海外「天才だから!」20年前の日本のゲーム技術が現代西洋ゲームを凌駕してたことに海外が仰天




約20年前の日本のゲーム技術が現代の西洋ゲームを凌駕していることが話題になっていました。

2001年に発売された日本のゲーム「ICO」に使われているグラフィック表現が、日本はゲームづくりを知らないと酷評していた欧米を代表するゲーム開発企業「Ubisoft」の最新ゲームのものより遥かに優れていたことが注目を集めています。

そんな日本と西洋のゲーム技術のレベル差に、海外からは驚きの声が寄せられていました。




グラビティラッシュ(Japan Studiosとの提携で開発)をやったあと。

2001年PS2用ゲーム「ICO」に使われてる技術について調査してみた。特にテッセレーションについて。
見つけたものと、業界最大手Ubisoftの2020年のゲームと比較してみた。19年の開きがある。
自分の目で見てみて。




以下、反応コメント




海外の名無しさん

スタジオICOが作ったのは芸術作品だよ。
Ubisoftはゲームを一度もやったことのない金持ちにやり方を教えるためのもだけど。


海外の名無しさん

2000年代の素晴らしいものの多くが実験的で、情熱でゲームづくりをしてたから出来たんだよ。
今のゲームはテンプレートに従った量産品になってる。
コストを抑えた流れ作業じゃないといけないんだよ。


海外の名無しさん

なんで2000年代のゲームのほうが、最近のゲームよりウォーターフィジックスが優れてるものが多いんだろう。
技術は存在してたんだから、進歩するだけだと思うけど、そうじゃないんだよね。


海外の名無しさん

ICOですら同じゲーム機の他のゲームに比べたらローポリだしね。


海外の名無しさん

昔のゲームは頑張ってたよね。
広大なオープンワールドのせいだと思うな。
海のように広く、水たまりのように浅い。


海外の名無しさん

↑風車の反射へのこだわりを見てみなよ。
ティーンのときにプレーして、最初に印象に残ったものだよ。
詳細なワールド、エフェクト、最高峰の環境音をプレーして育った。
これを作った日本人は世界一IQが高い。
ひとつのアイデアでは飽き足らず、最高の中の最高を作ったんだよ。


海外の名無しさん

↑オープンワールドではなく、情熱が失われたせいだと思う。
まともなゲームエンジンを使えば簡単に実現できることだしね。
インディーズ開発者はいつもやってるよ。
単純に余計な手間を掛けなくなっただけだよ。


海外の名無しさん

Japan Studiosは再編してSteam用のゲームを作ればいいのに。


海外の名無しさん

ゲーム企業は贅沢なグラや広大なワールドするのをやめてほしい。
特定の環境、美しさ、細部へのこだわりにフォーカスした小規模から中規模のワールドのほうが品質管理しやすいでしょ。


海外の名無しさん

ただのこだわりだよ。
ウエダ・フミオのゲームはリアル感や雰囲気にこだわってるのが、チームがICOのために生み出した革新的技術から見て取れる。
ICOやシャドウオブコロッサスでは技術を限界まで高めるために、いろいろ巧妙なトリックが使われてるように思う。


海外の名無しさん

ぜんぜんリアルさがないw


海外の名無しさん

情熱 vs 給料
カワイイ女性も、カッコいい男性も、すごいストーリーもなし。
もう冒険することは許されなくて、最後までクビにならないことを願ってるだけ。


海外の名無しさん

ダーククラウドも感動的な水の動きをしてたのを覚えてる。
ICOの1年前にリリースされたものだよ。


海外の名無しさん

これってWatch Dogs Legionなの?
初作のほうがまだマシなウォーター表現だったよ。


海外の名無しさん

Ubisoftは情熱を失った会社だから。


海外の名無しさん

開発者 vs サラリーマン


海外の名無しさん

古い技術のほうがより柔軟だったんだよ。
才能のあるスタッフも多かったし。


海外の名無しさん

ダイブするアニメーションが酷いのも言うまでもなく。


海外の名無しさん

この差の理由はいろいろ思い浮かぶけど、ひとるの理由に絞るなら、Ubisoftの開発陣が気にしてないからってことだね。


海外の名無しさん

開発者が作ってるものを大切に思ってたし、それだけの才能があった時代だね。




関連記事
最新ニュース

↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2024/01/14 18:15 ] ゲーム | TB(-) | CM(48)
厳選ニュース
特選ニュース
コメントエリア

名前