海外「これはガチ!」日本を蹴ったインドネシアが中国トラップに気付いて大騒ぎ




日本から乗り換えた中国に騙されたインドネシアが話題になっていました。

高速鉄道建設事業で日本と協議を進めていたインドネシアが、日本より安い金額を提示した中国に乗り換えた結果、最終的な建設費用が日本よりも高いものになり、中国に多額の借金を背負わされたことが注目を集めています。

そんな中国による借金トラップ外交に、海外からは多くのコメントが寄せられていました。




2015年のジャカルタ-バンドン鉄道プロジェクトで中国が以下にインドネシアを騙したか。
中国は51億ドルで日本の62億ドルの入札に勝ったあと、すぐにコストを60.7億ドルに引き上げて、建設開始時には72.7億ドルになっていた。
プロジェクトは完成したが、人々は高速道路を好んでる。




以下、反応コメント




海外の名無しさん

過ちを冒したのはインドネシアだけじゃないよ。


海外の名無しさん

中国人は信じるべきじゃないんだよ。
ハノイも中国が受注したあとでコストが倍に膨れ上がってたよ。
利用者も少ないし。


海外の名無しさん

国民のためじゃなくて政府のためだから。
大きなコストから横領する絶好の機会だからね。


海外の名無しさん

これが中国共産党の手口だよ。
プロジェクトを横取りしてから、コストを吊り上げる。


海外の名無しさん

プロジェクトから可能な限りの利益を得ようとするのは企業の本質でしょ。
インドだって遅延してコストが上がったプロジェクトはいっぱいあるでしょ。


海外の名無しさん

インドの日本による新幹線プロジェクトも遅延してるでしょ。


海外の名無しさん

↑インドの場合はインド人技術者が新しい技術を学んでる最中だからだから。
将来のプロジェクトではコストも抑えて早くできるんだよ。


海外の名無しさん

↑確かにインドも遅れてるけど、今は正しい方向に進んでるよ。
以前よりも早いペースで建設が進んでる。


海外の名無しさん

中国のインフラプロジェクトは適当な仕事でぼったくりだよ。
他から学べたかもしれないね。


海外の名無しさん

なんにしてもインドネシアはインフラで上手くやってるよ。
インドももっとマシに早くやるために見習うことは多い。


海外の名無しさん

陰謀なんだよ。
予定通りのコストだった中国による国外インフラ事業は存在しない。
すべて借金トラップにハメるよう計画されてる。
英国の東インド会社がその筋のエキスパードだよ。


海外の名無しさん

どうやってインドネシアは返済するんだろう。
いったい金利はいくらなんだろう。


海外の名無しさん

↑医療とか教育を含めた出費を削減してだよ。
中国共産党も政治家もクソだよ。


海外の名無しさん

インドネシアが延長計画を日本にお願いしたら、当然ながらお断りされたよ。
インドネシアが日本の調査結果を再び中国に横流しするようなことをするわけがない。


海外の名無しさん

腐敗が絡んでるに違いない。
普通は購入側に落ち度がない限りは、こういう契約が延長されることはないのに。
中国共産党はお金をむしり取るマフィアみたいだね。


海外の名無しさん

これは政治家もグルだから。


海外の名無しさん

パクリドラゴンw


海外の名無しさん

これだけのことがあったのに、インドネシアは未だに中国の借金トラップに引っかかってるよ。




関連記事
最新ニュース

↑↑↑クリックで応援をお願いします。
[ 2023/10/17 01:15 ] 政治・経済 | TB(-) | CM(183)
厳選ニュース
特選ニュース
コメントエリア

名前