海外「マジ感動!」古代日本人が確立した現代科学を凌駕する技術に海外がびっくり仰天




日本で独自に進化した古代の製鉄技術「たたら製鉄」を紹介したビデオが話題になっていました。

鉄鉱石の少ない日本で砂鉄を利用してより高品質の製鉄技術を可能にした「たたら製鉄」に外国人が参加したドキュメンタリー映像で、古代日本人が確立していた技術力の高さに驚かされる内容になっています。

そんな日本の古代の技術に、海外からは感動の声が寄せられていました。






・日本では鉄鉱石が取れないので、鉄が水に沈むのを利用して採取した。
・砂鉄の純度は80%で鉄鉱石を超えてる。
・たたら製鉄は年に1度だけ1300年前の製法のままで行われている。
・砂鉄は飛び散るので湿らせてから投入する。水が多すぎると爆発するので注意。
・鉄の融点に届かないので炭素を加えて柔らかくする、と同時に炭素によって強度が増す。
・日本刀は炭素濃度の違う鉄を合わせて作るので波紋が現れる。
・ロンドンのヴィクトリアアルバート博物館にある日本刀には龍の波紋がある。どうやって作ったのかは不明。
・日本刀の刃は西洋刀よりも遥かに硬い。
・こんな美しい芸術作品でものを切るのは抵抗がある。




以下、反応コメント




海外の名無しさん

日本人は分子構造も知らずにこれを編み出したのがすごいよね。


海外の名無しさん

切り口がめっちゃ綺麗だね。
畳をこれだけ綺麗に切ることの難しさを知らないだろうけど。


海外の名無しさん

初めての割に切れ目が綺麗でびっくりなんだけど。


海外の名無しさん

このビデオを目撃できたことが名誉なことだよ。
ありがとう。


海外の名無しさん

刀作りに参加できる名誉は何ものにも代えがたいね。


海外の名無しさん

80年代に日本に配属されてたけど、日本人はすごい才能を持った完璧主義者だよ。
世界一の国だね。


海外の名無しさん

だから日本に行った時に和包丁に恋をしてしまったんだよ。


海外の名無しさん

日本の職人技を見るたびに、正しい考え方でやれば、何でもアートになるのだと思い知らされるよ。
美しいね。


海外の名無しさん

日本の文化や歴史は、本当に興味深くて魅了されてしまう。
人々、環境、歴史、伝統、完全に独自のもので特別だよ。
とにかく美しい。


海外の名無しさん

日本人はとにかく何をやるにしても心と魂を込めてるのが本当にすごい。


海外の名無しさん

本格的な日本刀作りは大好きだよ。
本当にすごい芸術作品であり職人技だ。


海外の名無しさん

日本刀にお金を払うんじゃないんだよ。
伝統と文化へのオマージュと、それを維持するために払うんだよ。


海外の名無しさん

すべての工程の人たちが現代の機械を利用しながらも、精神や伝統を維持して精進しようとしてることに一番感動したよ。


海外の名無しさん

各工程の細部へのこだわりが、こういう刀を言葉以上のものにしてる。
美しさだけでなく、作るためのスキルもさらに感動ものだよ。


海外の名無しさん

畳を切った時の切れ目に感動してしまったよ。
ズレがまったく無い。


海外の名無しさん

初めて日本刀を使わせてもらえて本気で嬉しそうだね。
見てるだけでも喜びを感じるよ。


海外の名無しさん

ブルーアイサムライで日本刀作りのアートにハマってしまったよ。
君みたいなチャンネルがこのビデオを作ってくれてよかった。


海外の名無しさん

日本刀は振り方次第で時空をも切り裂けることを忘れてはいけない。
値段の価値はあるよ。


海外の名無しさん

鍛冶屋の弟子をやったたときに、鉱滓はドラゴンの仕業だと教わったよ。
目を話したすきにドラゴンが忍び込んで、巨大なドラゴンの鼻くそを置いていくあしい。
熟練の鍛冶師ですら炉から目を離してしまうからね。
目を離さないことの重要性を語ったものだよ。


海外の名無しさん

Shogunのエピソードの合間に出すというタイムリーなリリースだね。
いつもながら素晴らしい。


海外の名無しさん

何度も試行錯誤して生み出された工程のメカニズムを今では詳細に説明できるのが凄い。
科学は素晴らしいね。


海外の名無しさん

科学的知識なしに試行錯誤だけで昔の職人が完璧なところに到達できたのが凄い。


海外の名無しさん

↑低品質の素材しなかなったことを考えたら、技術はすごいし、結果の素晴らしいけど、完璧ではないよ。
現代の合金や製法を使って作った刀のほうが、昔の刀より優れてるかも。


海外の名無しさん

日本刀のカーブは鍛冶師がハンマーで作ってるのかと思ってた。
計算された熱力学の結果だったんだね。


海外の名無しさん

↑ビデオで刀身が曲がるところを出して無くてガッカリしたよ。
本当に粘土の薄い刃のほうが先に曲がって、その後厚みのある背のほうにのけぞる。
焼入れの瞬間というビデオを検索してみて。


海外の名無しさん

治金学者だから、時間を掛けて今の状態まで導いた人たちがいた事に感動するよ。


海外の名無しさん

60回戦って数回負けただけのサムライのほうが凄い。




関連記事
最新ニュース

↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2024/03/23 06:25 ] テクノロジー | TB(-) | CM(73)
厳選ニュース
特選ニュース
コメントエリア

名前