海外「痛いから?」日本人が「切腹」をやめた理由とは?!海外で大激論

seppuku_s0.jpg


海外サイトが掲載した日本の「切腹」という伝統が失われた経緯について考察した記事が話題になっていました。

記事では、「切腹」の廃止に繋がった直接的な出来事は、1876年に明治政府から公布された「廃刀令」と日本の近代化であるとし、戦後に至るまで「切腹」は度々歴史に登場したことなどが詳しく紹介されています。

本来、名誉の死という側面を持っていた伝統文化が、現代日本にそぐわない行為として敬遠されるようになった理由について、日本の歴史に関心の高い外国人から非常の多くの意見が寄せられていました。




以下、反応コメント




海外の名無しさん

そうなのか。てっきり痛いからだと。


海外の名無しさん

セップクじゃなくてハラキリだと思ってた。


海外の名無しさん

タイトルでは日本人と言ってるけど、日本人女性も切腹をしてたのかな?


海外の名無しさん

しかし、明治維新で偉大な日本文化の多くが失われてしまったな。


海外の名無しさん

本当に充実してて正確な内容だった。
現代では切腹は蔑まれてるとはいえ武士道は生き続けてるけどね。
俺も従ってるから分かる。


海外の名無しさん

高校のときに三島由紀夫のショートストーリー「憂国」を読まされたよ。
30年以上経った今でも脳裏に浮かぶ。


海外の名無しさん

↑三島は本当にすごい人だよ。
他にも読んでみたいなら「豊饒の海」がすごい。


海外の名無しさん

サムライ文化を知りたければ「兎用心棒」を読むといい。
著者のスタン坂井は日本の文化を正確に描写してるから。
切腹に関係した話も登場する。


海外の名無しさん

↑子供の時に「兎用心棒」のフィギュアを持ってたよ。
ニンジャタートルズとのクロスオーバーイベントもあった。


海外の名無しさん

以前から単純に進化の問題だと思ってた。
自然(切腹)が切腹しやすい人たちを淘汰して
切腹をしない人たちを繁栄させたんだと。


海外の名無しさん

なぜ日本が切腹を止めたか?
米国やロシアに出会ってショックを受けたからでしょ。
同じことを続ければ西洋に植民地にされるという現実を知ったんだよ。
中国や他のアジアで起こったことを見てたからね。


海外の名無しさん

切腹は武士階級によって行われた儀礼だから。
農民や一般人は従う必要がなかった。
だから武士階級が消えると同時に風習も消えたんだよ。


海外の名無しさん

既に消えてしまった特権階級のための儀式だからでしょ。
イギリスに上品さが見られないのと同じ理由だよ。


海外の名無しさん

本当に魅力的な題材で語ることも多いけど答えだけ言えば
切腹が行われなくなったのは専門知識が失われたからだろう。
介錯を行える人を見つけるのは非常に困難だろうから継続的にできない。


海外の名無しさん

生き延びてまた勝負を挑んだほうがいいからね。


海外の名無しさん

軍隊で行われるほど長く続いてたことに驚いた。
名誉という側面は理解できたけど
戦闘で負けたら兵士が死ぬというのは非論理的だよ。
今までの戦闘経験がすべて失われるのに。


海外の名無しさん

↑単にセカンドチャンスを信じてなかったんでしょ。


海外の名無しさん

↑伝統になると論理はあまり考慮されないから。


海外の名無しさん

もっと良い質問は「どうして始めたの?」


海外の名無しさん

↑それはもっと難しい質問だよ。
中国の歴史に登場する割腹にインスパイアされたのかもしれない。
自然災害が猛威を振るってる時に自分で死期を決めるために広まったという説もある。


海外の名無しさん

↑記録では約1180年頃に捕虜が拷問や敵に殺されるのを避けるために始めたらしい。
それが武士道に繋がって一般的になったんだよ。


海外の名無しさん

腹を切ろうって人が、手を切らないように刃の部分を包んでるんだね。


海外の名無しさん

↑手が滑らないように掴むためでしょ。
儀式だから失敗したくはないしね。


海外の名無しさん

トム・クルーズのせいだな。




関連記事
最新ニュース

↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2015/01/11 01:10 ] 文化 | TB(-) | CM(-)
厳選ニュース
特選ニュース