海外「カッコいい」日本の社会構造の基礎を構築した天才武将に海外が感動

sengoku5_s0.jpg


戦国時代の歴史をコミカルな絵で紹介するシリーズ動画の第5弾が公開されていました。

織田信長の死後、天下統一を成し遂げた豊臣秀吉による歴史的な日本の構造改革に焦点を当てた内容になっています。

わらじ持ちから武将にまで上り詰めた天才・秀吉による数々の先進的な政策に、海外からも感動の声が寄せられていました。





・織田信長援護のために京都へ向かっていた徳川家康は、本能寺の変により明智光秀に命を狙われる窮地に陥る。しかし、忠実な忍者・服部半蔵とその配下の伊賀忍者の活躍により無事に三河へ帰還することに成功した。

・備中高松城の戦いにあった豊臣秀吉。主君の死を知ると速やかに毛利氏との講和を取りまとめて、短期間のうちに大軍を京都へ移動させ明智光秀を討ち取った。(中国大返し)

・家康を配下に加えて事実上天下統一を果たした秀吉は、生産量に応じた税金システム(年貢)、刀狩、日本初となる身分制度などの改革を行っていった。その結果、農産物の生産性は向上、犯罪の減少に繋がった。

・大勢の兵士を抱えていた秀吉は、中国侵略を大儀として朝鮮半島へ出兵するが双方に多大な損害を出した。

・子供に恵まれなかった秀吉が病の床につくことで、家康はユニークな立場に立つことに。





以下、反応コメント




アメリカ

忍者最高!


ニュージーランド

本物の忍者は強くて非常に忠誠心があるということが分かった。


イギリス

ハリウッドの言う通りだった。
忍者すげぇ!


アメリカ

現代のポップカルチャーでは侍をモラルあるナイトとして
忍者を用済みになった者を殺す裏切り者として決め付けてるのが笑える。
実際は侍のほうが主君を裏切って一族を皆殺しにしようとしてるのにね。


イギリス

みんな服部半蔵が好きなの?
本多忠勝が登場するのを待ってね。
最高にカッコいいから。


カナダ

秀吉は先進的すぎる。


ノルウェー

↑次のエピソードで徳川が何をするか見てみるといい。


カナダ

日本の身分階級を示したピラミッドなんだけど。
なんで農民が商人より上になってるの?


オーストラリア

↑当時は何も生み出さない商人が見下されてたからだよ。
平和が続いたことで商人が巨万の富を得るのが皮肉だけどね。
豪邸を建てることや豪華な着物を着ることを禁止されてたせいで
食べ物に金をつぎ込んだという話しもある。


韓国

朝鮮と日本の戦いに興味あるな。


ベルギー

中国/朝鮮へ攻め込むのは無茶に見えるけど
当時の日本の軍事力なら良い勝負なんだよね。
海を隔てたせいで補給路の不足によって負けたけど。


アメリカ

200年間の内戦をしてなかったら
当時の日本はどれだけ強大な国になってたか想像できる?


スウェーデン

どんな政策を取ろうと秀吉は天才だよ。
わらじ持ちから将軍まで上り詰めたことも含めてすごいことだ。
生産性を上げ、犯罪を減らし、病死するまで日本に平和をもたらした。


スロベニア

この話は映像化されてないの?
これは最高のショーになるよ。


アメリカ

ヨーロッパ人がアメリカ大陸を発見してなかったら
ネイティブがこういう国を形成してたのかな?


デンマーク

↑それはないでしょ。
これが起こる以前から日本には中央政権が存在してたから。


ラトビア

民間人から武器を奪うなんて間違ってるってアメリカ人が騒ぎ出すぞ。


アメリカ

アメリカ人に銃を放棄させることを想像したら笑えてきた。
特に今はね。


イギリス

↑オーストラリアでも同じことをやって上手くいってるよ。
アメリカ人は話が出た途端に文字通り憤慨するんだよね。
根本的な理由や歴史的事実が見えてない。



関連記事
関連記事


↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2015/01/19 01:10 ] 歴史 | TB(0) | CM(128)
厳選ニュース
特選ニュース
コメントエリア

110178 | 名無しさん | (2015年01月19日 01:27)
まぁ武器の件では、アメリカは400年遅れてるってことだね
そしてさらに差は広がっている
110179 | 名無しの日本人 | (2015年01月19日 01:29)
朝鮮で大敗したか?
110180 | 名無しさん | (2015年01月19日 01:29)
おいおい!文禄・慶長の役が大敗って!
歪曲にもほどがあるわ!
110181 | 名無しさん | (2015年01月19日 01:32)
秀吉が死んだから、講和結んで撤退したのであって大敗って!

しかも、全体を通してほぼ全ての戦いで豊臣側が勝利してるわ!

ソースはなんだ!?
110182 |     | (2015年01月19日 01:32)
コリアに負けたんじゃなくて明に負けたんだろ
しかも秀吉が病死して戦争目的を果たせなかったと言う意味の負けであって戦闘一つ一つにおいては勝っている
110183 | 名無しさん | (2015年01月19日 01:34)
1588年刀狩り。以後は刃物を持つな農民、で覚えた。
110184 | 名無しさん | (2015年01月19日 01:34)
刀狩りは革新的だよね。
欧米には無理だな。
110185 | 名無し | (2015年01月19日 01:37)
忍者の評価が彼らの理想に近づいたのが笑える
110186 | 名無しさん | (2015年01月19日 01:43)
ケンカ売った側が撤退したら普通負けだわな
110187 | 名無しさん | (2015年01月19日 01:51)
自分は本能寺の変の時に信長がイチゴパンツ(1582)を履いていたって事で年代暗記したな。
いまだに覚えているってことは考えた人が優秀だって事だなw
110188 | 名無しさん | (2015年01月19日 01:58)
朝/鮮/人が動画製作側に絡んで歪曲させたか?
いつものことだが。
110189 | 名無しさん | (2015年01月19日 01:58)
アメリカは自由放任主義が保守だし移民の歴史的にしょうがない面もある
まぁ世界一の強大な軍と政府持ってるのと思想的に思いっきり相反してるけどw
あんだけ軍備や社会監視に金かけてるのに、一般人はセキュリティと安全は金で買わなくちゃいかんのはつらいところ
110190 | 名無しさん | (2015年01月19日 02:01)
確か侍が朝鮮の地で、初めて見た虎を刀で仕留めたという記録があったな
当時の小柄な日本人が、いかに剣技に優れていたかが分かるエピソード
110192 | 名無しさん | (2015年01月19日 02:03)
200年の内戦なんかしてないだろう、記録に残ってるの全て合計しても
どこから持ってきた知識か興味ある
110193 | 名無しさん | (2015年01月19日 02:05)
攻め込んだ目的を達成してないけど戦闘による被害じゃなくて司令部の都合による撤退だからなぁ。負けって言われてもピンと来ないわ。
朝鮮なんか日本に首都落とされて国王が逃げ出してるからなおさら。
明側の史料でも「日本にボコボコにされました」だし。
110194 | 名無しさん | (2015年01月19日 02:12)
海外の人の侍についての誤解は慣れてるが、戦国時代は裏切り当たり前、忠義? 何それ食えんの? とか
武士ならどんな手を使おうとも勝たなきゃ駄目だろって時代だったんだよ。謀反や奇襲はむしろ「さすがだ! 見事だぜ!」って言われる時代だった。
外国人が一般にイメージする侍は江戸時代の侍だろうね。徳川家が全国の米の推移を把握してから以降だね。
つか、戦国の戦ってのは「日本中の田んぼを取り仕切る大将を決める為の時代」だった。
極論的に米=金っていう時代だったからね。江戸時代でも基本的に米資本は変わってないわけだが、
それだけに面白い制度が生まれた。先物取引で調べるのが手っ取り早いかな、この頃の資本制度は面白いぞ。
現在の社会に通じる資本社会基盤が既にこの頃に出来上がってた事がわかる。
110197 | 名無しさん | (2015年01月19日 02:27)
ああ、それと忍者について言うと、ぶっちゃけた話、忍者の実態については今もってよくわかってない。マジで。
黒装束のスパイ集団ってイメージも江戸時代の芸者達が「作り上げた」ものだし、
要するに江戸時代の人達ですら忍者がどういう人達なのかわかってなかった。
忍者も普通の武家と特別大きな差異は無かったってのが個人的な意見だね。
色々取りまとめて大雑把に言うと、「比較的諜報戦とゲリラ戦が得意な武人」でしかない。
そもそも、「侍」を特定の「tribe」としてしか見なせない外国人に言っても仕方ない事だがね。
侍は「ごく普通のただの人」だ。その他の人達とはただ「立場が違った」だけだ。
110198 | 名無しさん | (2015年01月19日 02:28)
半蔵門に忍者配置すれば観光客増えると思うんだけどね~(イギリスの近衛兵みたいに)
その辺ジャパンハウスwとやらで重点的に宣伝すれば桜田門から数名派遣されるよw(縦割り行政の弊害…)
都知事さんはその辺試してみないの?(NINJAシューズ近くで売れば儲かるだろ?w半蔵って書いた只の地下足袋でも・・・)
110200 | 名無しさん | (2015年01月19日 02:33)
この動画は毎回、地理がちょっとおかしい
あと今回は信忠と信雄を間違えてるな…

文禄・慶長の役で負けまくって撤退って言うのは、ちょっと気になるけど
撤退戦ではかなり苦労してるからしょうがないっちゃしょうがない気もする

まぁ、なんにしても翻訳サイトのコメで行っても無駄よな…
110202 | 名無しさん | (2015年01月19日 02:38)
何でもありの戦国の世から打って変わって平和な時代では役に立たなくなった武士は
法と秩序の守護者というイメージを広めることで支配階級としての立場を維持した

そのために利用したのが規範としての儒教であり
特に都合よく解釈された朱子学だったわけだな
110203 | 名無しさん | (2015年01月19日 02:41)
110197 | 名無しさん | (2015年01月19日 02:27)
ああ、それと忍者について言うと、ぶっちゃけた話、忍者の実態については今もってよくわかってない。マジで。
黒装束のスパイ集団ってイメージも江戸時代の芸者達が「作り上げた」ものだし、
要するに江戸時代の人達ですら忍者がどういう人達なのかわかってなかった。

>作り上げた、ねぇw

クンクンw

臭うよw
110205 | 名無しさん | (2015年01月19日 02:52)
>110203
じゃ、現在の忍者のイメージがどのように発生したのか言ってみ。ほら言ってみ。君が持ってる客観的な知識と提示できる資料から。
地理的・政治的な理由から「外国人から持つ一般的な侍イメージ」から乖離していったように見えるだけで、
いわゆるニンジャは「普通」の「侍」と殆ど変らんぜ。少なくともハットリくんみたいな忍者なんていねーよ。
110206 | 名無し | (2015年01月19日 02:57)
後に徳川幕府が朝鮮使節へ正式に謝罪した上で和解してるからな、当時の日本人の認識も日本側が悪かったって事だろ。
戦い自体が誤りなら戦闘の勝ちも誇りにはならん。
ゴロツキの喧嘩自慢と同じだ。
110207 | 名無しさん | (2015年01月19日 03:00)
徳川が謝罪?
してないんだが?
つか朝鮮土人が日本様に貢ぎ物を持って来てるだけなんだが?
110208 | 名無しさん | (2015年01月19日 03:04)
↓徳川は謝罪してないぞ
110210 | 名無しさん | (2015年01月19日 03:10)
※110206
戦争は外交手段の1つであって、結果が全て。
そこに利害はあっても本質的な善悪なんぞあるかよ。
日教組脳なこと言ってんじゃないよ。
小学生の学級会と同じだ。
110211 | 名無しさん | (2015年01月19日 03:15)
>110205
忍者が侍の格好をしていた証拠を持ってこいよw

変装だろ。

その状況に合った服装(町中では町人の格好、屋敷などに侵入する場合には使用人の格好など)、すなわち変装を用いており、特に虚無僧・出家・山伏・商人・放下師(ほうかし、大道芸人、奇術師)・猿楽・常の形(つねのなり、武士や農民)の七つは「七方出の術(七化)」と呼ばれる。

ってあるわ。
110212 | 名無し | (2015年01月19日 03:21)
為政者の横暴に備えて武器を所有する国民の権利を憲法で保証するってのが米国だからな。
善悪の区別が付かない幼児も、その権利を有する国民て解釈だ。
ただ不思議な事に、銃以外の武器はけっこう規制が厳しかったりするんだよなぁ。
ヌンチャクの携帯はアウトだったりとか。
110213 | 名無し | (2015年01月19日 03:24)
晩年がお粗末すぎて、俺の中では残念な人ランキング上位。
110214 | 名無しさん | (2015年01月19日 03:29)
>>110194と>>110194、110205を書いた者だが、スマン俺が冷静じゃなかった。
>>110203を呼んですぐに「中韓の歴史捏造を過剰に警戒する馬鹿」と見做してしまったが、
俺の書き込み見れば逆に俺がそう思われるのも無理ない事だ。
俺が言いたいのは突き詰めれば「どこぞの外国人どもはろくに調べもしねーで勝手な事言ってんじゃねーぞ」って事なんだ。
そのうえで、現在の忍者のイメージは「少なくとも」江戸時代の歌舞伎役者達によって
創作されたものを下地にしてるって事はひとまず間違いないって事だ。この頃でも忍者はよくわからん謎の集団で、
芸人達はご見物を楽しませたい一心で(もちろん悪気なんて無かっただろう)
「黒服の特殊隠密集団」としての忍者を作り上げ、番組として演じ上げた。
この忍者のイメージが現代まで受け継がれ、今日の忍者のイメージの元となっている……
そういう事を言いたかったんだ。彼らが100%間違ってたとは言わない、部分的には正しくその通りだと思う。
ただ、「創作」と「歴史」は別に考えないといけない。ハットリくんみたいな忍者は完全に創作のニンジャのイメージだ。
全国の侍の一般的イメージから見て、特に伊賀者は特殊性があったろうが、忍者も侍の形態の一つであり…
と言うとまた誤解が生まれそうだが。とにかく侍(武士)の範疇として各地に派遣されてる。江戸時代でも。
110215 | 名無しさん | (2015年01月19日 03:34)
>>110214
その作り上げた、っていう根拠を示せよ。

忍者が侍の格好だった、という根拠を。

変装ではない、という根拠だ。

真の姿が侍だった、という根拠。
110216 | 名無しさん | (2015年01月19日 03:34)
実際は朝鮮出兵は秀吉が生きてれば恐らく明に攻め込み主要都市を落とすくらいの事は出来ただろうね。秀吉が撤退した後も国力が落ちてしまった明はそのまま滅亡するわけで、事実上明の王朝自体は秀吉が潰したようなもんだろう。まあ秀吉が全土を支配できたかは中国が広大なので怪しいが
110217 | 名無しさん | (2015年01月19日 03:45)
農民が商人より身分が上??
まだ中国の四民思想とまちがえてるやついるのかw
日本には士農工商なんて無かったよ
武士と平民の二階級しかない
武士と農民の階級がはっきり分かれたのが秀吉の時代からというだけ
いろいろまちがえてるなぁ
110218 | 名無しさん | (2015年01月19日 03:47)
>>110215
いいよ。けれどもその前に君が「忍者が侍の恰好でない」という根拠を示してほしい。
自分も忍者が「侍の格好」してたとは必ずしも思ってないが、君が自説の根拠を
客観的な資料で示せたら俺も客観的な資料を必ず出す。君がそれを閲覧できる環境であるかはわからないが、
絶対に出すと約束する。だから君も出してほしい。客観的に誰もが納得できる資料を。

…不可能だろ? 不可能だから、俺も「冷静じゃなかった」と言ったんだ。
110219 | 名無しさん | (2015年01月19日 03:48)
※110216
南からスペインやポルトガルが攻め込んできたときに備えて、南蛮ルートとは別の貿易拠点を作れればそれでよかったので、(そりゃ統治できるなら別だけど)そこまでする意味も必要もない。

>200年間の内戦をしてなかったら
>当時の日本はどれだけ強大な国になってたか想像できる?

200年は勘違いだが、あの時代に戦国してなかったら日本はなかったよ。日本に到達した宣教師がみたのが、戦乱に明け暮れた日本だったことで逆に日本が守られていた。
平和=大国みたいな近代的勘違い。
110220 | 名無しさん | (2015年01月19日 03:51)
※110217
なくはないよ、絶対的な身分じゃなかったってだけで。
110221 | 名無しさん | (2015年01月19日 03:54)
>>110217
更に言うと、「幕府が国民として資料上管轄できていた人々とそれ以外の人々」かね。
現在ですら、戸籍からはぐれた人や行政が居所を確認できてない人がいる。
一人っ子政策下の中国なんて物凄いぜ、一体どれだけの人が戸籍が無いか試算すらできない状況だ。
110222 | 名無しの日本人 | (2015年01月19日 03:56)
ゴロツキの喧嘩自慢と同じだ。

近代以前は喧嘩自慢こそが正義なんだよ
まぁ表は違うけど裏は今でもそうだし

国際法とかねーんだから侵略してもいいし撃退できない奴が間抜けなのさ
それが証拠にアメリカ人は未だにアメリカに居座ってるだろ
現代の尺度でインディアンに同情しても所詮同情止まりでそれ以上でもそれ以下でもない
結局は自分の土地を守れなかったインディアンが悪いのさ

だから日本を非難するなら侵略したことではなく制圧できなかったことを咎めるのが正しい
110223 | 名無しの日本人 | (2015年01月19日 03:59)
当時は何も生み出さない商人が見下されてたからだよ。
平和が続いたことで商人が巨万の富を得るのが皮肉だけどね。

下賎な金貸ししか仕事がなかったユダヤ人が巨万の富を得て逆に上流階級を牛耳るのと同じですねw
110224 | 名無しさん | (2015年01月19日 04:05)
>>110218
その状況に合った服装(町中では町人の格好、屋敷などに侵入する場合には使用人の格好など)、すなわち変装を用いており、特に虚無僧・出家・山伏・商人・放下師(ほうかし、大道芸人、奇術師)・猿楽・常の形(つねのなり、武士や農民)の七つは「七方出の術(七化)」と呼ばれる。


ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c1/Shoninki24_-_disguises.gif

ここに記されているだろ。

変装の仕方が載っている。

忍装束のことが聞きたいなら、書いておくけど。
110225 | 名無しさん | (2015年01月19日 04:08)
>>110224
いや、これが「客観的に誰もが納得できる資料」だとどうやって証明するんだ?
110226 | 名無しさん | (2015年01月19日 04:08)
>>110186

それが一番客観的だわな
110227 | 名無しさん | (2015年01月19日 04:11)
秀吉は実在しなかったんだよ 
110228 | 名無しの日本人 | (2015年01月19日 04:13)
実際は侍のほうが主君を裏切って一族を皆殺しにしようとしてるのにね。

一口に侍と言っても日本史の半分ぐらいは侍の歴史
戦国時代なんてながい侍時代からみたら実に短い
1000年の中でいろいろなタイプの侍が生まれたが基本的には主君に忠誠を誓うタイプが一番多い

元々の存在意義というか侍が生まれたきっかけが主君(天皇や貴族階級)に仕える傭兵だったんだからそれを否定すると自分たち(侍)の否定になってしまう

この根本的な考え方が絶対権力を握っても天皇を廃止しなかった数ある理由の一因としてあると思う
110229 | 名無しさん | (2015年01月19日 04:13)
だからそういうの意味ねーんだって。しょせん歴史・民俗学は考えることを楽しむ学問だ。考えるための資料があれば儲けもので、結論は個々人に委ねるしかない。その為に議論するのも楽しい、楽しいが、自説と違う意見が出てもそれをむしろ楽しむくらいでないとやっていけない。証明なんて誰にもできないんだよ。
110230 | 名無しさん | (2015年01月19日 04:17)
>>110228
ああ、その意見面白い。各々色んな解釈あると思うが、自分の考えまとまったらまたコメントさせてもらうかも…。
110232 | 名無しさん | (2015年01月19日 04:28)
裏切りが当たり前だったっていうのは間違い。
当時は完全なギブ&テイクだったんだよ。土地の土豪や農民らが、自分の土地や親族郎党の為に主君に仕えてただけ。裏切るというより、契約不履行で見切りをつけられたって考える方が近い。
110233 | 名無しさん | (2015年01月19日 04:31)
日本初となる身分制度って?
平安に貴族とかいなかったっけ
110234 | 名無しさん | (2015年01月19日 04:33)
士農工商は家康ではないか?それに人口比率的にピラミッド型というよりダイヤモンド型だと突っこみ入れとこ。
110235 | 名無しさん | (2015年01月19日 04:43)
>>110232
あ、それや。それが一番公平な意見に近いと思われるかも。
ちょっとうろ覚えな上どこの地かわからんし資料見直さないといかんけど、確か土地の農民らが年貢の見返りに代官が“川の瀑れ”を鎮める見返りにどうのこうのってのがあった記憶が……これに連なって一山あったはずだが、これも調べないと気になる……。
この時は確か年貢の割り増しで決着したんだよな。
気になるのはこれ戦国期で、江戸時代の政治が比較的“洗練”されてきたと思われる頃だとどうなったんだろ。
110236 | 名無しさん | (2015年01月19日 04:43)
>>110225
実際に、どのような方法で変装していたかが記されている。

次は、キミの番だ。

否定資料を見せなさい。
110237 | 名無しさん | (2015年01月19日 04:52)
そうじゃなくて、それをいかに証明し得るかってことだろう。
証明できないから、議論し続けるより他ないのかもしれない、でもこれだけでは断言できるけど、決してどこにも辿りつかねーぞ。
110238 | 名無しさん | (2015年01月19日 05:00)
確か明にも負けてなかったような。明の援軍も返り討ちにされて
マジヤバいどうしようってのが明側の資料にあったとか
110239 | 名無しさん | (2015年01月19日 05:06)
>>110237
証拠資料が証明でしょう。

証拠資料を否定したいなら、それを否定するための証拠を提示しないと・・・。

文句を言うだけでは解決しませんよ。

僕が提示した証拠資料に対する反対資料を提示してください。


強制慰安婦はいたのですか?

「はい、いました。」

証拠を提示してください。

「証拠はありませんが証言はあります。」

これは証拠の証明にはなりません。

おわかりですか?
110241 | 名無しさん | (2015年01月19日 05:17)
だから無意味だって。タイムスリップでもしない限りお前の言う解決なんてありえない。創作と史実は別だし、個人の証明と史実も別だ。お前はお前の解釈を楽しめばいいし、それ以外には不可能だ。ああ、そういう考えもあるなぁと思えば歴史の議論は楽しくなるが、押し付け合いになったら全然楽しくない。書き込み見るにお前は強制慰安婦の認識の押し付けには不満持ってるんだろ?今お前がやってる事も同じ一人相撲だ。意味ねーって。解釈という創作をただただ楽しめよ。楽しめっていうか、それ以外にない。そういう学問だよ。
110243 | 名無しさん | (2015年01月19日 05:24)
いろいろな資料を持ってきて不利になるとそうやって逃げるのは卑怯だと第三者から見て思ったぞ
110245 | 名無しさん | (2015年01月19日 05:26)
>>110241
証拠資料がある以上、僕の押し付けではない。

証拠資料を提示できなかったキミの方こそ、押し付けだ。

根拠がないからね。

真の姿で忍者が侍の格好をしていた、っていうキミの意見は論破された。

以上。

あと、慰安婦の件は、キミを煽っただけ。

反応するかな、と思ってね。
110246 | 名無しさん | (2015年01月19日 05:32)
そもそも論点としてるってかしたい部分が違うから議論にもなってなry
110248 | 名無しさん | (2015年01月19日 05:36)
創価、イスラム教追い出してくれ
キリストの不穏な動きも
110249 | 名無しさん | (2015年01月19日 05:39)
いやほんと大学のインテリ先生や民族学者よりその辺の歯医者が書いた本の方がまだ妥当な事言ってるなぁって分野なんで、そうマジギレして話してもしょうがない的な
よくわからんけど仲良くやろうぜ?
110251 | 名無しさん | (2015年01月19日 05:57)
というか金を持ってる人間の意見を聞くと政が偏るからだよ
だから金持ちは下層にしてんの
現代みりゃ判るだろ 金持ち優遇すりゃどんだけ不平を呼ぶかを

昔は移民なんて無かったから金持ちは不平があっても従うしかなかった
現代では嫌になったら他所へ金もって逃げれるからな 昔ほど上手くいかない
110253 | 名無しさん | (2015年01月19日 06:08)
なんか、自説をやたら主張している人いるけど、
「そういうのは自分のブログでやれ」って定番の言葉プレゼントする
まあ、ブログやっても、誰もコメントしてくれないだろうから、わざわざ翻訳サイトにきてまで、元ネタ無視して自己主張してんだろうけど
110254 | ななし | (2015年01月19日 06:08)
横槍失礼。

忍者のイメージ仮託された人物ってのがあるから、現在定着してる忍者イメージでは語らない方がいいと思うよ?

忍者は仮説が多すぎて特定出来ないのと、実際に読本や歌舞伎とかの娯楽でイメージだけを誇張されて使われた部分もあるから。

筧政期の甲賀古士らによる訴願により世間に広まった忍者イメージとしては、「児来也説話」の児来也、「列戦功記」の飛加藤、「絵本太閤記」の石川五右衛門等の読本が有名。

イメージ仮託された者として有名なのが、松尾芭蕉と柳生宗矩。

松尾芭蕉は伊賀出身の俳諧者だった事から伊賀忍者説あり。

柳生宗矩以下柳生一族は徳川家の信頼厚き剣豪大名として有名であり、ドラマにより忍者の総元締めのイメージが定着した。忍者≠侍のイメージもこの辺りに起因されてると思われる。

忍者の活動に隠忍陽忍がある様に特定の専門分野の技術集団の事も忍者であったとされる説もあり。

だから一番娯楽が発達した江戸時代で拡散された創作忍者イメージと実在忍者が混在しているから、忍者の真の姿は侍であると言う断言はおかしいのでは?と言ってるんではないかな?
110256 | 名無しさん | (2015年01月19日 06:12)
>>110251
おーこれは興味深いわ。俺がこういうブログやサイト見るのをやめられないのはこういう別視点の意見見れるからだ。また考える材料が増えたぜ。売れてる本の中では例えば漫画のセンゴクとかも一部で叩かれてるし理由も理解できるんだが、別視点の見方を見せてくれたって点では俺にとっては五本指に入る本だからな。ある意味これを現代に導入すればとも思うが、それはそれで問題が発生するんだよな。難しいわ。そういう事があるからこそ興味深い。
110257 | 名無しさん | (2015年01月19日 06:13)
双方が大敗…?このシリーズの資料はどれを元にしてるの?
朝鮮に大敗したなんて資料ないだろ
島津さんが貧困になったくらいじゃん
110259 | 名無しさん | (2015年01月19日 06:20)
身分制度は崩れた身分制度の再構築だな。
税制っていうか太閤検地で石高を調査して年貢の割合を正確にしたって事だし。
まあ、海外が作るもんだからいい加減だな。
110261 | 名無しさん | (2015年01月19日 06:32)
>>11254
横槍って言うけどIPはブログ主から見えてると思うよ
110262 | 名無しさん | (2015年01月19日 06:33)
>>110254
芭蕉の句残した石碑が地元にある。九州福岡の加布里天満宮ってとこ。あの人当時に九州まで来てるんだから本当とんでもないよな。ここは忍者好きな人が多いっぽいから、また忍者関連の記事作ってほしいな~。みんなとガチで話し合いたい。
110263 | 名無しさん | (2015年01月19日 06:34)
三河の位置も知らんのによくこんな動画作るな
110264 | 名無しさん | (2015年01月19日 06:41)
※110254
戦国に興味ある人はニンジャ知識多いよ
猿飛佐助が実在の人物だと思っている人少ないし
だからさ、自分で勝手に「他の奴らの忍者のイメージは常にしのび装束着ていて、大凧に乗ったり大がまがえるに乗ってる」とバカにしないようにね?
110266 | 名無しさん | (2015年01月19日 07:06)
>>110254
律令の国司、守介掾目、国司の国衙、国人百官
幕藩体制の時の組織は、目付番頭組頭衆同心から岡引下引まで
日本の警察
110267 | 名無しさん | (2015年01月19日 07:07)
結局、日本の歴史も演劇や小説等によって作られた
嘘が多くを占めてるのだよね・・・
中国の三国志なんかも多々嘘が含まれてるだろうしね
韓国もそれを知っているから、せっせと韓流時代劇で歴史創作してるんだろね
何十年かたてば、それが歴史的事実になってしまうっていうね
110268 | 名無しさん | (2015年01月19日 07:15)
双方が大敗、って言ってるの?
朝鮮への皮肉なんじゃないのw
110270 | 名無しさん | (2015年01月19日 07:17)
江戸時代だとお庭番、いや同心だったか?あの辺りが忍者の流れを組む生き残り?とも言われてて同心あたりは末裔もいて色々書き記されてたりするけど当時の同心ですら忍者だったモノ達とは言い切れないつーか違ったぽいしな。

まぁ解明は難しいか、だからこそ楽しいのだろうけど。
110271 | 名無しさん | (2015年01月19日 07:17)
秀吉の朝鮮出兵はそもそもスペインが原因なんだが。
スペインが明を侵略した上で日本を攻めさせようと企んでいたから日本が先手を打っただけ。
110272 | 名無し | (2015年01月19日 07:18)
誰だったか歴史家が、秀吉の最大の功績は識字率を飛躍的に向上させたことだと言っていた。
太閤検地によって日本初の国勢調査を実施することになるが、戦国の世に各大名達は自国の正確な戦力を公表することを嫌い、協力に消極的だった。
そこで、全国の寺に協力を依頼し、彼らに役所的な機能を持たせた。
寺側にとっては秀吉の後ろ楯の下に布教活動ができるとあって、極めて積極的だったとか。
その結果、布教活動に絶対不可欠な教義の説明をせずに、日本の仏教界は全国的な布教に成功した。だから、念仏は漢文のままらしい。
そして、国民は武士から農民まで寺に出入りし、寺小屋に誰もが通うようになり、意図的ではなかったらしいが世界最高の識字率を作り出した。
正確な数字は失念したが、江戸初期には既に9割程度だったと言われ、当時の世界どこを見ても有り得ない識字率だったらしい。
110273 | 名無しさん | (2015年01月19日 07:22)
>>110267
出来事を読めばいいだけじゃないの
出来事だけを
110274 | 名無しさん | (2015年01月19日 07:24)
その出来事の解釈が各々で違ってくるから難しい……。この動画だってそうだろ? や、これは解釈以前に知識が間違ってるが。
110275 | 名無しさん | (2015年01月19日 07:28)
朝鮮ってなに?wしらな~~~いwww
110279 | 名無しさん | (2015年01月19日 07:40)
忍者のイメージがハットリくんな人って今時いるのかねw
忍たまならまだわかるけど。って言っても忍たまは結構調べて描いてるよね。
110281 | 名無し | (2015年01月19日 07:45)
一説によると、忍者の末裔が、能や歌舞伎役者と言われてる。あくまでも、状況証拠のような分析だけど。
そもそも、忍者とはスパイであり、当時国境を越えることが比較的容易だったのは坊主と旅芸人だけ。欧州に於けるジプシーが担っていた役割に似ている。
戦国時代の終焉とともに職を失った彼らが、自らの技能を生かして生み出したのが歌舞伎。
男が女に化けるなど、あらゆる変装、早変わり、そして様々な特殊演出など、彼らが駆使する技能の大部分が忍術を基にしているとか。黒子なんて、忍者装束そのものでしょ。
能や歌舞伎の演目の基になってるストーリーも、内部情報に詳しい人間でないと書けない話が多い。
芸名も、本名を明かせないスパイ故の名残とか。
因みに、能の始祖である観世流宗家の本名は(今も)服部さん。
110282 | 名無しさん | (2015年01月19日 07:45)
実際は朝鮮って日本にズタボロにされた訳だが、主君が死んだとからとはいえ
日本が目的を遂げずに引き返したのだから勝ちと主張するのも分からなくもない
いつものようにボロボロにされても精神的勝利を主張するようなもんだ

まあ、日本としては朝鮮なんて眼中になかったんだがな
110286 | 名無しさん | (2015年01月19日 08:00)
五大老と五奉行の戦いへ
鎌倉以来の評定衆(五大老)と寄合衆(五奉行)になり
東西に分かれ合戦するという

合議制つうのは、独裁的になりやすくあれだよね
国連でもあれだし歴史は繰り返すね
110294 | 名無しさん | (2015年01月19日 08:45)
史実に基づいたフィクションとして、大河ドラマを見せてあげたいわぁ
去年のやつ面白かった
110298 | | (2015年01月19日 09:03)
まぁアメリカが出来上がってく経緯を考えると
武器を手放すことに抵抗があるのは理解できる
110304 | | (2015年01月19日 09:46)
士農工商って研究が進み、身分・階級を表すものじゃなかったってことでもうとっくに教科書からも消えてるんだよね、単に当時の国民全体を表す言葉だっただけ(「老若男女」、と同じようなもの)

「四民平等」も同じく教科書から消えてる
110305 | 名無し | (2015年01月19日 09:47)
家康に仕えてた服部半蔵は二代目で、忍者ではないんだけどw
半蔵の部下の伊賀衆も単なる足軽
文献が沢山残っているのにね
フィクションの方が信じられちゃった
110306 | 名無しさん | (2015年01月19日 09:49)
日本の歴史に詳しい外人が多いことが分かったよ。
110308 | 名無しさん | (2015年01月19日 09:55)
日本が撤退した理由は三つある。最大のものは秀吉亡き後は内乱がの可能性が高く、朝鮮半島で油を売ってる場合じゃなかったこと、次に朝鮮半島では内地と異なり、兵器弾薬から糧食・足軽まですべて補給しなければならず、秋から冬にかけては海が荒れ、補給が困難になること、戦闘に参加する大名は部下に恩賞を与えなければならないが、朝鮮の荒れ地などそのままでは価値がなかったこと。つまりは日本軍にとって文禄・慶長の役は日露戦争におけるロシア軍、WW2におけるアメリカ軍と似た立場だったのである。撤退時に島津義弘が奮戦したのは後に成立するであろう徳川政権に薩摩の武威を見せつけるためだった。
110318 | 名無しさん | (2015年01月19日 10:28)
秀吉の晩年の功績は半島の野心をぶっ潰したこと。欲に通じていたのは初めからだし。
朝鮮通信士は羨ましいとか手に入れたいとか言ってたようだけど聞き入れられなかったと判断するほか無い。
110321 | 名無しさん | (2015年01月19日 10:45)
身分制度なんて形だけで実際は農民が常に下で搾取されるだけ
110324 |     | (2015年01月19日 10:57)
ここまで日本の歴史を研究する外国人がいる事が驚きだわ。俺なんてヨーロッパ史は好きだけど掴みきれない。
110325 | 名無しさん | (2015年01月19日 11:03)
忍者の話で日本人が盛り上がってるなんて珍しいね。

忍者の定義からやったら?

現代で言う「忍者」は、映画やマンガのせいでカバーする範囲が広すぎて、同じ事について喋っているつもりでも、実は違うものについて喋っていたりするなんて事はよくある事だし。

細谷直英が好きだけど、彼は忍者だって後世の人は言う。だけど当時の彼からしたら、国のために間諜という公務員をしていただけで、自分を「忍者」だと思っていたかどうかは疑わしいと思う。下級武士の出で、藩に命じられて他藩を探ると言う仕事をしていただけで。明治以降は軍人だし。

昔の人が戦争のために当然使っていた間諜やテロ実行犯みたいな人達を現代人が忍者と呼ぶかどうか、そもそも忍者とは何かと言う定義の問題なんじゃないの。外人さんからしたら、そういう人達は当然ひとまとめに忍者なんだろうけど。

110326 | | (2015年01月19日 11:04)
百姓を農民と規定し始めるのは江戸期から、それでも徹底はしきれなかった。
当然、農村にも各種の職業が存在する、それらをもひっくるめて百姓だ。
身分制と言うなら、武士とその他、ぐらいの分け方の方がしっくりくる。
110331 | 時空を超えて | (2015年01月19日 11:29)
朝鮮出兵はあくまで明への道だったし
朝鮮は貧乏すぎて魅力ゼロだしな
撤退した武将の気持ちは
今の日本人と同じ

関わりたくない
110334 | 名無しさん | (2015年01月19日 11:44)
基本的に老害になった秀吉の報復が怖かったから参戦したんであって、喜んで参戦した大名はいなかっただろう。目端利く大名は、秀吉没後の立場を考えていただろうし、石田三成は自分に忠実な大名を強化し後の家康に対抗しようという意図も見てとれる。家康は豊臣恩顧の大名を徳川方に寝返らせるチャンスでもあったしな。結果的には石田三成が豊臣の滅亡を決めたようなもんだな。
110340 | 名無しさん | (2015年01月19日 12:33)
>110334
結果から類推しすぎだな
110361 | 名無しさん | (2015年01月19日 16:23)
始まりの音楽がポピュラス・ザ・ビギニングじゃねぇか
110366 | 名無しさん | (2015年01月19日 17:08)
海外で人気な物は必ず起源うんぬん言ってくる・・・・・

110368 | 名無しさん | (2015年01月19日 17:18)
うちは信長の野望で出てくる弥富の服部党の子孫らしい。
110369 | 名無しさん | (2015年01月19日 17:25)
忠義は当時も賞賛されてたよ
裏切りや謀反は当然忌避されてたし、報復もある。
疑いのあるものは容赦なく斬られた。
そもそも、光秀は謀反人だから本能寺の後秀吉に負けた。
秀吉は改革者ではあったが、その功績のほとんどが信長の真似。
まぁ、信長も色んな大名の真似はしてたが、構想などはぜんぶ信長
の真似。朝鮮の役でさえ。
秀吉は有能に違いないけど、簒奪者であり、暴君であったのは事実。
ただ、保守的な家康が実権にぎるより、改革派の光成が実権にぎってたほうが中世は発達してたかも知れん。
110399 | 名無しさん | (2015年01月19日 20:50)
>>110338
うちは平清盛の子孫らしいぞ。
110424 | 名無しさん | (2015年01月19日 23:26)
文禄・慶長の役は敗北で間違いないだろ
被害的には圧倒的に勝っていても戦果もなしに
引き上げざる終えなかったんだから
110427 | 名無しさん | (2015年01月19日 23:55)
・オーストラリア
士農工商で左翼が広めた嘘を海外の人まで信じてるのか
あれはカーストを表したものではなく、社会構造を示したもの
士が治め、農が生産し、工が加工して、商が広める
これだけの話で、つまり「すべて大事な世の中の一部だよ」って話なの
でも左翼教師が「農民が一番下だけど、それを誤魔化すために商人を下にした」とか、それに類するいい加減なこと吹聴しまくってるんだよ
もし学校で士農工商をカーストとして教えてる教師が居たら注意したほうがいいぞ。そいつは「農民はひたすら搾取され圧迫されていた」世界観を植え付けたいだけだから
110457 | 名無しさん | (2015年01月20日 02:42)
身分制度そのものではなかったが士農工商はそのまま当時の支配者からみた価値観を表してはいる
支配階級の士が上なのは当然として
士に納める税である米を作る農
制限してはいたが社会に必要な技術を持った工
右から左に動かした金儲けや金貸しで快く思われない商
110567 | 110368 | (2015年01月20日 09:00)
うちは忠正流、つまり清盛に切られた叔父さんの末裔らしいw
それと家長の子孫ということだけど、本当かどうか・・・。
要するに伊賀の服部の子孫。
110660 | 名無しさん | (2015年01月20日 13:46)
>>110340

それを言うなら推測な
類推は比喩だろ
110874 | | (2015年01月21日 18:50)
大陸で刀狩とか無理だとは思うわ。
国境線が長すぎて管理できない。
日本だって朝鮮半島経由で薬物とか銃器がいっぱい入ってくる。
犯罪の起源も半島だな。
110892 | 名無しさん | (2015年01月21日 20:13)
>>110325
そうなんだけど、その定義づけがまた難しいんだよな。調べれば調べるほどわからんくなるぜ。ある資料とは真逆の事が別の資料に描かれてたりする。その間を取った立ち位置で論ずるか、総合的な立ち位置を取るべきか、そもそもその解釈はどうあるべきか。更にこれがこうならあれはどうだ? と新たな疑問が湧いてくる。創作物なら曖昧な立ち位置も取れるが、純粋に歴史的民族的観点から議論しようとすると、その意見があらゆる観点から疑問の余地なく「確か」であることが求められてしまう。難しいんだよ。
110910 | 名無しさん | (2015年01月21日 21:22)
>>110325
>同じ事について喋っているつもりでも、実は違うものについて喋っていたりするなんて事はよくある事だし。

色々考えたけど、結局これなんだって気がする。これもがあるから、話し合うということは難しい。そして、それが楽しくもあるから尚難しい。
何故って、個人の認識や感覚のズレがまったく別の意見を生み出すからだ。それは考えた事無かったわ、なんてのがいきなり出てくるのはこれのためだ。
それがまたややこしい事態を生み出すんだけど、それでこそまた考える材料を俺らに与えてくれる。一長一短とか文殊の知恵とかいう言葉があるけど、それを一番実感させてくれるのは歴史民俗学かもしれないと本気で思うことが何度も何度もある。
ある程度の偏見と誇りを持って言うが、他には心理学以外には無いだろ? これほど解釈と認識によって個々の意見が違ってくるジャンルは。
だから最高なんだ。歴史の勉強は最高だ。考えても考えても、考えるネタが尽きる事がない。他の分野(数学やあるいは社会学でも)を勉強してる人に言わせれば「それはどの勉強でも一緒だよ」と言われそうだが。
135338 | 名無しさん | (2015年05月19日 05:59)
エタヒニンとかよくさべつがーっていわれてるけど
たとえばヒニンって具体的にだれがいたかいえるやついるのだろうか?w
いえないよなぁ~凶悪な罪人がその身分と引き換えに釈放されるかどうか選択せまられて
だれもならなかったくらいだからw
135339 | 名無しさん | (2015年05月19日 06:00)
>>110874
実際刀狩って強権的なものではなかったからね
義務教育でもちょっと嘘をおしえちゃってるけど
実際にはもっとゆるいもの
今の銃の登録なんかよりもゆるい
137557 | 名無しさん | (2015年05月30日 04:43)
なんか自分に酔ってる奴が居るな
141699 | 名無しさん | (2015年06月20日 19:27)
>200年間の内戦をしてなかったら
>当時の日本はどれだけ強大な国になってたか想像できる?

内戦をしていたから 当時の日本が最強の戦闘能力を維持して
(鉄砲の所有数はヨーロッパ全土を合わせた数より多かったり)
だからこそ鎖国もできた。
弱い国が「これからは貿易相手はこっちが選ぶから。選ばれなかった国は近づくのもダメだから」
なんて宣言しても、攻め込まれて終わり。
「ヨーロッパから勝手に行っても確実にボコられる」と周知されていたから鎖国できたんだよ。
142428 | 名無しさん | (2015年06月24日 11:49)
※110193
※110282

慶長の役の目的を説明しておくと下記の通り。

1・全羅道・忠清道の掃蕩
2・半島南部での築城
3・攻めてくる敵の撃退

この三つなわけだが、秀吉軍はこれをすべて
完遂させていたし、戦略戦術も日本軍主導だった。

対する明朝鮮軍は、全羅、忠清で敗退を続けて
1597末~1598の蔚山攻防で大敗。
1598年冬の12万人近くを動員した一斉攻勢も大敗している。
兵糧も大量に失っている。

秀吉軍が日本に帰還した後の李氏朝鮮の結論は、
我が軍は7年間、敵の本営を一つも撃滅できなかったし、
秀吉軍があのまま半島にいられたら、もはやなんの手を打つこともできなかったと
総括している。

明の将軍も、日本軍は秀吉が死んだから帰ったに過ぎず、
またより強大な軍勢で攻めてくるだろうから、防備せよと朝鮮に忠告している。


日本は、戦略戦術ともに成功させていた。
147071 | | (2015年07月15日 02:57)
敵が撤退したという意味でなら朝鮮が勝ったのだろう。
対日戦で疲弊して国が滅んだ明が負けといえるかもしれない。
日本は戦争の表向きの目的は果たせなかったものの
本当の目的は果たしてるから成果は大きかった。
武士団の中で厭戦気分が充満したことでの国内の平和への貢献は大きい。
そして本当の意味での敗者は国土を蹂躙され戦場にされた朝鮮であることは疑いようが無い。
だがその責を日本に問うのはお門違いだ。
なぜなら日本は明侵攻のために朝鮮半島の通行を求めたが拒否されているのだから。
147725 | 名無しさん | (2015年07月18日 09:40)
本当の目的って言っても
結果 武官と文官の対立は深まり
大戦になったあげく日本から国交修復に
出る羽目になってますけど



148166 | 名無しさん | (2015年07月21日 00:00)
日本では、科挙を導入しなかったので武士は士大夫ではないし、結局日本的なゆるい身分制度になった。
とくに武士と農民以外はユルかった。ただし、分をわきまえる事が規範になった。

って書くと、マルクス史観の階級闘争至上主義者が湧くんで、ここまでww
148184 | 名無しさん | (2015年07月21日 04:04)
>ヨーロッパ人がアメリカ大陸を発見してなかったら
>ネイティブがこういう国を形成してたのかな?
見てみたかったな。インディアンの国。

159972 | 名無しさん | (2015年09月24日 14:34)
身分制度(士農工商)は無かった。
「身分制度」があった事にしたいのは、明治維新後に伝来した白人の「自由主義」により日本人が「開放」された事にしたいから。

例)新撰組 農民→武士
三菱 武士→商人
163861 | 不勉強者 | (2015年10月16日 11:50)
 映像のコメントが激しい歴史討論にw いや、大変勉強になりますm(_ _)m
 面白いし、嬉しいわ。日本人が知らずに でも世界に向けて自慢できること一杯あるんだね。最近のTVの自己陶酔型番組は嫌悪感あるけど。

それにしても、ここで討論しているヒトって何者?w
175801 | 名無しさん | (2015年12月12日 12:16)
>当時は何も生み出さない商人が見下されてたからだよ。
>平和が続いたことで商人が巨万の富を得るのが皮肉だけどね。

むしろ、巨万の富は当時の大阪商人たちは既に得ていたわけで、結果的に富が商人に偏よって起きていた問題が既にあった。現代の西洋のようにね。それを武士が社会システム的に吸い上げて農民にばら撒くというスタイルを取る事で平和な時代に突入する。現代の日本のやり方もこのスタイル。北米などで今オバマが取り組んでいる事を当時の家康がやったと思えば分りやすい。

欧米は文明的な意味では社会システムは進んでいるけど、日本と違って宗教や倫理による社会システムがないから、市民レベルの個人の回路回路で見た場合わざわざそういう事を勉強して理解しないといけないわけで、そういう意味じゃ日本人の視点でいうと子供みたいな発想なんだよね大人が
180397 | 名無しさん | (2016年01月08日 16:21)
服部半蔵は武士ですよっと
忍びを束ねていた地方武士
180821 | 名無しさん | (2016年01月11日 18:03)
三河の位置がおかしい
182972 | 名無しさん | (2016年01月24日 11:07)
※135338
車善七でググれ
あと犯罪の刑罰でこの身分になるのは非人手下と言って
この階層の一部にすぎん。
187425 | 名無しさん | (2016年02月16日 19:41)
刀狩りで言えば欧州の方が遥かに進んでたろ(おかしな方に)
日本じゃ刀狩り後も猟師は銃の所持を許されていた

欧州だと王侯貴族の所有地(つまり全土)で猟は禁止
領民は銃など持てないし農業目的以外で鋤や鍬を使うことも禁止
農民なんか狼などが出ても素手で戦わないといけなかった
191296 | 名無しさん | (2016年03月08日 04:17)
逆に戦国時代が起こらず、争いが局所的ですんでたら
日本はあれほど発展しなかったな
戦国時代という厳しい時代が来たからこそ
支配者は自国を富ますことに力を注いだ
それまではただ今あるものの上にいて税を取ってただけだった
戦国時代とその勢いを引き継いだ江戸時代初期の富国強兵志向が
平和に発展していく江戸時代を経ることで明治につながった
江戸時代から一気に人口が増えたことがその発展を物語る
193088 | 名無しさん | (2016年03月19日 10:11)
なんか火病こじらせた奴が沸いとるな
そこまで大敗が引っかかるか (哀
名前 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dng65.com/tb.php/1682-f76d45ea


スポンサードリンク

スポンサードリンク