海外「すごすぎる」日本が西洋の影響で生み出した究極の道具に海外が仰天

kanna_s0.jpg


日本の木工用工具「鉋(かんな)」を使って、木材を可能な限り薄く削る「うす削り」を実演した動画が話題になっていました。

日本で主流となっている二枚鉋は、明治以降に西洋鉋の影響で生まれたものですが、刃の材質や形状などが西洋のものとは異なるため、切れ味にはかなりの差があるそうです。

この「うす削り」を実現するためには道具だけでなく、鉋の状態を維持するための専門的な知識や職人技も必要で、優れた職人になるとミクロン(1000分の1ミリ)単位の鉋くずを削ることも可能です。

そんな究極の道具と職人技によって生み出される膜のように薄く削られた鉋くずには、海外からも驚きの声が寄せられていました。








以下、反応コメント




海外の名無しさん

すごすぎる。


海外の名無しさん

紙より薄い木の膜なんて初めて見た。


海外の名無しさん

こういうのは何時間でも見てられる。


海外の名無しさん

ヤスリの立場がなくなった。


海外の名無しさん

日本の刃物や道具は世界一だね。
11年間木を扱う仕事をしてるから驚いたよ。
まあ木材の種類によっても違ってくるけど。
これを使えばすべての木材が削れるってわけじゃないよ。


海外の名無しさん

俺の和包丁も素晴らしいクオリティだよ。


海外の名無しさん

明らかに中国製ではないね。


海外の名無しさん

欲しくなる。


海外の名無しさん

日本は最高のクオリティのものを生み出すな。


海外の名無しさん

↑日本製のノミやノコギリは最高だよ。


海外の名無しさん

鉋をいくつか持ってて薄くしようと何度も研いでる。
この刃は研ぐと完璧に薄く出来るようになる。
控えめに言っても素晴らしいね。
日本の木工職人は世界一だと思うな。
細部への拘りには驚かされるよ。


海外の名無しさん

人生の大半を木を扱って過ごしてきたけど
これは本当にすごいと言わざるを得ない。
腕の良い職人が作った鋭い刃を使ってるに違いない。
本当にクールだね。


海外の名無しさん

↑サイズや用途に限らず日本人の作る刃物は一番みたいだね。
日本人には脱帽だよ。


海外の名無しさん

↑日本の文化や歴史が大好きなんだよ。
地理的な位置や歴史的に孤立してきたことで
文化的にユニークな人々になったらしい。
たぶんそれが職人技にも密接に結びついてるんじゃなかと思う。


海外の名無しさん

船を改装してる日本人と一緒に働いてるけど
日本のノコギリ、ノミ、ナイフ、鉋は西洋とは比べ物にならない。
ちなみに探せば売ってるよ。


海外の名無しさん

鉋の品質も良いけど、木材の品質も良くてかなり柔らかいね。


海外の名無しさん

↑日本の杉は一般的に家を建てるのに使われてる。
軽いけど柔らかくはないよ。


海外の名無しさん

Plane(鉋/飛行機)って言うから飛ぶのかと思った。
すごいけど。


海外の名無しさん

日本製のクールな飛行機のオモチャを期待してたのに!!!


海外の名無しさん

削ったものを何に使うのか気になる。


海外の名無しさん

こうやってトイレットペーパーは作られてるのか。


海外の名無しさん

SUBWAYのハムとターキーもこうやって薄くしてるんだろうな。




関連記事
関連記事


↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2015/01/16 22:10 ] テクノロジー | TB(0) | CM(60)
厳選ニュース
特選ニュース
コメントエリア

109800 | 名無しさん | (2015年01月16日 22:29)
鰹節も鉋使うよね
109802 | 名無しさん | (2015年01月16日 22:35)
確かに日本製の「ノコビリ」は最高だよね。夕方コンタクトレンズが渇いた時とか、味噌汁の隠し味とか、肩が凝った時とか、「ノコビリ」欠かせないもんな
109805 | 名無しさん | (2015年01月16日 22:41)
英国王室の庭師をしてた人も日本のハサミを使って剪定してるとテレビでやってたよ

実はすでに江戸時代でも、闇で行われていた大陸との民間貿易では、日本製の鉄製品や道具は海外で非常に人気で、黒い宝石といわれたシベリア産の黒テンの毛皮のような高級品でさえ、日本のただの鉄の鍋と物々交換されたりしたらしい
109806 | 名無しさん | (2015年01月16日 22:44)
薄削りのコンクールみたいなものもあるらしいね
もっとも薄く削る人が優勝とかで、そういう人たちの域までいくのは熟練を要するらしい
109808 | 名無しさん | (2015年01月16日 22:47)
109802
修正されて訳わかんないことになったか(推理)
109809 | 名無し | (2015年01月16日 22:48)
最後のコメントワロタwww
109811 |   | (2015年01月16日 22:49)
昔は槍鉋っていう、文字通り槍みたいな刃物使って平滑を出してたんだからそっちの方もスゴイよね。
確か、東大寺を修復したときに屋根裏から出てきたとかなんとか…?
109812 | 名無しさん | (2015年01月16日 22:51)
まるでかつおぶしだ。
109813 | 名無しさん | (2015年01月16日 22:59)
意外と簡単だったりするの?
ただ切れないように削るだけならさ。
昔家かどこか知らんが見た覚えがあるのだが、
使ったことはないのね。
109816 | 名無しさん | (2015年01月16日 23:05)
>>109813
安物しか使ったこと無いけど、刃の出具合と角度の調整がクソ難しい。
だから多分、素人は無理だと思うよ。
109817 | 名無しさん | (2015年01月16日 23:05)
頑張れば食べれるんじゃないかと錯覚してしまう。
109820 | 名無しの日本人 | (2015年01月16日 23:11)
※109813
ただ単にやるだけなら簡単
鉋をしっかりとかけると撥水性とかを発揮できるし、全ての木材の鉋がけを均一にするのと商品として問題なく出せるレベルまでやるのなら習得するのに何年もかかる
109823 | 名無しさん | (2015年01月16日 23:24)
海外「すごすぎる」日本が西洋の影響で生み出した究極の道具に海外が仰天

これどうゆう意味なの?
西洋関係ないやん…
109824 | 名無しさん | (2015年01月16日 23:28)
※109823

え?ちゃんと記事読んだんだよね???
109825 | 名無しさん | (2015年01月16日 23:28)
西洋関係ないよなww
109826 | 名無しさん | (2015年01月16日 23:34)
日本は自由化だ自由競争だなんて言いながら他の弱小の企業や技術者を食いつぶしたりしない文化だったから・・・
苦しいときは時には助け合ったりしながらも切磋琢磨して磨きあげてきた技術や伝統があるから・・・
ライバルを潰すことだけ考えてる国って結局一時的な強者しか育たないよね。
109828 | 名無しさん | (2015年01月16日 23:35)
子供の頃家の増改築で、大工さんの仕事を近くで見させてもらったの思い出した。「ここで見てな」って言ってくれて、鉋屑貰って「パピルス!」って喜んで絵や字を書いて遊んだの思い出した。そういえば畳屋さんも畳の表替えに来た。その時も縁側で座って、畳屋さんが庭で仕事するの見せてもらったなー。職人さんはカッコイイ!木やイ草の匂いは特別な感じがして好きだ。
109829 | 名無しさん | (2015年01月16日 23:36)
代々、大工の家系だけど。
玄能や鋸は、触らせてくれても墨壺と鉋だけはダメだった。
親父は、いつも仕事から帰ってきたら刃を研いでた。
簡単そうに見えるけど。意外に難しいよ。
でも、最近は電動鉋もあるから、素人さんでも大丈夫だけどね。
109832 | 名無しさん | (2015年01月16日 23:44)
日本の刃物っていうと日本刀が取り沙汰される事が多いけど、今の日本刀は殆どが美術的側面ばかり気にして切れ味や耐久性なんて二の次三の次ってものが殆どだよ。柔らかすぎて研ぐことすらできない日本刀が刃を潰して展示会に出された事もあるんだぜマジで。誰の作刀かまでは言わないけど。もちろん、観賞ではなく実際に試斬する人の事を考えて斬れる事を第一に作ってくれてる人もいるけど、ほんの一握りだよ。宗勉刀匠や、四朗國光の一派(これは友人のを使わせてもらったのだが値段の割に凄くいい。コスパ最強)、藤安将平刀匠やそのお弟子なんかね。初代小林・二代目小林も、切れ味は最高とまでは言わないが、耐久性なら史上最強って評判だ(小林刀匠のは実際に使った事は無いからあくまで聞いた話)。だから、本当に「日本から」のもとして自慢なのはノコギリとかんなだ。斧や大きい鉈ではアメリカに負けるけど、ノコギリとかんななら本当に自慢できるよ。あと地味にトンカチと金槌類もいいぜよ。
109833 | 名無しさん | (2015年01月16日 23:48)
>>109829
おお、俺の叔父さんが左官なんだけど、鉋を靴下で包んでたのも刃を大事にするためなのかも、ってお前さんの書き込み見て納得した。
でも左官っていつ鉋使うんだろ。壁塗る仕事だよな。いや、状況によって色々やるのかもしんないけど。
109834 | 名無しさん | (2015年01月16日 23:51)
今の日本で主流の鉋は二枚鉋で、西洋由来というのは間違ってないけど知らない人は多そう。
109835 | 名無しさん | (2015年01月16日 23:52)
木材檜もいい木使ってるな
109837 | 名無しさん | (2015年01月16日 23:57)
これがサガミオリジナルや
109840 | 名無しさん | (2015年01月17日 00:21)
鉋で削る前の木材は、表面が細かく荒れているので水滴を落とすとすぐにしみこんでしまう。
でも鉋できちんと削ると、水滴を落としても水をはじくようになる。
109842 | おまえは・あ・ほ・か・? | (2015年01月17日 00:37)
>電動鉋があるから…
何見て育って来たんだろうか…
おまえの父ちゃん泣いてるぞ
訳分かんなかったら父ちゃんにお前のコメ見せてみ。
109843 | 名無しさん | (2015年01月17日 00:38)
>>109825
難読症か
109844 | 名無しさん | (2015年01月17日 00:47)
>>109842

プロでも普通に使ってるのにおまえはあほか?
109829は別に電動鉋だけでいいと言ってるわけでもないし
時間のとれない素人でも気軽に日曜大工に使えるって程度のことだろ
それを父ちゃん泣いてるぞとか見当違いで気持ち悪いこと言って
おまえはあ・ほ・か?
109846 | 名無しさん | (2015年01月17日 00:53)
日本製のコンドームが極薄な理由はこれだよ
109847 | 名無しさん | (2015年01月17日 01:02)
鉋は鉋でも二枚鉋はヨーロッパの影響を受けてるのか
知らんかった

パリ万博でも鉋削りが好評だったらしいけど
その時はもう、その二枚鉋とかだったんだろうか?
109848 | 名無しさん | (2015年01月17日 01:04)
最後がおもしろすぎw
109850 | 名無しさん | (2015年01月17日 01:09)
最初スペイン語かなんか喋ってるのかと思ったわw
109853 | 名無しさん | (2015年01月17日 01:43)
すごい道具なのは確かだろうけど
使い手の腕にもよるらしいからな

海外のコメントの
どんな木材にも使えるとは限らないのは正解といえば正解なのかも
腕が悪いのに使えねぇと思われたら嫌だな
109857 | ななし7 | (2015年01月17日 02:38)
>>109811

宮大工の作業映像で見たことありますが、大型の鎌状のものですよね。
綺麗な波紋のような削り跡になるようで、修復工事で柱などもあれを使わないと、光の屈折なども含めて本来の修復後の景観に戻らない程の、独特の味わいがあるようですね。
109858 | 名無しさん | (2015年01月17日 02:42)
昔の職人の道具へのこだわりと執着は本当に凄かった
出合丁場で他の職人が大工の道具箱を触ったり跨ぐなんて真似をしたら桟木の木っ端でぶん殴るくらい怒った

台鉋の二枚鉋は西洋鉋の技術を導入してる
裏金がないと鉋刃が深く木材に深く食込んでいく逆目が起こりやすいが
裏金によって鉋屑をガイドしてやると逆目が起こりにくくなる
一枚刃の鉋を調整して使える大工は今じゃほとんど居ないだろう
109862 | 名無しさん | (2015年01月17日 03:52)
槍鉋は鎌状というより、刃が左右対称になってる、文字通り槍みたいな格好してるのが一般的だけどな
109865 | 名無し | (2015年01月17日 05:56)
刃の出具合は時間を気にせず根気よく調整すれば、素人でも大工が普通に使う分には問題ないレベルの精度が出せる。
鉋の扱いで最も難しいのは研ぎだね。
刃に癖を付けずに研ぐのは鋭利に研ぐより更に高い技術が要求される。
用途的に鉋はその最たる物だろうな。
109871 | 名無しさん | (2015年01月17日 07:55)
良い出汁がとれそうな鉋屑だ…
109893 | 名無しさん | (2015年01月17日 09:27)
西洋の影響ってどこなのさ
109895 |   | (2015年01月17日 09:33)
表面の滑らかさを電子顕微鏡で撮った写真観たら
マジで驚くよこのレベルは
109908 | パサラソケサラソ | (2015年01月17日 11:18)
触ってみたい
木の表面、鉋屑、鉋の刃
109911 | 名無しさん | (2015年01月17日 11:28)
製材した木を長持ちさせるには、現代の台鉋よりも釿やなぐり鉋で加工した方がいいんだってね。
109912 | 名無しさん | (2015年01月17日 11:30)
>>109893
ちょっとは※読むか調べるかしろよ低能
109914 | 名無しさん | (2015年01月17日 11:32)
※109893
台鉋になった事なんじゃない?台鉋の形状は西洋から近代に入ってきたものだし、それを日本式に魔改造して引いて削り、刃は鋼と軟鉄の鍛造製で、刃を二枚取り付ける形にして高度な加工ができるようにした……。
109923 | 名無しさん | (2015年01月17日 12:51)
そうかヤスリでいいよな
その発想はなかった
109949 | 名無しさん | (2015年01月17日 19:04)
砥げる刃物を作る技術と、それを砥ぐ技術を継承しないといけないな。
もちろんそれを使う職人も。今ではすごく少なそうだ。
109958 | 名無しさん | (2015年01月17日 20:04)
※109923
鑢はミクロンレベルで細かい凸凹にしてるだけなので水を吸ってしまうが、鉋は部材を削いで真っ平にしてるので水をはじき木材が長持ちする。
鉋をかける理由がちゃんとあるのよ。確か、中学の技術家庭科でも習うはずなんだが。
110056 | 名無しさん | (2015年01月18日 05:09)
日本の中学校には技術家庭科なんて科目があるのか、すげーな
さすがというか。
110126 | 名無しさん | (2015年01月18日 18:14)
「西洋の影響で生み出した」て・・・

そこポイントちゃうやろ、この道具の。
取ってつけたような余計な情報、織り交ぜんでええんよ。
しかもタイトルにこれ見よがしにな。なんかの意図を感じるで、自分!
110743 | 名無しさん | (2015年01月20日 22:13)
2枚鉋が西洋鉋の影響?
初めて聞いたけどほんとなのかなぁ。
江戸時代後期あたりは鉄の裏座ではなく、
木の裏座(小さい方の刃)を入れてた、と聞いたけどなぁ。
次第に鉄製に代わっていった。

ちなみにその前は1枚鉋で見た目は2枚鉋とほとんど一緒。
なぜ2枚目が必要かというと逆目掘れを防ぐため。
これが出来るのは知ってる限り日本の2枚鉋だけ。
どこに西洋の影響があったのか詳細が知りたいなぁ。
111252 | | (2015年01月23日 21:39)
日本はお国柄として労働を尊んできたから、職人が育つ土壌が豊かだった。

何せ、歴代の天皇陛下ご自身が、何らかの研究者だったり職人だったりするお国柄。
そりゃあ、優れた技術が育つ。
111533 | 名無しさん | (2015年01月25日 21:50)
>111252
昭和天皇は海の生き物を研究されていて、その一環でアメフラシを召し上がったそうな。
「美味しいものではない」と仰られたそうで…なんというチャレンジャー。
111783 | 名無しさん | (2015年01月27日 03:59)
シンプルな道具を職人の腕で神業のように使いこなす日本と
馬鹿でも不器用でも一定の仕事ができる道具を工夫する西洋

その差が先の敗戦の一因のような気も・・・
111823 | 名無しさん | (2015年01月27日 09:58)
徳川幕府がウィーン万国博に参加したとき、日本館の準備を視察に来たオーストリア皇帝が日本人大工が出す鉋がけの削りクズに感激し貰って帰ったという話が残っているがこのときの鉋は西洋の影響を受けた鉋だったの?
112424 | 名無しさん | (2015年01月29日 19:56)
※111783
単に資源と工業力の差だし誰も好き好んで戦闘機を布や木工で作って
優秀なパイロットを失った訳ではないし相手に対して失礼な言い方をする
あんたがよっぽど馬鹿にみえるし心が成長しない一因はその偏った考え方では?
114443 | 名無しさん | (2015年02月09日 01:14)
110126
事実を言っただけなのに気になるのは
お前がホルホル気味だからだよ
自覚しろ
118647 | 名無しさん | (2015年02月27日 19:53)
悪いけど、この映像で使ってる鉋、一枚鉋だよ、
122164 | 名無しさん | (2015年03月18日 10:07)
木と刃物は得意中の得意だからね
石は苦手
124869 | 名無しさん | (2015年03月31日 05:39)
意外と最近入ってきたものなんだね0.0
でも、昔の寺社仏閣建物には使われてなかってこと?それって変じゃない?
125810 | 名無しさん | (2015年04月05日 23:34)
カンナ仕上げで、柱の耐久性があがる。湿気の多い日本で上手く考えられた技術だ。
126111 | 名無しさん | (2015年04月08日 00:25)
というか、50年前にはもう日本にあったんだよね、
隠すこともなく、普通のものとして、こういう世界一の技術が。

誰がいままでこれを秘密にしてたんだ?
いや、ちがうな、
誰がいままで、これが世界に誇れることだということを、
なんのために隠してたんだ?
名前 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dng65.com/tb.php/1675-6dfa8460


スポンサードリンク

スポンサードリンク