、読んだ人の人格次第じゃないかね。
225272 | 名無しさん | (2016年08月30日 23:16)
過去の技術も凄いけど、現在出来る限りの技術と組み合わせてのモノ作りもみたいもんだな。
マーブルコートフライパンをみてダイヤモンドコートでも良いのかと。カーボンプレートの表面に工業用ダイヤモンド粉をスプレーして固めて。全くもって美しくもないけど。
233359 | 名無しさん | (2016年09月29日 14:41)
オレは日本人だが日本刀は作れないムリムリ
大量生産が可能な銃みたいにはいかないんだな
まあ銃も作り方は知らない
236606 | 名無しさん | (2016年10月13日 05:58)
よくできてる、日本の刀鍛冶初心者より鉄のことわかってる。
第一 腕力半端ないから打ちあがるのも早いんだろうね。
237933 | 日本の伝統を取り戻したい男 | (2016年10月18日 09:45)
これみて俺が思うことは…我が国の刀匠は未だ健在なのだろうか?
ということだ。アメリカに模造刀が作れる人間が増えるという
ことを喜べるとしたら、我が国の刀が負けてない場合に限る。
再び他国とまみえるかもしれぬ時に、選ばれし近衛兵にのみ授け
られる魂(日本刀)がなければ求心力が低下してしまうぞ…
239497 | 名無しさん | (2016年10月26日 17:54)
日本刀は武器じゃない
宝だ!魂だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
241638 | 名無しさん | (2016年11月04日 21:59)
焼き入時の水温を知りたくて間違った振りをして手を突っ込んだ弟子が親方に速攻で腕を切り落とされたと言うエピソードがあるくらい焼き入れは重要
腕を切り落とされたが水温を記憶した弟子はダッシュで逃げて、その後立派な刀工になったそうですけどね
249108 | 名無しさん | (2016年12月03日 19:53)
馬鹿が沢山いる
名前 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dng65.com/tb.php/2216-22306216


スポンサードリンク

スポンサードリンク